MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
 【医師が実践】超簡単「レモン水」でアンチエイジング その作り方と効果

【医師が実践】超簡単「レモン水」でアンチエイジング その作り方と効果

私は皆さんに健康な水を飲むことをお勧めしています。それがレモン水です。レモン水の作り方は超簡単です。ミネラルウォーターにレモンの果汁を加えるだけ。水の健康度を測る、具体的なものさしはありませんが、私流に定義すると、健康な水とは「不老長寿」の目的にかなった水のことです。【解説】久保裕(くぼ小児科クリニック院長)

抗老化には健康な水が重要

 私は皆さんに健康な水を飲むことをお勧めしています。それがレモン水です。
 水の健康度を測る、具体的なものさしはありませんが、私流に定義すると、健康な水とは「不老長寿」の目的にかなった水のことです。

 人間の体の6〜7割は、水が占めます。なぜこんなに水が多いのかといえば、生命は水(海)の中で生まれ、生物が生きるためには、水が不可欠だからです。生物が存在するためには化学反応が必要で、化学反応は水の中でしか行われません。
 人間の体も、細胞を満たしている水の中で絶えず化学反応が行われ、生きるためのエネルギーを作っています。
 このエネルギーを作れなくなったとき、人間は死を迎えます。エネルギーを徐々に生み出せなくなっていく過程を、「老化」と呼んでいいでしょう。

 ですから、常に体をエネルギーレベルの高い状態に保つためには、体内にも健康な水が必要なのです。 
 私たちには、生まれ持った寿命の能力があり、それを最大限に生かし切ること。それがここで言う「不老長寿」であり、「アンチエイジング(抗老化)」です。言い換えれば、生きている限りエネルギーレベルを高く保つことです。そのためには健康な水が重要なのです。

水の還元力が若返りのポイント

 この不老長寿にかなう水の条件は、三つあります。

(1)不純物を含まない水
 水の中には、さまざまな物が溶け込んでいますが、その中に、体に有害な物質が溶け込んでいない水、それが不純物を含まない水です。
 水に不純物が溶け込んでいると、そこで行われる化学反応にも予期せぬ変化が生じ、健康に悪影響が出てきます。

(2)溶解力の強い水
 溶解力の大きい水とは、水分子の集団(クラスター)の小さい水です。
 クラスターの小さい水は、さまざまな物を包み込み、水の中に溶解させます。体内で行われる化学反応(代謝)は、この溶解力なくしては成り立ちません。

(3)エネルギーの大きい水
 エネルギーの大きい水とは、還元力の大きい(酸化還元電位の低い)水のことです。

 人は生まれたときから呼吸し、酸素を取り入れています。この酸素の数%は活性酸素(体内で増え過ぎると細胞を傷つけ老化の一因となる物質)に変わり、体は徐々に酸化されていきます。この酸化を、老化と言い換えることができます。
 しかし、体内に還元力の強い水があれば、活性酸素を除去し、酸化を阻止できます。つまり還元力こそ、若返り(不老)のポイントなのです。

健康な水がレモンで作れる

 この三つの条件を満たす水が、自然のわき水です。これこそ天然の不老水ですが、自然のわき水も、いまや汚染にさらされ、必ずしも安全に飲める水とは限らなくなりました。

 そこで私が提案したいのが、レモン水です。ミネラルウォーターにレモンの果汁を加えると、水の還元力が高まり、いつでも手軽に還元力の高い水が飲めます。
 この還元力は、レモンに含まれるビタミンCの作用です。ビタミンCには強い還元作用があり、活性酸素による酸化を防いでくれるのです。

 還元水を作るためには、ビタミンCを水に溶かすだけでもいいのですが、味の点で劣ります。その点、レモンならさわやかな酸味が加わり、水がおいしくなります。
 また、クエン酸、ポリフェノールなどの成分もレモンには含まれているので、それらの効能もあわせて取れます。さらに手搾りすることによって、香りの効果も得られます。
 私は毎日、診察中に、必ず水筒1本分(750mL)のレモン水を飲んでいます。これは、診察中に脱水症状を起こさないようにという妻の配慮ですが、レモン水を飲むことでリラックスでき、気持ちにゆとりが生まれます。

 ちなみに、私が飲んでいるレモン水は、ミネラルウォーターに、搾ったレモン果汁(1個分)と、すりおろしたショウガを少々加え、少々のハチミツで甘みをつけたものです。
 レモン水は、いつ飲んでも構いませんが、疲労回復効果があるので、運動した後などの水分の補給にはピッタリです。

 ただ、冷たくして飲む場合は、体を冷やすので、寝る前に飲むのは避けてください。運動後や、体に熱がこもっているようなときなら、冷たくして飲んでもかまいませんが、朝に飲む場合は、常温がいいでしょう。冷たい水を飲むと、血圧が上がることがあります。
 また、高齢者や体力のない人、冷え症の人は、少し温めて飲むといいでしょう。

レモン水を毎日飲む久保先生

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
食事療法は、内科の病気だけに有効なわけではありません。耳鳴りや難聴といった耳の症状に対しても、食事は大きな影響を与えます。ふだんの食生活を見直すだけでも、症状の緩和につながるでしょう。【監修】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)
更新: 2018-10-31 14:06:43
日本人は欧米と比較して食物繊維の摂取が少ない傾向にあります。加えて、その摂取量は年々減少しているのです。私は、ダイズやアズキなどの豆類や、玄米や麦・雑穀などの穀類を特に意識してとることを指導しています。【監修】岩瀬正典(白十字病院副院長・糖尿病センター・臨床研究センター長)【料理】金丸絵里加(管理栄養士・料理研究家)
更新: 2018-08-31 12:00:00
私は18年前からバナナに注目して、さまざまな実験や研究を続け、病気の予防や改善に役立つ多くの健康作用があることを確認してきました。私自身、毎日バナナを食べていますが、10年ほど前からは、私のクリニックにいらっしゃる患者さんの食事療法としても、バナナを取り入れています。【解説】水谷剛(東浦和内科・外科クリニック院長)
更新: 2018-09-10 15:26:52
目にまつわる多くの症状の根本原因は、血液の質と血流の低下です。心臓から送り出された質のいいきれいな血液が全身をスムーズに巡り、毛細血管にきちんと行き届けば、目の症状は改善に向かいます。血液の質と血流が向上すれば、その好影響は目の症状にも及びます。【監修】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)
更新: 2018-09-28 17:27:08
糖質制限ダイエット中は「糖質を食べたい」と思いながらも、無理に我慢することになります。この「我慢」がクセモノです。それが続かなくなったときには、糖質のドカ食いをしがちだからです。そこで私がお勧めするのは、糖質制限に果物、特にキウイを役立てることです。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)
更新: 2018-09-11 02:16:43
最新記事
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主菜を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-26 18:00:00
多くの研究で、うつ病の人は栄養のバランスがくずれていることがわかっています。栄養バランスを整え、エネルギーのとりすぎを防ぐためにも、単品の食事ではなく、主食、主菜、副菜、汁物がそろった定食スタイルの食事にするといいでしょう。ここではお勧めの主食を紹介します。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-25 18:00:00
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt