脊柱管狭窄症の【簡単体操】腰が痛い!痺れる!がその場で和らぐ対処法はコレ

脊柱管狭窄症の【簡単体操】腰が痛い!痺れる!がその場で和らぐ対処法はコレ

脊柱管狭窄症のつらい痛み。「整形外科で治療を受けてもよくならない」「マッサージや鍼灸も効果がない」…そんな皆さんに、脊柱管狭窄症の痛みやしびれを、劇的に改善する体操を紹介します。ぜひお試しください。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院院長・整形外科医・カイロプラクター)


整形外科で治療を受けても、いっこうに改善せず、足や腰に出る痛みやしびれがなかなか取れないことも多い、脊柱菅狭窄症。ぜひ試していただきたいのが、今回紹介する「脊柱管広げ体操」です。

イスに座ってできる体操 「しびれが消えた!」 「つえなしで歩ける!」

【関連記事】脊柱管狭窄症の「前ぶれ」と「見分け方」

 脊柱管狭窄症は、整形外科で治療を受けても、いっこうに改善せず、足や腰に出る痛みやしびれがなかなか取れないことも多い病気です。そのような場合、ぜひ試していただきたいのが、今回紹介する2つの「脊柱管広げ体操」です。

 この2つの体操を毎日継続して行うと、症状の軽減に大きな効果を発揮します。この体操を実践したかたからは、「足のしびれが解消した」「長い距離を歩けるようになった」「腰痛がなくなった」「つえなしで歩ける」など、多くの喜びの声が寄せられています。 脊柱管狭窄症の初期段階であれば、この体操を継続することで、より大きな予防・改善効果が期待できるはずです。

 では、なぜこの2つの体操が有効なのかお話しします。脊柱管は、背骨の後ろ側を通っている神経の通り道です。脊柱管狭窄症は、主に加齢によって脊柱管が狭くなり、神経が圧迫された結果、足や腰に痛みやしびれが生じる病気です。

 私は、脊柱管狭窄症の患者さんに、ふだんから前かがみの姿勢を心がけるようにアドバイスしています。背すじを伸ばしていたり、背筋を反らしたりすると、もともと狭くなっていた脊柱管がさらに狭くなって、神経が圧迫され、痛みやしびれが出てくるためです。

 脊柱管狭窄症の最も典型的な症状の1つに、間欠性跛行という症状があります。この場合、少し休むとまた歩けるようになります。これは、休むことで、神経の圧迫がいったん解け、痛みやしびれが回復するからです。

 脊柱管狭窄症の症状を改善するための大事なポイントは、もともと狭くなっている脊柱管をできるだけ広げてやり、痛みやしびれの原因である神経の圧迫を取り除くことです。

 2つの体操はともに、じゅうぶんに腰を丸める動作を含んでいます。腰を丸めると、脊柱管が広がり、神経の圧迫が減少します。すると、酸素や栄養が患部に供給されます。そして、神経に行き渡って、傷んだ神経の回復を助けます。体操をくり返せば、傷んでいた神経が少しずつ修復され、痛みやしびれが取れていきます。

 また、2つの体操は、圧迫された神経の働きを回復させるだけでなく、関節をより柔軟にする効果もあります。加齢によって、関節の柔軟性が失われると、足腰の関節の可動域が狭くなります。関節がスムーズに動かなくなることが、足腰の痛みやしびれを強くする要因となるのです。この体操によって柔軟性を取り戻せば、この点でも症状を軽減させるはずです。

 なお、効果を上げるためには、体操を継続して行うことが肝心です。三日坊主にならずに根気よく続けていけば、きっとよい成果が得られるでしょう。

【関連記事】脊柱管狭窄症を自分で治す 原因と症状、治療から手術まで

竹谷内康修
 東京慈恵会医科大学医学部医学科卒後、福島県立医科大学整形外科学講座へ入局。福島県立医大附属病院等で整形外科診療に携わった後、米国へ留学。ナショナル健康科学大学を卒業し、Doctor of Chiropracticの称号を取得。2007年、東京駅の近くにカイロプラクティックの専門クリニックを開設。腰痛、肩こり、頭痛、関節痛、手足のしびれなどの治療に取り組む。日本整形外科学会会員、日本カイロプラクターズ協会(JAC)会員、日本統合医療学会(IMJ)会員。

【関連記事】間欠性跛行の悩みが消える 日常の裏ワザ
【腰部脊柱管狭窄症】安易に手術に踏み切るな!改善しないケース多数と名医が忠告

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

【視力回復】プロボクサー村田諒太選手も実践!「眼球運動」のやり方

顔は動かさずに、目だけを右、左、右、左……。朝3分の「眼球運動(目の体操)」をすると、日常生活のさまざまな場面でその効果を期待できます。プロボクサー村田諒太選手の目のトレーニングも指導する飯田覚士さんが提案! 人生を変える「朝の新習慣」です。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)


最新の投稿


【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

ヨガでは、心の問題が体に現れると考えます。特に、「心の老化」という現象が、体の中で顕著に出る場所があります。それは、ひざ裏、太ももの裏、ふくらはぎ、アキレス腱など、脚裏一帯。脚裏の筋肉やすじが硬い原因の多くは、心の老化にあるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

準備運動を終えたら、1~3を順に行いましょう。いちばんたいせつなことは、少しずつ筋肉を伸ばしながら、痛みと向き合い、体にお詫びと感謝をすることです。やればやるだけ効果がありますが、まずは1日1セットを目標にしてください。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

忙しくても、運動が嫌いでも、毎朝のシャワー中のひざ裏伸ばしのように、無理なくできる方法はあると思います。皆さんもぜひ、自分に合った、無理なく続けられる健康法を探してください。【解説】弘兼憲史(漫画家)


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)