脊柱管狭窄症の【簡単体操】腰が痛い!痺れる!がその場で和らぐ対処法はコレ

脊柱管狭窄症の【簡単体操】腰が痛い!痺れる!がその場で和らぐ対処法はコレ

脊柱管狭窄症のつらい痛み。「整形外科で治療を受けてもよくならない」「マッサージや鍼灸も効果がない」…そんな皆さんに、脊柱管狭窄症の痛みやしびれを、劇的に改善する体操を紹介します。ぜひお試しください。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院院長・整形外科医・カイロプラクター)


整形外科で治療を受けても、いっこうに改善せず、足や腰に出る痛みやしびれがなかなか取れないことも多い、脊柱菅狭窄症。ぜひ試していただきたいのが、今回紹介する「脊柱管広げ体操」です。

イスに座ってできる体操 「しびれが消えた!」 「つえなしで歩ける!」

【関連記事】脊柱管狭窄症の「前ぶれ」と「見分け方」

 脊柱管狭窄症は、整形外科で治療を受けても、いっこうに改善せず、足や腰に出る痛みやしびれがなかなか取れないことも多い病気です。そのような場合、ぜひ試していただきたいのが、今回紹介する2つの「脊柱管広げ体操」です。

 この2つの体操を毎日継続して行うと、症状の軽減に大きな効果を発揮します。この体操を実践したかたからは、「足のしびれが解消した」「長い距離を歩けるようになった」「腰痛がなくなった」「つえなしで歩ける」など、多くの喜びの声が寄せられています。 脊柱管狭窄症の初期段階であれば、この体操を継続することで、より大きな予防・改善効果が期待できるはずです。

 では、なぜこの2つの体操が有効なのかお話しします。脊柱管は、背骨の後ろ側を通っている神経の通り道です。脊柱管狭窄症は、主に加齢によって脊柱管が狭くなり、神経が圧迫された結果、足や腰に痛みやしびれが生じる病気です。

 私は、脊柱管狭窄症の患者さんに、ふだんから前かがみの姿勢を心がけるようにアドバイスしています。背すじを伸ばしていたり、背筋を反らしたりすると、もともと狭くなっていた脊柱管がさらに狭くなって、神経が圧迫され、痛みやしびれが出てくるためです。

 脊柱管狭窄症の最も典型的な症状の1つに、間欠性跛行という症状があります。この場合、少し休むとまた歩けるようになります。これは、休むことで、神経の圧迫がいったん解け、痛みやしびれが回復するからです。

 脊柱管狭窄症の症状を改善するための大事なポイントは、もともと狭くなっている脊柱管をできるだけ広げてやり、痛みやしびれの原因である神経の圧迫を取り除くことです。

 2つの体操はともに、じゅうぶんに腰を丸める動作を含んでいます。腰を丸めると、脊柱管が広がり、神経の圧迫が減少します。すると、酸素や栄養が患部に供給されます。そして、神経に行き渡って、傷んだ神経の回復を助けます。体操をくり返せば、傷んでいた神経が少しずつ修復され、痛みやしびれが取れていきます。

 また、2つの体操は、圧迫された神経の働きを回復させるだけでなく、関節をより柔軟にする効果もあります。加齢によって、関節の柔軟性が失われると、足腰の関節の可動域が狭くなります。関節がスムーズに動かなくなることが、足腰の痛みやしびれを強くする要因となるのです。この体操によって柔軟性を取り戻せば、この点でも症状を軽減させるはずです。

 なお、効果を上げるためには、体操を継続して行うことが肝心です。三日坊主にならずに根気よく続けていけば、きっとよい成果が得られるでしょう。

【関連記事】脊柱管狭窄症を自分で治す 原因と症状、治療から手術まで

竹谷内康修
 東京慈恵会医科大学医学部医学科卒後、福島県立医科大学整形外科学講座へ入局。福島県立医大附属病院等で整形外科診療に携わった後、米国へ留学。ナショナル健康科学大学を卒業し、Doctor of Chiropracticの称号を取得。2007年、東京駅の近くにカイロプラクティックの専門クリニックを開設。腰痛、肩こり、頭痛、関節痛、手足のしびれなどの治療に取り組む。日本整形外科学会会員、日本カイロプラクターズ協会(JAC)会員、日本統合医療学会(IMJ)会員。

【関連記事】間欠性跛行の悩みが消える 日常の裏ワザ
【腰部脊柱管狭窄症】安易に手術に踏み切るな!改善しないケース多数と名医が忠告

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

体に1円玉をはるだけで、ひざ痛、腰痛、耳鳴りなど、痛みや不調に即効性があると大人気の「1円玉療法」。効くのはそれだけではありません。アンチエイジングにも有効なのです。今月号では、シミやシワ、抜け毛の改善といった美容や若返りに効果的なはり方をご紹介します。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【整形外科医】手は露出した脳?「指ヨガ」で腰痛・ひざ痛も緩和する!

【整形外科医】手は露出した脳?「指ヨガ」で腰痛・ひざ痛も緩和する!

指ヨガは呼吸と意図のもと「指をもむ」ことによって全身でヨガをやっているのと同じような効果が得られるというものですが、実は指をもむことの大切さを説くのはヨガだけではありません。西洋医学でも、手は体の中で特化された分野で、整形外科でも早くから「手の外科」として確立されてきました。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

看護師として約10年、病院に勤務し、多くの患者さんと接する中で、私は西洋医学だけでできることには限界があるのではないかと感じていました。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師)


【肩こりの原因】は“手首”のねじれにあり!コリも首痛も改善するストレッチとは

【肩こりの原因】は“手首”のねじれにあり!コリも首痛も改善するストレッチとは

私の整体院では、患者さんが来院されたとき、初めに、手首の状態を見ます。それは、肩こり、腰痛、頭痛、背部痛、五十肩などの体のいろいろな痛みや不具合に、手首の骨のずれが関係している場合が多いからです。その際、私が患者さんに勧めているのが、「手首ストレッチ」です。【解説】中村守(『よくなる整体院』グループ代表)


【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

私は診療でヒプノセラピー(催眠療法)を用いています。催眠を特別な状態と感じられるかもしれませんが、誰でも1日に十数回は催眠状態を体験しています。起床時や就寝前の意識がぼんやりしているとき、瞑想やヨガなどをして心静かにしているときは、実は催眠状態にあります。【解説】萩原優(イーハトーヴクリニック院長)


最新の投稿


【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

【肌が若返る】シミ・シワ 肌トラブルを改善する「1円玉療法」のやり方

体に1円玉をはるだけで、ひざ痛、腰痛、耳鳴りなど、痛みや不調に即効性があると大人気の「1円玉療法」。効くのはそれだけではありません。アンチエイジングにも有効なのです。今月号では、シミやシワ、抜け毛の改善といった美容や若返りに効果的なはり方をご紹介します。【解説】川村昇山(弘漢療法院院長)


【免疫を高める】味噌の酵素パワー 効果を最大限に生かすには“50℃”の味噌汁がお勧め

【免疫を高める】味噌の酵素パワー 効果を最大限に生かすには“50℃”の味噌汁がお勧め

若々しく健康な体を維持するためには、毎日の食事に気を配りたいものです。私自身は最近、みそを積極的に取るようにしています。みその酵素を生きたまま、効果的に摂取できる「50℃みそ汁」がお勧めです。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会 鶴見クリニック理事長)


【整形外科医】手は露出した脳?「指ヨガ」で腰痛・ひざ痛も緩和する!

【整形外科医】手は露出した脳?「指ヨガ」で腰痛・ひざ痛も緩和する!

指ヨガは呼吸と意図のもと「指をもむ」ことによって全身でヨガをやっているのと同じような効果が得られるというものですが、実は指をもむことの大切さを説くのはヨガだけではありません。西洋医学でも、手は体の中で特化された分野で、整形外科でも早くから「手の外科」として確立されてきました。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

【肩こり・腰痛】原因不明の体調不良が改善!病院の調査で確認「指ヨガ」の効果

看護師として約10年、病院に勤務し、多くの患者さんと接する中で、私は西洋医学だけでできることには限界があるのではないかと感じていました。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師)


血圧が下がり、子宮筋腫が改善した「中指ねじり」のやり方

血圧が下がり、子宮筋腫が改善した「中指ねじり」のやり方

基本的なやり方として中指のもみ方を紹介します。体の軸になる中指だけでもしっかりもむと、体調面、心理面がガラリと変わると思います。時間のある人は、中指と同様にすべての指をもむとさらに効果的です。行うときは、全身のヨガと同様に呼吸がたいせつです。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師)