MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
腰痛改善には筋肉より「仙骨」を温めるとよい理由

腰痛改善には筋肉より「仙骨」を温めるとよい理由

仙骨は、上半身と下半身をつなぐ要であり、私たちの骨格を支えている中心的な骨といえます。ですから、仙骨に負担がかかってゆがみが生じると、全身の骨格に影響が出ます。特に、仙骨と直接つながる腰椎には支障が生じやすく、腰痛の大きな原因になるのです。【解説】中野朋儀(陽だまり‘はり・きゅう’治療室院長)

解説者のプロフィール

中野朋儀(なかの・とものり)
自治医科大学附属病院麻酔科・鍼灸師。
陽だまり‘はり・きゅう’治療室院長。
鍼灸師として25年のキャリアを持ち、関東の4地区で診療にかかわる。
浦和専門学校で鍼灸師の育成に取り組む。
近著『仙骨を温めればすべて解決する』(SBクリエイティブ)が好評発売中。

●陽だまり‘はり・きゅう’治療室
http://hidamari-labo.jp/

仙骨を温めると腰痛が改善する

私が院長を務める「陽だまり'はり・きゅう'治療室」では、患者さんに鍼灸治療を行いながら、症状の緩和に役立つ自宅療法のアドバイスをしています。

その中でも、好評なのが、「仙骨の温め」です。

これは、文字通り、仙骨という骨(仙骨の場所は後述)を温める方法です。

温めることの効用については、『安心』2018年1月号でも解説しました。
すると、読者の皆さんから大きな反響がありました。

なかでも、「腰痛が改善した」というお便りが、編集部に多数寄せられました。
そこで、今回は、仙骨を温めることで、なぜ腰痛が改善するのかお話ししましょう。

そもそも仙骨とはどんな骨で、腰痛とどんなかかわりがあるのでしょうか。

仙骨は上半身と下半身をつなぐ要

仙骨は、骨盤の背中側の中央にある平たい骨です。
背骨を下にたどっていくと、お尻の割れ目の上で尾骨という出っ張りに触れます。

その5cm上辺りを手のひらで触れると、平たい骨があるのがわかるでしょう。
これが仙骨です。

仙骨は、骨盤の中心部分の骨であると同時に、背骨の土台部分でもあります。
背骨は、仙骨の上に腰椎(背骨の腰の部分)、胸椎(背骨の背中の部分)、頸椎(背骨の首の部分)が連なってできているのです。

つまり仙骨は、上半身と下半身をつなぐ要であり、私たちの骨格を支えている中心的な骨といえます。

ですから、仙骨に負担がかかってゆがみが生じると、全身の骨格に影響が出ます。
特に、仙骨と直接つながる腰椎には支障が生じやすく、腰痛の大きな原因になるのです。

仙骨は、体の中心にあって、私たちの骨格を支えているだけではありません。
全身の血液循環にも深くかかわっています。

筋肉より骨のほうが熱が伝わりやすい

人体の腹部には、体の血流の主要通路ともいえる「腹大動脈」という太い動脈が通っています。
この腹大動脈から枝分かれした多数の血管は、骨盤を通ります。
その大部分は、仙骨を経由するのです。

ですから、仙骨を温めると、多数の血管を熱で刺激して、全身の血流を促す効果が得られます。
特に、仙骨のそばにある腰の血流は即効でよくなります。

普段、感じておられるかたも多いと思いますが、腰は冷えやすい部分です。
特に、骨盤や背骨にゆがみがあったり、腹部や腰周りの筋肉がこわばっていたりすると、腰周りの血流が妨げられ、余計に冷えやすくなります。
血流が悪いと、筋肉がこわばり、それがまた骨盤や背骨のゆがみを招くという悪循環が起こるのです。

これは、腰痛が起こりやすく、悪化しやすい危険な状態です。
その悪循環を断ち切るのに効果的なのが、仙骨の温めです。
仙骨は冷えやすい半面、幸いにも温めれば、熱伝導の効率がよい場所でもあります。

体内を温めるのに、筋肉を温めるのもよさそうですが、これは誤解です。
血管が豊富な場所でも、厚い筋肉におおわれていると、外から温めたとき、なかなか内部に温熱刺激が届きません。
温熱刺激がダイレクトに伝わるのは、実は筋肉ではなく骨なのです。

仙骨部分は、触れてわかるとおり、皮膚のすぐ下にあるので、ここを温めると、温熱刺激がダイレクトに体の深部に伝わります。
仙骨を温めると、「体が芯からポカポカする」という人が多いのもそのためです。

次の記事では「仙骨の温め方」について詳しく説明しましょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00
人間の体は、精密機械のようなものです。どんなによい機械でも、使い続ければ調子が悪くなり、壊れやすくなります。同様に、人間の体も年齢を重ねると、あちこちに具合の悪いところが出てきます。しかし、定期的にメンテナンスをすれば、悪くなる度合いをゆるやかにできます。【解説】久野信彦(久野接骨院院長)
更新: 2019-06-07 00:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
腰、ひざ、股関節の痛みに悩む患者さんは、後を絶ちません。痛みのきっかけはさまざまですが、原因はただ一つ、「体のねじれ」です。では、ねじれはどこから起こるのでしょうか。人間が立つとき、地面に唯一接しているのは足底(足の裏)だけです。【解説】内田泰文(豊中愛鍼灸整骨院院長)
更新: 2019-05-13 18:00:00
言われるがままバンドを巻き体を動かしてみたところ、腰とお尻の下の鈍い痛みがその場でスッと消えたのです。心底びっくりし「これはなんですか?」と関口先生に聞いたところ、43円療法と教えられました。私の体に43円療法は合っていると思います。体の痛みを自分で調整できるのはありがたいです。【体験談】奥田弘毅(仮名・無職・69歳)
更新: 2019-03-17 18:00:00
最新記事
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00
手足の指は経絡の多く集まる重要なポイントです。なかでも見過ごせないのが、指の股です。ところが、年齢を重ねると、手足の指の股の皮膚がかたくなり、指が開きにくくなってきます。すると、気の流れが滞り、体にさまざまな障害が生じるようになるのです。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)
更新: 2019-06-14 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt