【脊柱管狭窄症】「仙骨の温め」で腰痛が改善!姿勢もまっすぐになり、鎮痛剤も不要になった

【脊柱管狭窄症】「仙骨の温め」で腰痛が改善!姿勢もまっすぐになり、鎮痛剤も不要になった

一昨年の夏は、職場までの10分の距離を歩くのにも、腰が痛くて5回ほど休まなければならなかったのです。整形外科に行ったところ、「脊柱管狭窄症(背骨内部の神経の通り道が狭くなり、神経が圧迫されて痛みやしびれが出る病)」と診断されました。【体験談】須藤裕子(仮名・保育士・63歳)


ホットパックで腰の深部まで温める

 一昨年の夏、私は、たびたび腰痛に襲われるようになりました。
 保育士という仕事柄、子どもを抱いて腰に負担がかかることも多く、若い頃から、常に腰の重だるい痛みはありました。とはいえ、腰痛のために歩けなくなることはありませんでした。

 ところが、一昨年の夏は、職場までの10分の距離を歩くのにも、腰が痛くて5回ほど休まなければならなかったのです。
 整形外科に行ったところ、「脊柱管狭窄症(背骨内部の神経の通り道が狭くなり、神経が圧迫されて痛みやしびれが出る病)」と診断されました。鎮痛薬を飲むと、しばらくはらくになりますが、やがて、また痛みが出るというくり返しでした。脊柱管狭窄症の痛みは、少し前かがみになると和ぐので、つらくなると、わざと腰が曲がったような姿勢を取っていました。

 そのようにして、だましだまし過ごしていたところ、昨年の母の日に、離れて暮らす娘がとてもいいプレゼントを送ってくれました。それは、布袋に米ぬかと天然塩を詰めた「ホットパック(作り方はコチラの記事参照)」です。ホットパックは、電子レンジで温めて使います。鍼灸師の中野朋儀先生が、お尻の上辺りの仙骨を温めるために考案されたものです。

 私は、最初、腰の痛む部分を直接、ホットパックで温めていましが、『安心』の記事などで仙骨を温めると腰痛によいことを知り、仙骨に当ててみました。
 すると、確かに患部に直接当てるより、腰の深部から全身にわたってジンワリ温まるのが実感できました。『安心』では、うつ伏せになってホットパックを載せる方法が紹介されていましたが、私は夜、寝るときにあおむけになり、仙骨と布団の間に温めたホットパックを挟みます。すると、腰だけでなく全身が、まるで温泉に入ったときのように温まります。

 同時に、入浴のときは、シャワーで30秒ずつ3回、仙骨を温めることも実行するようになりました。しかし、私のお気に入りは、なんといってもホットパックです。娘に余計に作ってもらって友達にもあげたところ、「朝も使うとすごくいいよ」と言われ、起床後も使うようになりました。

腰痛が出ても翌日に持ちこさない

 起きるとすぐ、ホットパックを電子レンジで温め、仙骨に当てます。肌に密着するズボンの間に、ホットパックを挟めば、落ちることはありません。イスに座ってお茶を飲む間、こうして温めるだけで体がポカポカしてくるのです。

 手軽にできるので、日中も、「ちょっと腰が痛いな」と思ったら、すぐホットパックで仙骨を温めるようになりました。すると、脊柱管狭窄症による腰痛が、どんどん軽くなり、気がつくと、鎮痛薬は、まったく飲まなくてもよくなっていたのです。
 腰をまっすぐ伸ばした姿勢も取れるようになり、前はつらかった炊事もらくにできます。

 また、以前は寒い季節になると、家でも使い捨てカイロをはっていました。しかし、ホットパックを使い始めてからは、常に全身が温かく、外出のとき以外、使い捨てカイロは使わなくなりました。寒い地方に住んでいるだけに、とても重宝しています。

 腰痛が完全に出なくなったわけではありませんが、痛みが出た日は、ホットパックを使うと、その日のうちに痛みが消え、翌日に持ちこすことはありません。

 また、昨年、保育士の仕事とは別に、半年くらい友人のカフェを手伝っていました。立ち作業が続くこういった仕事の後は、帰宅後、すぐにホットパックを仙骨に当てます。すると、腰痛を起こさず、翌日も元気に働けるのです。

 さらに最近では、ホットパックを四つつなげた長いものも娘に作ってもらい、これを肩にも当てて寝ています。すると、ますます体が温かく、ぐっすり眠れるのです。

 何人かの友人に、ホットパックやシャワーで仙骨を温めることを勧めました。すると、「冷えが取れた」「夜間頻尿が治った」「よく眠れるようになった」などの効果があったようで、みんな喜んでいます。
 ホットパックによる仙骨の温めは腰痛に効きました。

 多くの人に実感してほしいので、ぜひ試してみてください。

→「仙骨を温める」やり方はコチラ

継続することで症状の再発防止にもなる(陽だまり'はり・きゅう'治療室院長 中野朋儀)

 須藤さんの使用している米ぬかのホットパックは、蒸気が発生する湿熱タイプなので、体の深部まで温めてくれます。

 持病の脊柱管狭窄症は、仙骨を温めることで、腰周りの血流がよくなり、筋肉が緩和したことで、痛みが軽減され、腰が伸びたのだと思われます。

 また、須藤さんのように、睡眠前に仙骨を温めておくと、全身の筋肉の緊張が和らぎ、血流もよくなるので、疲労が蓄積されない体になっていきます。
 仙骨を温める回数は、目安として、ホットパックなら、朝、昼、晩の1日3回ほどでよいでしょう。仙骨シャワーも入浴時に簡単に行えるので、毎日行うのがお勧めです。仙骨の温めを継続することで、症状の再発防止にもなります。

→「仙骨の温め」の解説はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


脊柱管狭窄症 仙骨の温め

関連する投稿


【遠絡療法】脊柱管狭窄症の足腰の痛み・しびれを取る「腕の2点もみ」のやり方

【遠絡療法】脊柱管狭窄症の足腰の痛み・しびれを取る「腕の2点もみ」のやり方

腰部脊柱管狭窄症は、腰や足に強い痛みやしびれが現れ、なかなか治りにくい、やっかいな疾患です。当院に来られる患者さんは、他院の治療を受けてよくならなかったり、手術を勧められたりといった、重度のかたが少なくありません。【解説】小泉正弘(小泉医院遠絡医療センター院長)


【腕を下ろした時の「ひじ」の向き】は外側?後ろ側?脊柱管狭窄症の痛みしびれを改善する「よつんばいポーズ」とは

【腕を下ろした時の「ひじ」の向き】は外側?後ろ側?脊柱管狭窄症の痛みしびれを改善する「よつんばいポーズ」とは

ご自身のひじの向きを見てみてください。ひじが外を向き、わきが空いていませんか?そして、肩が前に出ているのではないでしょうか。脊柱管狭窄症の患者さんは、この傾向が非常に強くなっています。脊柱管狭窄症の症状を根本的に改善するには姿勢を本来の形に戻し、腰への負担を減らすことが必要なのです。【解説】中村考宏(えにし治療院院長)


【重度の脊柱管狭窄症】鎮痛剤を打っても歩けないほどの痛みが「寝ながら体操」で解消した!

【重度の脊柱管狭窄症】鎮痛剤を打っても歩けないほどの痛みが「寝ながら体操」で解消した!

私のもとには腰痛やひざ痛、股関節痛などの患者さんが数多くいらっしゃいます。最近、特に増えてきたのが脊柱管狭窄症による痛みやしびれを訴えるかたです。治療の補助として行う寝ながら体操で、実際に脊柱管狭窄症の症状から解放された患者さんの例をいくつかご紹介します。【解説】西本直(Conditioning Studio操主宰)


【坐骨神経痛の症状】痛みやしびれに「この運動療法」脊柱管狭窄症の間欠性跛行にも効果

【坐骨神経痛の症状】痛みやしびれに「この運動療法」脊柱管狭窄症の間欠性跛行にも効果

脊柱管狭窄症はセルフケアで改善が可能です。続けて長く歩けない「間欠性跛行」や、お尻から下肢にかけてしびれや痛みが出る「座骨神経痛」が現れたら、脊柱管を通る神経が弱っているサイン。簡単な体操を紹介しましょう。【解説】松平浩(東京大学医学部附属病院22世紀医療センター運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座特任教授)


【鍼灸師解説】「仙骨」を温めると腰の激痛が改善する理由 ストレス性の腰痛にも効果的

【鍼灸師解説】「仙骨」を温めると腰の激痛が改善する理由 ストレス性の腰痛にも効果的

仙骨は、上半身と下半身をつなぐ要であり、私たちの骨格を支えている中心的な骨といえます。ですから、仙骨に負担がかかってゆがみが生じると、全身の骨格に影響が出ます。特に、仙骨と直接つながる腰椎には支障が生じやすく、腰痛の大きな原因になるのです。【解説】中野朋儀(陽だまり‘はり・きゅう’治療室院長)


最新の投稿


「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

ストレスが積み重なったのでしょう。気がついたら「キーン」という高音の耳鳴り が聞こえるように。最もいやだったのは、寝るときでした。シーンと静かな中、キーンという音だけが聞こえるので不眠になってしまいました。そこで藤井先生の治療院に行き、教わったのが「耳こすり」でした。【体験談】長谷川真由美(会社員・33歳)


【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

ハチミツには、優れた抗炎症作用、抗酸化作用があります。特に抗炎症作用により、のどの炎症が抑えられるため、セキが軽くなると考えられます。ハチミツ以外では、コーヒーにも、セキの予防効果があることが報告されています。【解説者】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

人間の三大欲は、食欲・性欲・睡眠欲といわれています。それに加え、昨今は「健康長寿欲」に多くの人がとらわれています。2016年の調査で「欲しい物」の1位が「健康」で、「幸せ」を大きく上回ったのです。「幸せよりも健康が欲しい」という結果に私は衝撃を受けました。【解説】名郷直樹(武蔵国分寺公園クリニック院長)


【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

首の痛みの場合、適切な対策をとり損ねるおそれがあります。首の骨が悪くなっているといわれれば、多くの患者さんは「それなら痛みが出るのもしようがない」「薬で痛みを抑えるしかないのだろうな」と考え、それ以上の対策を取らなくなってしまうからです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

卵は、アミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んだ「完全栄養食品」といわれています。加熱しても、栄養価に大きな変化が見られず、どのように調理しても必要な栄養を摂取できるので、夏バテ撃退には最適な食材といえるでしょう。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング