MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【脊柱管狭窄症】「仙骨の温め」で腰痛が改善!鎮痛剤も不要になった

【脊柱管狭窄症】「仙骨の温め」で腰痛が改善!鎮痛剤も不要になった

一昨年の夏は、職場までの10分の距離を歩くのにも、腰が痛くて5回ほど休まなければならなかったのです。整形外科に行ったところ、「脊柱管狭窄症(背骨内部の神経の通り道が狭くなり、神経が圧迫されて痛みやしびれが出る病)」と診断されました。【体験談】須藤裕子(仮名・保育士・63歳)

ホットパックで腰の深部まで温める

 一昨年の夏、私は、たびたび腰痛に襲われるようになりました。
 保育士という仕事柄、子どもを抱いて腰に負担がかかることも多く、若い頃から、常に腰の重だるい痛みはありました。とはいえ、腰痛のために歩けなくなることはありませんでした。

 ところが、一昨年の夏は、職場までの10分の距離を歩くのにも、腰が痛くて5回ほど休まなければならなかったのです。
 整形外科に行ったところ、「脊柱管狭窄症(背骨内部の神経の通り道が狭くなり、神経が圧迫されて痛みやしびれが出る病)」と診断されました。鎮痛薬を飲むと、しばらくはらくになりますが、やがて、また痛みが出るというくり返しでした。脊柱管狭窄症の痛みは、少し前かがみになると和ぐので、つらくなると、わざと腰が曲がったような姿勢を取っていました。

 そのようにして、だましだまし過ごしていたところ、昨年の母の日に、離れて暮らす娘がとてもいいプレゼントを送ってくれました。それは、布袋に米ぬかと天然塩を詰めた「ホットパック」です。ホットパックは、電子レンジで温めて使います。鍼灸師の中野朋儀先生が、お尻の上辺りの仙骨を温めるために考案されたものです。

 私は、最初、腰の痛む部分を直接、ホットパックで温めていましが、『安心』の記事などで仙骨を温めると腰痛によいことを知り、仙骨に当ててみました。
 すると、確かに患部に直接当てるより、腰の深部から全身にわたってジンワリ温まるのが実感できました。『安心』では、うつ伏せになってホットパックを載せる方法が紹介されていましたが、私は夜、寝るときにあおむけになり、仙骨と布団の間に温めたホットパックを挟みます。すると、腰だけでなく全身が、まるで温泉に入ったときのように温まります。

 同時に、入浴のときは、シャワーで30秒ずつ3回、仙骨を温めることも実行するようになりました。しかし、私のお気に入りは、なんといってもホットパックです。娘に余計に作ってもらって友達にもあげたところ、「朝も使うとすごくいいよ」と言われ、起床後も使うようになりました。

腰痛が出ても翌日に持ちこさない

 起きるとすぐ、ホットパックを電子レンジで温め、仙骨に当てます。肌に密着するズボンの間に、ホットパックを挟めば、落ちることはありません。イスに座ってお茶を飲む間、こうして温めるだけで体がポカポカしてくるのです。

 手軽にできるので、日中も、「ちょっと腰が痛いな」と思ったら、すぐホットパックで仙骨を温めるようになりました。すると、脊柱管狭窄症による腰痛が、どんどん軽くなり、気がつくと、鎮痛薬は、まったく飲まなくてもよくなっていたのです。
 腰をまっすぐ伸ばした姿勢も取れるようになり、前はつらかった炊事もらくにできます。

 また、以前は寒い季節になると、家でも使い捨てカイロをはっていました。しかし、ホットパックを使い始めてからは、常に全身が温かく、外出のとき以外、使い捨てカイロは使わなくなりました。寒い地方に住んでいるだけに、とても重宝しています。

 腰痛が完全に出なくなったわけではありませんが、痛みが出た日は、ホットパックを使うと、その日のうちに痛みが消え、翌日に持ちこすことはありません。

 また、昨年、保育士の仕事とは別に、半年くらい友人のカフェを手伝っていました。立ち作業が続くこういった仕事の後は、帰宅後、すぐにホットパックを仙骨に当てます。すると、腰痛を起こさず、翌日も元気に働けるのです。

 さらに最近では、ホットパックを四つつなげた長いものも娘に作ってもらい、これを肩にも当てて寝ています。すると、ますます体が温かく、ぐっすり眠れるのです。

 何人かの友人に、ホットパックやシャワーで仙骨を温めることを勧めました。すると、「冷えが取れた」「夜間頻尿が治った」「よく眠れるようになった」などの効果があったようで、みんな喜んでいます。
 ホットパックによる仙骨の温めは腰痛に効きました。

 多くの人に実感してほしいので、ぜひ試してみてください。

継続することで症状の再発防止にもなる(陽だまり'はり・きゅう'治療室院長 中野朋儀)

 須藤さんの使用している米ぬかのホットパックは、蒸気が発生する湿熱タイプなので、体の深部まで温めてくれます。

 持病の脊柱管狭窄症は、仙骨を温めることで、腰周りの血流がよくなり、筋肉が緩和したことで、痛みが軽減され、腰が伸びたのだと思われます。

 また、須藤さんのように、睡眠前に仙骨を温めておくと、全身の筋肉の緊張が和らぎ、血流もよくなるので、疲労が蓄積されない体になっていきます。
 仙骨を温める回数は、目安として、ホットパックなら、朝、昼、晩の1日3回ほどでよいでしょう。仙骨シャワーも入浴時に簡単に行えるので、毎日行うのがお勧めです。仙骨の温めを継続することで、症状の再発防止にもなります。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
脊柱管狭窄症という病気は、体がゆがみ、筋膜が非常にかたくなることが一因といえます。特に、高齢者の場合、筋膜の硬化が顕著です。このように、筋膜がかたくなると神経や血液の流れが悪くなるため、痛みやしびれが起こるのです。今回は脊柱管狭窄症を改善する体操「ネコ歩き」をご紹介しましょう。【解説】筒井朗晏(三起均整院院長)
更新: 2019-06-09 18:00:00
システマでは、闘い続けるために体を整える方法が確立されています。痛みが生じている場合、腰や背中の筋肉がかたく緊張しています。その緊張を緩めたくても痛む腰を刺激することはできないとき「おなかもみ」が役に立ちます。【解説】北川貴英(ロシア武術「システマ」インストラクター)
更新: 2019-04-05 10:09:41
毎日根気よく続けるようになって数週間経ったころでしょうか。以前よりも腕が軽くなってきたように感じました。かたかった背中の筋肉、肩の緊張もほぐれてきて、ついには腰や足の痛みをほとんど感じなくなっているのに気がつきました。【体験談】井川京子(仮名・主婦・75歳) 
更新: 2019-04-03 18:00:00
私たちは患者さんに高負荷の運動をしてもらい成果を上げてきました。しかし脊柱管狭窄症の患者さんの場合、痛みを伴うほど過度に行うと、逆に症状を悪化させてしまうことがあるのです。そこで、私がお勧めしたい体操が、「水平のポーズ」と「でんでん体操」です。【解説】田島文博(和歌山県立医科大学医学部リハビリテーション医学講座教授)
更新: 2019-04-05 10:16:37
私は、朝の起床時と夜の就寝前に、それぞれ5分ずつ行っていますが、最初はそれをするのも大変でした。しかし、無理のない範囲から始めて、だんだんできるようになりました。約3ヵ月後、杖を使わずに歩けるようになり、半年を過ぎたころからは腰の突っ張り感も減ってきました。【体験談】黒岩智子(仮名・パートタイマー・68歳)
更新: 2019-03-16 18:00:00
最新記事
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00
手足の指は経絡の多く集まる重要なポイントです。なかでも見過ごせないのが、指の股です。ところが、年齢を重ねると、手足の指の股の皮膚がかたくなり、指が開きにくくなってきます。すると、気の流れが滞り、体にさまざまな障害が生じるようになるのです。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)
更新: 2019-06-14 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt