私が考案した冷凍レモンが 大評判! 病気や症状が改善したと反響続々

私が考案した冷凍レモンが 大評判! 病気や症状が改善したと反響続々

NHKの『ためしてガッテン』で、レモンを凍らせて皮ごと料理にすりおろして用いるという、私の考案した利用法(豊橋方式)が紹介されました。【レポート】河合浩樹(河合果樹園代表・54歳)


皮に多い有効成分を 丸ごと取れる

 2011年の6月に放映されたNHKの『ためしてガッテン』で、レモンを凍らせて皮ごと料理にすりおろして用いるという、私の考案した利用法(豊橋方式)が紹介されました。
 この方法だと、レモンの皮に多く含まれる香り成分(シトラール)やレモンポリフェノールなどが丸ごと取れます。さらに、果汁だけに比べて、ビタミンCが5倍も取れて、酸味もまろやかになります。
 また、冷凍したレモンをすりおろすことで、加熱すると強くなる皮の苦味が、かなり抑えられることもわかりました。
 それに、レモンの風味と酸味が、甘味や塩味を引き立てるので、料理に加えると絶品。意外な組み合わせと思われるようですが、お汁粉やおにぎり、みそ汁などに加えると、とてもおいしくなると大評判です。
 番組の反響も大きく、私の果樹園にもたくさんの問い合わせをいただきました。
 さて、私は安心しておいしく食べられるレモンを作ることにこだわってきました。
 日本では、レモンを丸ごと食べたり、料理に使ったりする習慣があまりありません。市場の多くを占める輸入レモンは、農薬、防カビ剤、ワックスなどが使われており、皮ごと食べることに抵抗を感じる人も多いからでしょう。
 しかし、前述のように、レモンは皮にこそたくさんの栄養成分が含まれています。ビタミンCはもちろんのこと、ビタミンE、レモンポリフェノール、カルシウム、リモネンやシトラールなどの香りの精油成分。こうした体によい成分を捨てるのは、本当にもったいないことです。
 そこで私は、26年前から、皮ごと食べられる完全無農薬レモンの栽培に着手。気候も土壌もレモンの栽培に適さない日本で、完全無農薬のおいしいレモンを作るには、苦労と苦心の連続でした。
 しかし、温室でのボックス栽培(鉢に植えて育てる栽培法)や、カマキリやテントウムシなどの昆虫を使った害虫駆除、土壌を善玉菌優勢の環境にするなど、さまざまな工夫をこらして、ようやく高品質の無農薬レモンを作れるようになりました。
 私が作るレモンは、安全なだけでなく、皮が柔らかくジューシーなので、皮ごとおいしく食べられます。また、皮には、通常のレモンの2倍のビタミンEが含まれています。
 私は11年ほど前から、レモンを冷凍し、一年中食べるようになりました。朝はたっぷりのフルーツや生野菜とともに、凍ったままスライスしたレモンを食べます。このスライスレモンは酒のつまみにも最適で、少々飲み過ぎても悪酔いしません。
 また、冒頭でご紹介したように、冷凍レモンを皮ごとすりおろして、いろいろな料理に使っています。

目が疲れにくくなった河合浩樹さん
河合果樹園のホームページ
http://kawaikajuen.jp/

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


「薬やめる科」の医師が断言! 緩い生活改善でも血圧は下がり 顔色もよくなる

「薬やめる科」の医師が断言! 緩い生活改善でも血圧は下がり 顔色もよくなる

私のクリニックに、「薬やめる科」を創設すると、大きな反響がありました。薬漬けの医療に疑問を抱く患者さんや、薬をやめられずに苦しんでいる患者さんが、たくさんいらっしゃるということがわかってきたのです。【解説】松田史彦(日本自律神経免疫治療研究会会員・松田医院和漢堂院長)


【治療薬が原因の便秘】多いのは不眠症・頻尿・高血圧の薬です

【治療薬が原因の便秘】多いのは不眠症・頻尿・高血圧の薬です

私の診察では、最初に病歴をお聞きすることにしています。Aさんは、50代のころから血圧が高く、降圧剤を服用しています。また、1年前に奥さんを亡くされたのをきっかけに、うつ病にもなってしまったとのこと。眠れないので、睡眠薬を服用していました。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院副院長 総合診療科教授)


ヘモグロビンA1cや 血圧を下げて血管を強力に守る 1日5杯の緑茶習慣

ヘモグロビンA1cや 血圧を下げて血管を強力に守る 1日5杯の緑茶習慣

糖尿病にならないためには、食べ過ぎずにインスリンの働きに見合った量の食事をすること、そして、血糖値を急激に上げないことが大切です。そこで、緑茶に豊富に含まれるカテキンが注目されているのです。【解説】栗原毅(栗原クリニック東京・日本橋院長)


糖尿病、高血圧を撃退! コクとうまみが大幅アップ「にんたまペースト」活用レシピ

糖尿病、高血圧を撃退! コクとうまみが大幅アップ「にんたまペースト」活用レシピ

ニンニクとタマネギは、生活習慣病に効果の高い栄養成分が、たっぷり含まれている優良野菜です。ぜひ毎日とりたいところですが、なかなかそうもいきません。そこでお勧めなのが、にんたまペーストです。【料理・解説】村上祥子(管理栄養士)


便秘から高血圧、痛みにまで効く「ショウガ紅茶」は冷えを撃退する万能薬

便秘から高血圧、痛みにまで効く「ショウガ紅茶」は冷えを撃退する万能薬

当院には、さまざまな不調を訴える人がお越しになります。各患者さんの症状や体質、目的に応じた治療と指導をしますが、一つだけ、すべての患者さんに共通してお勧めしていることがあります。それは「ショウガ紅茶」を飲むことです。【解説】石原新菜(イシハラクリニック副院長)


最新の投稿


「手首押し」で腱鞘炎やバネ指は大改善する

「手首押し」で腱鞘炎やバネ指は大改善する

指の痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村 周(山口嘉川クリニック院長)


「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

自律神経が整って、体の調整力や治癒力が高まる「手首さすり」をご紹介します。【解説】西條一止(つくば技術大学名誉教授)


近視、眼精疲労やかすみ目、白内障に効果大の「アルミ指輪」

近視、眼精疲労やかすみ目、白内障に効果大の「アルミ指輪」

近視や眼精疲労に効果のある「指にアルミホイルを巻く」健康法をご紹介します。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


「心房細動」による 脳梗塞が増えている

「心房細動」による 脳梗塞が増えている

「心房細動」という病名、皆さんはご存じでしょうか。不整脈の一種で、中高年では多くの人に見られる病気ですが、あまり知られていません。実際、私が患者さんに病名を告げても、ピンと来ない人が大半で、いつも紙に漢字を書いてみせるくらいです。【解説】山下武志(心臓血管研究所所長)


【急死を防ぐ】心臓の病気「骨化」を食い止める3つの食事

【急死を防ぐ】心臓の病気「骨化」を食い止める3つの食事

食生活に関しては、まず毎日の食事で、カルシウムをしっかり取ることが必要です。骨化は体内のカルシウム不足が引き金となるからです。【解説】原田和昌(東京都健康長寿医療センター副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング