【作り方と使い方レシピ】私が考案した冷凍レモン 病気や症状が改善したと反響続々

【作り方と使い方レシピ】私が考案した冷凍レモン 病気や症状が改善したと反響続々

『ためしてガッテン』で、レモンを凍らせて皮ごと料理にすりおろして用いるという、私の考案した利用法(豊橋方式)が紹介されました。【レポート】河合浩樹(河合果樹園代表・54歳)


皮に多い有効成分を丸ごと取れる

 2011年の6月に放映されたNHKの『ためしてガッテン』で、レモンを凍らせて皮ごと料理にすりおろして用いるという、私の考案した利用法(豊橋方式)が紹介されました。

 この方法だと、レモンの皮に多く含まれる香り成分(シトラール)やレモンポリフェノールなどが丸ごと取れます。さらに、果汁だけに比べて、ビタミンCが5倍も取れて、酸味もまろやかになります。

 また、冷凍したレモンをすりおろすことで、加熱すると強くなる皮の苦味が、かなり抑えられることもわかりました。
 それに、レモンの風味と酸味が、甘味や塩味を引き立てるので、料理に加えると絶品。意外な組み合わせと思われるようですが、お汁粉やおにぎり、みそ汁などに加えると、とてもおいしくなると大評判です。

 番組の反響も大きく、私の果樹園にもたくさんの問い合わせをいただきました。

 さて、私は安心しておいしく食べられるレモンを作ることにこだわってきました。
 日本では、レモンを丸ごと食べたり、料理に使ったりする習慣があまりありません。

市場の多くを占める輸入レモンは、農薬、防カビ剤、ワックスなどが使われており、皮ごと食べることに抵抗を感じる人も多いからでしょう。

 しかし、前述のように、レモンは皮にこそたくさんの栄養成分が含まれています。ビタミンCはもちろんのこと、ビタミンE、レモンポリフェノール、カルシウム、リモネンやシトラールなどの香りの精油成分。こうした体によい成分を捨てるのは、本当にもったいないことです。

 そこで私は、26年前から、皮ごと食べられる完全無農薬レモンの栽培に着手。気候も土壌もレモンの栽培に適さない日本で、完全無農薬のおいしいレモンを作るには、苦労と苦心の連続でした。

 しかし、温室でのボックス栽培(鉢に植えて育てる栽培法)や、カマキリやテントウムシなどの昆虫を使った害虫駆除、土壌を善玉菌優勢の環境にするなど、さまざまな工夫をこらして、ようやく高品質の無農薬レモンを作れるようになりました。

 私が作るレモンは、安全なだけでなく、皮が柔らかくジューシーなので、皮ごとおいしく食べられます。また、皮には、通常のレモンの2倍のビタミンEが含まれています。

 私は11年ほど前から、レモンを冷凍し、一年中食べるようになりました。朝はたっぷりのフルーツや生野菜とともに、凍ったままスライスしたレモンを食べます。このスライスレモンは酒のつまみにも最適で、少々飲み過ぎても悪酔いしません。

 また、冒頭でご紹介したように、冷凍レモンを皮ごとすりおろして、いろいろな料理に使っています。

目が疲れにくくなった河合浩樹さん

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【物忘れの改善】疲労回復にも効果「ニンニク油」大活用レシピ(2)

【物忘れの改善】疲労回復にも効果「ニンニク油」大活用レシピ(2)

物忘れが気になる、体がだるいという人は、ぜひ「ニンニク油」をお試しください。脳神経外科の名医は“ 手作りできる脳の特効薬”と大絶賛。治療にも使うほどその効果を認めています。最近では、高血圧やガンの予防も期待できるとテレビで紹介され話題になりました。今注目の食材です。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【疲労回復】物忘れが激減する「ニンニク油」大活用レシピ(1)

【疲労回復】物忘れが激減する「ニンニク油」大活用レシピ(1)

物忘れが気になる、体がだるいという人は、ぜひ「ニンニク油」をお試しください。脳神経外科の名医は“ 手作りできる脳の特効薬”と大絶賛。治療にも使うほどその効果を認めています。最近では、高血圧やガンの予防も期待できるとテレビで紹介され話題になりました。今注目の食材です。【監修】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

きな粉は、焙煎した大豆を砕いて粉末にした食品です。豆腐や納豆、みそといった大豆食品と違い、ほかの物質や成分を加えておらず、大豆の栄養成分がほぼまるごと受け継がれています。栄養成分的には、「きな粉=大豆」と考えてよいでしょう。【解説】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

【野菜スープの効果】シミ(老人斑)が薄くなった!老眼もなく、白内障も進行しない

野菜スープをとり始めてしばらくたったころ、妻が私の顔をまじまじと見て、こう言いました。「あなた、シミが薄くなったわねえ」私は現在79歳で、10年ほど前から老人斑と呼ばれるシミが増えていました。ところが、野菜スープを飲むうちに、そのシミが非常に薄くなっていたのです。【解説】富永祐民(愛知県がんセンター名誉総長)


【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

【自律神経を整える】ヒプノセラピー(催眠療法)とは?潜在意識と繋がって免疫力を高める

私は診療でヒプノセラピー(催眠療法)を用いています。催眠を特別な状態と感じられるかもしれませんが、誰でも1日に十数回は催眠状態を体験しています。起床時や就寝前の意識がぼんやりしているとき、瞑想やヨガなどをして心静かにしているときは、実は催眠状態にあります。【解説】萩原優(イーハトーヴクリニック院長)


最新の投稿


【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

歯ぎしりは、口腔内の悪習癖の一つではありますが、実は、役立っている面もあります。その一つが、「唾液の分泌を促す」ということです。試しに、今、少し上下の歯をすり合わせたり、カチカチさせたりしてみてください。唾液が出てくるのがわかるでしょう。【解説】野村洋文(木下歯科医院副院長)


【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

私はJリーグのチェアマン時代からスポーツを通じた健康づくりや地域のスポーツ振興を訴えてきましたが、「つま先立ち体操」の推奨も、その一環と考えています。私が「つま先立ち体操」を続けるようになったのは、娘の一言がきっかけでした。【解説】川淵三郎(日本サッカー協会最高顧問・日本バスケットボール協会エグゼクティブアドバイザー)


【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

コンブの食物繊維と酢は、食後の血糖値の急上昇を防いでくれます。血糖値が急に上がると、インスリンというホルモンが過剰に出て、細胞によけいなものを取り込み肥満につながるのです。【解説】白澤卓二(白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士)


【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は?  (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は本来、再生能力の高い臓器です。例えば、手術で一部を切除しても、時間がたてば肝細胞が再生し、元の大きさに戻ります。しかし、慢性肝炎などが進行すると、肝細胞が次々に破壊され、再生が追いつかなくなります。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

僕は今、世界でただ一人の「空間診断士」という肩書きで仕事をしています。 掃除のやり方を教えているのではなく、掃除に向き合うときの心のあり方をお伝えしています。例えば、誰かが怒っていたり、悲しんでいたりした部屋は、何となく“空気が重い”と感じませんか?【解説】船越耕太(空間診断士)