【作り方と使い方レシピ】私が考案した冷凍レモン 病気や症状が改善したと反響続々

【作り方と使い方レシピ】私が考案した冷凍レモン 病気や症状が改善したと反響続々

『ためしてガッテン』で、レモンを凍らせて皮ごと料理にすりおろして用いるという、私の考案した利用法(豊橋方式)が紹介されました。【レポート】河合浩樹(河合果樹園代表・54歳)


皮に多い有効成分を 丸ごと取れる

 2011年の6月に放映されたNHKの『ためしてガッテン』で、レモンを凍らせて皮ごと料理にすりおろして用いるという、私の考案した利用法(豊橋方式)が紹介されました。

 この方法だと、レモンの皮に多く含まれる香り成分(シトラール)やレモンポリフェノールなどが丸ごと取れます。さらに、果汁だけに比べて、ビタミンCが5倍も取れて、酸味もまろやかになります。

 また、冷凍したレモンをすりおろすことで、加熱すると強くなる皮の苦味が、かなり抑えられることもわかりました。
 それに、レモンの風味と酸味が、甘味や塩味を引き立てるので、料理に加えると絶品。意外な組み合わせと思われるようですが、お汁粉やおにぎり、みそ汁などに加えると、とてもおいしくなると大評判です。

 番組の反響も大きく、私の果樹園にもたくさんの問い合わせをいただきました。

 さて、私は安心しておいしく食べられるレモンを作ることにこだわってきました。
 日本では、レモンを丸ごと食べたり、料理に使ったりする習慣があまりありません。

市場の多くを占める輸入レモンは、農薬、防カビ剤、ワックスなどが使われており、皮ごと食べることに抵抗を感じる人も多いからでしょう。

 しかし、前述のように、レモンは皮にこそたくさんの栄養成分が含まれています。ビタミンCはもちろんのこと、ビタミンE、レモンポリフェノール、カルシウム、リモネンやシトラールなどの香りの精油成分。こうした体によい成分を捨てるのは、本当にもったいないことです。

 そこで私は、26年前から、皮ごと食べられる完全無農薬レモンの栽培に着手。気候も土壌もレモンの栽培に適さない日本で、完全無農薬のおいしいレモンを作るには、苦労と苦心の連続でした。

 しかし、温室でのボックス栽培(鉢に植えて育てる栽培法)や、カマキリやテントウムシなどの昆虫を使った害虫駆除、土壌を善玉菌優勢の環境にするなど、さまざまな工夫をこらして、ようやく高品質の無農薬レモンを作れるようになりました。

 私が作るレモンは、安全なだけでなく、皮が柔らかくジューシーなので、皮ごとおいしく食べられます。また、皮には、通常のレモンの2倍のビタミンEが含まれています。

 私は11年ほど前から、レモンを冷凍し、一年中食べるようになりました。朝はたっぷりのフルーツや生野菜とともに、凍ったままスライスしたレモンを食べます。このスライスレモンは酒のつまみにも最適で、少々飲み過ぎても悪酔いしません。

 また、冒頭でご紹介したように、冷凍レモンを皮ごとすりおろして、いろいろな料理に使っています。

目が疲れにくくなった河合浩樹さん
河合果樹園のホームページ
http://kawaikajuen.jp/

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

開業医でありながら、身長が183㎝で、体重が120㎏もあった私は、すし屋で「うちのジムに来ませんか」とボクシングジムの井岡弘樹会長に声をかけられたのです。私のダイエットメニューは、ジム通いと会長に教えていただいたコマツナジュースを朝食に取り入れることでした。【解説】大森孝平(大森クリニック院長)


【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

【笑うことの効果】免疫力が高まり健康増進!ガンとの共生・克服も可能

私は、医師として40年以上、病気に悩む人々を診てきました。また、現役の産婦人科医師として、年間100名以上の出産に立ち合っています。そこで学んだのは、「逝き方とは生き方であり、笑進笑明こそが、自分を進化させる21世紀のライフスタイル」だということです。【解説】昇 幹夫(日本笑い学会副会長・産婦人科医・麻酔科医)


【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

【医師解説】首の後ろを温めると、糖尿病、高血圧、顎関節症の改善に効果あり

高血圧や糖尿病などの生活習慣病をはじめ、体に起こるさまざまな不調の原因は、脳幹と呼ばれる部位の機能低下にあると私は考えています。【解説】沼田光生(海風診療所院長)


【降圧レシピ・ベスト4】お酢の血圧を下げる効果を促進する「飲み方」と「食べ方」

【降圧レシピ・ベスト4】お酢の血圧を下げる効果を促進する「飲み方」と「食べ方」

お酢の健康効果として代表的なのが、高めの血圧を下げる降圧作用です。今回は、お酢を毎日の食生活に取り入れやすくする、四つの方法をご紹介します。【解説】小泉幸道(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)、岡田研吉(銀座・研医会診療所漢方科)、村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

突発性難聴による耳鳴りが改善し、飛蚊症も解消した秘密は「指の○を叩く」こと

全身の気や血液の流れがよくなり、耳鳴りや飛蚊症が改善する「指の股たたき」をご紹介します。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)


最新の投稿


【骨盤起こし】背骨の圧迫が取れ、脊柱管狭窄症の痛みを改善する簡単動作

【骨盤起こし】背骨の圧迫が取れ、脊柱管狭窄症の痛みを改善する簡単動作

最近、女性はもちろん男性も、自分の骨盤の状態を気にするようになりました。骨盤の状態は健康を左右します。猫背などのよくない姿勢で、骨盤が後ろに傾いた“寝た状態”になると、体のバランスがくずれ、腰痛やひざ痛の原因になるのです。【解説】中村考宏(えにし治療院院長)


【医師解説】即効!「ひざの裏を押す」と脊柱管狭窄症の腰痛に効果あり

【医師解説】即効!「ひざの裏を押す」と脊柱管狭窄症の腰痛に効果あり

全身の痛みの中で、最も発生頻度が高いのは、やはり腰痛ではないでしょうか。中高年者に限っていえば、腰痛を全く経験したことがない人は、まずいないと思います。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


【血圧を下げる】ポイントは「ふくらはぎを温める」こと 生理痛が緩和され腰痛も改善

【血圧を下げる】ポイントは「ふくらはぎを温める」こと 生理痛が緩和され腰痛も改善

昔からよく「足を冷やすな」といわれますが、あなたはこの「足」がどこを指すか、おわかりになりますか?足の裏、足の指先と考える人が多いかもしれませんが、本当に冷やしてはいけない場所は、「ふくらはぎ」なのです。【解説】関 博和(せき接骨院院長)


【O脚の原因と症状】「浮き指」を改善する足指体操のやり方を大学教授が伝授

【O脚の原因と症状】「浮き指」を改善する足指体操のやり方を大学教授が伝授

本来、人間の体は、足の指がきちんと地面につき、指で踏ん張る力を使ってこそ、正常なバランスが保たれるようになっています。ところが、現代人の足指の力は、極度に衰えています。指の力で踏ん張るどころか、多くの人は足指が地面についていない「浮き指」と呼ばれる状態になっています。【解説】阿久根英昭(桜美林大学教授)


血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

開業医でありながら、身長が183㎝で、体重が120㎏もあった私は、すし屋で「うちのジムに来ませんか」とボクシングジムの井岡弘樹会長に声をかけられたのです。私のダイエットメニューは、ジム通いと会長に教えていただいたコマツナジュースを朝食に取り入れることでした。【解説】大森孝平(大森クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング