【名医】脊柱管狭窄症の患者が続々改善!手術を回避「ひざ抱え体操」のやり方

【名医】脊柱管狭窄症の患者が続々改善!手術を回避「ひざ抱え体操」のやり方

脊柱管狭窄症の患者さんたちに、私が必ず勧めているのが、ひざを抱えて腰を丸める「ひざ抱え体操」です。脊柱管狭窄症の患者さんに共通しているのは、悪い姿勢です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院院長・整形外科医・カイロプラクター)


<症例報告>脊柱管狭窄症の症状を改善する簡単運動「ひざ抱え体操」の効果

 脊柱管狭窄症の患者さんは、年々増えており、当院にも多数の患者さんが来院されます。その多くは、他院の治療を受けても改善しなかった、あるいは、医師から、手術しかないといわれたけれど、手術は受けたくない、という重度の患者さんです。

 そのような患者さんたちに、私が必ず勧めているのが、ひざを抱えて腰を丸める「ひざ抱え体操」です。
 脊柱管狭窄症の患者さんに共通しているのは、悪い姿勢です。患者さんに聞いてみると、若いころから姿勢が悪く、親によく注意されたという人が多いのです。それが何十年と続いた結果、脊柱管が狭くなり、脊柱管狭窄症が起こると考えられます。

 脊柱管は、脊髄などの神経が入った、背骨を通る管です。通常、腰を反らすと脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されて傷み、お尻から足にかけて痛みやしびれを引き起こします。反対に、前にかがんで腰を丸めると、脊柱管が広がるため、神経の圧迫が軽減し、症状も和らぎます。
 ひざ抱え体操は、この原理を利用した体操です。

 私の施術と並行して、自宅でひざ抱え体操をやってもらうと、手術を勧められるほど重度の患者さんでも、その多くの症状が改善しています。

●Mさん(55歳・女性)
 Mさんは、左の足腰に痛みとしびれがあり、立っているだけで症状が悪化し、洗濯物も干せない状態でした。病院で脊柱管狭窄症と診断され、処方された鎮痛剤を服用しましたが、ほとんど効果はなかったそうです。
 そこでMさんに、毎日2度、ひざ抱え体操を行ってもらったところ、1ヵ月半ほどで症状が軽快。立ち続けることが平気になり、洗濯物も楽に干せるようになった、と喜んでいました。

●Tさん(73歳・男性)
 腰痛歴の長かったTさんは、右足に痛みとしびれがあり、5分くらいしか続けて歩けませんでした。当院受診の半年前に、脊柱管狭窄症と診断され、消炎鎮痛剤や血流をよくする薬、筋肉の緊張を和らげる薬などを服用していました。しかし、症状はいっこうに改善しなかったそうです。
 Tさんは、ひざ抱え体操を始めて2〜3ヵ月で痛みが取れ、しびれも軽くなったので、薬の服用を中止。途中で立ち止まらず、長時間歩行できるほど回復しています。

 このように、重度の患者さんでも症状が改善していますから、軽度なら、ひざ抱え体操だけで治るかたもおられます。

「ひざ抱え体操」が脊柱菅狭窄症の症状に効果がある理由

 ひざ抱え体操は、あおむけになって、両ひざを胸のほうに引き寄せる体操です。ポイントは、十分に腰を丸めることです。腰を丸めにくい人は、バスタオルを折り畳み、お尻の下に当てると、丸めやすくなります。

 あおむけが苦しい人は、横向きでやってもいいでしょう。横向きに寝てひざを引き寄せ、上半身をおなかのほうにかがめます。このかっこうを作ったら、ひざを抱えている手を外してもかまいません。

 どちらも、腰を丸めた姿勢を20〜30秒保ち、元の姿勢に戻ります。これを3回くり返します。目安として、これを1日2度くらい行いましょう。

 こうして腰を丸めると、狭まっていた脊柱管が広がり、神経への圧迫が取り除かれます。それによって痛みやしびれが軽くなります。また、圧迫が取れると血流がよくなり、酸素や栄養が患部に供給されて、傷んだ神経の回復に役立ちます。
 さらに、ひざ抱え体操をくり返すことで、かたくなった腰周辺の筋肉や関節がほぐれ、腰椎(腰の部分の背骨)の可動域も回復します。

 この体操は、長く行うほど効果があります。ですから、寝るときも、横向きでひざ抱え体操の姿勢をして、そのまま眠るといいでしょう。朝の起床時に、痛みやしびれが出てつらい人は、起きる前に、布団の中でひざ抱え体操を行うと楽になります。

 注意してほしいのは、症状があるときに無理して歩かないことです。よけいに神経が圧迫されて傷つきます。
 脊柱管狭窄症の代表的な症状である間欠性跛行は、足腰の痛みやしびれによって、休み休みでないと歩き続けることができないというものです。

 この間欠性跛行を起こさないように、痛みやしびれの出る前に歩くのをやめます。例えば、10分歩いて足がしびれる人は、5分歩いたところで休憩し、1分ほど腰を下ろして腰を丸めます。それが症状を悪化させないコツです。

 脊柱管狭窄症は、症状に気づいたら早めに整形外科で診察を受け、こうした体操で症状の改善に努めることが大事です。

竹谷内康修
 竹谷内医院院長。整形外科医・カイロプラクター。東京都生まれ。東京慈恵会医科大学卒業後、福島県立医科大学整形外科へ入局。3年間整形外科診療を行う。その後、米国ナショナル健康科学大学へ留学し、カイロプラクティックを学ぶ。同大学を首席で卒業後、都内にカイロプラクティックを主体とした手技療法専門のクリニックを開設。腰痛、腰部脊柱管狭窄症、肩こり、頭痛、首の痛み、関節痛などの治療に取り組む。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

私の体に異変が起きたのは、昨年7月のことです。半袖から見えている腕の毛穴という毛穴に、じんましんが出ていたのです。松森先生は「足の第2指と第3指の骨の間を押すといい」と教えてくださいました。1回にかかる時間は数分程度です。仕事の合間に、3〜4回はやったと思います。【体験談】佐藤友子(仮名・会社員・47歳)


【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

「きくち体操」は鍛える体操ではありません。自分の体に意識を向け、体の変化を感じ取り、体を育てる体操です。体の感覚や変化を感じ取り、体を意識して丁寧に動かせば、体と脳がしっかりつながり、動ける体が育っていくのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】


【やり方】脳が活性化する「きくち体操」全身の血流アップで心身の不調を改善できる

【やり方】脳が活性化する「きくち体操」全身の血流アップで心身の不調を改善できる

毎日足の指を動かし、育てていけば、足の指1本1本を意識して動かせるようになります。「体を意識して動かす」作業は、自分の体と向き合い、自分を見つめる作業です。それは、自分の体を大切にし、今まで見失っていた本来の自分を取り戻すことにもなります。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


最新の投稿


【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

私の体に異変が起きたのは、昨年7月のことです。半袖から見えている腕の毛穴という毛穴に、じんましんが出ていたのです。松森先生は「足の第2指と第3指の骨の間を押すといい」と教えてくださいました。1回にかかる時間は数分程度です。仕事の合間に、3〜4回はやったと思います。【体験談】佐藤友子(仮名・会社員・47歳)


歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。【解説】笹野高嗣(東北大学大学院歯学研究科教授)


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

「きくち体操」は鍛える体操ではありません。自分の体に意識を向け、体の変化を感じ取り、体を育てる体操です。体の感覚や変化を感じ取り、体を意識して丁寧に動かせば、体と脳がしっかりつながり、動ける体が育っていくのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】