【痛い!歩けない!】腰部脊柱管狭窄症の間欠性跛行 痛みやしびれに「このポーズ」

【痛い!歩けない!】腰部脊柱管狭窄症の間欠性跛行 痛みやしびれに「このポーズ」

脊柱管狭窄症が進行した場合、足腰の痛みやしびれの症状が出て、歩き続けることができなくなります。それでも、しばらく休めば、再び歩けるようになります。これが間欠性跛行という、この病気に最も特徴的な症状です。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院院長・整形外科医・カイロプラクター)


間欠性跛行に悩む、脊柱管狭窄症の人にお勧めの歩き方

 腰部脊柱管狭窄症は、脊髄が通っている脊柱管という管が狭くなって中の神経を圧迫し、足腰に痛みやしびれが出る病気です。主に加齢で生じることが多く、患者数が増えています。

 脊柱管狭窄症が進行した場合、足腰の痛みやしびれが出て、歩き続けることができなくなります。それでも、しばらく休めば、再び歩けるようになります。これが間欠性跛行という、この病気に最も特徴的な症状です。

 間欠性跛行に悩まされるようになると、長く歩くことができません。このため、どうしても歩く機会が減りますが、その結果、運動不足に陥ることはよくありません。脊柱管狭窄症を悪化させないためにも、全身の運動機能の低下を招かないことが大事で、やはり、なるべく歩くことを心がけたいものです。

 そこで、間欠性跛行に悩まされている、脊柱管狭窄症のかたにお勧めの歩き方をご紹介しましょう。間欠性跛行の場合、まず第一に休むことが肝心です。立ったり座ったりという姿勢は、背すじを伸ばしているため、狭まっていた脊柱管がさらに狭まり、それが神経を圧迫し、足腰の痛みやしびれといった症状を発症させます。
 例えば、10分歩いたら足がしびれる人は、5分歩いたところで1分の休憩をはさめばいいのです。休む際は、イスに腰かけることがベストですが、腰を下ろせる場所がない場合、「1分休憩ポーズ」を取りましょう。

 1分休憩ポーズとは、立ったままひざを少し折って、両ひざの上に両手を置いて、背を丸めるものです。この姿勢で休憩すれば、脊柱管の圧迫を少しでも軽減させることができます。
 脊柱管狭窄症の人は、自分の限界を超えて我慢してはいけません。無理をして長時間立ち続けたり、がんばって歩き続けたりするのもいけません。
 脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されているため、痛みやしびれが出ています。歩いていて痛みが出たときには、すでに神経が圧迫を受けているわけです。そこを我慢して歩き続けると、もともと傷んでいる神経をさらに傷めつけてしまうことになります。

 つらい症状を解消するためには、神経が圧迫を受けて傷めつけられている時間を、できる限り短くすることが重要。神経が圧迫から解放されている時間が長くなればなるほど、それだけ神経も修復されて、患部の状態もよくなってくるからです。

 脊柱管狭窄症の患者さんの場合、痛みやしびれが出るとわかっていても、自覚症状が出るまで歩き続けてしまう傾向があります。そうしたかたにこそ、症状が出る前に休むことをお勧めしたいと思います。

杖の長さは、自分の身長の半分に「3cmを足したもの」が最適

 歩く際、つえやシルバーカートを使うと、腰への負担を減らすことができます。

 つえは、握りの部分が持ちやすく、体重をかけても手のひらに違和感のないものを選びます。長さは、自分の身長の半分に、3㎝を足したものが最適です。例えば、身長が150㎝の人なら、150÷2=75。それに3を足した78㎝がいいのです。
 足にしびれが出るかたは、しびれの出る反対側につえを持ち、足とつえが同時に出るようにするといいでしょう。

 自転車に乗れるかたなら、自転車も大いに推奨できます。自転車に乗ると、自然と前かがみの姿勢になるので、脊柱管に負担をかけずに移動することができます。
 イスに座るときは、腰まくらやクッションなどを当てて姿勢を助けるといいでしょう。長時間イスに座る際は、30分に一度くらい立ち上がって体を動かすようにします。眠る際は、横向きになり、腰を丸めた姿勢がお勧め。ベッドはやわらかいものがいいでしょう。

 いずれにしても、1分休憩ポーズをうまく取ってウォーキングを実践すれば、圧迫された神経の修復に役立つだけではなく、筋力や心肺機能を高めるうえでも効果的です。

竹谷内康修
 竹谷内医院院長。整形外科医・カイロプラクター。東京都生まれ。東京慈恵会医科大学卒業後、福島県立医科大学整形外科へ入局。3年間整形外科診療を行う。その後、米国ナショナル健康科学大学へ留学し、カイロプラクティックを学ぶ。同大学を首席で卒業後、都内にカイロプラクティックを主体とした手技療法専門のクリニックを開設。腰痛、腰部脊柱管狭窄症、肩こり、頭痛、首の痛み、関節痛などの治療に取り組む。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【片付け術】痩せた!腰痛がなくなった‼心も体も健康になる「勝手に片付く家」の作り方

【片付け術】痩せた!腰痛がなくなった‼心も体も健康になる「勝手に片付く家」の作り方

テレビで話題の“時短家事”の専門家が直伝!「勝手に片づく家」を作る3つの秘策!家事効率がよくなると、「めんどうな家事」も、気軽に、気楽に、ごく短時間で取り組める「楽しい家事」に変わります。【解説】本間朝子(知的家事プロデューサー)


【耳もみの効果】糖尿病の失明回避・脊柱管狭窄症の痛み改善・不眠症も治った 4名の改善例をご紹介!

【耳もみの効果】糖尿病の失明回避・脊柱管狭窄症の痛み改善・不眠症も治った 4名の改善例をご紹介!

「耳もみ」を継続して行うと、多くの健康効果がもたらされます。ここでは、耳もみが大きな効果をもたらした症例をご報告しましょう。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


【腰痛・坐骨神経痛・膝痛・歯痛】痛みを改善する「耳ツボ」の場所はココ!

【腰痛・坐骨神経痛・膝痛・歯痛】痛みを改善する「耳ツボ」の場所はココ!

私の鍼灸院では、体に施術する通常の鍼灸治療に加えて、25年以上前から、耳にあるツボを用いた治療法を取り入れています。そこで今回は、痛みの解消に効果的な耳もみの方法を紹介しましょう。【解説】村山哲郎(戸塚鍼灸院院長)


【低血圧も高血圧も改善】“かかと”からではなく “足の指”に力を入れて歩くウォーキング療法

【低血圧も高血圧も改善】“かかと”からではなく “足の指”に力を入れて歩くウォーキング療法

私たちの背骨はもともと、ゆるやかなS字状の曲線を描いています。この本来の曲線を保って立ち、歩くとき、上半身はほんのわずかに前傾し、重心は足のつま先側にかかります。このことからもわかるように、足の指を使って立つ・歩くのが、正しい人間本来の姿なのです。【解説】篠原裕喜(篠原整骨院「ウオーキング療法」主宰)


最新の投稿


【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

【ひざの裏が痛い】は老化のサイン?姿勢も考え方も若返る!ヨガ秘伝の「ひざ裏伸ばし」

ヨガでは、心の問題が体に現れると考えます。特に、「心の老化」という現象が、体の中で顕著に出る場所があります。それは、ひざ裏、太ももの裏、ふくらはぎ、アキレス腱など、脚裏一帯。脚裏の筋肉やすじが硬い原因の多くは、心の老化にあるのです。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

【アンチエイジング】ヨガで心も体も若返る!「ひざ裏伸ばし」の正しいやり方

準備運動を終えたら、1~3を順に行いましょう。いちばんたいせつなことは、少しずつ筋肉を伸ばしながら、痛みと向き合い、体にお詫びと感謝をすることです。やればやるだけ効果がありますが、まずは1日1セットを目標にしてください。【解説】佐藤松義(イタリア政府公認 沖道密教ヨガ総合自由大学教授)


【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

【『島耕作』作者・弘兼憲史さん】若さの秘訣は毎朝の「ひざ裏伸ばし」

忙しくても、運動が嫌いでも、毎朝のシャワー中のひざ裏伸ばしのように、無理なくできる方法はあると思います。皆さんもぜひ、自分に合った、無理なく続けられる健康法を探してください。【解説】弘兼憲史(漫画家)


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足の爪が小さいと「尿もれ」?ガサガサかかとは「肥満」?足でわかる病気のサイン

足は立つときや歩くときに、体の全体重を支えます。何年も何十年も支え続けるわけです。体の不調やゆがみなどによって、どこかをかばった立ち方や歩き方をすると、それが足に蓄積され、異常が現れます。【解説】高山かおる(埼玉県済生会川口総合病院皮膚科主任部長)