【首が痛い!】は頸椎症の入り口 対策は超簡単「首伸ばし」体操 医師が解説

【首が痛い!】は頸椎症の入り口 対策は超簡単「首伸ばし」体操 医師が解説

ほとんどの人が病気とは思っていないようですが、私は、首や肩のこりは、れっきとした病気と捉えています。というのも、首の骨の代表的な病気である頸椎症の入り口だからです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院院長)


重い頸椎症は、頸椎症性神経根症、頸椎症性脊髄症、頸椎椎間板ヘルニア

 肩や首のこりは、多くの人が悩まされている症状です。
 ほとんどの人が病気とは思っていないようですが、私は首や肩のこりは、れっきとした病気と捉えています。というのも、首の骨の代表的な病気である頸椎症の入り口だからです。

 頸椎症とは、狭い意味では、加齢に伴う首の骨(頸椎)の変化(退行変性)から起こる病気をいいます。広い意味では、首の骨とその周囲の異常全般を指すこともあります。

 頸椎症にはさまざまな段階がありますが、進行すると、首の痛みに加えて腕のしびれが起こる「頸椎症性神経根症」や、手がうまく動かせなくなったり、正常に歩けなくなったりする「頸椎症性脊髄症」、タイプによってこれらと同じ症状が出る「頸椎椎間板ヘルニア」などが起きてきます。
 こうした重い頸椎症も、始まりは首や肩のこりです。つまり、首や肩のこりを放置しておくと、やがては重い頸椎症になる危険性が高いのです。

 重い頸椎症になると、医学的な治療が必要になってきます。しかし、そこに至る前の首や肩こり、あるいは首の軽い痛みや腕の軽いしびれを感じ始めたくらいの段階であれば、セルフケアでも改善が可能です。

 そこで、今回ご紹介するのが、「首らく伸ばし」です。
 首らく伸ばしとは、詰まりやすい首の骨と骨の間を、無理なく広げる体操のことです。

頸椎症の進行を防ぎ、症状を改善するセルフケア

 背中や腰の骨も同じですが、首の骨は、短い椎骨という骨がつながってできています。首の場合は、それを頸椎と呼びます。頸椎同士の間は、健全なときは適度な隙間があります。

 ところが、悪い姿勢や生活習慣で、首に大きい重力が長くかかると、骨同士の間にあるクッション役の椎間板がすり減り、骨の間が詰まってきます。すると、神経が圧迫されて、頸椎症が悪化するのです。
 この過程では、寝違えも起こりやすくなります。寝違えというのは、首への負担が続いたときに起こるもので、頸椎症の一種なのです。

 そこで、詰まった骨の間をリセットし、頸椎症の進行を止めたり、改善したりするのに有効なのが、私の考案した「首らく伸ばし」です。

 私は、整形外科医であるとともに、アメリカでカイロプラクティックを専門的に学び、治療にも有効に使用しています。
 当院で施術を受けて、首の痛みが和らいだり、取れたりした患者さんも、もとの日常生活に戻って何も対策をしなければ、たいていは再び悪化します。それを防ぐために、家庭でのセルフケアを私はお勧めしています。中でも簡単で効果的なのが、首らく伸ばしなのです。
 当院の患者さんは、治療と併行して行っていますが、首こり・肩こりや軽い頸椎症対策としてなら、首らく伸ばしを行うだけでも大きな効果があります。

 首らく伸ばしは、頭頂部をできるだけ真下に向け、自分の頭の重さを利用して首の骨を伸ばすのがコツです。無理のない程度に、後頭部をゆっくり押して、さらに首の骨の間を広げましょう。

 立って頭を真下に向けると、頭がクラクラする人や、フラフラする人は、イスを使うやり方を行いましょう。また、高血圧の人や脳血管障害などのある人は、主治医に相談の上で行ってください。

頸椎症を予防、改善する「首伸ばし」のやり方

寝違えのような首の痛み、痛みやしびれが改善

 首らく伸ばしを習慣づけて行っていると、首こりや肩こり、首の痛み、腕のしびれなどがらくになってきます。

 首らく伸ばしを取り入れて、頸椎症が改善できた人は大勢います。Kさん(40歳・男性)もその一人です。

 Kさんの場合は、初めは寝違えのような首の痛みが起こり、2週間後に、右の肩から腕、親指にかけて、痛みとしびれが出始めました。物を握る力が弱くなり、体を横たえて寝ることができなくなりました。横になると首と腕の痛みが増すので、ソファなどで座って寝るしかなくなったのです。それで困って、当院を受診しました。

 仕事でパソコンを長時間使うKさんは、ネコ背になっていました。首周りの筋肉の緊張が強かったので、家では首らく伸ばしを行うよう勧めました。
 すると、3日の間に2回治療したところで、横になって寝られるようになりました。その後、どんどん痛みとしびれが軽減して、握力もよみがえってきました。
 今でも、首らく伸ばしを行いながら治療を続けていますが、「とてもらくになった」と喜んでいます。

 首や肩のこりが気になるとき、首の痛みや腕のしびれが起き始めたときには、ぜひ早めに、首らく伸ばしをやってみるとよいでしょう。
 詳しくは、拙著『「首の痛み」は自分で治せる』をご覧ください。

 竹谷内医院院長。整形外科医。カイロプラクター。東京慈恵会医科大学卒業後、福島県立医科大学整形外科に入局。2003年、米国ナショナル健康科学大学に留学。06年、同大学を主席で卒業。著書に『「首の痛み」は自分で治せる』(マキノ出版)など多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)


腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

「太極拳のような、体にいい運動をやってみたい」と思いながら、「難しそう」「時間がない」などの理由で、あきらめている人は多いのではないでしょうか。そんな人にぜひお勧めしたいのが、誰でも簡単にできて、健康効果の高い腕ふり運動「スワイショウ」です。【解説】楊進(日本健康太極拳協会理事長)


【名医のTHE太鼓判!】モヤモヤ血管が肩こりの真原因 治し方は 首に手を当て 痛い場所を押すだけ

【名医のTHE太鼓判!】モヤモヤ血管が肩こりの真原因 治し方は 首に手を当て 痛い場所を押すだけ

「長引く肩こり」「ひどい肩こり」に悩んでいませんか。整形外科に行くと「レントゲンで見ても異常ありません」と言われ湿布を出されるだけ、という声も聞きます。実は、その長引く痛みの原因のほとんどが、もやもや血管(=不要な血管)にあるのです。病院での治療法と、自分で治す方法を紹介します。【解説】奥野祐次(オクノクリニック院長)


【ストレートネック】肩こり・しびれ・めまい・うつを招く“スマホ首”を改善する方法

【ストレートネック】肩こり・しびれ・めまい・うつを招く“スマホ首”を改善する方法

スマートフォンを使うとき、私たちは、画面を見るために頭を前方に傾けます。頭を傾けてスマホを見る時間が長ければ長いほど、頸椎はどんどん疲弊していきます。こうした疲弊は、まず肩や首のこりに現れます。【解説】酒井慎太郎(さかいクリニックグループ代表)


【体験談】ストレートネック(首猫背)が改善!「首腰枕」で抜け毛が減った

【体験談】ストレートネック(首猫背)が改善!「首腰枕」で抜け毛が減った

私はパティシエの仕事をしています。一日の仕事を終える頃には、首から背中、腰もパンパンに張り、足は棒のようになります。体のむくみもひどく、朝にはいてきた靴が夕方にはきつくなって、足がなかなか入りませんでした。20年近く続けていたのですが、仕事中に物忘れが増えたことに気付きました。【体験談】野田るみこ(経営者・46歳)


最新の投稿


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消した!81歳現役シェフの11円スリッパ体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消した!81歳現役シェフの11円スリッパ体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「位置」!胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「位置」!胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)


【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)