生姜の効能【血管の若返り効果】"生姜入り緑茶"で白内障を予防 歯周病 口臭対策に

生姜の効能【血管の若返り効果】"生姜入り緑茶"で白内障を予防 歯周病 口臭対策に

ショウガ緑茶を習慣づけて飲んでくれた人からは「らくにダイエットできた」「高かった血糖値や血圧が下がった」「悪玉コレステロールの値が下がった」「肌がきれいになった」「口臭や歯周病が改善した」など多彩な効果が見られました。どんな薬効が期待できるのかいくつか挙げてみましょう。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


平柳要
東京大学大学院医学研究科修了。ハーバード大学・マサチューセッツ工科大学客員研究員、日本大学医学部准教授などを経て、食品医学研究所を設立。科学的根拠に基づいた健康食品の研究、開発に携わる。ショウガ研究の第一人者でもあり、ショウガに関する著書も多い。

ショウガ緑茶が血圧、血糖値を下げる

 緑茶とショウガを合わせたショウガ緑茶(作り方はコチラの記事をご参照ください)は、緑茶の豊かな香りに、ショウガの辛味がマッチした味わいです。

 寝起きの目覚まし、食前と食後、休憩中といつ飲んでも、とてもおいしいです。
 ショウガ緑茶は、朝昼晩の食事の前後に1杯ずつ、1日に計6杯飲むのが理想的。毎日の三度の食事の前と後にショウガ緑茶を飲むことを習慣にしてください。
 そうすれば、緑茶のカテキンやショウガのジンゲロール、ショウガオールといった成分の血中濃度が、一定に保たれやすく、体内で効率よく働きます。

 1日に6杯も飲めないという人は、目的別に食前か食後に飲むだけでも効果を見込めます。
 食前に飲むと、食後の血糖値の上昇をゆるやかにできます。高血糖や糖尿病が気になる人にお勧めの飲み方です。
 食後に飲むと、殺菌作用によってムシ歯、歯周病、口臭、口内炎などを防ぐ効果が期待できます。これらが気になる人は、食後に飲むとよいでしょう。

 このショウガ緑茶を習慣づけて飲んでくれた人からは、「らくにダイエットできた」「高かった血糖値や血圧が下がった」「悪玉(LDL)コレステロールの値が下がった」「肌がきれいになった」「口臭や歯周病が改善した」など、多彩な効果が見られました。
 ショウガと緑茶は、別の記事でお話ししたとおり、それぞれ多くの効用を持っています。二つを組み合わせてパワーアップしたショウガ緑茶には、どんな薬効が期待できるのか、いくつか挙げてみましょう。

●高すぎる血圧を下げる
 緑茶に豊富に含まれるカテキンの一種、エピガロカテキンガレート(EGCG)には、血管を拡げ、高血圧を改善する働きがあります。
 一方、ショウガは、細胞のカルシウムチャンネルという穴をふさいで、血管を広げる効果があります。これら緑茶とショウガの相乗作用で、ショウガ緑茶は高血圧の改善に大きな効果を発揮します。

●高すぎる血糖値を下げる
 ショウガと緑茶は、血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分泌を促し、その効きをよくする作用を持っています。
 また、緑茶に豊富なEGCGには、小腸での糖の分解・吸収を遅らせ、食後の血糖値の急上昇を抑えます。
 二つを組み合わせたショウガ緑茶は、糖尿病の対策としてとても優れています。

●動脈硬化を防ぐ
 ショウガと緑茶の両方に、血中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減らして、血液をサラサラにする効果があります。緑茶については、カテキンの作用、とりわけ抗酸化作用や抗炎症作用が強いEGCGによって、血液をサラサラにすることがわかっています。
 ですから、ショウガ緑茶は、動脈硬化を防いでしなやかな血管を保つために効果的です。

●ダイエット効果
 緑茶とショウガは、どちらも脂肪の吸収を抑えたり、体脂肪の分解や燃焼を高めたりする働きを持っています。
 ショウガでBMI(肥満度を表す指標)が下がる、緑茶でウエストが細くなったなどの研究結果が出ているので、ショウガ緑茶は、ダイエットにも最適です。

●免疫力をアップ
 ショウガのジンゲロールと、緑茶のEGCGには強い殺菌作用や抗ウイルス作用があります。ですから、ショウガ緑茶は、病原体から体を守り、免疫力(病気に対する抵抗力)をアップさせる効果もあります。
 インフルエンザ対策として、ショウガ緑茶を使ったうがいも効果的です。

●口臭・歯周病・ムシ歯を防ぐ
 ショウガのジンゲロールと緑茶のEGCGは、高い抗炎症作用や殺菌作用を持つので、歯肉炎や歯周病、ムシ歯、口臭、口内炎などの予防・抑制に効果的です。食後、ショウガ緑茶で口をすすいでから飲むと、手軽で高い効果が得られます。

→「ショウガ緑茶」の解説はコチラ

白内障の発症リスクが低下する!

 ショウガの抗炎症作用と血行促進作用、緑茶のカテキン、とくにEGCGの抗炎症作用と抗酸化作用などが美容面でも役立ちます。ショウガ緑茶で、肌の酸化によるシミやシワ、炎症によるニキビや湿疹などが予防・改善できます。緑茶には強力な育毛効果もあります。

●白内障を予防する
 中国の浙江省疾病予防管理センターによる調査では、1日に2回以上の緑茶を飲む人は飲まない人に比べ、白内障の発症リスクが0・58倍になるという結果が出ました。
 つまり、緑茶を飲むことで白内障の発症率が約4割減ったということです。また、イランでの研究では、緑茶はドライアイも防ぐことがわかっています。
 ショウガの血行促進作用や抗酸化作用なども、これらの目の症状によいので、ショウガ緑茶は目にもよい飲料といえます。

 以上のほか、ショウガ緑茶には、
・肝臓を元気にする
・骨を丈夫にする
・がん予防に役立つ
 などの効果もあることがわかっています。

 ぜひ毎日の健康づくりと病気予防、老化の抑制に、ショウガ緑茶を活用しましょう。

→ショウガ緑茶の作り方はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

老眼、近視、緑内障や白内障、黄斑変性にドライアイ……眼科の諸症状は、目薬などの局所的なケアで治る、と思っていませんか?それでは、根本的な改善は望めません。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(2)

血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(2)

加齢などによって動脈硬化が進むことに加え、欧米風の食生活の影響で血液がドロドロになります。その結果、目の健康が阻害され、緑内障、糖尿病網膜症、黄斑変性など、重大な目の疾患を引き起こすのです。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(3)

血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(3)

東洋医学的な視点から、「肝」と「腎」を養い、血液をきれいにして、目を含む全身の血流を向上させる料理をご紹介します。肝と腎が良好な状態を保ち、血液の質と血流が向上すれば、その好影響は目の症状にも及びます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)


【熱中症対策の飲み物】手作り"レモン酢"の作り方 塩入りがお勧め 疲れやだるさも解消

【熱中症対策の飲み物】手作り"レモン酢"の作り方 塩入りがお勧め 疲れやだるさも解消

熱中症対策に塩入りの「レモン酢ドリンク」がお勧めです。手作りのレモン酢1カップに、小さじ半分(約3g)の塩を溶かして作ります。次に500ml入りのミネラルウォーターのペットボトルを用意。そこに大さじ2杯分の塩入りレモン酢を足し、ふたをして軽く振って出来上がりです。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


【イライラ解消】イライラが止まらない症状に効果「耳ひっぱり」で自律神経を整える

【イライラ解消】イライラが止まらない症状に効果「耳ひっぱり」で自律神経を整える

耳には全身に関係するツボが集まっていますので、耳ひっぱりは生命維持に重要な領域すべてを活性化し、心身を癒してくれる素晴らしいセルフケア方法です。ぜひ日々活用していただきたいと思います。【解説】土肥雪彦(あかね会土谷総合病院顧問・広島大学名誉教授)


最新の投稿


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

何回も射精をくり返すと精子の数が減る、という心配は無用です。禁欲期間が長すぎると、精子の運動率が低下するうえ、精子のDNA損傷率も高くなることがわかっています。【解説】今井健(GAIA鍼灸整骨院院長・柔道整復師・鍼灸師) 【監修】吉田壮一(よしだレディースクリニック院長)


眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

目にまつわる多くの症状の根本原因は、血液の質と血流の低下です。心臓から送り出された質のいいきれいな血液が全身をスムーズに巡り、毛細血管にきちんと行き届けば、目の症状は改善に向かいます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

老眼、近視、緑内障や白内障、黄斑変性にドライアイ……眼科の諸症状は、目薬などの局所的なケアで治る、と思っていませんか?それでは、根本的な改善は望めません。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)