【便秘改善】「ショウガ緑茶」で下剤いらず!血管年齢が10歳若返り、母の不眠も解消した

【便秘改善】「ショウガ緑茶」で下剤いらず!血管年齢が10歳若返り、母の不眠も解消した

職場の健康診断で、悪玉(LDL)コレステロール値が高いと言われるようになったのは、4年ほど前からです。1年前には200mg/dlまで上がり、薬を処方してもらったこともありました。しかし、副作用で全身に筋肉痛に似た痛みが出たので、1〜2週間で薬をやめました。【体験談】白石真紀(看護師・40歳)


血液の循環がよくなり足のむくみも解消

 職場の健康診断で、悪玉(LDL)コレステロール値が高いと言われるようになったのは、4年ほど前からです。
 1年前には200mg/dl(正常値は140mg/dl未満)まで上がり、薬を処方してもらったこともありました。しかし、副作用で全身に筋肉痛に似た痛みが出たので、1〜2週間で薬をやめました。
 そこまで数値が高くなったのはその当時だけでしたが、平均して165mg/dlと高かったです。ただ、コレステロール値以外は何も異常はなかったので、私はさほど気にせず過ごしていました。

 昨年、職場で血管年齢を測る機会があり、私の血管年齢は、実年齢の40歳より19歳も上の59歳という結果が出たのです。
 そのとき勧められたのが、「ショウガ緑茶」です。

 私はショウガ緑茶を入れるさいに、煎茶を使っています。湯沸かしポットで80℃に設定したお湯を、茶葉が入った急須に注ぎます。1分ほどそのまま置いて、湯呑みに緑茶を入れ、そこにその都度、ショウガをすりおろして小さじ1混ぜて完成です。
 まとめて作るよりも、1杯ずつ作って飲んだほうが、ショウガの辛味が程よかったので、毎回飲むときに作るようにしました。

 もともと、緑茶は、冬になれば日常的に飲んでいましたし、ショウガも体にいいものというイメージがあったので、私はショウガ緑茶を毎日続けて飲んでみることにしました。

 ショウガ緑茶を飲み始めたのは昨年10月からです。最初は、起床後すぐ、昼食と夕食の前と後、就寝前にそれぞれ1杯と、1日合計6杯を飲むよう勧められました。
 いろいろと試したところ、私は朝食時、朝10時、昼食時、午後3時、夕方5時の1日合計5回飲むことで落ち着きました。
 最初に実感した効果は、利尿作用とともに血液の循環がよくなったことです。

 私はもともと排尿回数は朝昼晩の1日3回くらいと少ないほうでした。それがショウガ緑茶を飲み始めてからは、1日8〜10回とトイレの回数が普通になったのです。

 それと同時に、足のむくみが解消しました。立ち仕事をしているので足がむくみやすく、以前は帰宅時に靴が入らなくなることがありました。ですが今では、足がすっきりして、むくみが取れたのです。

 循環がよくなったおかげか、冷えも改善し、寝るときに欠かせなかった靴下が必要なくなりました。靴下をはいて寝ていたら、「暑い!」と思うようになったのです。

 これらは、ショウガ緑茶を飲み始めて1週間くらいで感じた効果です。
 そんな私を見てか、母もショウガ緑茶を飲み始めました。母は「夜にぐっすり眠れるようになった」と喜んでいました。

お通じが改善し下剤がいらなくなった

 さらに、2週間たつころには、便秘も改善してきました。

 今までは週1回出ればいいほう。それも、牛乳や下剤を飲んで出すという状態でした。それが、ショウガ緑茶を飲んでいると、牛乳や下剤を飲まなくても3日に1回は出ます。

 牛乳と下剤に頼っていたときは、おなかを下していたのですが、ショウガ緑茶は普通の便が出るので驚きました。

 そしてショウガ緑茶を飲み始めて1ヵ月後、改めて血管年齢を測定すると、10歳も若返り、49歳になっていました。また、コレステロール値は135mg/dlと正常値の範囲内に下がりました。
 コレステロール値を正常に保ち続けるために、少なくとも、次の健康診断まではショウガ緑茶を飲み続けたいです。

→「ショウガ緑茶」の作り方はコチラ

ショウガ緑茶で血液の巡りがよくなる(食品医学研究所所長・医学博士 平柳要)

 ショウガをとると、腹部を中心に体全体の血の巡りがよくなります。体内の血液循環がよくなると、胃腸が活発になり、冷えや便秘の解消が期待できます。
 一方、緑茶のカテキンは小腸での脂肪やコレステロールの吸収を抑えるため、高めのコレステロールや中性脂肪の血液検査の数値を改善します。

→「ショウガ緑茶」の解説はコチラ
→「ショウガ緑茶」の効能の解説はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


出そうで出ない頑固な便秘で太ももが太くなる?大腸洗浄のプロ考案「腸もみ」のやり方

出そうで出ない頑固な便秘で太ももが太くなる?大腸洗浄のプロ考案「腸もみ」のやり方

私の元へ駆け込む人は、すでに自己流では改善できないほどひどい便秘になっている場合がほとんど。特に40代以上になると、加齢や運動不足で腸を支える筋力が衰えて、腸が下がってしまうことがよく起こります。そうなると、余計に自力での排便が困難になってしまうのです。【解説】齊藤早苗(看護師・コロンハイドロセラピスト)


【声が出にくい】出ない原因は“カラオケ”でわかる?予防改善の体操はコレ!便秘にも効果

【声が出にくい】出ない原因は“カラオケ”でわかる?予防改善の体操はコレ!便秘にも効果

声が出ない・出にくくなる理由は、主に次の二つです。①声を出し過ぎることによる声帯の異常、②声を使わないことによる声帯の衰え。①であれば、声帯を休めることである程度の効果は得られます。しかし、②の場合、声帯を休めるとかえって筋肉の衰えが進行し、声がいっそう出にくくなってしまいます。【解説】萩野仁志(はぎの耳鼻咽喉科院長)


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

解毒スープを作るのに必要な材料は、ゴボウ・ショウガ・タマネギの皮・マイタケ・パセリ、そして天然塩です。材料はすべて身近なものですが、入手できないときは、どれかが欠けても構いません。まずはぜひ実践してみてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


最新の投稿


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

何回も射精をくり返すと精子の数が減る、という心配は無用です。禁欲期間が長すぎると、精子の運動率が低下するうえ、精子のDNA損傷率も高くなることがわかっています。【解説】今井健(GAIA鍼灸整骨院院長・柔道整復師・鍼灸師) 【監修】吉田壮一(よしだレディースクリニック院長)


眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

目にまつわる多くの症状の根本原因は、血液の質と血流の低下です。心臓から送り出された質のいいきれいな血液が全身をスムーズに巡り、毛細血管にきちんと行き届けば、目の症状は改善に向かいます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

老眼、近視、緑内障や白内障、黄斑変性にドライアイ……眼科の諸症状は、目薬などの局所的なケアで治る、と思っていませんか?それでは、根本的な改善は望めません。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)