【糖尿病が改善】糖質制限中は「ピーナッツ食」がオススメ 腎硬化症も予防できる!

【糖尿病が改善】糖質制限中は「ピーナッツ食」がオススメ 腎硬化症も予防できる!

糖質制限食の基本は血糖値を上げる糖質(炭水化物)を減らし、減らした分をたんぱく質と脂質で補うことです。ピーナッツにはたんぱく質そして良質な脂質が豊富です。私のクリニックの患者さんに糖質制限食やピーナッツを食べるよう指導してから糖尿病やメタボが改善するなど、すばらしい成果が出ています。【解説】小早川裕之(小早川医院院長)


ピーナッツ食を勧める小早川先生

脂質が増えても血糖値はほとんど上昇しなかった

私のクリニックでは、糖尿病の治療の一環として、糖質制限食を推奨・指導しています。
そこで、私が患者さんにお勧めしている食品が、ナッツ類、そしてピーナッツです。

糖質制限食を取り入れたのは5年前からですが、それ以前は、日本糖尿病学会が推奨している、カロリー制限食を指導していました。

炭水化物とたんぱく質には、1gあたり4kcal、脂質には1gあたり9kcalが含まれています。
このため、カロリー制限食を始めるときは、最もエネルギーが高い脂質を控えることが近道になります。

しかし、脂質を抑えた食事は、なんとも味気ないものです。
パサパサして旨味がなく、さらに腹持ちもよくありません。
そのため、患者さんが長続きしないのです。

日本糖尿病学会が提言するように、血糖値を上げたり、太らせたりする犯人は、ほんとうにエネルギーなのでしょうか。
調べてみると、そんな研究も根拠も見当たりません。

にもかかわらず、「カロリー制限食をしても血糖値が下がらない」→「では薬を飲みましょう」という、おかしな状況が生まれているのです。

カロリー制限食に疑問を抱いた私は、試しに二つのレシピを作って、糖尿病の患者さんに食べてもらいました。

一つは、脂質を控えた、いわゆる定番のカロリー制限食。
もう一つは、糖質(炭水化物)を極力減らし、たんぱく質と脂質を主体にした糖質制限食です。
どちらも、合計500kcalになるように作りました。

すると、食事の前後で血糖値を検査すると、糖質制限食のほうは、血糖値がほとんど上昇しませんでした。
一方、カロリー制限食のほうは、血糖値が200mg/dLを超えるほど上昇したのです(基準値は110mg/dL未満)。

カロリー制限食が血糖値の抑制に役立っていないことは、明白でした。
こうして私は、カロリー制限食から糖質制限食の指導に切り替えたのです。

インスリンの過剰分泌を抑え空腹感も減る!

糖質制限食の基本は、血糖値を上げる糖質(炭水化物)を減らし、減らした分をたんぱく質と脂質で補うことです。

ピーナッツには、たんぱく質、そして、良質な脂質が豊富です。
主な成分をご紹介しましょう。

まずは、オレイン酸です。
オリーブオイルやアーモンドにも多く含まれています。
オレイン酸は、LDL(悪玉)コレステロール値を下げ、動脈硬化を防ぐため、糖尿病や高血圧をはじめとした生活習慣病の予防・改善に役立ちます。

次に、α-リノレン酸は、エゴマ油やクルミなどにも含まれる必須脂肪酸です。
中性脂肪を減らして、HDL(善玉)コレステロールを増やす働きがあります。

これらの脂質がバランスよくとれるのが、ピーナッツの特長です。
また、ビタミンやミネラル、食物繊維なども多く含まれています。

脂質には、動物性と植物性の2種類があります。
ハーバード大学の研究では、動物性脂肪をとり過ぎると、ガンや心筋梗塞、脳卒中になりやすいというデータがあります。

いくら糖質制限食で糖尿病が改善しても、ほかの病気になっては元も子もありません。
糖尿病に有効なうえ、健康長寿や老化予防に役立つ脂質をとることが重要です。

ですから、良質な脂質は、ピーナッツのような植物性の物からとるべきなのです。

また、近年、腎硬化症という腎臓病が増えています。
これは、腎臓の血管が動脈硬化を起こして、腎臓の機能が低下する病気です。

動脈硬化に有効なピーナッツを食べ続け、しなやかな血管になれば、腎硬化症の予防にも役立つでしょう。

ちなみに、糖質を減らすと、脳のエネルギー不足になるのではないか、と不安になるかたもいますが、それは間違いです。

私たちの体は、脂質を分解して脳のエネルギーに変換できます。
糖質を減らしたからといって、脳はもちろん、ほかの臓器にも影響はありません。

ピーナッツを食べる量の目安は、1日20~30粒です。
できれば、薄皮ごと食べるのが理想です。
薄皮に多く含まれるポリフェノールには、体の老化を防ぐ、優れた作用があります。

小腹が空いたときに食べると、より効果的です。
腹持ちがよく、インスリンの過剰分泌を抑え、空腹感が減るので、メタボのかたにもお勧めです。

実際、私のクリニックの患者さんに、糖質制限食やピーナッツを食べるよう指導してから、糖尿病やメタボが改善するなど、すばらしい成果が出ています。

ぜひ皆さんも、生活習慣病対策として、ピーナッツを食べてみてはいかがでしょうか。



※食べて湿疹が出たり不調を感じたりした場合は、ピーナッツアレルギーの可能性がありますので、摂取を控えてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【歯周病菌の除菌方法】3DSとは?歯周病が原因の様々な病気を予防する注目の歯科技術

【歯周病菌の除菌方法】3DSとは?歯周病が原因の様々な病気を予防する注目の歯科技術

ムシ歯や歯周病は、口の中にいる細菌が原因で起こります。ご存じのように、ムシ歯や歯周病は歯を失う最大の原因となります。そこで注目されているのが、ムシ歯や歯周病の原因菌を除菌する「3DS」(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)という技術です。【解説】花田信弘(鶴見大学歯学部探索歯学講座教授)


【糖尿病対策の食事】糖質は減らさず味方にする!食後高血糖を防いで肥満を撃退するコツ

【糖尿病対策の食事】糖質は減らさず味方にする!食後高血糖を防いで肥満を撃退するコツ

糖質を敵にするか、味方にするかは、食べ方次第です。糖質は悪者ではありません。問題なのは、糖質を取った後、血糖値が急激に上昇する食後高血糖です。糖質は、食べ方のコツさえ知っていれば、血糖値を急激に上げることなく、糖質をおいしく取ることができるのです。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【食後高血糖の改善】なんとキウイを加えると血糖値スパイクを予防できると判明

【食後高血糖の改善】なんとキウイを加えると血糖値スパイクを予防できると判明

糖質制限ダイエット中は「糖質を食べたい」と思いながらも、無理に我慢することになります。この「我慢」がクセモノです。それが続かなくなったときには、糖質のドカ食いをしがちだからです。そこで私がお勧めするのは、糖質制限に果物、特にキウイを役立てることです。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【ダイエット効果】おやつもOK!糖質を味方にする痩せる食事の極意 ポイントは“足し算”

【ダイエット効果】おやつもOK!糖質を味方にする痩せる食事の極意 ポイントは“足し算”

「間食はいけない。我慢すべき」というのも「引き算食べ」の発想。それを続けていると、食欲が爆発するときがやってきて逆効果です。ここでは「足し算食べ」を実践するための具体的なヒントをいくつかご紹介しましょう。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【脂肪肝の予防】肝臓に“シジミ・レバーがいい”は間違いだった?鉄のとりすぎの危険性

【脂肪肝の予防】肝臓に“シジミ・レバーがいい”は間違いだった?鉄のとりすぎの危険性

最近は、お酒とかかわりなく起こる脂肪肝が増えています。お酒を飲まないか、少量飲むだけの人に起こる脂肪肝は「非アルコール性脂肪肝疾患(NAFLD)」と呼ばれます。内臓脂肪型肥満をはじめとする、いわゆるメタボを原因として起こる脂肪肝で、現代人に急増しています。【解説】髙橋弘(麻布医院院長ハーバード大学医学部内科元准教授)


最新の投稿


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

解毒スープを作るのに必要な材料は、ゴボウ・ショウガ・タマネギの皮・マイタケ・パセリ、そして天然塩です。材料はすべて身近なものですが、入手できないときは、どれかが欠けても構いません。まずはぜひ実践してみてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

解毒スープを飲むと、腸内環境は劇的によくなります。その結果、出なかった人は出るようになり、出過ぎていた人はほどよい回数になります。カチカチ、コロコロの便も、逆にユルユルの下痢便も、ちょうどよい硬さの快便になります。さらに、便だけでなく、その他の体の不調も改善していきます。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

どうやったら、物事に動じない強い自分になれますか。そういう質問に対して、私はいつもこのようにお答えします。ぞうきんを持つというのは、掃除をして、身の回りを清浄な状態に整えること。それによっておのずと道が見えてきますから、悩みの解決にもつながるのです。【解説】有馬賴底(臨済宗相国寺派管長 相国寺・金閣寺・銀閣寺住職)


【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

これからどんなに優れた掃除ロボットが出てきてもふくことができない場所、それが「心」だと僕は思っています。なんとなく部屋の空気が「重い」と感じるとき。これは空間に残された感情と、自分の中にある感情とが密接につながっているからだと僕は考えています。【解説】船越耕太(空間診断士)