医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【糖尿病が改善】糖質制限中は「ピーナッツ食」がオススメ

【糖尿病が改善】糖質制限中は「ピーナッツ食」がオススメ

糖質制限食の基本は血糖値を上げる糖質(炭水化物)を減らし、減らした分をたんぱく質と脂質で補うことです。ピーナッツにはたんぱく質そして良質な脂質が豊富です。私のクリニックの患者さんに糖質制限食やピーナッツを食べるよう指導してから糖尿病やメタボが改善するなど、すばらしい成果が出ています。【解説】小早川裕之(小早川医院院長)


解説者のプロフィール

小早川裕之
小早川医院院長。医学博士。日本内科学会認定総合内科専門医。日本透析医学会専門医。「元気で長生き」をモットーに、薬物療法だけに頼らない病院を目指し、緩やかな糖質制限食を核とした糖尿病などの生活習慣病や動脈硬化の予防・治療、家族のケアを考慮した認知症治療に力を入れている。
●小早川医院
http://www.kobayakawa-dm.com

脂質が増えても血糖値はほとんど上昇しなかった

私のクリニックでは、糖尿病の治療の一環として、糖質制限食を推奨・指導しています。
そこで、私が患者さんにお勧めしている食品が、ナッツ類、そしてピーナッツです。

糖質制限食を取り入れたのは5年前からですが、それ以前は、日本糖尿病学会が推奨している、カロリー制限食を指導していました。

炭水化物とたんぱく質には、1gあたり4kcal、脂質には1gあたり9kcalが含まれています。
このため、カロリー制限食を始めるときは、最もエネルギーが高い脂質を控えることが近道になります。

しかし、脂質を抑えた食事は、なんとも味気ないものです。
パサパサして旨味がなく、さらに腹持ちもよくありません。
そのため、患者さんが長続きしないのです。

日本糖尿病学会が提言するように、血糖値を上げたり、太らせたりする犯人は、ほんとうにエネルギーなのでしょうか。
調べてみると、そんな研究も根拠も見当たりません。

にもかかわらず、「カロリー制限食をしても血糖値が下がらない」→「では薬を飲みましょう」という、おかしな状況が生まれているのです。

カロリー制限食に疑問を抱いた私は、試しに二つのレシピを作って、糖尿病の患者さんに食べてもらいました。

一つは、脂質を控えた、いわゆる定番のカロリー制限食。
もう一つは、糖質(炭水化物)を極力減らし、たんぱく質と脂質を主体にした糖質制限食です。
どちらも、合計500kcalになるように作りました。

すると、食事の前後で血糖値を検査すると、糖質制限食のほうは、血糖値がほとんど上昇しませんでした。
一方、カロリー制限食のほうは、血糖値が200mg/dLを超えるほど上昇したのです(基準値は110mg/dL未満)。

カロリー制限食が血糖値の抑制に役立っていないことは、明白でした。
こうして私は、カロリー制限食から糖質制限食の指導に切り替えたのです。

インスリンの過剰分泌を抑え空腹感も減る!

糖質制限食の基本は、血糖値を上げる糖質(炭水化物)を減らし、減らした分をたんぱく質と脂質で補うことです。

ピーナッツには、たんぱく質、そして、良質な脂質が豊富です。
主な成分をご紹介しましょう。

まずは、オレイン酸です。
オリーブオイルやアーモンドにも多く含まれています。
オレイン酸は、LDL(悪玉)コレステロール値を下げ、動脈硬化を防ぐため、糖尿病や高血圧をはじめとした生活習慣病の予防・改善に役立ちます。

次に、α-リノレン酸は、エゴマ油やクルミなどにも含まれる必須脂肪酸です。
中性脂肪を減らして、HDL(善玉)コレステロールを増やす働きがあります。

これらの脂質がバランスよくとれるのが、ピーナッツの特長です。
また、ビタミンやミネラル、食物繊維なども多く含まれています。

脂質には、動物性と植物性の2種類があります。
ハーバード大学の研究では、動物性脂肪をとり過ぎると、ガンや心筋梗塞、脳卒中になりやすいというデータがあります。

いくら糖質制限食で糖尿病が改善しても、ほかの病気になっては元も子もありません。
糖尿病に有効なうえ、健康長寿や老化予防に役立つ脂質をとることが重要です。

ですから、良質な脂質は、ピーナッツのような植物性の物からとるべきなのです。

また、近年、腎硬化症という腎臓病が増えています。
これは、腎臓の血管が動脈硬化を起こして、腎臓の機能が低下する病気です。

動脈硬化に有効なピーナッツを食べ続け、しなやかな血管になれば、腎硬化症の予防にも役立つでしょう。

ちなみに、糖質を減らすと、脳のエネルギー不足になるのではないか、と不安になるかたもいますが、それは間違いです。

私たちの体は、脂質を分解して脳のエネルギーに変換できます。
糖質を減らしたからといって、脳はもちろん、ほかの臓器にも影響はありません。

ピーナッツを食べる量の目安は、1日20~30粒です。
できれば、薄皮ごと食べるのが理想です。
薄皮に多く含まれるポリフェノールには、体の老化を防ぐ、優れた作用があります。

小腹が空いたときに食べると、より効果的です。
腹持ちがよく、インスリンの過剰分泌を抑え、空腹感が減るので、メタボのかたにもお勧めです。

実際、私のクリニックの患者さんに、糖質制限食やピーナッツを食べるよう指導してから、糖尿病やメタボが改善するなど、すばらしい成果が出ています。

ぜひ皆さんも、生活習慣病対策として、ピーナッツを食べてみてはいかがでしょうか。



※食べて湿疹が出たり不調を感じたりした場合は、ピーナッツアレルギーの可能性がありますので、摂取を控えてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


予防医学の専門家が推奨!甘酒寒天の健康効果と有効な食べ方

予防医学の専門家が推奨!甘酒寒天の健康効果と有効な食べ方

食物繊維はメッシュ状の構造で、その網目に水分を保持することで、腸の中で多くの作用を生み出します。寒天はこの網目が、ほかの食物繊維よりもずっと細かいのです。寒天1gが保持する水分量は100g、つまり100倍の保水力を持ちます。【解説】杤久保修(神奈川県予防医学協会中央診療所予防医療部部長・横浜市立大学名誉教授)


40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)


1日1さじ、2週間で効果「発酵玉ねぎ」が善玉菌を激増させる!!

1日1さじ、2週間で効果「発酵玉ねぎ」が善玉菌を激増させる!!

発酵タマネギの魅力はおいしさだけではありません。健康面でも糖尿病を改善する、肥満を改善する、便秘を改善する、アレルギーやうつ症状を緩和するといった、まるで万能薬のような効果を期待できます。正確に言えば、発酵タマネギを食べて腸内で作られる物質に、優れた健康効果があります。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


バナナ酢を飲む最適な時間は? 症状別の飲み方、漬けたバナナの効果まで解説

バナナ酢を飲む最適な時間は? 症状別の飲み方、漬けたバナナの効果まで解説

私は、バナナの研究を20年ほど続けています。調べてみると、バナナの有益な効果が次から次へと見つかったのです。食生活に上手にとり入れれば、ダイエットや血糖値の管理に役立つ食品なのです。「バナナ酢」は、バナナの健康効果に加えて、酢の健康効果も期待できるのです。【解説】水谷剛(東浦和内科・外科クリニック院長)


血糖値を下げる最強食材は酢ゴーヤ!苦み成分がコレステロール値も下げる

血糖値を下げる最強食材は酢ゴーヤ!苦み成分がコレステロール値も下げる

ゴーヤに含まれる苦み成分の一つであるチャランチンには、インスリンと似た働きがあります。また、同じく苦み成分であるモモルデシンにも、血糖降下作用があることがわかっています。さらに、ゴーヤには糖代謝を活性化するビタミンB1や、糖の吸収を遅らせる食物繊維も豊富に含まれています。【解説】下津浦康裕(下津浦内科医院院長)


最新の投稿


【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。3時間以上眠れないこともありました。さらに夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら30分も経たないうちに眠れるのです。そして朝まで目覚めることなく熟睡できるようになりました。【体験談】山田亜希子(仮名・無職・79歳)


【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)


風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

プロポリスは、ハチの巣への細菌の侵入を防ぎ、その増殖を防いでくれる物質です。いわば、家を守る防御壁なのです。私たちがこのプロポリスを摂取する際には、それがどのようにして抽出されたのかが、一つの重要なポイントとなります。プロポリスの抽出法によって含有される有効成分が異なるからです。【解説】門田重利(富山大学名誉教授)


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)