MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【チェックリスト】股関節の痛みがすぐ分かる 違和感 音が鳴る 症状の原因と対策

【チェックリスト】股関節の痛みがすぐ分かる 違和感 音が鳴る 症状の原因と対策

股関節は、人体で最も大きな関節で、体重を支える重要な役目をしています。その股関節のトラブルの代表が、「股関節痛」です。股関節の痛みの多くは「変形性股関節症」という病気によって起こり、進行すると、日常生活の支障が大きくなります。【解説】高平尚伸(北里大学医療衛生学部教授) 

「違和感」「音が鳴る」は股関節痛の前兆かも?

 股関節は、人体で最も大きな関節で、体重を支える重要な役目をしています。
 その股関節のトラブルの代表が、「股関節痛」です。股関節痛の多くは「変形性股関節症」という病気によって起こり、進行すると、日常生活の支障が大きくなります。

 といっても、ある日突然に股関節痛が起こるわけではなく、その前段階といえるトラブルから始まります。つまり、「股関節痛の予備軍」です。日本には、股関節痛の予備軍が300〜500万人いると推定されており、ほとんどは女性です。

 股関節とそれを支える筋肉は、女性より男性のほうがしっかりしています。そのこともあり、股関節のトラブルは男性には少なく、圧倒的に女性に多いのです。
 しかし、痛みが起こる前に、股関節のトラブルを早期発見して適切な対策を取れば、本格的な痛みの出現や、痛みの悪化を防ぐことにつながります。

 そのために役立つのが、チェック表です。各項目について、その意味をご説明しましょう。

チェック表の項目の説明

(1)「違和感」とは、「いつもと違う感じ」のことです。「股関節の存在を意識する状態」ともいえます。
 そもそも、股関節が健全なら、その存在は意識されません。股関節は「無痛」であるのが、正常な状態なのです。
 ですから、「ここに股関節があるな」と感じるのは、すでに「違和感がある」の範疇に入ります。そして違和感は、痛みの前段階です。
 股関節のトラブルは、初期は動作を始めるときに起こりやすいので、立ち上がったときの違和感は、早期発見のヒントになります。同じく、長く歩いたときの違和感も、初期に起こりやすい股関節の症状です。

(2)①の「長く歩いたとき」と同じく、運動後に股関節の違和感があるのは、トラブルの初期ととらえる必要があります。

(3)股関節は、可動域(動かせる範囲)が大きい関節ですが、トラブルが起こり始めると、それが狭くなってきます。足が組みにくいのは、その状態と考えられます。

(4)股関節は体の左右両側にあるため、片足で立つと、体の重心から左右にずれたところで体重を支えなければならず、体重の2倍の負荷がかかります。
 さらに、そのとき傾こうとする骨盤を水平に保つために、腰の側面にある中殿筋という筋肉を硬く引き締めるので、それによっても体重分の負荷がかかります。つまり、片足で立つと、股関節には体重の3倍もの負荷がかかるのです。
 歩く動作は、片足立ちの連続ですから、股関節のトラブルがあると、つらくなります。
 初期には、本人は自覚しないまま、無意識にらくな歩き方をしようとします。一歩踏み出すたびに、地面に着いた足のほうに重心を移動させたり、中殿筋を使わずに大きく骨盤を傾けながら歩いたりするのです。
 本人は気づいていないことが多いのですが、他人から「歩き方が変だ」と指摘されることがあります。

(5)股関節の可動域が狭くなると、こういった、股関節を大きく曲げる動作がしにくくなります。

(6)股関節のトラブルの初期に「音が鳴る」現象は多くみられます。股関節が不安定であるため、動作に伴って鳴ることが多いようです。
 股関節で、太ももの骨の先端の丸い部分(大腿骨頭)がはまっている骨盤側の部分を「臼蓋」といいますが、その先端は、関節唇という軟骨でできて
います。股関節が不安定だと、関節唇に負担がかかり、「パキッ」「コリッ」などと鳴るケースも多いようです。動いたときにときどき鳴るだけなら、健全な股関節でもあり得ますが、頻繁に鳴るときや、他の項目も当てはまるときは、股関節のトラブルが考えられます。

 これらの項目に当てはまるものがあるときは、一度は整形外科を受診し、股関節の状態を調べてもらいましょう。
 そのさいは、股関節に詳しい整形外科医にかかることをお勧めします。トラブルの初期には、股関節に詳しい医師でないと見つけにくい場合もあるからです。最も確実なのは、「日本股関節学会」の評議員を務めている医師や、その医師がいる医療機関にかかることでしょう。

 日本人の場合、変形性股関節症の人の約80%は、生まれつき臼蓋の形が悪く、関節のはまり具合が浅い「臼蓋形成不全(寛骨臼形成不全)」です。臼蓋形成不全の人は、現在、股関節痛がなくても、よりいっそう予防に努めることが大事です。
 股関節に詳しい整形外科医であれば、そういうこともわかるので、その後の対策を立てやすくなります。なお、変形性股関節症には遺伝も関係し、祖母、母、娘の3世代にみられることも多いものです。

股関節トラブルのときの対策

 股関節のトラブルがあるときの対策としては、以下のようなことが勧められます。

●体重コントロール
 太っているほど、股関節への負担が大きくなります。太らないよう気をつけ、太っている人は標準体重に近づけましょう。

●運動をし過ぎない
 長く歩くこと、激しく動くことなどは、股関節への負担になります。すると、翌日に違和感や重だるさが出ることが多いのですが、そうなったら、その運動はやり過ぎだったということ。痛みが出ない範囲の運動を心掛けましょう。

●冷やさない
 冷えは股関節のトラブルを助長します。冷やさないようにし、特に冬は、使い捨てカイロやお風呂などで温めましょう。

●股関節をぶつけない
 あわてて動いて転んだり、股関節を何かにぶつけたりしないように気をつけましょう。

●立ち仕事のときは休む工夫を
 仕事や家事で立ち仕事が続く場合、高めのイスなどを用意し、少しでも座って休みましょう。

●股関節まわりの筋肉を強化
 過度の運動はいけませんが、安静を保つだけでは、股関節まわりの筋肉が弱くなって、悪化につながります。股関節に負担をかけずに、筋肉が鍛えられる運動を心がけましょう。

 一般的に体によいとされるウオーキングは、前述のとおり、股関節に負担がかかります。ウオーキングより、両足で体重を支えるスクワットや、浮力で体重の負荷が少なくなる水中ウオーキング、無理のないストレッチなどのほうがお勧めです。

 また、寝た状態で、片足ずつ足をゆっくり上げ下ろしするなどの運動は、股関節に負担をかけずに筋肉を強化できるので、股関節のトラブルがある人によい筋肉トレーニングです。
 どんな運動も、痛みなどが悪化しない範囲で行い、悪化したら運動を休みます。それでも症状が取れなければ、医師に相談しましょう。

高平尚伸
 1989年北里大学医学部卒業。日本整形外科学会専門医、医学博士。
 2007年より、北里大学医療衛生学部リハビリテーション学科理学療法学専攻教授、北里大学大学院医療系研究科(感覚・運動統御医科学群機能回復学および臨床医科学群整形外科学)教授、 北里大学東病院運動器外科長(整形外科長、2014年末まで)、現在北里大学病院。専門は股関節の疾患、運動器リハビリテーション、スポーツ医学、静脈血栓塞栓症など。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
時間にして、だいたい10~15分やっているでしょうか。はっきりした時間がわからないのは、へそさすりをやっているうちに、いつの間にか眠っているからです。自然と眠れるほど、へそさすりは気持ちがいいのです。昼間や夕方にストレッチをするときや、湯船につかっているときに行うこともあります。【体験談】今井千恵子(会社員・60歳)
更新: 2019-03-12 18:00:00
すぐに効果を感じたのは、寝て行う体操です。起床時に行うと、起きてから股関節がらくに動かせることを実感しました。半年ほどたった頃、以前はつらくてしかたなかった家の前の坂を苦もなく上っている自分に気がつきました。スーパーでも、カートに寄りかからずに買い物ができるようになっていたのです。【体験談】石原幸(仮名・主婦・60歳)
更新: 2019-03-04 18:00:00
期待と覚悟を持って受けたキアリ手術は、当初、期待したほど臼蓋と大腿骨頭との間があかなかったと報告を受けました。CPMをやりながら、貧乏ゆすりも行っていたところ、それからは急激に軟骨が再生していったのです。股関節の痛みがなくなると、人生が変わる。それを実感した1年だったと思います。【体験談】白川尚子(仮名・主婦・61歳)
更新: 2019-03-02 18:00:00
思った以上に病状は悪いものでしたが、それでも私は手術を避けたいと思いました。効果が確認できたのは3年後でした。井上先生が驚きつつ、私にレントゲンを見せてくださったときのことは、今もはっきり覚えています。その写真には、軟骨の再生が推察できる黒い線が映っていました。【体験談】田中泰子(主婦・72歳)
更新: 2019-02-02 18:00:00
体がねじれると動かせる範囲が狭くなるため、同じところばかりを使わざるを得なくなり負担が1ヵ所に集中するようになります。そして痛みが出るようになると、今度はそれをかばってほかの部位に負担が行くようになります。その結果、骨の変形が起こり、さらに痛みへとつながっていき負の連鎖が起こるのです。【解説】横井伸幸(横井接骨院院長)
更新: 2019-01-20 18:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt