【精力を増強する食べ物】「玉ねぎ」は切る前に温めると性力アップ効果が強くなる

【精力を増強する食べ物】「玉ねぎ」は切る前に温めると性力アップ効果が強くなる

近年、40〜50代の男性に、「やる気が出ない」「眠れない」といったうつ症状や、「性欲がわかない」「勃起が続かない」といった精力減退を訴える人がふえているといわれています。【解説】西村弘行(北翔大学学長・東海大学名誉教授)


におい成分をふやすと 記憶障害が改善する!

「タマネギを食べると元気が出る」ということは、すでに常識といってよいでしょう。1年じゅう出回っているので、健康のために食べているかたも、たくさんいることと思います。
 タマネギの主成分は、イオウを含んだアミノ酸で、含硫アミノ酸と呼ばれています。この物質は、タマネギを切ったり加熱したりして細胞膜が破壊されると、同じくタマネギに含まれる酵素と反応を続け、時間とともに変化していきます。

 最初に辛み成分と催涙成分が生成され、時間がたつとにおい成分に変化します。加熱したタマネギが甘くなるのは、酵素反応によって生じた辛み成分が、化学変化してなくなったからなのです。

 そして私は、含硫アミノ酸は、成分変化とともに、私たちの体内に入ったときの働きが変わることを突き止めました。もともとタマネギには、強い抗酸化力があることは知られています。さらに、調理法や食べ方をひと工夫すれば、お悩みの症状別に効果の高い成分を、より効率的に摂取できるのです。

 まずは、ボケや物忘れに効果的なタマネギの食べ方を、ご紹介しましょう。
 軽いボケ症状や物忘れの多くは、加齢による記憶障害です。そこで、遺伝的に記憶力の弱い記憶障害マウスと、正常なマウスを使って比較実験を行いました。島のような部分を1ヵ所だけ設置した水槽にマウスを放つと、泳いで、その島を目指します。それをくり返し、島に上がるまでの時間を計るという実験です。

 正常なマウスは、しだいにしくみを記憶し、島に着くまでの時間が短くなっていきますが、記憶障害マウスの場合、その時間が変化しません。しかし、記憶障害マウスに、タマネギのエキスを飲ませたところ、時間が徐々に短縮されていったのです。
 さらに、有効成分を調べたところ、含硫アミノ酸から変化したにおい成分が、記憶をつかさどる脳の海馬で抗酸化力を発揮し、記憶障害を改善していることもわかりました(特許第四一三九六七七号)。

 つまり、ボケや物忘れに対するタマネギの効果をアップするには、におい成分をふやせばよいということです。
 それには、まずタマネギの皮をむき、食べやすいサイズに切ります。そのあと、室温で30分~1時間ほど放置します。たったそれだけで、適度に辛みが抜け、におい成分がふえた状態になるのです。

ホルモンバランスの 調整にも役立つ可能性

 また、近年、40〜50代の男性に、「やる気が出ない」「眠れない」といったうつ症状や、「性欲がわかない」「勃起が続かない」といった精力減退を訴える人がふえているといわれています。男性の更年期障害ともいわれ、ストレスや加齢によって、テストステロンという男性ホルモンが減少すると起こりやすい症状です。

 一般的には、ホルモン注射などで治療するのですが、ふだんの食事でテストステロンをふやせるなら、それに越したことはありません。そこで、私たちは、タマネギにテストステロンをふやす効果があるかどうかを調べました。
 実験は、テストステロン量が正常値より低いマウスを使いました。そのマウスに、タマネギのエキスが入った水を自由に飲ませたところ、テストステロンが約2倍に増加したのです。さらに、テストステロンの分泌を促したのは、含硫アミノ酸だと特定できました。

 ここでいう含硫アミノ酸は、前述した酵素反応が起こる以前の、もともとの物質のことです。よって、酵素反応を進ませずに食べる方法があれば、うつ症状や精力減退に効果的だということです(特許第四一七二四八八号)。

 その方法とは、タマネギの皮をむいたら、切る前に電子レンジにかけるだけ。酵素の働きは60度ぐらいで失われますが、含硫アミノ酸は加熱しても壊れにくいので、その性質を生かした方法です。加熱時間は、中玉なら、600Wの電子レンジで2分ほどでよいと思います。

 少し柔らかくなりますが、シャキシャキ感は残っており、味わいもそのままです。しかも、あとはどれだけ切っても、加熱しても、含硫アミノ酸はへりません。
 なお、女性が食べても、問題はありません。女性ホルモンの分泌をおさえるわけではなく、むしろ、ホルモンバランスを調整する可能性があると期待されているほどです。

 タマネギは、まさにアンチエイジングに最適な野菜といっていいでしょう。タマネギを毎日の食卓に加えて、いくつになっても若々しく過ごしていただきたいと思います。

西村弘行
 1945年生まれ。名古屋大学大学院農学研究科修士課程修了。北海道大学にて農学博士号を取得。北海道大学助教授、北海道東海大学教授・学長を歴任。現在、北翔大学学長、東海大学名誉教授。タマネギのことなら何でもご存じのタマネギ博士。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【首の後ろ】を押すと、さまざまな病気や症状が改善する不思議

【首の後ろ】を押すと、さまざまな病気や症状が改善する不思議

「ピンポイント療法」には、第1頸椎と第2頸椎の二つのポイントを押す方法があります。ここでは、それぞれの押すポイントの見つけ方と、ピンポイント療法のやり方を説明しましょう。【解説】松久 正(鎌倉ドクタードルフィン診療所院長)


【ツボ】ストレスを解消し、うつの症状が改善する「中指の1点刺激」のやり方

【ツボ】ストレスを解消し、うつの症状が改善する「中指の1点刺激」のやり方

私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


【理容師の抜け毛対策】お勧めは「玉ねぎ入り玄米粥」 ― コシが出てヘアサイクルが長くなった!

【理容師の抜け毛対策】お勧めは「玉ねぎ入り玄米粥」 ― コシが出てヘアサイクルが長くなった!

私は、いろいろな脱毛対策を行いました。育毛剤もたくさん試しました。しかし、決定打は見つかりません。そうした試行錯誤の中から、私が最終的にたどり着いたのが、タマネギでした。【体験談】亀井貴史(福岡県●42歳●理髪店経営)


【保健師】白湯を飲んだら便秘が治った!うつにも効果あり

【保健師】白湯を飲んだら便秘が治った!うつにも効果あり

企業の保健師として勤務している私が、5年間続けているインドの伝承医学「アーユルヴェーダ」を勉強する中で最初に実行したのが『白湯』です。その効果はすぐに実感できました。飲み続けていると、定期的に便が出るようになりました。現在は便秘知らずで、毎朝、必ず出ています。【体験談】山﨑由美子さん(48歳・保健師・東京都)


【判明】うつ患者に不足しがちな栄養素はコレ!自分に足りない栄養素ってわかるの?

【判明】うつ患者に不足しがちな栄養素はコレ!自分に足りない栄養素ってわかるの?

うつ病の患者が、ふえています。この10年間で倍増して100万人を超え、潜在患者を含めると、20人に1人はいるといわれています。これだけうつ病がふえたのは、ストレスの多い社会環境のせいだけではありません。【解説】功刀 浩(国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 疾病研究第三部部長)


最新の投稿


【骨盤起こし】背骨の圧迫が取れ、脊柱管狭窄症の痛みを改善する簡単動作

【骨盤起こし】背骨の圧迫が取れ、脊柱管狭窄症の痛みを改善する簡単動作

最近、女性はもちろん男性も、自分の骨盤の状態を気にするようになりました。骨盤の状態は健康を左右します。猫背などのよくない姿勢で、骨盤が後ろに傾いた“寝た状態”になると、体のバランスがくずれ、腰痛やひざ痛の原因になるのです。【解説】中村考宏(えにし治療院院長)


【医師解説】即効!「ひざの裏を押す」と脊柱管狭窄症の腰痛に効果あり

【医師解説】即効!「ひざの裏を押す」と脊柱管狭窄症の腰痛に効果あり

全身の痛みの中で、最も発生頻度が高いのは、やはり腰痛ではないでしょうか。中高年者に限っていえば、腰痛を全く経験したことがない人は、まずいないと思います。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック院長)


【血圧を下げる】ポイントは「ふくらはぎを温める」こと 生理痛が緩和され腰痛も改善

【血圧を下げる】ポイントは「ふくらはぎを温める」こと 生理痛が緩和され腰痛も改善

昔からよく「足を冷やすな」といわれますが、あなたはこの「足」がどこを指すか、おわかりになりますか?足の裏、足の指先と考える人が多いかもしれませんが、本当に冷やしてはいけない場所は、「ふくらはぎ」なのです。【解説】関 博和(せき接骨院院長)


【O脚の原因と症状】「浮き指」を改善する足指体操のやり方を大学教授が伝授

【O脚の原因と症状】「浮き指」を改善する足指体操のやり方を大学教授が伝授

本来、人間の体は、足の指がきちんと地面につき、指で踏ん張る力を使ってこそ、正常なバランスが保たれるようになっています。ところが、現代人の足指の力は、極度に衰えています。指の力で踏ん張るどころか、多くの人は足指が地面についていない「浮き指」と呼ばれる状態になっています。【解説】阿久根英昭(桜美林大学教授)


血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

血圧が下がり26kg やせた!減量のスペシャリストに教わったダイエット法

開業医でありながら、身長が183㎝で、体重が120㎏もあった私は、すし屋で「うちのジムに来ませんか」とボクシングジムの井岡弘樹会長に声をかけられたのです。私のダイエットメニューは、ジム通いと会長に教えていただいたコマツナジュースを朝食に取り入れることでした。【解説】大森孝平(大森クリニック院長)


ランキング


>>総合人気ランキング