医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

不要なコレステロールを下げる効果 外食続きの人には「小豆の煮汁」がお勧め!

不要なコレステロールを下げる効果 外食続きの人には「小豆の煮汁」がお勧め!

体内のコレステロールには、体内で合成されるものと、食品からとり入れるものの2種類です。体内でのコレステロールは主に肝臓で作られ、ほとんどが生命活動に使われてしまうので、余ることはありません。健康に悪影響を与えるのは、食品として過剰に摂取したコレステロールです。【解説者】伊藤智広(三重大学大学院生物資源学研究科准教授)


実は体には必要不可欠な「コレステロール」

いまだ悪者扱いされることの多いコレステロールですが、実際には、体にとって、なくてはならない成分の一つです。

コレステロールは、副腎皮質ホルモンや性ホルモンの原料になります。
また、脂肪の消化を助ける胆汁酸も、コレステロールから作られています。
したがって、コレステロールが不足すると、健康に悪影響が出るのです。

健康に悪いのは「食品」から過剰に摂取したコレステロール

とはいえ、とりすぎるのも問題です。
過剰に摂取すると、コレステロールが余って血液中にたまり、血液がドロドロになって、動脈硬化を起こす危険性が高まるからです。
動脈硬化は、心筋梗塞や脳梗塞など、生活習慣病の引き金となります。

体内のコレステロールには、体内で合成されるものと、食品からとり入れるもの(食餌由来)の2種類があります。

体内でのコレステロールは、主に肝臓で作られます。
このコレステロールは、ほとんどが生命活動に使われてしまうので、余ることはありません。

健康に悪影響を与えるのは、食品として過剰に摂取したコレステロールです。
特に、動物性の油脂に多く含まれています。

「小豆の煮汁」でコレステロール値がほぼ半分になった!

私たちの研究グループは、あずきの加工過程で出る煮汁に着目していました。
そこで、あずきの煮汁が、食品から摂取したコレステロールにどう作用するかを調べました。

実験は、ラットを使って行いました。
植物油中心の高脂肪食にコレステロールを加えたエサを、あずきの煮汁の粉末とともに、ラットに1ヵ月間与え続けます。そして、血液を採取し、血中コレステロールを測定しました。
すると、あずきの煮汁を与えないラットに比べ、コレステロール値が、ほぼ半分になっていたのです。

このことから、あずきの煮汁には、食餌由来のコレステロールが体内に吸収されるのを抑えることで、血中のコレステロール濃度を上昇させない作用があると推察されます。

食べ物のコレステロールを吸収させずに排出する「小豆」の作用

この実験では、もう一つ、別のパターンでもデータを取りました。

エサにコレステロールを入れず、高脂肪食だけにしたのです。
すると、あずきの煮汁を与えても、血中コレステロール値は変わりませんでした。
これは、あずきの煮汁を飲んでも、体内で作られて体の役に立つコレステロールについては、その合成は抑制されないということを示しています。

つまり、あずきの煮汁は、口から入るコレステロールだけを体内に吸収させずに、排出するのです。
体内での合成は阻害しないので、コレステロール不足になって、健康に支障が出る心配はありません。

食生活が欧米化した現代では、脂肪たっぷりの肉や、クリーミーな乳製品を摂取する機会が多くなっています。
特に、外食の多い人は、その傾向が強くなるでしょう。
心当たりのあるかたは、食べ物のコレステロールを吸収させずに排出するあずきの作用を、ぜひ活用したいものです。

例えば、霜降りの牛肉や、ロースカツを食べるとき、あずきの煮汁をいっしょに飲んではどうでしょうか。
コンソメやだしで味をつけて、スープにして飲んでもいいですし、お茶などで割ってもいいでしょう。
また、脂の多い料理が主菜のときに、カボチャとあずきをいっしょに煮た「いとこ煮」など、あずきの入った副菜を食事に添えるのもお勧めです。

白髪の予防・改善にも期待できる

あずきの煮汁には、ほかにもいろいろな作用がわかっています。
私たちは、以下のような実験を行いました。

体毛をバリカンでそったマウスに、あずきの煮汁を加えたエサを与えました。
すると、新しく生えてきた体毛の色は、あずきの煮汁を与えていないマウスに比べて濃くなりました。
これは、メラニンを作る酵素のチロシナーゼが活性化して、メラニンがどんどん作られたことによるものでした。

この結果から、皮膚の色素が部分的に抜けてしまう尋常性白斑の改善に、あずきの煮汁が一助となるのではないかと考えられます。

この実験の結果を見て、私が応用展開を考えているのは、白髪への効果です。
白髪も、頭皮のメラノサイトの機能が低下し、メラニンを生成できなくなった状態です。
ですから、あずきの煮汁が白髪の予防・改善に役に立つことは、十分考えられます。
これは今後の課題です。

私たちが実験に使ったのは、あずき製品を作る過程で出たゆで汁を、あずきポリフェノールの濃度を数十倍になるよう加工した物です。
一般のかたが飲む場合には、市販のあずき茶や、あずきを煮た際の煮汁を利用するといいでしょう。
苦みやにおいが気になるときは、味をつけてスープにしたり、お茶やヨーグルトに混ぜたりすると、おいしくなります。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【アズキポリフェノールの効果】「発酵あんこ」が血糖値を下げる理由

【アズキポリフェノールの効果】「発酵あんこ」が血糖値を下げる理由

アズキに含まれる代表的な健康成分のひとつが「ポリフェノール」です。アズキは、このポリフェノールの含有量が豆類の中でもトップクラスで、黒豆と比べて約2.3倍も含まれています。私は、アズキポリフェノールが、糖を分解する消化酵素の働きを抑えるのではないかと考えています。【解説】小嶋道之(帯広畜産大学人間科学研究部門教授)


「発酵あんこ」で血糖値・血圧が改善!認知症の母の介護生活に心の安定をもたらした

「発酵あんこ」で血糖値・血圧が改善!認知症の母の介護生活に心の安定をもたらした

母はアルツハイマー型認知症を患っています。試行錯誤した末、2年ほど前にたどり着いたのが、発酵あんこだったのです。母の体調も驚くほどよくなりました。原因不明だったひざ下の腫れやむくみが、今ではかなり少なくなっています。排泄のサイクルが安定したので、おもらしが激減。介護が楽になっています。【体験談】福島和子(55歳)


冷え性に効く食べ物に出合えた!「発酵あんこ」体験談

冷え性に効く食べ物に出合えた!「発酵あんこ」体験談

胃腸が弱い私は、おなかが冷えると消化力がガクンと落ちてしまいます。消化の負担が増すので、食後は元気になるどころか疲労困憊。発酵あんこを食べ始めてから、冷え症に悩まなくなっていることに気がつきました。仕事が続いたときでも、スタミナや集中力が途切れなくなっています。【体験談】森下幸実(セラピスト・53歳)


発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある!注目のシンバイオティクス

発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある!注目のシンバイオティクス

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


手作り発酵あんこで快腸!たった20分 小豆をふっくら炊く方法

手作り発酵あんこで快腸!たった20分 小豆をふっくら炊く方法

「解毒作用のあるアズキは取りたいけれど、お砂糖が気になる」というかたがいらっしゃると思います。そんな皆さんにぴったりなのが、お砂糖が入っていない「発酵あんこ」です。やさしい甘さに糀の力を感じ、私は食べた瞬間、「ホントにコレすごい!」と笑いが出たほどでした。【解説】栗生隆子(発酵生活研究家)


最新の投稿


寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

薄着になる季節に気になるのが、ポッコリおなか。そこで登場するのが「シソ酢」です。黒酢にシソを漬けて、冷蔵庫で1時間。あっという間に出来上がります。スキッと爽やかな後味で、水分補給としても最適なシソ酢は、糖質の吸収を抑え、やせると評判。ぜひ、お試しください。【構成】『安心』編集部


【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

中国・三国時代の故事に、シソについての話があります。カニを食べて食中毒を起こして死にかけた若者に、華侘という名医が紫色の葉を煎じて飲ませたところ、たちどころに快癒。これが紫蘇の名前の由来となったといいます。生薬としても珍重され、気管支炎、セキ・痰、不眠の治療などに広く用いられてきました。【解説】丁宗鐵(百済診療所院長)


【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)