医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

脳の疲れを取り除いて免疫力アップ!般若心経の「写経」の効果

脳の疲れを取り除いて免疫力アップ!般若心経の「写経」の効果

私は、治療の一環として、患者さんに写経を勧めています。本来、体が欲していないインスタント食品やファストフードばかり食べたり、苦しくなるまで食べすぎたりするのは、脳が疲れ、体の声を聞く「感度」が鈍っているからです。写経を行うことで心が安定し、体の声が聞こえるようになるでしょう。【解説】桜井竜生(漢方医)


解説者のプロフィール

櫻井正智
佐賀医科大学医学部卒業。
外科を研修後、米国ケンタッキー州立大学を経て、聖マリアンナ医科大学総合診療内科へ。
日本東洋医学会専門医。
現在、銀座診療所別院にて漢方診療を行っている。

免疫力を養うためにはまず脳を休めよう

「免疫力」とは、どういうものでしょうか。
実のところ、免疫の定義は多様であり、複雑でもあり、科学的にハッキリ確定しているわけではありません。

ただ、世の中の経験則では、免疫のバランスがくずれると、感染症にかかったり、ガンになったりすることがわかっています。
うつ病や不安障害などの病気や症状が出ることもあるでしょう。

つまり、病気になりにくい人は、免疫のバランスがよいということになります。
また、病気の回復が早い人も、免疫力が高いといえるでしょう。

私は、臨済宗の禅寺の境内にある診療所で、漢方薬による診療を行っています。
患者さんの多くは、ほかの医療機関で症状が改善せず、ギリギリの精神状態で私のもとを訪れます。

病気や死に対する不安、現代医療への不信感、家族との関係など、ストレスに押しつぶされそうな状態でやってくるのです。
患者さんの「病気を治す力」「病気に立ち向かう力」つまり免疫力を養うためには、まず精神を安定させ、不安を取り除くことが必要です。

そのために私は、治療の一環として、患者さんに写経を勧めています。
患者さんの病状や背景は、それぞれ異なります。

漢方薬の処方を個別に行うように、ストレスを軽減させる方法も、人によってさまざまです。

ただ、「精神を安定させる」ことだけを目的とするならば、脳を休めることで達成できます。
脳を休めるには、一つのことに集中するのが効果的です。余計なことを考えず、雑念を払うことで、脳が休まるのです。

「雑念を払う」というと、座禅が思い浮かびますが、一般の人が自宅で長く座るのは足も痛いし、難しいでしょう。
そこでお勧めなのが、写経です。般若心経を一文字ずつ書き写すという単純な作業を行っていると、自然と心が落ち着いてきます。

「文字を書き写すだけなら、電話帳でもいいのでは」と思うかもしれません。
しかし、般若心経と、ほかの文章とでは、大きな違いがあります。

「般若心境」を勧める理由

般若心経は、1500年以上も前から受け継がれてきた、聖なる書です。
262文字の中には、哲学的なことだけでなく、科学的な真理も含め、人間の秘密がたくさん記されています。

1度書き写しただけでは、意味を理解することはできないでしょう。
でも、くり返し書いていくうちに、書かれていることが頭に残るようになります。

すると、実際に写経をしているときだけでなく、ふだん何気なく歩いているときにも、「ああ、こういう意味だったのだ」と思いつくことが多くなってきます。
思いつくことは人それぞれ違うでしょう。

ただ共通するのは、物事に対する欲やこだわりが薄れてくることです。
般若心経を書いているときは、雑念が去って脳が休まります。

書いていないときも、さまざまな物への執着心が薄れる、という効果が得られるのです。
写経をくり返すことで、般若心経の世界観を奥深く感じられるようになります。

「死とは何か」「生とは何か」といった命題に対して、みずから考えることができ、死に対する恐怖心さえぬぐい去ることができます。
それとともに、生きている一瞬一瞬を大事にし、健やかに毎日を送れるようになるのです。

自分の心や体の声に敏感になれる!

加えて、写経を続けることで、自分の心や体の声に敏感になります。これも、自分を健康に導きます。

体力の向上には、当然ながら、食生活も関係しています。
基本的に私は、「体が欲しているものを食べるのがベスト」と考えています。

ビタミンが不足していれば果物が食べたくなり、大量の汗をかけば水が飲みたくなります。
塩分が足りなかったら、塩辛いものを食べたくなるでしょう。

そうした声に従えば、病気にかかりにくくなります。
本来、体が欲していないインスタント食品やファストフードばかり食べたり、苦しくなるまで食べすぎたりするのは、脳が疲れ、体の声を聞く「感度」が鈍っているからです。

写経を行うことで心が安定し、その結果、感度がよみがえり、体の声が聞こえるようになるでしょう。
そうすれば、食生活も整ってきて、体の変化にも早く気づきます。それが、病気の予防・改善につながるのです。

最近は、一般向けの写経会を開催しているお寺もあるようなので、そうしたところに参加するといいでしょう。
もちろん、自宅で行ってもかまいません。

上に、般若心経を掲載しました。
手を洗い、机の周りを片づけてから、般若心経を一文字ずつ丁寧に、白い紙に書き写していきます。

墨をすって、毛筆で書くのが本式ですが、最初は筆ペンなどでもいいでしょう。
大事なのは、写経に集中することです。

脳が休まり、体が本来持っている力が活性化します。
ぜひお試しください。

→「般若心境」実践法

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【猫に癒される3つの理由】精神科医が見つけた癒しのメカニズム

【猫に癒される3つの理由】精神科医が見つけた癒しのメカニズム

猫から癒しを得ているとき、あなたはきっと、猫の存在をそのまま丸ごと無条件に受け入れ、猫の気持ちを想像、共有しているはずです。なにかを心から受け入れているとき、そこには、普段はなかなか感じることのない「穏やかな解放感」と「深い平安」がもたらされています。【解説】萩原優(イーハトーヴクリニック院長・医学博士)


【昆布酵母体験談】減塩でも美味しい!体に優しい手料理に家族が大満足

【昆布酵母体験談】減塩でも美味しい!体に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)


気分の落ち込みやEDは男性更年期障害も疑え!改善に軽い“筋トレ”がいい

気分の落ち込みやEDは男性更年期障害も疑え!改善に軽い“筋トレ”がいい

男性にも「更年期障害」があるのをご存じでしょうか。男性の更年期障害は、加齢に伴うテストステロン(男性ホルモンの一つ)の分泌量の低下が主な原因となり、50~60代以降の中高年男性に現れる心と体の不調をいいます。【解説】持田蔵(西南泌尿器科クリニック院長)


【半身浴の効果】うつ・不眠を改善!心も体も温めて自己肯定感を高める

【半身浴の効果】うつ・不眠を改善!心も体も温めて自己肯定感を高める

私のクリニックでは、「心を温めること」と「体を温めること」は治療の両輪です。うつ、不眠、適応障害、過食症、引きこもり、パニック障害、不登校など、さまざまな症状の患者さんの治療に、半身浴を取り入れています。半身浴で体を温めることが、精神面でも自己肯定感を高めることにつながります。【解説】於保哲外(オボクリニック院長)


更年期の高血圧【夫源病(ふげんびょう)】の可能性 最大原因は「夫へのストレス」

更年期の高血圧【夫源病(ふげんびょう)】の可能性 最大原因は「夫へのストレス」

女性の場合、50歳以降に起こる体調不良を、世間一般では更年期と呼びます。しかし私は、定年を迎えた夫が家にいることによるストレスが原因ではないかと考えています。これを、夫源病といいます。読み方は「ふげんびょう」です。上沼恵美子さんの告白で話題になりました。【解説】石蔵文信(大阪大学人間科学研究科未来共創センター招聘教授)


最新の投稿


認知症患者に不足!脳の栄養素「レシチン」を含む食事と摂り方

認知症患者に不足!脳の栄養素「レシチン」を含む食事と摂り方

認知症の患者さんに圧倒的に足りないのが、レシチンという物質です。これは、大豆や卵などに多く含まれています。レシチンは脳にも全身にもきわめて重要で、生きるための必須物質です。そのため、「生命の基礎物質」とも呼ばれています。【解説】野本裕子(ナチュラルクリニック代々木院長)


耳詰まり・耳閉感が解消「耳の穴もみ」で耳に空気がスーッと通る!

耳詰まり・耳閉感が解消「耳の穴もみ」で耳に空気がスーッと通る!

耳鼻科で受けたのは、鼻と耳に管を入れてシュッと空気を通す治療でした。行うと、一時的に耳はスッキリしますが、すぐに戻ってしまいます。耳の穴もみは、耳閉感の予防にもなっているようです。耳の穴もみをやるようになってからは、耳が詰まることがなくなりました。【体験談】上田貴弘(颯鍼灸院院長・46歳)


【舌の位置】舌先が前歯につく人は注意 「口呼吸」が招く負のスパイラルとは

【舌の位置】舌先が前歯につく人は注意 「口呼吸」が招く負のスパイラルとは

上咽頭の炎症が慢性化すると、自律神経のバランスがくずれ、血流障害が起こったり、血圧が上がったりします。口呼吸の人は、まず、口を閉じて食べ物をよくかむことを心がけましょう。口周りの筋肉やあごが鍛えられ、口呼吸のクセを直すトレーニングになります。【解説】堀田修(堀田修クリニック(HOC)院長)


ウマ酸っぱさが効く! 最強の常備菜「酢大豆」美味レシピ

ウマ酸っぱさが効く! 最強の常備菜「酢大豆」美味レシピ

健康管理に大活躍すること間違いなしの常備菜が「酢大豆」です。作り方が簡単なうえ、長期間、作りおきできるのでとても便利。そのまま食べてももちろんおいしいのですが、料理に応用すればワンランクアップした味わいになります。【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)【栄養計算】金子奈穂美(管理栄養士)


レモン酢を試したら、慢性腎炎によるだるさやむくみが解消した!

レモン酢を試したら、慢性腎炎によるだるさやむくみが解消した!

慢性腎炎には治療法がありません。塩分とたんぱく質を制限し、血圧を上げないように気をつけるだけです。腎機能が低下していると、ふだんから体がむくみやすく、とてもだるくなります。レモン酢を飲むようになって1週間くらいしてから、あまり体のだるさを感じなくなってきました。【体験談】星野久美子(仮名・主婦・71歳)