【ガムの効果】ガムを噛みながら歩いて認知症を予防!

【ガムの効果】ガムを噛みながら歩いて認知症を予防!

年を取ると転倒しやすくなってしまう原因としては、視力・聴力の低下、平衡機能の低下、変形性膝関節症、そして認知症などがあります。平衡機能の低下は、加齢によって、かむ能力が衰えることと大きく関連しているのです。【解説】石上惠一(東京歯科大学特任教授)


体の揺らぎがへりバランスが安定する

健やかな老後を送りたいと、高齢者のかたは願っていることでしょう。
しかし、それを打ち砕いてしまうのが、「転倒」による骨折です。

高齢者のかたが、転倒して大腿骨頸部を骨折し、手術・入院すると、筋力や心肺機能の低下を招きます。
そして、そのまま寝たきりになったり、認知症になったりするケースが非常に多いのです。

そうなれば、健康寿命とはかけ離れた、介護に頼る老後を送ることになってしまいます。
そんな転倒の防止に役立つ方法として、私が推奨しているのが、ガムをかみながら歩く「かむかむウォーキング」です。

年を取ると転倒しやすくなってしまう原因としては、「視力・聴力の低下」「平衡機能の低下」「変形性ひざ関節症」、そして「認知症」などがあります。

このなかでも、平衡機能の低下、つまりバランス能力の低下は、加齢によって、かむ能力が衰えることと大きく関連しているのです。

実際、私は、高齢者が入れ歯を装着すると、かむ能力が戻るだけでなく、体のバランス能力が回復して、しっかり歩けるようになるという例を、多く見てきました。

では、かむことと、バランス能力との間にはどういう関係があるのでしょうか。

人は直立したとき、5~6kgもある重い頭部を、重力に逆らい、首や肩の筋肉と頸椎で支えています。
この状態は、とても不安定で、いつ倒れてもおかしくありません。

それでもバランスが維持されているのは、背中にある僧帽筋のほか、咀嚼にかかわっている筋群(咀嚼筋)が、頭部の安定のために機能しているからです。

つまり、かむという動作によって、咀嚼筋がしっかり収縮することが、バランス能力の維持に欠かせないわけです。

その咀嚼筋を鍛えるのに、とても有効なのが、ガムをかむことです。

私の研究グループでは、ガムをかむと、いかに体のバランスが安定するのか、ということを実験しました。

実験では、人の体の揺らぎぐあいが測れる「重心動揺計」という機器を使い、ガムをかんでいるときと、そうでないときの被験者の体の揺らぎを比較しました。

すると、ガムをかんでいるときのほうが、体の揺らぎが明らかに少ないという結果が出たのです。
つまり、ガムをかむと体のバランスが安定することが、実験で確かめられたのです。

そこで、高齢者の転倒予防にも、ガムの咀嚼が役立つのではないかと考えたわけです。

骨が丈夫になる!認知症を防ぐ!

私は、どうすればこの実験結果を、健康度の向上に役立てられるかを考えました。
そこで出した答えが、ガムをかみながらしっかり歩くという運動です。

これにより、バランス能力が向上するとともに、筋肉の活動性も高まります。
この運動を行う際は、歯の健康を保つために、キシリトール入りのガムを使ってください。

そして、ガムをかみながら、背すじを伸ばした姿勢で、リズミカルに歩行しましょう。
のんびりと散歩するのではなく、後ろ足で地面をしっかりけりましょう。

ウォーキングをしているという感覚が大事です。毎日30分は、「かむかむウォーキング」を行うようにしてください。
重要なのは、太ももを上げること。そして、かかとから着地することです。

高齢者は、すり足になりがちで、それが転倒を招いてしまうからです。

ある医師が、転倒予防教室でこのかむかむウォーキングを行い、体験者にアンケートをとったところ、「リズムがとりやすくて歩きやすかった」「疲労感が少なかった」などの答えが多かったという報告もあります。

そして、太陽に当たりながらウォーキングをすると、体内でビタミンDが生成されます。
ビタミンDは、骨を丈夫にする代表的な栄養素なのです。

つまり、日光の下でかむかむウォーキングをすると、骨折を防ぐのにいいのです。
また、かむかむウォーキングは、咀嚼筋を鍛えるため、認知症の予防にも役立ちます。

健康長寿をかなえる健康法として、ぜひ取り入れてみてはいかがでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


50歳を超えたら食事に変化を!サルコペニアや骨粗鬆症を防ぐには「ちょっと太ってるくらいがいい」

50歳を超えたら食事に変化を!サルコペニアや骨粗鬆症を防ぐには「ちょっと太ってるくらいがいい」

「体のためには粗食が一番」「肉や卵はメタボのもと」「中高年になったら少食を」最近は、こういったことが「健康の常識」とされているようです。しかし、これらの考え方は、若くて、過食や肥満がある人には当てはまりますが、日本の多くの高齢者には当てはまりません。【解説】新開省二(東京都健康長寿医療センター研究所副所長)


秋元才加 腹筋の秘密【筋トレ&食事法】体型維持と腰痛改善に(女医・松宮詩依 対談)

秋元才加 腹筋の秘密【筋トレ&食事法】体型維持と腰痛改善に(女医・松宮詩依 対談)

筋肉があるとよい姿勢になるし、肩こり、腰痛、ひざ痛などのケアにもなります。(秋元)糖尿病や認知症を防ぐホルモンが筋肉から出ているという最新研究もあります。(松宮)【対談】秋元才加(女優・タレント)・松宮詩依(天現寺ソラリアクリニック院長)


【高齢ドライバーの事故】免許返納ではなく高齢者の事故の特徴と防ぐ対策を考える

【高齢ドライバーの事故】免許返納ではなく高齢者の事故の特徴と防ぐ対策を考える

危険予知能力、身体能力の低下、交通事情の変化などが要因で、高齢になるほど事故を起こしやすくなります。こういった現状や背景から、「ある一定の年齢になったら、一律に免許証を返納してもらう」といった動きも一部であります。しかし、私はこれには賛成できません。【解説】蓮花一己(帝塚山大学学長・心理学部教授)


【軽度認知障害と運転】高齢ドライバーの事故を防ぐ対策は“定期的な講習”と“運転支援装置の併用”

【軽度認知障害と運転】高齢ドライバーの事故を防ぐ対策は“定期的な講習”と“運転支援装置の併用”

私は長年、全国各地で高齢ドライバーの実態や事故についてのさまざまな調査・研究を行ってきました。その結果、高齢ドライバーの運転行動の劣化には「認知能力の低下」がかかわっているとわかってきました。【解説】蓮花一己(帝塚山大学学長・心理学部教授)


最新の投稿


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)