【ナットウキナーゼの効果】納豆は血栓を溶かす食べ物 血液をサラサラにし血圧を下げる

【ナットウキナーゼの効果】納豆は血栓を溶かす食べ物 血液をサラサラにし血圧を下げる

血液内の血栓が脳や心臓で詰まると、脳梗塞や心筋梗塞を発症するおそれがあります。とはいえ血栓は、そもそも、悪者ではありません。ケガを治してくれるかさぶたと同様、血管内の傷を修復してくれる役割があるからです。【解説者】二宮淳一(日本心臓血管外科学会認定名誉専門医・NPO法人プロフェッショナル・ドクターズ・ネット理事長)


納豆の粘りに含まれる酵素「ナットウキナーゼ」

血圧とは、血液が血管を流れるとき、血管壁を押し広げようとする圧力のことを指します。
血液自体がドロドロになったり、血栓、つまり血の塊が血管内に詰まったりすると、流れが悪くなります。

その結果、血圧は上昇。
また、血液内の血栓が脳や心臓で詰まると、脳梗塞や心筋梗塞を発症するおそれがあります。

とはいえ血栓は、そもそも、悪者ではありません。
ケガを治してくれるかさぶたと同様、血管内の傷を修復してくれる役割があるからです。

本来であれば、血栓が傷を修復したあとは、それを溶かす酵素が分泌されます。
しかし加齢やストレスなどの影響により、この機能が衰えると、血栓は溶けきれずに残ってしまいます。

ですから、血栓溶解を促す栄養素を積極的に取り入れて、血液をサラサラに保つことが重要なのです。
血栓が溶ければ、血液の流れもよくなるので、高血圧の改善や、脳梗塞・心筋梗塞の予防も期待できます。

血液をサラサラに保つ食品といえば、タマネギがよく知られていますが、血栓溶解作用に優れているのは、なんといっても納豆でしょう。
食品で、血栓を直接溶かす働きがあるものは、今のところ、納豆しか確認されていません。

納豆の粘り成分には、「ナットウキナーゼ」という酵素が含まれています。
このナットウキナーゼには、血栓の主成分である、フィブリンというたんぱく質を溶かす働きがあるのです。

そもそも、納豆菌が大豆のたんぱく質を分解し発酵することで、納豆ができるのですから、ナットウキナーゼが血栓を溶解するのも、十分理にかなっています。
健康のためには積極的に納豆をとりたいものですが、その粘り気や、独特の風味が苦手という人もいるでしょう。

また、症状によっては、納豆の摂取が向かないケースもあります。
例えば、納豆にはプリン体が多いため、痛風の患者さんにはあまりお勧めできません。

さらに、カリウムが豊富なので、重い腎臓病の人も、避けたほうがよいでしょう。
なかでも注意が必要なのは、血栓症の既往歴があり、ワルファリン(商品名・ワーファリンなど)を処方されている人です。

ワルファリンは、血液を固まりにくくする薬です。
納豆に多く含まれるビタミンK2は、このワルファリンの働きを弱めてしまうのです。

このように、納豆を控えたほうがいい場合は、ナットウキナーゼの健康食品を利用するという手もあります。
ナットウキナーゼだけを抽出した健康食品なら、ビタミンK2が除去されているので、ワルファリンの働きが弱まることはありません。

それは、私が以前に行った臨床試験でも実証されています。

血栓溶解作用は薬より強力ともいわれる

協力してもらったのは、ワルファリンを処方されている心臓血管病の患者さん60人です。
薬と並行して、ナットウキナーゼ単体の健康食品を摂取してもらいました。

結果として、ワルファリンの作用は阻害されることなく、安定して働くことが確認できました。
被験者の中には、71歳以上の高齢者や、アレルギー疾患、糖尿病、肝障害などの合併症がある患者さんもいましたが、副作用は報告されていません。

その後は、狭心症や心筋梗塞、手術で心臓に弁を入れた患者さんなどにも、薬とナットウキナーゼ健康食品の併用を、安心して勧めています。
日本ナットウキナーゼ協会では、健康維持を目的とした場合、1日に2000FU以上のナットウキナーゼを摂取するよう推奨しています(FU=フィブリンを溶かす活性を表す単位)。

ちなみに、市販の納豆1パックを50gとすると、ナットウキナーゼ含有量は、平均しておよそ1500FUです。
1日に2パックの納豆を食べれば、推奨量に達すると思われます。

とはいえ、ナットウキナーゼの含有量は商品によって異なりますし、それだけの量を継続して食べるのは大変でしょう。
その点、健康食品であれば、安定した量のナットウキナーゼを、毎日手軽に摂取することができます。

これも、私が健康食品の利用を勧める理由です。
ナットウキナーゼは、1980年に日本人研究者が発見し、その血栓溶解作用が注目されて以来、世界中で研究が進められています。

なかには、ナットウキナーゼの作用は、脳梗塞などの緊急時に用いられる血栓溶解薬(t-PA)よりも強いという報告もあります。
私もかつて、ナットウキナーゼの血栓溶解効果に関する実験を行いました。

人工的に培養した血栓成分をシャーレの中に満たし、そこへナットウキナーゼを投入したところ、わずか3時間ほどで、血栓成分が溶ける様子を確認できたのです。
ナットウキナーゼの健康効果は、血栓を直接溶かすだけではありません。

血栓を溶解する酵素を作る細胞を増やしたり、血圧を上昇させる酵素の働きを抑えたりといった効果も、近年の研究でわかってきました。
日本の誇る発酵食品・納豆から生まれたナットウキナーゼの健康力を、皆さんも大いに活用してください。

納豆を勧める二宮先生

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


高血圧 納豆 血栓

関連する投稿


【さとう珠緒さん】テレビ番組で隠れ脳梗塞と判明!私の予防対策は「干し納豆」

【さとう珠緒さん】テレビ番組で隠れ脳梗塞と判明!私の予防対策は「干し納豆」

テレビ番組の企画で、脳のMRI検査を受けたところ、「隠れ脳梗塞」が見つかったのです。隠れ脳梗塞とは、まだ症状はないけれど、画像検査で見つかる小さな脳梗塞のことだそうです。脳梗塞対策に、干し納豆をしっかり食べようと思った私は、通販で取り寄せて、ほぼ毎日食べるようにしたのです。【体験談】さとう珠緒(タレント)


お腹が弱い人には【干し納豆】がおすすめ!辺境を食べ歩く私は食あたりなし

お腹が弱い人には【干し納豆】がおすすめ!辺境を食べ歩く私は食あたりなし

東北では、納豆を干しておく習慣があります。冬が長いので、冷蔵庫が普及していなかった時代には、非常食としての保存の意味もあったのでしょう。納豆には、整腸作用や殺菌作用があり、食中毒の予防にも役立つので、私にとって、干し納豆は絶対に欠かせない旅の救世主となったのです。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


下痢や食中毒を予防する食べ物【干し納豆】の作り方

下痢や食中毒を予防する食べ物【干し納豆】の作り方

納豆自体、発酵させた保存食ですが、干すとネバネバがなくなり保存しやすくなります。世界のあらゆる辺境に飛び、珍しいものを食する私にとって干し納豆は、食あたりや食中毒菌、病原性大腸菌などから身を守ってくれる、たいへんありがたい食品なのです。作り方を参考に、是非一度食べてみてください。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


研究で判明!O-157より強い食中毒予防パワー「干し納豆」の効果

研究で判明!O-157より強い食中毒予防パワー「干し納豆」の効果

O‒157が猛威をふるっていた頃、私は大学の研究室で納豆菌とO‒157を戦わせてみました。納豆菌は圧倒的な増殖力の強さと速さで、O‒157を淘汰し、シャーレの中は納豆菌のみになってしまったのです。これには私も驚きました。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


【消化促進】大根の主な有効成分 医師が勧める食べ方は「大根おろし」

【消化促進】大根の主な有効成分 医師が勧める食べ方は「大根おろし」

大根は、日本人には極めてなじみの深い野菜です。刺し身のつまやおでんに欠かせませんし、焼き魚や天ぷらにも、大根おろしが添えられています。大根の効能は、神代から知られていたようで、出雲神話にはこんな話があります。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)


最新の投稿


女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

女性のための簡単筋トレダイエット【バストアップ・二の腕やせ】のコツ

「手合わせ筋トレ」は、手のひらを合わせて全力で押し合うだけの、シンプルな筋トレです。動きは簡単ですが、筋肉を意識しながらゆっくり行えば、大きなトレーニング効果が得られます。最初はあまり変化を感じないでしょう。しかしそこを過ぎると、体は目に見えて変わっていきます。【解説】岡田隆(バズーカ岡田・日本体育大学准教授)


昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)