MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【酢タマネギのレシピ】肥満改善、疲労回復、血圧や血糖値を下げる効果が!

【酢タマネギのレシピ】肥満改善、疲労回復、血圧や血糖値を下げる効果が!

古来、タマネギは、さまざまな薬効を持つ食材として珍重されてきました。そのタマネギの薬効を高める方法として、私がお勧めしているのが、「酢タマネギ」です。【解説】水嶋丈雄(水嶋クリニック院長)

解説者のプロフィール

水嶋丈雄
大阪医科大学卒業。
長野県厚生連佐久総合病院で外科、整形外科、内科などを担当した後に中国北京中医学院、中日友好病院に留学。
佐久東洋医学総合研究所医長を経て、クリニックを開院。
西洋医学に加え、漢方や鍼灸など東洋医学を用いて診療を行っている。

●医療法人 水嶋クリニック
http://www.mizushima-clinic.com/

自律神経を整える!体温が上がる!

 古来、タマネギは、さまざまな薬効を持つ食材として珍重されてきました。そのタマネギの薬効を高める方法として、私がお勧めしているのが、「酢タマネギ」です。
 酢タマネギは、タマネギを酢に漬けるだけで簡単に作ることができますが、その健康効果は特筆すべきものがあります。


 まず、タマネギの主な健康効果からご紹介しましょう。

●強い抗酸化作用
 体内に活性酸素がふえると、細胞を傷つけ、老化や病気を招くことがわかっています。そこで、注目したいのがタマネギに含まれるイオウ化合物です。イオウ化合物には、強力な抗酸化作用(酸化を防止する働き)があり、体内の過剰な活性酸素をへらしてくれます。
 タマネギに豊富なミネラルやビタミン、ポリフェノールの一種であるケルセチンも、強い抗酸化作用を発揮するので、イオウ化合物とともに活性酸素と戦ってくれます。

 例えば、糖尿病も活性酸素の増加が一因といわれます。活性酸素が過剰にふえると、膵臓の細胞を攻撃し、その働きを低下させます。血糖値を下げるインスリンの分泌量が不足したり、インスリンの効きが悪くなったりして、血糖値の上昇を招くのです。
 そこで、タマネギを毎日とると、余分な活性酸素がへり、膵臓の働きが改善して、インスリンが正常に分泌されるようになります。つまり、血糖値の良好なコントロールができるようになり、糖尿病の予防・改善に力を発揮するのです。

●免疫力を高める作用
 タマネギには、自律神経の働きを整えて、免疫力を高める働きもあります。これには、タマネギのミネラル、ビタミン、ポリフェノールなどの有効成分が貢献します。
 自律神経とは、内臓や血管、ホルモン分泌などをコントロールしている神経です。自律神経の働きが整うと、ウイルスなどの病原菌への抵抗力が高まり、病気にかかりにくくなります。万が一、病気になっても、重症化を防いでくれるのです。
 また、タマネギのイオウ化合物の一つである硫化アリルには、体温を上昇させる働きがあります。体温が上がると、血液中の白血球が活性化し、これも免疫力アップにつながります。

酢タマネギの作り方

長寿遺伝子のスイッチが入る!

●老化防止作用
 私たちの体には、サーチュイン遺伝子という老化を防ぐ長寿遺伝子が組み込まれています。タマネギに含まれるケルセチンが、この長寿遺伝子のスイッチを入れてくれるのです。
 それによって、耳鳴りや難聴、白内障(カメラのレンズに相当する水晶体が濁る病気)、飛蚊症(目の前を蚊が飛んでいるように見える症状)、物忘れなど、老化による多くの症状の、予防・改善が期待できます。

 そのほか、タマネギには血液をサラサラにして、血圧を下げたり、血糖値や中性脂肪値などをおさえたりする働きがあります。便通を促したり、余分な糖や脂肪をへらして、肥満を改善する働きなどもあります。

 では、タマネギに酢を加えると何がいいのでしょう。
 まず、酢には、生のタマネギの刺激臭を和らげ、食べやすくする長所があります。これは、体にいいものを長くとり続けるためには大事なことです。
 また、酢を加えることで、タマネギのミネラル成分が体内に吸収しやすくなります。ですから、タマネギの抗酸化作用や免疫力を高める作用などがより発揮しやすくなるのです。
 ある実験では、被験者に1ヵ月間、酢タマネギを食べてもらったところ、白血球に含まれる免疫細胞のうち、外敵への攻撃力を強化する「Th1細胞」がふえたと報告されています。

●酢の主な健康効果
 酢にも、疲労回復効果のほかに、多くの健康効果があります。
 タマネギと同じように、血液をサラサラにする働きを持つので、高血圧や動脈硬化の予防に役立ちます。糖の吸収を穏やかにする作用もあり、血糖値の急激な上昇をおさえてくれます。

 肥満の解消にも有効です。酢に含まれる酢酸には、脂肪の合成を抑制する働きと、脂肪の燃焼を促す働きがあるためです。
 つまり、酢にはタマネギの作用を高めるだけでなく、タマネギと同様の働きもあります。

 ですから、酢タマネギを常食すると、血圧や血糖値が下がるケースが非常に多いのです。10㎏以上のダイエットに成功した人も、少なくありません。
 そのほか、「耳鳴りが1ヵ月で消失」「白内障のかすみ目やまぶしさが解消された」「飛蚊症で目の前にちらついていた黒い点が消えた」などという報告も、多数あります。
 酢タマネギは、冷蔵庫に入れると1ヵ月は保存できます。多めに作って、毎日50gを目安に食べるといいでしょう。

薬効豊富な酢タマネギ

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
必ずしも4つの野菜だけで作る必要はありません。どんな野菜にもファイトケミカルが含まれていますから、そのときどきに応じて、他の野菜を加えるといいでしょう。【回答】髙橋弘(麻布医院院長・医学博士 ハーバード大学医学部元准教授)
更新: 2019-05-10 18:00:00
ファイトケミカルは、植物が作り出す天然の成分で、従来から知られている5大栄養素にはない、抗酸化作用や抗がん作用、免疫の増強・調整作用があります。ファイトケミカルは野菜スープにすることによって、有効成分をムダなく摂取することがでます。【解説】高橋弘(麻布医院院長・医学博士・ハーバード大学医学部元准教)
更新: 2019-05-15 10:04:46
食事療法は、内科の病気だけに有効なわけではありません。耳鳴りや難聴といった耳の症状に対しても、食事は大きな影響を与えます。ふだんの食生活を見直すだけでも、症状の緩和につながるでしょう。【監修】北西剛(きたにし耳鼻咽喉科院長)【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)
更新: 2018-10-31 14:06:43
日本人は欧米と比較して食物繊維の摂取が少ない傾向にあります。加えて、その摂取量は年々減少しているのです。私は、ダイズやアズキなどの豆類や、玄米や麦・雑穀などの穀類を特に意識してとることを指導しています。【監修】岩瀬正典(白十字病院副院長・糖尿病センター・臨床研究センター長)【料理】金丸絵里加(管理栄養士・料理研究家)
更新: 2018-08-31 12:00:00
私は18年前からバナナに注目して、さまざまな実験や研究を続け、病気の予防や改善に役立つ多くの健康作用があることを確認してきました。私自身、毎日バナナを食べていますが、10年ほど前からは、私のクリニックにいらっしゃる患者さんの食事療法としても、バナナを取り入れています。【解説】水谷剛(東浦和内科・外科クリニック院長)
更新: 2018-09-10 15:26:52
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt