【クレアチニンを下げる運動】腎臓病が改善 ネフローゼの尿蛋白が陰性になった症例も

【クレアチニンを下げる運動】腎臓病が改善 ネフローゼの尿蛋白が陰性になった症例も

私は、腎機能の衰えた慢性腎臓病(CKD)の患者さんに、この毛管運動を勧めています。毛管運動は、あおむけになり手足を上に伸ばし、小刻みに手足を動かす運動です。この運動を行うと、たちまち毛細血管の流れがよくなります。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


毛細血管の血流停滞が臓器の機能を低下させる

多くの人は、太い動脈の血流には注意を払いますが、毛細血管の流れには無頓着です。
しかし、全身の臓器が健康に働くためには、毛細血管がなにより大事。

特に、毛細血管の塊のような腎臓では、それらの血流が腎機能を左右することもあるのです。
心臓から送り出された血液は、太い動脈から細い動脈へ流れ、毛細血管にたどり着きます。

そして、細胞へ酸素や栄養を届け、細胞から老廃物や二酸化炭素を受け取って細い静脈に入り、太い静脈を通って心臓に戻ってきます。
このように、毛細血管は動脈と静脈の間で、大事な物質のやり取りをしているのです。

もしこの流れが滞ってしまうと、細胞の活動は低下し、臓器の機能も落ちてしまいます。
また、私の治療の柱である西式健康法(故・西勝造氏が考案した自然治癒力を高める治療法)では、毛細血管こそが血流を促進する原動力で、血液を引き寄せて体のすみずみに送っていると考えています。

したがって、毛細血管の血流をよくすることが、健康を維持するうえで非常に重要なのです。
そのために、西式健康法で指導しているのが、「毛管運動」という体操です(やり方は下記を参照)。

私は、腎機能の衰えた慢性腎臓病(CKD)の患者さんに、この毛管運動を勧めています。
毛管運動は、あおむけになり手足を上に伸ばし、小刻みに手足を動かす運動です。

この運動を行うと、たちまち毛細血管の流れがよくなります。
二足歩行を行う人間は、重力の影響で、血液やリンパ液が足の下のほうにたまってきます。

これを心臓へ送り戻すのが、ふくらはぎの筋肉です。
歩いたり走ったりすると、ふくらはぎの筋肉のポンプ運動で下肢の血流がよくなり、心臓へ戻っていきます。

ところが、手足を使わず座ってばかりの生活をしていると、手足の末端の血流が滞り、老廃物や二酸化炭素が細胞にたまります。
老廃物が増えれば、血液をろ過する腎臓にも負担がかかるようになります。

そこで、あおむけになって手足を上げます。
こうすると、血液が心臓へ戻りやすくなります。

さらに、手足をブルブル動かすことで、毛細血管が刺激され、いっそう血流が促進されます。
手足の毛細血管の血流がよくなれば全身の血流もよくなり、血圧は安定してきます。

老廃物もスムーズに排出されるので、腎臓にかかる負担が減って、腎機能も改善してきます。

尿たんぱくが減り足のむくみも解消!

この毛管運動を中心とした西式健康法を行って、腎臓病が改善した例を紹介します。
5年前の6月、Aさん(73歳・女性)は足にけいれんとむくみが出現し、近くの総合病院を受診しました。

検査の結果、ネフローゼ症候群(尿中に多量のたんぱくが出て、血中のたんぱくが減少する症状)と診断され、即日入院してステロイド(副腎皮質ホルモン)の治療が始まりました。
入院当初9.36g/日あった尿たんぱくは、薬の効果で1ヵ月後には1.63g/日まで低下。

しかし、薬は飲みたくないと当院を受診。
食事療法や毛管運動などの運動療法を行ったところ、3週間後に尿たんぱくは0.62g/日まで下がり、足のむくみなどの症状もキレイに取れました。

Bさん(20代・男性)は、アトピー性皮膚炎で当院の治療を受けていた患者さんです。
症状は落ち着いていましたが、社会人になって仕事が忙しくなり、アトピーが再発しました。

当院で血液や尿の検査を行ったところ、アレルギーや炎症を示す数値が上昇していました。
尿たんぱくが606mg/dl(基準値は10mg/dl以下)、腎機能を示すクレアチニン値も1.56mg/dl(基準値1.04mg/dl以下)と高く、急性腎炎が疑われました。

入院して食事療法や、毛管運動などを主体にした治療を行ったところ、1週間でBさんのアトピーは劇的に改善。
腎炎においても、血尿や尿たんぱくが多少認められましたが、クレアチニン値が改善したため、退院してもらいました。

その後、自宅で毛管運動などを続けた結果、クレアチニン値も正常値まで下がりました。
毛管運動は、朝晩2回くらい行うといいでしょう。

その際、両手、両足をなるべくまっすぐ上に伸ばしてください。
その状態で1分を目標に、手足をブルブルとゆらします。

1分がきつい場合、できる範囲で結構です。
両手、両足を同時に上げられない場合は、手と足を別々に行ってもかまいません。

この運動と並行して、食事にも気をつけてください。
食べ過ぎると胃腸に負担がかかり、血液中の老廃物も増加します。

これまでの食事量より2割ほど減らしてみる。
あるいは、朝食を抜いて1日2食にすると、老廃物が減って腎臓にかかる負担も軽減します。

渡辺完爾
1979年、独協医科大学医学部卒業。医学博士。幼少期より父(渡辺 正)の指導により西式健康法を実践。97年4月から渡辺医院副院長として、西式健康法を基礎に断食療法・生食療法・運動療法など自然療法にて、各種疾患の治療に当たっている。2011年より渡辺医院院長。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

スウェーデンの研究期間が行った調査では、夜間頻尿のある人はそうでない人に比べて、心筋梗塞や脳梗塞(心臓や脳の血管が詰まって起こる病気)にかかりやすく生存率が低いことも確認されています。夜間頻尿の原因は「むくみ」にあるのです。その対策法を紹介します。【解説】菅谷公男(北上中央病院副院長)


【体験談】持病のひざ痛が軽減!足指を鍛えたら甲から足首のむくみ一掃 靴のサイズがダウン!

【体験談】持病のひざ痛が軽減!足指を鍛えたら甲から足首のむくみ一掃 靴のサイズがダウン!

元々、足のむくみがひどかったので、足づかみ体操を実践してみたところ、私の足は大きく変わりました。それまでの私の足は、パンプスをはくと足の甲の皮膚がムチッと盛り上がっていたのですが、あらためて足を見ると、確かに細くきれいに見え、足の甲の盛り上がりもありません。【体験談】酒井恵美(仮名・柔道整復師・26歳)


【男性社員が実践】目力アップ&口元キリッ 妻も惚れ直した⁉男の“顔ヨガ”講習会ルポ

【男性社員が実践】目力アップ&口元キリッ 妻も惚れ直した⁉男の“顔ヨガ”講習会ルポ

多くの男性は自分の顔に無頓着。自分の顔がどうなろうと、興味もないといった人が多いのではないでしょうか。ところが、昨今では、男性も顔の重要性が注目されているのです。そこでマキノ出版でも、時代の流れに遅れをとってなるものかと、今回、営業部や販売部の男性社員が顔ヨガを実践しました。【レポート】松崎千佐登(医療ジャーナリスト)


【姿勢矯正 むくみ改善】乳腺専門医が乳ガン術後の患者に勧めるウォーキング法

【姿勢矯正 むくみ改善】乳腺専門医が乳ガン術後の患者に勧めるウォーキング法

私が院長を務める乳ガン術後ケア専門のクリニックでは、毎月一回、プラリマリーウォーキングの講座を開催していますむくみの軽減といった効果のほかに、姿勢がよくなり、血流が改善し、顔色がよくなるので、明るさと朗らかさを取り戻す人が多いことを実感しています。【解説】猿丸修平(ブレストクリニック築地院長)


【顎がカクカク】顔のゆがみの原因は体軸のズレ?タオルで矯正すれば顎関節症が改善、むくみも解消する

【顎がカクカク】顔のゆがみの原因は体軸のズレ?タオルで矯正すれば顎関節症が改善、むくみも解消する

「あごを動かすとカクカクと音がして痛む」「口を大きく開けない」などの症状は、顎関節症と呼ばれています。以前はかみ合わせや、あごの関節の異常が原因で起こると思われていたのですが、そのほとんどは違う原因で起こっていることがわかってきました。【解説】原節宏(日本歯科大学附属病院総合診療科 准教授・顎関節症診療センター長)


最新の投稿


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)


緑内障を予防する食べ物は「キャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障を予防する食べ物は「キャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障という病気について、「何をどうしようが防ぐことはできない病気」と考えているなら、それは完全な誤解です。緑内障は、日ごろの工夫によって、十分に予防できる病気といえます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)