医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【美肌効果】実験で判明!「甘酒」はニキビや目の下のクマを消す!

【美肌効果】実験で判明!「甘酒」はニキビや目の下のクマを消す!

米こうじは美容効果が非常に高い食材です。米こうじに含まれる、脂質の一種であるセラミドは、肌の保湿機能を向上させます。また、紫外線の害を抑制し、肌荒れやシミを防ぐ効果もあります。【解説者】前田憲寿(東京工科大学応用生物学部教授・医学博士)


肌の表面温度が上がり顔が明るくなった!

日本で古くから飲まれている甘酒は、米こうじ、または酒かすを利用して作られる、代表的な発酵食品の一つです。
豊富な栄養素を含み、その健康効果から、「飲む点滴」として親しまれてきました。

近年の研究では、米こうじには、高血圧を改善したり、コレステロール値を下げたりする作用のあることが、実験により明らかになっています。
そして、米こうじは、美容効果が非常に高い食材です。

米こうじに含まれる、脂質の一種であるセラミドは、肌の保湿機能を向上させます。
また、紫外線の害を抑制し、肌荒れやシミを防ぐ効果もあります。

米こうじに含まれる、このような美容成分については、すでに明らかになっていました。
しかし、実際に甘酒を飲んだ場合の美容効果は、科学的にはまだ立証されていませんでした。

そこで、私たちの研究チームは、甘酒の美容効果を証明するために、2015年に、大手食品メーカーと共同実験を行いました。
実験は、肌荒れを気にしている40~60代の女性17名に、100mlの甘酒を1日2回、1ヵ月間継続して飲んでもらう、という内容です。

そのうちの9名には、米こうじと酒かすが含まれる甘酒を、残りの8名には、味をそっくりに作った甘酒風味の飲料を、それぞれ飲んでもらいました。
これは、本物と偽物の甘酒で効果を比較し、より正確に見極めるためです。

そして1ヵ月後、被験者の肌の変化を測定しました。
すると、本物の甘酒を飲んだグループのほうは、目の下のクマが改善され、目元がキレイになっていたのです。

また、肌の表面温度も、本物の甘酒のグループだけが上昇し、顔全体が明るくなったことが判明しました。
さらに、ニキビの改善効果も明らかになりました。

肌の皮脂量を測定すると、本物の甘酒を飲んだグループは、脂腺細胞内の脂肪が減り、皮脂量が低下していることがわかったのです。
余分な皮脂は、ニキビの原因となります。

また、皮脂が多過ぎると、化粧くずれも起こりやすくなります。
多くの女性が抱える、そうした悩みの解消にも、甘酒が役立つのです。

米こうじは美容効果が非常に高い

毛根に栄養が行き渡り髪が元気になっていく!

では、なぜ甘酒が、こうした美容効果をもたらしたのでしょうか。
甘酒に含まれる、アルギニンなどのアミノ酸には、基礎代謝を上げる作用があります。

また、ビタミンB群やアデノシンといった成分は、皮膚の新陳代謝を促します。
これらの作用が働くと、全身の血液がスムーズに流れるようになります。

こうして、目の下のクマの原因である老廃物がスムーズに排出され、目元や顔全体が明るくなったと推察されます。
年齢を重ねると、血管は細くなり、酸素や栄養が全身に十分に行き渡りにくくなります。

その結果、肌のハリが失われたり、シワやたるみが現れたりするのです。
ですから、血行を促進する甘酒は、肌の老化を防ぐために、とても有効といえるでしょう。

ところで、この実験では、「髪のツヤがよくなった」と感じる人も多くいました。
これは、肌と同様に頭皮の血流もよくなったことで、毛根に栄養が行き渡るようになり、髪が元気になったと考えられます。

頭皮の血流が改善すれば、薄毛対策にも役立つわけです。
とはいえ、「美は一日にしてならず」といわれるように、甘酒を数回飲んだだけで、肌が劇的に若返るわけではありません。

続けて摂取することで、初めて効果が期待できます。
皆さんもぜひ、お試しください。

解説者のプロフィール

前田憲寿
東京工科大学応用生物学部教授。九州大学薬学部卒業。九州大学大学院薬学研究科修了。医学博士。大手化粧品メーカーの研究所に勤務後、東京工科大学バイオニクス学部教授を経て現職。化粧品科学の研究・教育のほかに、スキンケア・ヘアケア系のセミナーやイベントの講師としても活動中。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


酢キャベツを毎日食べたら夫婦で3kg減!肌の調子がよくなり若返りに成功

酢キャベツを毎日食べたら夫婦で3kg減!肌の調子がよくなり若返りに成功

野菜が大好きな私は、ふだんから自家菜園でさまざまな野菜を手作りしています。そのおかげで、日ごろから野菜を多く摂取しているほうだと思います。しかし、キャベツは育てていないので、口にする機会があまりありませんでした。【体験談】岡山奈美子(仮名・78歳・主婦)


美容にもいいオクラ水の効果!肌や粘膜が強くなり花粉症の症状が改善した

美容にもいいオクラ水の効果!肌や粘膜が強くなり花粉症の症状が改善した

オクラには、細胞保護成分や保湿成分として化粧品にも広く使用されているムチンをはじめ、美肌づくりやダイエットにも役立つ栄養素が多く含まれています。腸内環境が整えば便通の改善はもちろんのこと、美肌づくりや血糖値のコントロールに役立ちます。【体験談】居場京子(I.B.A. TOTAL BEAUTY CONSULTING代表)


頭痛薬が効かない時に「温めた梅干し」を食べてみたら2週間で変化!

頭痛薬が効かない時に「温めた梅干し」を食べてみたら2週間で変化!

「梅干しをお皿に並べてラップをかけて、500Wの電子レンジで1分温めたものを、毎食1個食べるだけ」。半信半疑ではありましたが、とりあえず試してみようと考え、梅干しを、温めて食べてみることにしました。しばらく食べ続けると2週間ほどで頭痛がまったくしなくなっていました。【体験談】谷口加世子(仮名・パート・35歳)


【酢キャベツダイエット】ムラカミ式は砂糖入りで痩せる効果アップ!

【酢キャベツダイエット】ムラカミ式は砂糖入りで痩せる効果アップ!

ムラカミ式酢キャベツは、砂糖を使用します。これには、もちろん味を調える意味合いも大いにありますが、それだけではありません。「クエン酸回路」と呼ばれる、私たちのエネルギー代謝システムを活性化する狙いがあるのです。【解説】村上祥子(福岡女子大学客員教授・料理研究家)


手作り発酵あんこで快腸!たった20分 小豆をふっくら炊く方法

手作り発酵あんこで快腸!たった20分 小豆をふっくら炊く方法

「解毒作用のあるアズキは取りたいけれど、お砂糖が気になる」というかたがいらっしゃると思います。そんな皆さんにぴったりなのが、お砂糖が入っていない「発酵あんこ」です。やさしい甘さに糀の力を感じ、私は食べた瞬間、「ホントにコレすごい!」と笑いが出たほどでした。【解説】栗生隆子(発酵生活研究家)


最新の投稿


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長)