医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【コレステロール値が高い!】実は免疫力も高く感染症やガンに強いと判明

【コレステロール値が高い!】実は免疫力も高く感染症やガンに強いと判明

そもそもコレステロールは、細胞膜を構成する主要成分です。コレステロールがへると、細胞の再生が阻害されたり、機能に重大な障害が発生したりして、免疫力が低下します。コレステロールは、私たちの体に必要不可欠なものなのです。【解説】浜崎智仁(富山大学名誉教授・医学博士)


解説者のプロフィール

浜崎 智仁
1947年、東京都生まれ。千葉大学医学部卒業。97年に富山医科薬科大学和漢薬研究所教授に就任。『コレステロール値が高いほうがずっと長生きできる』

「悪玉」でさえ高いほうがいい!

コレステロールに対して悪い印象を持っている人が、いまだに多いようです。
「コレステロールが血管をつまらせ、脳卒中や心筋梗塞を起こす」という誤解が蔓延しているのは、非常に残念です。

医師でさえ、「コレステロールは低いほうがいい」という認識で、患者さんに薬を出す人が少なくありません。
皆さんのなかにも、コレステロール降下剤を飲んでいるかたがいるのではないでしょうか。

しかし、それは間違いです。

むしろ、年を取ったらコレステロールは高いほうが有利です。薬を飲んで下げる必要はありません。

理由を説明しましょう。

そもそもコレステロールは、細胞膜を構成する主要成分です。
コレステロールがへると、細胞の再生が阻害されたり、機能に重大な障害が発生したりして、免疫力が低下します。

コレステロールは、私たちの体に必要不可欠なものなのです。
特に、悪玉といわれるLDLコレステロールは、数値が高いほど、感染症にかかりにくいというデータがあります。

19世紀のオランダでは、感染症が死因の第1位でした。
そうした状況では、家族性高コレステロール血症(略称FH)の人のほうが長生きだったのです。

FHとは、遺伝的に若齢からコレステロール値が高くなる特異な体質を指します。
この人たちは、心筋梗塞を起こしやすく、心疾患死亡率はFHでない人の10〜50倍に上ります。

にもかかわらず長生きだったのですから、感染症に対する抵抗力が、いかに強いかわかるでしょう。

また、1987年から2006年に神奈川県伊勢原市で行った調査では、LDLコレステロールの高い人のほうが、肺炎での死亡率が明らかに少なく、総死亡率も低かったのです。

この二つのデータが示すのは、コレステロールが高いほうが、感染症に強いということです。
つまり、コレステロールが高いほうが病気になりにくい=免疫力が高いといえるでしょう。

なぜ、LDLコレステロールが高いと感染症を予防できるのでしょうか。
細菌やウイルスは、体内に入っただけでは、「悪さ」ができません。

細菌の場合、時間を経て毒素を出したり、破片になってから炎症を起こしたりします。
ウイルスも、宿主の細胞に入ってから、悪さをします。

血液中にLDLコレステロールが多ければ、細菌やウイルスが体内に入ってきたとたんに、取り囲むようにくっつきます。
毒素なども取り囲み、細胞に接しないようにするのです。

このしくみは、試験管レベルの研究で確認されています。
さらに、ネズミを使った実験でも「高コレステロールのほうが感染症に8倍も強い」という実験結果も出ています。

厚生労働省の発表している死因順位によると、65歳以上になると肺炎が上位に入ってきます。
高齢になると、感染症が命取りになるということです。

私が冒頭で、「年を取ったらコレステロールは高いほうが有利」といった理由は、ここにあります。

降下剤を飲んだ患者は死亡率が上がった!

また、肝炎での死亡率も、コレステロールの高いほうが低いという研究結果があります。
特にC型肝炎ウイルスは、LDLコレステロールと同じ受容体(細胞に付着するための鍵のような組織)を利用しています。

ウイルスの周りにコレステロールが多ければ、ウイルスが細胞に入りにくくなり、肝炎の発症が予防できるのです。
ご存じのように、C型肝炎は、肝硬変→肝臓ガンと進行することの多い病気です。

そう考えると、コレステロールを高く保ち、感染症から体を守ることは、ガン予防にもつながるといえるでしょう。
そのほか、子宮ガンはヒトパピローマウイルス(HPV)が原因と判明しています。
ピロリ菌が、胃ガンの原因になるともいわれています。

以前、外来で診察していたとき、隣りのリウマチ科の医師から「浜崎先生の診察室からは、いつも患者さんの元気な声が聞こえてきますねえ」といわれたものです。

当時の私は、コレステロール値が高い患者さんに、薬で数値を下げる治療をしていました。
コレステロール値の高い患者さんは、よく食べ、よく笑い、エネルギーがあふれています。

そんな患者さんの状態を見ず、数値だけを見て、薬を出していました。今となっては、実に情けないことです。

さらに、恐ろしい話ですが、コレステロールを下げる薬を飲むと、免疫力が低下するというデータもあります。

「コレステロール降下剤を飲むと炎症が治まり、死亡率が下がる」という薬学界の定説を強化するため、集中治療室に入院中の患者さんを対象に、実験が行われました。

ところが、結果は逆でした。薬を飲んだ患者さんから感染症が続出し、肝臓や腎臓の機能が低下することがわかったのです。
死亡率も上がったため、この実験は中止になりました。

LDLコレステロールは、俗に「悪玉」といわれますが、とんでもないことです。
高くても気にする必要はないし、薬で下げるのは全く意味がありません。
それどころか、感染症やガンを呼び込むことになります。

コレステロールの高い人は、「免疫力が高い」と自信を持ってください。
そのうえで、禁煙、適度な運動、肉や魚など良質のたんぱく質をとる、ストレスをためないなど、生活改善に努めましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


糖尿病予防に【干しぶどう酢】が効果!健康寿命を延ばす「レスベラトロール」とは

糖尿病予防に【干しぶどう酢】が効果!健康寿命を延ばす「レスベラトロール」とは

干しブドウには、血圧の上昇を抑えるカリウム、ダイエットや便秘改善作用などを持つ食物繊維なども豊富です。その干しブドウを酢に漬けると、軟らかくなって食べやすくなるうえ、酢の健康効果である高血圧を防ぎ、血管の機能を高めて動脈硬化を防ぐ働きも加わります。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)


【研究】ニンニクのにおい成分「DATS」とは? 実験で効果が判明

【研究】ニンニクのにおい成分「DATS」とは? 実験で効果が判明

1990年代、アメリカでガンの予防が期待できる食品群を一覧にする「デザイナーフーズ計画」というプロジェクトが発足しました。ニンニクは、そのピラミッド型の一覧図の頂点、すなわち、最もガン抑制効果が期待できる食品の一つとされています。私たちもニンニクのにおい成分を調べました。【解説】関泰一郎(日本大学生物資源科学部教授)


ケトン体を使えるケトジェニックになる方法 「MCTオイル」が効果的な理由

ケトン体を使えるケトジェニックになる方法 「MCTオイル」が効果的な理由

脂肪が肝臓で分解されたときに作られる「ケトン体」という物質があります。このケトン体が、糖尿病、認知症(アルツハイマー病)、肥満、さらにはがんに至るまで、実に幅広い症状を改善するとして、注目を集めています。【解説】白澤卓二(お茶の水健康長寿クリニック院長)


【昆布酵母体験談】減塩でも美味しい!体に優しい手料理に家族が大満足

【昆布酵母体験談】減塩でも美味しい!体に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)


【消化促進効果】大根の主な有効成分とは「大根おろし」が医師が勧める食べ方

【消化促進効果】大根の主な有効成分とは「大根おろし」が医師が勧める食べ方

大根は、日本人には極めてなじみの深い野菜です。刺し身のつまやおでんに欠かせませんし、焼き魚や天ぷらにも、大根おろしが添えられています。大根の効能は、神代から知られていたようで、出雲神話にはこんな話があります。【解説】済陽高穂(西台クリニック理事長)


最新の投稿


寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

薄着になる季節に気になるのが、ポッコリおなか。そこで登場するのが「シソ酢」です。黒酢にシソを漬けて、冷蔵庫で1時間。あっという間に出来上がります。スキッと爽やかな後味で、水分補給としても最適なシソ酢は、糖質の吸収を抑え、やせると評判。ぜひ、お試しください。【構成】『安心』編集部


【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

中国・三国時代の故事に、シソについての話があります。カニを食べて食中毒を起こして死にかけた若者に、華侘という名医が紫色の葉を煎じて飲ませたところ、たちどころに快癒。これが紫蘇の名前の由来となったといいます。生薬としても珍重され、気管支炎、セキ・痰、不眠の治療などに広く用いられてきました。【解説】丁宗鐵(百済診療所院長)


【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)