医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【ふくらはぎのむくみ】病気の可能性 慢性静脈不全の初期症状と対策

【ふくらはぎのむくみ】病気の可能性 慢性静脈不全の初期症状と対策

人間は立って二足歩行を始めたことで、大容量の脳を獲得し、大きく進化することができました。その一方で、体には大きな負担がかかるようになったのです。その一つが、重い脳を支えるためにかかる背骨などへの負担。そして、もう一つが血流の問題です。【解説】星野俊一(福島県立医科大学名誉教授・日本静脈学会名誉会長)


足のむくみが慢性化した状態は、「慢性静脈不全」という病気

放置すると血栓ができ、エコノミークラス症候群になる可能性

 人間は立って二足歩行を始めたことで、大容量の脳を獲得し、大きく進化することができました。その一方で、体には大きな負担がかかるようになったのです。
 その一つが、重い脳を支えるためにかかる背骨などへの負担。そして、もう一つが血流の問題です。

 心臓から送り出された血液は、体の隅々まで流れ込みます。その際、血液をくまなく全身に循環させるには、足先まで行った血液が、スムーズに心臓へ戻らなければなりません。
 しかし、心臓のポンプ作用で強く送り出される動脈血とは異なり、静脈血は心臓のポンプ作用に頼れません。しかも、足にある血液は、重力に逆らって心臓まで戻る必要があります。このため、静脈血は戻りが悪く、血流障害に見舞われやすいのです。
 この静脈血を心臓へ戻す主な原動力が、ふくらはぎのポンプ作用です。ふくらはぎが「第二の心臓」といわれるのは、このためです。

 ところが、現代人は、歩く機会が昔に比べて少なくなりました。仕事によっては、1日じゅう立ちっぱなし、座りっぱなしということも珍しくありません。そうなると、ふくらはぎの筋肉は弱まり、ポンプ作用がよく働かなくなるのです。
 この結果起こるのが、足のむくみです。足のむくみの原因は、リンパ液の滞りと考えているかたが多いのですが、実は、それは正しくありません。
 ふくらはぎのポンプ作用が働かないと、静脈血がきちんと心臓へ戻らず、足に停滞します。すると、静脈内の圧が高まり、毛細血管から水分が染み出ます。これが、足がむくむ主な原因なのです。

 足のむくみの90%は、この静脈血の滞りによるものです。リンパ液によるものは、10%にすぎません。
 しかも、見過ごせないのは、足のむくみが慢性化した状態は、「慢性静脈不全」というれっきとした病気であることです。たかがむくみと、軽視するべきではありません。
 慢性静脈不全の悪化で、血液の逆流を防ぐために静脈内についている弁が壊れたり、静脈に血液がたまり、コブのように膨れ上がる下肢静脈瘤ができたりします。下肢静脈瘤がひどくなると、レーザー治療などが必要になるのです。

 また、慢性静脈不全が進むと、皮膚が茶褐色に変色してきます。最悪の場合、皮膚が腫れて厚くなり、潰瘍ができて破れることもあるのです。こうなると、治療は容易ではありません。
 しかも、静脈血が足に滞っていると、そこに血栓ができやすくなります。こうしてできた血栓が静脈を上って肺動脈に詰まるのが、死を招くこともあるエコノミークラス症候群です。
 慢性静脈不全を放置すると、このようなリスクがあるのです。

慢性静脈不全はこんなに怖い

初期症状は足のむくみと痛み、慢性静脈不全の対策に弾性ストッキングが有効

 ある調査によれば、女性の半数が足のむくみを感じているといいます。ところが、男性も、女性と同じくらいの人に足のむくみがあるのです。慢性静脈不全は一般に、人口の40〜50%に起こっているとされています。

 慢性静脈不全の初期症状としては、足のむくみ、くぼみ、むくみに伴う足のだるさ、重さ、つっぱり感、痛みなどが挙げられます。

 このような足の症状を感じているかたは、日ごろから対策を取る必要があります。
 具体的には、運動を心がけることです。特に、ふくらはぎの筋肉をできるだけ動かすようなウォーキングや、ふくらはぎのマッサージを行ってください。
 睡眠時などに、まくらの上に足を乗せるなどして、足の位置を心臓の位置より少し高くして寝るのも一つの方法です。

 着用することで足に圧を加えて血流を促す、弾性ストッキングを利用するという方法もあります。高齢で歩行が困難なケースにも、弾性ストッキングはお勧めです。
 慢性静脈不全について知るだけでも、ふくらはぎが、いかに私たちの健康維持に重要な役割を果たしているかが、よく理解できると思います。

解説者のプロフィール

星野俊一
1965年、福島県立医科大学大学院医学研究科卒業。1974年、南カリフォルニア大学胸部心臓血管外科客員教授。1988年、福島県立医科大学心臓血管外科講座教授。2000年、社会医療法人福島厚生会理事長。2003年、社会福祉法人慈仁会理事長。6300例以上の心臓血管外科手術を経験。静脈疾患研究の第一人者。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

今回、むくみの予防と改善のためにお勧めするのが「塩カイロ」です。塩カイロは、塩灸をアレンジした、手軽なセルフケアです。塩カイロは、お尻にある尾骨を温めます。尾骨周辺を塩カイロで温めることにより、こりやゆがみが解消し、自律神経のバランスが整って、血液やリンパの流れが改善するのです。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


11円スリッパをはくだけで美脚に変身!むくみが消えてふくらはぎもほっそり

11円スリッパをはくだけで美脚に変身!むくみが消えてふくらはぎもほっそり

11円スリッパをはく前に使っていたサンダルだと、「裸足になってらくになりたい」と思っていましたが、これに変えてからは、「脱ぎたい」という気持ちになりません。むしろはいていると心地よく感じました。そんな調子で1週間がたったときには、スリッパの効果を確信していました。【体験談】神田理央(仮名・主婦・37歳)


朝までトイレに行かず熟睡できた!「足の甲巻き」で足のむくみも解消

朝までトイレに行かず熟睡できた!「足の甲巻き」で足のむくみも解消

足の甲に包帯を巻いて2~3日後には、足がむくまなくなりました。以前のように、足がむくんで靴が痛いということもありません。むくみが解消したおかげか、明け方に尿意を感じて目が覚めることがなくなりました。そのため、従来どおり、熟睡するリズムが戻ったのです。【体験談】上田雅代(仮名・看護師・57歳)


泌尿器科医の私が「かかと落とし」をすすめる理由

泌尿器科医の私が「かかと落とし」をすすめる理由

夜間頻尿が1回減ると、睡眠時間は2時間延びるといわれています。塩分過多の人は、減塩するだけで、睡眠の質が大幅に改善するわけです。夜間頻尿の患者さんに、自分でできる対処法として、減塩といっしょにお勧めしているのが、昼間に行う「かかと落とし」です。【解説】松尾朋博(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器科学助教)


「オクラ水」を飲んで2センチ大の足のコブが消えた!かゆみも治まりツルツルに

「オクラ水」を飲んで2センチ大の足のコブが消えた!かゆみも治まりツルツルに

私の下肢静脈瘤は、かれこれ10年来の悩みです。両足に、ポコッとしたコブのような物がいくつもありました。その巨大なコブが、どんどん小さくなっていき、魔法のように消えたのです。指で触ると、「ここにあった」という感覚だけは残りましたが、外から見ると、ほとんどわかりません。【体験談】新川千恵子(主婦・75歳)


最新の投稿


布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

腰の辺りから肩甲骨の下辺りまで指圧しても、せいぜい3分程度しかかかりません。実際にやってみると、これがすごく気持ちいいんです!こわばっていた筋肉がほぐれていくのを実感できます。なにしろ、脊柱管狭窄症の症状が目に見えてよくなりましたね。右足に感じていた激痛が、すっかり治まったんです。【体験談】布施博(俳優)


金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)


老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

今回、むくみの予防と改善のためにお勧めするのが「塩カイロ」です。塩カイロは、塩灸をアレンジした、手軽なセルフケアです。塩カイロは、お尻にある尾骨を温めます。尾骨周辺を塩カイロで温めることにより、こりやゆがみが解消し、自律神経のバランスが整って、血液やリンパの流れが改善するのです。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

炭酸水につかると、その部位の毛穴から炭酸が浸透。体内で毛細血管に入り、血管内の酸素を細胞に送り出します。これを体が察知すると「酸素が足りていない」と勘違い。炭酸水につかっている部位に酸素を供給しようと、血液がドッと流れてきます。こうして血管が拡張され血流が改善するのです。【解説】齋藤真理子(山本メディカルセンター院長)


貧血を改善する食べ物は海苔がおすすめ!しつこい疲れや憂うつな気分も解消する

貧血を改善する食べ物は海苔がおすすめ!しつこい疲れや憂うつな気分も解消する

実は日本は、貧血大国です。50歳未満の健康な日本人女性1万 3000人以上を対象にした調査で、22.3%の人が貧血に相当し、そのうち25.2%は重度の貧血という結果が出ているほどです。女性に最も多いのは、貧血の約2/3を占めると言われる「鉄欠乏性貧血」です。【解説】山本佳奈(ときわ会常磐病院・ナビタスクリニック内科医)