足がだるい【ふくらはぎのむくみ】病気の可能性 慢性静脈不全の初期症状と対策

足がだるい【ふくらはぎのむくみ】病気の可能性 慢性静脈不全の初期症状と対策

人間は立って二足歩行を始めたことで、大容量の脳を獲得し、大きく進化することができました。その一方で、体には大きな負担がかかるようになったのです。その一つが、重い脳を支えるためにかかる背骨などへの負担。そして、もう一つが血流の問題です。【解説】星野俊一(福島県立医科大学名誉教授・日本静脈学会名誉会長)


放置すると血栓ができ、エコノミークラス症候群になる可能性

 人間は立って二足歩行を始めたことで、大容量の脳を獲得し、大きく進化することができました。その一方で、体には大きな負担がかかるようになったのです。
 その一つが、重い脳を支えるためにかかる背骨などへの負担。そして、もう一つが血流の問題です。

 心臓から送り出された血液は、体の隅々まで流れ込みます。その際、血液をくまなく全身に循環させるには、足先まで行った血液が、スムーズに心臓へ戻らなければなりません。
 しかし、心臓のポンプ作用で強く送り出される動脈血とは異なり、静脈血は心臓のポンプ作用に頼れません。しかも、足にある血液は、重力に逆らって心臓まで戻る必要があります。このため、静脈血は戻りが悪く、血流障害に見舞われやすいのです。
 この静脈血を心臓へ戻す主な原動力が、ふくらはぎのポンプ作用です。ふくらはぎが「第二の心臓」といわれるのは、このためです。

 ところが、現代人は、歩く機会が昔に比べて少なくなりました。仕事によっては、1日じゅう立ちっぱなし、座りっぱなしということも珍しくありません。そうなると、ふくらはぎの筋肉は弱まり、ポンプ作用がよく働かなくなるのです。
 この結果起こるのが、足のむくみです。足のむくみの原因は、リンパ液の滞りと考えているかたが多いのですが、実は、それは正しくありません。
 ふくらはぎのポンプ作用が働かないと、静脈血がきちんと心臓へ戻らず、足に停滞します。すると、静脈内の圧が高まり、毛細血管から水分が染み出ます。これが、足がむくむ主な原因なのです。

 足のむくみの90%は、この静脈血の滞りによるものです。リンパ液によるものは、10%にすぎません。
 しかも、見過ごせないのは、足のむくみが慢性化した状態は、「慢性静脈不全」というれっきとした病気であることです。たかがむくみと、軽視するべきではありません。
 慢性静脈不全の悪化で、血液の逆流を防ぐために静脈内についている弁が壊れたり、静脈に血液がたまり、コブのように膨れ上がる下肢静脈瘤ができたりします。下肢静脈瘤がひどくなると、レーザー治療などが必要になるのです。

 また、慢性静脈不全が進むと、皮膚が茶褐色に変色してきます。最悪の場合、皮膚が腫れて厚くなり、潰瘍ができて破れることもあるのです。こうなると、治療は容易ではありません。
 しかも、静脈血が足に滞っていると、そこに血栓ができやすくなります。こうしてできた血栓が静脈を上って肺動脈に詰まるのが、死を招くこともあるエコノミークラス症候群です。
 慢性静脈不全を放置すると、このようなリスクがあるのです。

初期症状は足のむくみと痛み、慢性静脈不全の対策に弾性ストッキングが有効

 ある調査によれば、女性の半数が足のむくみを感じているといいます。ところが、男性も、女性と同じくらいの人に足のむくみがあるのです。慢性静脈不全は一般に、人口の40〜50%に起こっているとされています。

 慢性静脈不全の初期症状としては、足のむくみ、くぼみ、むくみに伴う足のだるさ、重さ、つっぱり感、痛みなどが挙げられます。

 このような足の症状を感じているかたは、日ごろから対策を取る必要があります。
 具体的には、運動を心がけることです。特に、ふくらはぎの筋肉をできるだけ動かすようなウォーキングや、ふくらはぎのマッサージを行ってください。
 睡眠時などに、まくらの上に足を乗せるなどして、足の位置を心臓の位置より少し高くして寝るのも一つの方法です。

 着用することで足に圧を加えて血流を促す、弾性ストッキングを利用するという方法もあります。高齢で歩行が困難なケースにも、弾性ストッキングはお勧めです。
 慢性静脈不全について知るだけでも、ふくらはぎが、いかに私たちの健康維持に重要な役割を果たしているかが、よく理解できると思います。

星野俊一
1965年、福島県立医科大学大学院医学研究科卒業。1974年、南カリフォルニア大学胸部心臓血管外科客員教授。1988年、福島県立医科大学心臓血管外科講座教授。2000年、社会医療法人福島厚生会理事長。2003年、社会福祉法人慈仁会理事長。6300例以上の心臓血管外科手術を経験。静脈疾患研究の第一人者。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

スウェーデンの研究期間が行った調査では、夜間頻尿のある人はそうでない人に比べて、心筋梗塞や脳梗塞(心臓や脳の血管が詰まって起こる病気)にかかりやすく生存率が低いことも確認されています。夜間頻尿の原因は「むくみ」にあるのです。その対策法を紹介します。【解説】菅谷公男(北上中央病院副院長)


【体験談】持病のひざ痛が軽減!足指を鍛えたら甲から足首のむくみ一掃 靴のサイズがダウン!

【体験談】持病のひざ痛が軽減!足指を鍛えたら甲から足首のむくみ一掃 靴のサイズがダウン!

元々、足のむくみがひどかったので、足づかみ体操を実践してみたところ、私の足は大きく変わりました。それまでの私の足は、パンプスをはくと足の甲の皮膚がムチッと盛り上がっていたのですが、あらためて足を見ると、確かに細くきれいに見え、足の甲の盛り上がりもありません。【体験談】酒井恵美(仮名・柔道整復師・26歳)


【血液サラサラ・血管強化】下肢静脈瘤を食事で改善する「静脈若返りレシピ」ドリンク編

【血液サラサラ・血管強化】下肢静脈瘤を食事で改善する「静脈若返りレシピ」ドリンク編

下肢静脈瘤の予防・改善、手術後の再発防止はもちろん、肥満の解消や、糖尿病や動脈硬化など生活習慣の予防・改善、肌や内臓など全身の老化予防にも有効なレシピです。食事は健康の要。普段の食生活を見直して、静脈を若々しく元気に保つ食事に変えていきましょう。ドリンク編をご紹介します。【監修】阿保義久(北青山Dクリニック院長)


【男性社員が実践】目力アップ&口元キリッ 妻も惚れ直した⁉男の“顔ヨガ”講習会ルポ

【男性社員が実践】目力アップ&口元キリッ 妻も惚れ直した⁉男の“顔ヨガ”講習会ルポ

多くの男性は自分の顔に無頓着。自分の顔がどうなろうと、興味もないといった人が多いのではないでしょうか。ところが、昨今では、男性も顔の重要性が注目されているのです。そこでマキノ出版でも、時代の流れに遅れをとってなるものかと、今回、営業部や販売部の男性社員が顔ヨガを実践しました。【レポート】松崎千佐登(医療ジャーナリスト)


【下肢静脈瘤】は正しい歩き方・立ち方で予防できる? ウォーキングでの改善効果に期待

【下肢静脈瘤】は正しい歩き方・立ち方で予防できる? ウォーキングでの改善効果に期待

血管、リンパ管に滞りができると、機能の低下や病気を引き起こしてしまいますが、プライマリーウォーキングを行うと、骨格・血管・リンパ管が整うため、体が健康な状態に向かいます。【解説】森嶌淳友(ラ・ヴィータメディカルクリニック院長)


最新の投稿


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)