MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【ふくらはぎのむくみ】病気の可能性 慢性静脈不全の初期症状と対策

【ふくらはぎのむくみ】病気の可能性 慢性静脈不全の初期症状と対策

人間は立って二足歩行を始めたことで、大容量の脳を獲得し、大きく進化することができました。その一方で、体には大きな負担がかかるようになったのです。その一つが、重い脳を支えるためにかかる背骨などへの負担。そして、もう一つが血流の問題です。【解説】星野俊一(福島県立医科大学名誉教授・日本静脈学会名誉会長)

足のむくみが慢性化した状態は、「慢性静脈不全」という病気

放置すると血栓ができ、エコノミークラス症候群になる可能性

 人間は立って二足歩行を始めたことで、大容量の脳を獲得し、大きく進化することができました。その一方で、体には大きな負担がかかるようになったのです。
 その一つが、重い脳を支えるためにかかる背骨などへの負担。そして、もう一つが血流の問題です。

 心臓から送り出された血液は、体の隅々まで流れ込みます。その際、血液をくまなく全身に循環させるには、足先まで行った血液が、スムーズに心臓へ戻らなければなりません。
 しかし、心臓のポンプ作用で強く送り出される動脈血とは異なり、静脈血は心臓のポンプ作用に頼れません。しかも、足にある血液は、重力に逆らって心臓まで戻る必要があります。このため、静脈血は戻りが悪く、血流障害に見舞われやすいのです。
 この静脈血を心臓へ戻す主な原動力が、ふくらはぎのポンプ作用です。ふくらはぎが「第二の心臓」といわれるのは、このためです。

 ところが、現代人は、歩く機会が昔に比べて少なくなりました。仕事によっては、1日じゅう立ちっぱなし、座りっぱなしということも珍しくありません。そうなると、ふくらはぎの筋肉は弱まり、ポンプ作用がよく働かなくなるのです。
 この結果起こるのが、足のむくみです。足のむくみの原因は、リンパ液の滞りと考えているかたが多いのですが、実は、それは正しくありません。
 ふくらはぎのポンプ作用が働かないと、静脈血がきちんと心臓へ戻らず、足に停滞します。すると、静脈内の圧が高まり、毛細血管から水分が染み出ます。これが、足がむくむ主な原因なのです。

 足のむくみの90%は、この静脈血の滞りによるものです。リンパ液によるものは、10%にすぎません。
 しかも、見過ごせないのは、足のむくみが慢性化した状態は、「慢性静脈不全」というれっきとした病気であることです。たかがむくみと、軽視するべきではありません。
 慢性静脈不全の悪化で、血液の逆流を防ぐために静脈内についている弁が壊れたり、静脈に血液がたまり、コブのように膨れ上がる下肢静脈瘤ができたりします。下肢静脈瘤がひどくなると、レーザー治療などが必要になるのです。

 また、慢性静脈不全が進むと、皮膚が茶褐色に変色してきます。最悪の場合、皮膚が腫れて厚くなり、潰瘍ができて破れることもあるのです。こうなると、治療は容易ではありません。
 しかも、静脈血が足に滞っていると、そこに血栓ができやすくなります。こうしてできた血栓が静脈を上って肺動脈に詰まるのが、死を招くこともあるエコノミークラス症候群です。
 慢性静脈不全を放置すると、このようなリスクがあるのです。

慢性静脈不全はこんなに怖い

初期症状は足のむくみと痛み、慢性静脈不全の対策に弾性ストッキングが有効

 ある調査によれば、女性の半数が足のむくみを感じているといいます。ところが、男性も、女性と同じくらいの人に足のむくみがあるのです。慢性静脈不全は一般に、人口の40〜50%に起こっているとされています。

 慢性静脈不全の初期症状としては、足のむくみ、くぼみ、むくみに伴う足のだるさ、重さ、つっぱり感、痛みなどが挙げられます。

 このような足の症状を感じているかたは、日ごろから対策を取る必要があります。
 具体的には、運動を心がけることです。特に、ふくらはぎの筋肉をできるだけ動かすようなウォーキングや、ふくらはぎのマッサージを行ってください。
 睡眠時などに、まくらの上に足を乗せるなどして、足の位置を心臓の位置より少し高くして寝るのも一つの方法です。

 着用することで足に圧を加えて血流を促す、弾性ストッキングを利用するという方法もあります。高齢で歩行が困難なケースにも、弾性ストッキングはお勧めです。
 慢性静脈不全について知るだけでも、ふくらはぎが、いかに私たちの健康維持に重要な役割を果たしているかが、よく理解できると思います。

解説者のプロフィール

星野俊一
1965年、福島県立医科大学大学院医学研究科卒業。1974年、南カリフォルニア大学胸部心臓血管外科客員教授。1988年、福島県立医科大学心臓血管外科講座教授。2000年、社会医療法人福島厚生会理事長。2003年、社会福祉法人慈仁会理事長。6300例以上の心臓血管外科手術を経験。静脈疾患研究の第一人者。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
血管、リンパ管に滞りができると、機能の低下や病気を引き起こしてしまいますが、プライマリーウォーキングを行うと、骨格・血管・リンパ管が整うため、体が健康な状態に向かいます。【解説】森嶌淳友(ラ・ヴィータメディカルクリニック院長)
更新: 2018-09-11 02:48:07
プライマリーウォーキングを行うと、骨格・血管・リンパ管が正しい状態に戻り、腰痛やひざ痛、ネコ背、O脚を改善することができます。さらに、ぽっこりおなかの改善、バストアップ、ヒップアップ、ダイエットや美脚にも効果を感じていただけます。【解説】岡本啓司(プライマリーウォーキング指導者協会会長)
更新: 2018-09-06 01:00:55
ときどき、左足に軽いしびれを感じるようになりました。お尻から足のつけ根、太ももの裏側にかけてつるような感覚で、ときどき軽い痛みもありました。血流の状態を調べる検査をしたところ、ふくらはぎに血栓があることがわかりました。血流をよくするためにオクラ水を始めたのです。【体験談】後藤美貴(仮名・兵庫県・38歳会社員)
更新: 2018-09-28 14:34:41
加齢とともに増える足の血管の病気に、下肢静脈瘤があります。文字どおり、足の静脈がコブ(瘤)のように膨らむ病気です。静脈瘤は、ひざや太ももの裏、内側、ふくらはぎなどにできやすく、血管がボコボコ膨らんだり、ヘビのようにうねった状態になります。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)
更新: 2018-08-29 10:59:49
私のクリニックでは、下肢静脈瘤の治療後や手術後の患者さんに、自宅で弾性ストッキングを着用してもらうようにしています。また、下肢静脈瘤の症状があっても手術をしたくない人や、仕事で毎日立ちっぱなしの人にも勧めています。【解説】広川雅之(お茶の水血管外科クリニック院長)
更新: 2018-04-21 08:38:11
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt