医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

繰り返すこむら返りの原因はマグネシウム不足!対策は「食事」の見直し

繰り返すこむら返りの原因はマグネシウム不足!対策は「食事」の見直し

こむら返りは、2〜3秒から数分間、ふくらはぎの筋肉が収縮して起こります。運動中に起こることもあれば、就寝中に起こることもあり、時に激烈な痛みを伴います。まず、どうしてこむら返りが起こるのでしょうか。その原因は、実は7〜8割以上はマグネシウム不足です。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学教授)


どうしてこむら返りが起こるのか

こむら返りは、2〜3秒から数分間、ふくらはぎの筋肉が収縮して起こります。
運動中に起こることもあれば、就寝中に起こることもあり、時に激烈な痛みを伴います。

筋肉を酷使するとけいれんしやすくなるのですが、特に運動したわけでもないのに、最近よくこむら返りを起こす人は、隠れた体内の異常が現れていると考え、注意しましょう。

まず、どうしてこむら返りが起こるのでしょうか。
その原因は、実は7〜8割以上はマグネシウム不足です。

本来、筋肉はスムーズに収縮と弛緩をくり返していますが、その働きにはカルシウム(正確にはカルシウムイオン)が大きく関係しています。
筋肉細胞に筋小胞体という小器官があり、ここにカルシウムが蓄えられています。
筋小胞体からカルシウムが放出されて筋肉のたんぱく質にくっつくと筋肉が収縮します。

逆にカルシウムポンプという働きで、筋肉のたんぱく質からカルシウムが離れると筋肉が弛緩します。
これを必要に応じ、瞬時に行っているのです。

このときカルシウムは、ミトコンドリアという細胞内の器官で作られるアデノシン三リン酸(ATP)からエネルギーを得ています。
ところが、筋肉を酷使すると、このATPが消費されて不足し、筋肉がつってしまうというわけです。

根本の原因はマグネシウム不足!

さて、この重要なATPの産生に必要なのが、マグネシウムです。
マグネシウムが不足するとATPが不足し、カルシウムの筋小胞体への取り込みが困難になるため、筋肉は収縮したままになります。
そのせいで、こむら返りが起こります。

こむら返りは、体が冷えると起こるとか、脱水状態になると起こるとか、よくいわれています。
しかし、冷えも脱水も、こむら返りの引き金にすぎず、根本の原因はマグネシウム不足にあるといえるでしょう。
カルシウムは、大量に保存されている骨から自動的に補充されるので、不足することはあまり考えられません。

マグネシウムが不足すると糖尿病を発症しやすい!

マグネシウムは、人間に必要なミネラルの中で、特に重要な働きを担っています。
例えば、エネルギーの産生や、体内で働く350種類以上もの酵素にも、大きく関係しているのです。

マグネシウムが不足すると、まず、糖尿病を発症しやすくなります。
マグネシウム不足により酵素の働きが悪くなると、すい臓からのインスリンというホルモンの分泌が悪くなり、糖が細胞の中にうまく取り込めなくなるからです。

九州大学の研究グループは、最近16年間の久山町の住民調査で、1日当たりのマグネシウムの摂取量が多いと、糖尿病発症のリスクが37%も低くなり、インスリンに対する反応(インスリン抵抗性)も改善するという疫学調査の結果を報告しています。
疫学とは、統計学的手法で病気と原因との関係などを調べる学問のことです。

また、マグネシウムの摂取量が多い人は、メタボリックシンドロームになるリスクが、少ない人より31%も低いという研究報告があります。
メタボリックシンドロームになると、その結果、脳梗塞や心筋梗塞などの、命にもかかわる病気が発症しやすくなるのです。

マグネシウム不足は「和食」で解消できる

ところが、現代の日本人は、マグネシウム不足に陥っているのが現状です。
国が推奨しているマグネシウムの1日の摂取量は、30〜49歳の男性の場合、370mgです。
しかし、厚生労働省が実施した「平成23年国民健康・栄養調査」によれば、平均摂取量は235mgで、はるかに下回っています。
ほかの年代でも、推奨される1日の摂取量より、100〜130mgも不足していることが明らかになっています。

もしも、こむら返りをくり返し起こすようなら、体内でマグネシウムが不足している可能性があります。
さらに、糖尿病のほか、動脈硬化が進んでいるという危険性をはらんでいるのです。
そういう人は、日ごろよりマグネシウムの摂取に努めることが、肝心になってくるでしょう。

ちなみに、日本人にマグネシウムが不足するようになったのは、戦後、日本人の食生活が「欧米化」し、伝統的な和食の食習慣が徐々に失われていったのが原因と考えられます。

したがって、マグネシウムの補給のためには、古きよき和食を中心とした食生活に変えるのがいちばんです。
特にマグネシウムが豊富に含まれている食品を意識してとるために、私は「そばのひ孫と孫は優しい子かい?納得!」という標語を提唱しています。

これは、特にマグネシウムが多い「ソバ」「バナナ」「ノリ」「ヒジキ」「豆」「五穀」「豆腐」「抹茶」「ゴマ」「ワカメ」「野菜」「魚」「シイタケ」「コンブ」「牡蠣」「イモ」「納豆」「トウモロコシ」「果物」の頭文字をつなげたものです。

これらの食品を、積極的にとるのが望ましいのですが、食事だけからの補充が難しい場合は、栄養機能食品のマグネシウムなどを利用するのもいいでしょう。

解説者のプロフィール

横田邦信
昭和26年、東京生まれ。
東京慈恵会医科大学・大学院卒業。
現在、東京慈恵会医科大学教授・医学博士。
日本マグネシウム学会理事、日本生活習慣病予防協会参事、日本糖尿病学会学術評議員など。
著書に『メタボリックシンドローム対策の必須ミネラル「マグネシウム健康読本」』(現代書林)がある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


予防医学の専門家が推奨!甘酒寒天の健康効果と有効な食べ方

予防医学の専門家が推奨!甘酒寒天の健康効果と有効な食べ方

食物繊維はメッシュ状の構造で、その網目に水分を保持することで、腸の中で多くの作用を生み出します。寒天はこの網目が、ほかの食物繊維よりもずっと細かいのです。寒天1gが保持する水分量は100g、つまり100倍の保水力を持ちます。【解説】杤久保修(神奈川県予防医学協会中央診療所予防医療部部長・横浜市立大学名誉教授)


40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)


1日1さじ、2週間で効果「発酵玉ねぎ」が善玉菌を激増させる!!

1日1さじ、2週間で効果「発酵玉ねぎ」が善玉菌を激増させる!!

発酵タマネギの魅力はおいしさだけではありません。健康面でも糖尿病を改善する、肥満を改善する、便秘を改善する、アレルギーやうつ症状を緩和するといった、まるで万能薬のような効果を期待できます。正確に言えば、発酵タマネギを食べて腸内で作られる物質に、優れた健康効果があります。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


血糖値を下げる最強食材は酢ゴーヤ!苦み成分がコレステロール値も下げる

血糖値を下げる最強食材は酢ゴーヤ!苦み成分がコレステロール値も下げる

ゴーヤに含まれる苦み成分の一つであるチャランチンには、インスリンと似た働きがあります。また、同じく苦み成分であるモモルデシンにも、血糖降下作用があることがわかっています。さらに、ゴーヤには糖代謝を活性化するビタミンB1や、糖の吸収を遅らせる食物繊維も豊富に含まれています。【解説】下津浦康裕(下津浦内科医院院長)


血圧の正常化、食後血糖値を抑えるなど【酢】の健康パワーが続々判明

血圧の正常化、食後血糖値を抑えるなど【酢】の健康パワーが続々判明

現在、日本人の国民病の筆頭として挙げられるのが、高血圧と糖尿病でしょう。酢は、実はこれらに対しても非常に有効だということが、数々の研究によってわかっています。皆さんも酢大豆を作る際には酢を捨てず、料理などに活用することをお勧めします。【解説】多山賢二(広島修道大学健康科学部教授)


最新の投稿


【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。3時間以上眠れないこともありました。さらに夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら30分も経たないうちに眠れるのです。そして朝まで目覚めることなく熟睡できるようになりました。【体験談】山田亜希子(仮名・無職・79歳)


【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)


風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

プロポリスは、ハチの巣への細菌の侵入を防ぎ、その増殖を防いでくれる物質です。いわば、家を守る防御壁なのです。私たちがこのプロポリスを摂取する際には、それがどのようにして抽出されたのかが、一つの重要なポイントとなります。プロポリスの抽出法によって含有される有効成分が異なるからです。【解説】門田重利(富山大学名誉教授)


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)