【外反母趾とは】原因は筋力の衰え!「ゆりかご歩き」でアーチを鍛えるとよい

【外反母趾とは】原因は筋力の衰え!「ゆりかご歩き」でアーチを鍛えるとよい

歩きたくても、外反母趾の痛みで満足に歩けないという人が少なくありません。特に40~60代の女性に多く見られます。外反母趾とは、足の親指が小指側に曲がって変形していく症状です。進行すると痛みを伴うことが多く、巻き爪、タコやウオノメなどもできやすくなります。【解説】古屋達司(外反母趾研究所代表)


外反母趾を治す歩き方「ゆりかご歩き」とは

歩きたくても、外反母趾の痛みで満足に歩けないという人が少なくありません。
特に40~60代の女性に多く見られます。

外反母趾とは、足の親指が小指側に曲がって変形していく症状です。
進行すると痛みを伴うことが多く、巻き爪、タコやウオノメなどもできやすくなります。

そこで、私が多くの患者さんに実行してもらい、高い成果を上げている、外反母趾を治す歩き方をご紹介しましょう。
この歩き方を私は「ゆりかご歩き」と呼んでいます。
ゆりかご歩きは、外反母趾だけでなく、巻き爪、タコやウオノメの解消にもつながります。

外反母趾の原因は足の筋力の衰え

外反母趾の原因として、一般的にサイズの合わない靴や、ヒールの高い靴を履くことで、足に過剰な負担を強いているからと言われます。

確かに、その影響も否めませんが、私はもっと根本的なところに原因があると考えています。
それは足の筋力の衰えです。

私たちの足の裏には、3つのアーチがあるのが大きな特徴です。
このアーチの機能によって、効率のよい動きができ、体重の負荷や地面からの衝撃にも耐えられるようになっています。

このうち横アーチは、主に足の甲側の筋肉によって支えられています。
この筋肉の力が衰えると、横アーチが崩れ、ひいては足の骨格がゆがんで、外反母趾のような症状にもつながるのです。

外反母趾のメカニズム

足のアーチは、親指側と小指側にある2つの縦のアーチと、親指のつけ根から小指のつけ根までを結ぶ横のアーチの3本です。

このうち、外反母趾で特に問題となるのは「横アーチ」です。
外反母趾の人は例外なく、横アーチが崩れているのです。

横アーチを形成しているのは、足の甲の部分にある5本の細長い骨(中足骨)の間にある背側骨間筋という筋肉です。

背足骨間筋は、足の指を広げたり、それぞれの指の第3関節を曲げたりする働きをしていますが、この筋肉が衰えてくると、両脇の中足骨を内側へ引っ張ることができなくなります。

その結果、横アーチが崩れ、開張足と呼ばれる、足の横幅が広がった状態になるのです。
開張足が進むと、親指の骨と関節でつながっている第1中足骨は内側(親指側)に広がっていきます。

一方、指に付着している筋肉の力で、親指は逆方向に引っ張られ、外側(小指側)のほうに曲がっていきます(外反)。これが外反母趾のメカニズムです。

足のアーチは、図のように3本ある。
健常な人は、このアーチのバランスが取れている

正常な足

背側骨間筋が本来の働きをしていれば、両脇の中足骨を内側に引っ張ることで、横アーチを維持する

開張足(かいちょうそく:横アーチが崩れた足)

背側骨間筋の筋力が低下すると、中足骨同士が離れて横アーチが崩れ、足の横幅が広がる開張足になる

外反母趾の足

開張足が進むと、親指が外側(小指側)に曲がって変形し、外反母趾になる

「ゆりかご歩き」で使っていなかった筋肉を使う

横アーチを支える筋肉が衰えてくる理由は、ふだん歩くときに足の指を使っていないからです。

特によくないのが、すり足のように、地面に平行に足をつけて歩く「ペタペタ歩き」です。
外反母趾の人の多くは、この歩き方をしています。

ペタペタ歩きでは、足の指にほとんど力が加わらず、それを支えている筋肉も使われません。
使っていない筋肉は必ず衰えますから、横アーチが崩れ、外反母趾が進んでいきます。

逆に、外反母趾を改善するためには、使っていなかった筋肉を使う歩き方をすればいいのです。
つまり、ゆりかご歩きです。

ゆりかご歩きでは、足をかかとから着地させた後、縦アーチ、足の指の順に体重を移動させて歩きます。
「ゆりかご歩き」と名づけたのは、ゆりかごのようにスムーズな重心移動をする意味です。

この歩き方が身につけば、歩くだけで足の指に力が加わり、横アーチを支える筋肉が自然と鍛えられます。
その結果、外反母趾の予防や改善につながるのです。

ゆりかご歩きのやり方

「ゆりかご歩き」のポイント

「ゆりかご歩き」のいちばんのポイントは、
かかと→内側・外側の縦アーチ→足の親指という一連の重心移動の最後に、足の指に全体重を乗せることです。

そうして足指への負荷が継続的に繰り返されることで、自然に指周囲の筋肉や背側骨間筋が鍛えられていきます。

図を参考に、最初は、正しくできているかを家族や友人に見てもらいながら歩いてみるとよいでしょう。

正しくできたら、1日に5~10分くらい、家の中でゆっくり歩いてコツをつかみましょう。
慣れてきたら、買い物や通勤時にも行うなど、少しずつゆりかご歩きをする距離を延ばしてください。

初めのうちは、指に多少の痛みを感じるかもしれませんが、徐々に痛みは軽くなっていきます。
私の経験から言うと、外反母趾の痛みは、だいたい3カ月ぐらいで治まってくる人が多いようです。

なお、外出時にゆりかご歩きをする場合は、足への負担が少ないウォーキングシューズを履くことが望ましいと思います。

【症例紹介】「ゆりかご歩き」で 外反母趾がここまで改善!

私の患者さんの中から、ゆりかご歩きを行ったことで外反母趾が大きく改善した例の一部をご紹介しましょう。

〈症例1〉
K・Sさん(70代・女性)は、40代の頃から親指が曲がり始め、最近は足の指に力が入らなくなっていました。また、親指に痛みとしびれがありました。
 そこで、ゆりかご歩きを指導しましたが、最初はふらふらしてうまく歩けませんでした。徐々に正しい歩き方を身につけていった結果、親指の痛みやしびれは和らぎ、今では長時間歩かなければ痛みの存在を忘れるまでに回復しています。

〈症例2〉
K・Bさん(60代・男性)は、これまでに2回、整形外科で外反母趾の治療を受けています。それでも、痛みなどの症状は改善しませんでした。そこで、私はゆりかご歩きを指導するとともに、家で足指のトレーニングを行ってもらいました。
 治療開始から約3カ月で症状はかなり改善。靴に当たって痛かった右足小指は気にならなくなり、症状悪化への不安もなく、ウォーキングを楽しめているそうです。

〈症例3〉
M・Kさん(70代・女性)は、十数年来の外反母趾に悩まされており、1年ほど前から異常な脚の疲れを感じるようになっていました。私の指導のもと、ゆりかご歩きを習得したことで、足の痛みや疲労感は緩和され、自信を持って歩くことができるようになっています。

解説者のプロフィール

古屋達司(ふるや・たつじ)
外反母趾研究所代表。
1963年生まれ。日本柔道整復専門学校卒業。92年に東京都板橋区で三園接骨院(現みその接骨院)を開院。テーピングによる外反母趾治療に限界を感じ、リハビリテーション医学の観点から外反母趾の改善効果を飛躍的に向上させる。その成果を理論的に体系化し、99年に外反母趾研究所をみその接骨院内に開設。
著書『外反母趾は「ゆりかご歩き」で治る!』(4000人が治った奇跡のメソッド)が好評発売中。

●外反母趾研究所
http://asinayami.com/

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


ヒールも怖くない! 毎晩のフットケア「きくち体操」で外反母趾と陥入爪が改善

ヒールも怖くない! 毎晩のフットケア「きくち体操」で外反母趾と陥入爪が改善

以前は、足の指や裏の感覚があいまいでした。けれど、今では歩く、立つなどしたとき、すべての指をはっきり感じられます。足の感覚が戻った頃、左の親指のつけ根の角度が小さくなり、外反母趾が改善したことを実感しました。また、小指の陥入爪も改善しました。【体験談】Y・T(仮名・会社員・50歳)


腰の重だるさや痛みが改善! 下半身バランスを整える「足の指回し」が好評

腰の重だるさや痛みが改善! 下半身バランスを整える「足の指回し」が好評

足の指回しを始めて1ヵ月ほど経つと、腰痛も気にならなくなっていました。足の指回しは、特に女性のスタッフに大好評です。「これを始めてから冷え症が治った」「外反母趾や巻き爪が改善して、靴をはくのが楽になった」などと、うれしい効果を報告してくれます。【体験談】堀内太(美容師・52歳)


【耳鳴り・めまいが続く】改善効果を上げるセルフケア3原則

【耳鳴り・めまいが続く】改善効果を上げるセルフケア3原則

実際のところ、耳鳴りやめまいは、複数の原因が複雑に絡み合って生じることが少なくありません。ただ、どの症状に対しても多くの場合に共通しているのが、生活習慣の乱れです。そこで私は必ず行ってほしいことを、①睡眠、②水分、③ウォーキングの三つにしぼり、患者さんに伝えています。【解説】板谷隆義(板谷耳鼻咽喉科院長)


190ミリの血圧が基準値に下がって安定!足の指回しで外反母趾も改善

190ミリの血圧が基準値に下がって安定!足の指回しで外反母趾も改善

外反母趾の相談をするために整体に行きました。そこで「足の親指(母趾)を回すと外反母趾が改善する」と教えてもらいました。さらに、私が血圧の話をしたところ「それなら、足首も回すといいですよ」といわれたのです。【体験談】田坂理恵子(仮名・主婦・66歳)


21kg痩せた医師に聞く糖尿病克服のヒント「生活改善で糖尿病は消せる」

21kg痩せた医師に聞く糖尿病克服のヒント「生活改善で糖尿病は消せる」

転機は、57歳の健康診断でした。ヘモグロビンA1cも血糖値も、すでに境界型ではなく、本格的な糖尿病の兆候を示していたのです。ウォーキングを始めると同時に、10ヵ月後にフルマラソンを走ることを周囲に宣言。そうしてしまったら、もうやらないわけにいきません。【解説】清水一郎(おひさまクリニックセンター北院長)


最新の投稿


【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。3時間以上眠れないこともありました。さらに夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら30分も経たないうちに眠れるのです。そして朝まで目覚めることなく熟睡できるようになりました。【体験談】山田亜希子(仮名・無職・79歳)


【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)


風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

プロポリスは、ハチの巣への細菌の侵入を防ぎ、その増殖を防いでくれる物質です。いわば、家を守る防御壁なのです。私たちがこのプロポリスを摂取する際には、それがどのようにして抽出されたのかが、一つの重要なポイントとなります。プロポリスの抽出法によって含有される有効成分が異なるからです。【解説】門田重利(富山大学名誉教授)


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)