医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

美味しく食べてダイエット!体に優しい【玄米スープ】基本の作り方

美味しく食べてダイエット!体に優しい【玄米スープ】基本の作り方

「年末年始、食べ過ぎて体が重い」「じわじわ体重が増え続け、何をしてもやせない」「慢性的に便秘」「疲れが取れない」。そんな人にぜひお勧めしたいのが、体を優しく健康にする「玄米スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


「年末年始、食べ過ぎて体が重い」「じわじわ体重が増え続け、何をしてもやせない」「慢性的に便秘」「疲れが取れない」。
そんな人にぜひお勧めしたいのが、体を優しく健康にする「玄米スープ」です。

今回は、マクロビオティック・カフェ「メリーモモ」を主宰する勝部美佳先生に、基本の玄米スープから、人気のアレンジメニューまで、作り方をご紹介いただきました。
朝食を玄米スープにすることで、無理なくキレイにやせた人が続出しています。

血圧が下がったり、頭痛や便秘が解消したりといった健康効果も報告されています。
皆さんも今日から、玄米スープ生活を始めてみてはいかがでしょうか。

→【前の記事】玄米スープの効果

基本の玄米スープの作り方

エネルギー131kcal/塩分0.2g(各1人分)

材料(4人分)

玄米…1合
水……720ml(好みで調整する)
塩……ひとつまみ(耳かき1杯程度)

作り方

フライパンに玄米を入れて、強火にかける。
玄米の表面の水分が乾いてきたら中弱火にし、玄米がふっくらして、甘くこうばしい香りがするまで、5分ほど炒る。
破裂したり、焦げたりしないように注意。

炒った玄米を土鍋に移し、水を加えて中弱火にかける。
ふたはせず、沸騰するまで約10 分煮る。

沸騰したら、玄米の甘みを引き出すために、ごく少量の塩を加える。

強火にして、ふたをする。ふたの穴から湯気が出てきたら、ごく弱火にして30 分間煮込む。

玄米ご飯から作る方法(4人分)

土鍋に、炊いた玄米ご飯300gと水720mlを入れ、ふたをせずに強火で沸騰するまで煮る。
沸騰したら、ふたをして火を止め、5分蒸らしたら出来上がり。

【生の玄米といっしょに煮る】番茶玄米スープの作り方

梅干しを添えて食べると美味

●エネルギー136kcal/塩分0.2g(各1人分)
●消化を助ける・心が穏やかになる

材料(4人分)

玄米…1合(洗って炒っておく)
水…720ml(好みで調整する)
番茶…大さじ1
塩…ひとつまみ(耳かき1杯程度)

作り方

①鍋に水を入れて火をかけ、沸騰したら番茶を入れて10 分ほど煮出し、茶葉をこす。

②土鍋に玄米と①を入れ、中弱火にかける。ふたはせず、沸騰するまで約10 分煮る。

③塩を加え、強火にして、ボコボコと沸騰してきたらフタをする。

④ふたの穴から湯気が出てきたら、ごく弱火で30 分間煮込む。

⑤茶碗1杯を1食として、汁ごといただく。

【生の玄米といっしょに煮る】アズキ玄米スープの作り方

アズキの自然な甘みがうれしい

●エネルギー130kcal/塩分0.2g(各1人分)
●腎機能の向上・むくみ取り

材料(4人分)

玄米…3/4 合(洗って炒っておく)
アズキ(一晩浸水しておく)…1/4 合
水…720ml(好みで調整する)
塩…ひとつまみ(耳かき1杯程度)

作り方

①土鍋に玄米とアズキを入れ、水を加えて中弱火にかける。ふたはせず、沸騰するまで約10 分煮る。

②塩を加え、強火にして、ボコボコと沸騰してきたらフタをする。

③ふたの穴から湯気が出てきたら、ごく弱火で50 分間煮込む。

④茶碗1杯を1食として、汁ごといただく。

【生の玄米といっしょに煮る】はと麦とアマランサスの玄米スープの作り方

とろりとした煮汁で体が温まる

●エネルギー124kcal/塩分0.2g(各1人分)
●力がみなぎる・美肌

材料(4人分)

玄米…3/4 合(洗って炒っておく) 
ハトムギとアマランサスを合わせて…1/4 合(目の細かいざるで洗っておく)
水…720ml(好みで調整する)
塩…ひとつまみ(耳かき1杯程度)

作り方

①土鍋に玄米とハトムギ、アマランサスを入れ、水を加えて中弱火にかける。ふたはせず、沸騰するまで約10 分煮る。

②塩を加え、強火にして、ボコボコと沸騰してきたらフタをする。

③ふたの穴から湯気が出てきたら、ごく弱火で50 分間煮込む。

④茶碗1杯を1食として、汁ごといただく。

【生の玄米といっしょに煮る】粒ソバとモヤシの玄米スープの作り方

モヤシの歯ごたえが楽しい

肝機能の向上・疲労回復

材料(4人分)

玄米…4/5合(洗って炒っておく)
粒ソバ(洗わず炒っておく)…1/5合
水…720ml
塩…ひとつまみ(耳かき1杯程度)
モヤシ(ざく切り)…75g
万能ネギ(小口切り)…35g

作り方

①土鍋に玄米と粒ソバを入れ、水を加えて中弱火にかける。ふたはせず、沸騰するまで約10 分煮る。

②塩を加え、強火にして、ボコボコと沸騰してきたらフタをする。

③ふたの穴から湯気が出てきたら、ごく弱火で30 分間煮込む。

④③にモヤシとネギを入れ、ふたをせず中火で5分煮る。

⑤茶碗1杯を1食として、汁ごといただく。

*保存するときは、③の段階で小分けにしておく。食べるときに、モヤシとネギを加えて仕上げる。

→【次の記事】加えてさらに美味しい「玄米スープ」レシピ

料理研究家のプロフィール

勝部美佳(かつべ・みか)
マクロビオティック料理研究家。
料理教室では、これまで約2000人に調理法を指導。
大阪市で、玄米菜食を基本としたカフェ『メリーモモ』を主宰。
食材本来の力とおいしさを生かしたヘルシー料理が、人気を呼んでいる。

●メリーモモ
http://www.merrymomo.org/

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


「発酵玉ねぎ」を食べ始めて気づいた体の変化とは…?

「発酵玉ねぎ」を食べ始めて気づいた体の変化とは…?

これまで便秘を治すために、腸にいいと言われるものを食べたり、飲んだりしましたが、いちばんおいしくて簡単で、効果のある発酵食品にたどりつくことができました。発酵の楽しさは、自分で菌を育てて、おいしくて体によいものができあがること。料理をする楽しみが増えました。【体験談】清川伸子(会社員・40代)


血圧高めの夫の健康管理に私が取り入れたのは【バナナ酢】夫婦合わせて12kg減!

血圧高めの夫の健康管理に私が取り入れたのは【バナナ酢】夫婦合わせて12kg減!

バナナ酢を飲み始めて暫くすると、以前は60kg弱だった体重が、今は56kg前後に。夫の血圧も安定しています。以前は、降圧剤を飲んだ状態で最大血圧は130mmHg台でしたが、最近は、日によっては120mmHg台まで下がるそうです。【体験談】久保田亮子(仮名・パートタイマー・69歳)


知ってる? 葛飾北斎も愛飲した「ユズの煮汁」 効果と作り方、活用法まで大公開!

知ってる? 葛飾北斎も愛飲した「ユズの煮汁」 効果と作り方、活用法まで大公開!

私がユズに関心を持ったのは8年ほど前。地元である大阪府箕面市が勧める「地域資源活用プロジェクト」がきっかけでした。箕面市がユズの産地であることを知り、当時アロマセラピストとして活動していた私は、ユズからオイルを抽出できないかと考えたのです。【解説】岡山栄子(ゆらぎスタイル代表)


最新の投稿


【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

【乾布摩擦の効果とやり方】免疫力アップでインフルエンザに負けない体に!

インフルエンザの発症・重症化を防ぐのは、体に備わる免疫力です。全身に乾布摩擦をするのはめんどうですが、体幹部だけなら、着替えのついでに簡単に行えます。肌がほんのりと赤みを帯びるまで、優しくこすればじゅうぶんです。【解説】渡邉真弓(医学博士・鍼灸マッサージ師)


 誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

誰が見てもわかるほど! 2週間で下腹‐8センチの私が試したダイエット方法

下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)


【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

【寒天の使い方レシピ】少量でカロリーダウン! 痩せる激ウマ寒天料理10選

寒天を料理に使ったことはありますか? 少量を加えるだけで、手軽に食物繊維量をアップすることができ、しかもカロリーは大幅ダウン。腸内環境を良好に整え、便秘や肥満の解消、美肌づくり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の改善に、大いに役立ちます。【料理・栄養計算】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)


【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

【めまいと付き合うコツ】私は「内関」のツボ押しで対処できるようになった!

私は、10年ほど前からめまいに悩まされていました。急に立ち上がったり、首を動かしたりして頭の位置が変わると、目の前が一瞬真っ暗になり、グワーッと奈落の底に落ちるような感覚になるのです。この10年続いためまいが、手首にあるツボ「内関」の指圧で、かなりらくになりました。【体験談】野田佳代子(会社員・43歳)


40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)