【ダイエット・便秘を改善】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(2)

【ダイエット・便秘を改善】10kg20kgスルリと痩せた「玄米スープ」滋味レシピ(2)

「年末年始、食べ過ぎて体が重い」「じわじわ体重が増え続け、何をしてもやせない」「慢性的に便秘」「疲れが取れない」。そんな人にぜひお勧めしたいのが、体を優しく健康にする「玄米スープ」です。【解説者】勝部美佳(マクロビオティック料理研究家)


「年末年始、食べ過ぎて体が重い」「じわじわ体重が増え続け、何をしてもやせない」「慢性的に便秘」「疲れが取れない」。
そんな人にぜひお勧めしたいのが、体を優しく健康にする「玄米スープ」です。

今回は、マクロビオティック・カフェ「メリーモモ」を主宰する勝部美佳先生に、基本の玄米スープから、人気のアレンジメニューまで、作り方をご紹介いただきました。
朝食を玄米スープにすることで、無理なくキレイにやせた人が続出しています。

血圧が下がったり、頭痛や便秘が解消したりといった健康効果も報告されています。
皆さんも今日から、玄米スープ生活を始めてみてはいかがでしょうか。

→「玄米スープ」の解説はコチラ
→基本の玄米スープの作り方

【玄米スープに加えて煮る】カボチャ玄米スープの作り方

スイーツのような甘いスープ

●エネルギー154kcal/塩分0.2g(各1人分)
●免疫力アップ・血糖値の安定

材料(2人分)

基本の玄米スープ…茶碗2杯分
カボチャ…50g
水…適量

作り方

①カボチャは縦方向に1cm厚さに切り、それを1cm幅に切る。

②土鍋に玄米スープと①を入れ、水分が足りないようなら水を足す。ふたはせず、沸騰するまで強火で煮たら火を止め、ふたをして5 分蒸らす。

③茶碗1杯を1食として、汁ごといただく。

*玄米スープの代わりに、炊いた玄米ご飯150gに水360mLを加えて煮てもよい。

【玄米スープに加えて煮る】コマツナ玄米スープの作り方

コマツナの香りが食欲をそそる

●エネルギー135kcal/塩分0.2g(各1人分)
●美肌効果・骨粗鬆症、貧血の予防

材料(2人分)

基本の玄米スープ…茶碗2杯分
コマツナ…50g
水…適量

作り方

①コマツナはみじん切りにする。

②土鍋に玄米スープと①を入れ、水分が足りないようなら水を足す。ふたはせず、沸騰するまで強火で煮たら火を止め、ふたをして5 分蒸らす。

③茶碗1杯を1食として、汁ごといただく。

*玄米スープの代わりに、炊いた玄米ご飯150gに水360mLを加えて煮てもよい。

【玄米スープに加えて煮る】ダイコン玄米スープの作り方

レモンの香りがさわやか

●エネルギー141kcal/塩分0.2g(各1人分)
●体が目覚める・老廃物の排出

材料(2人分)

基本の玄米スープ…茶碗2杯分
ダイコン…100g
レモン…1/8 個(またはレモン汁小さじ1)
水…適量

作り方

①ダイコンはすりおろす。レモンは果汁をしぼっておく。

②土鍋に玄米スープを入れ、水分が足りないようなら水を足す。ふたはせず、沸騰するまで強火で煮たら火を止め、①を加えて、ふたをして5 分蒸らす。

③茶碗1杯を1食として、汁ごといただく。

*玄米スープの代わりに、炊いた玄米ご飯150gに水360mLを加えて煮てもよい。

【玄米スープに加えて煮る】ニンジン玄米スープの作り方

色鮮やかで食卓が華やぐ

●エネルギー140kcal/塩分0.2g(各1人分)
●疲れ目の改善・動脈硬化の予防

材料(2人分)

基本の玄米スープ…茶碗2杯分
ニンジン…50g
水…適量

作り方

①ニンジンはすりおろす。

②土鍋に玄米スープを入れ、水分が足りないようなら水を足す。ふたはせず、沸騰するまで強火で煮たら火を止め、①を加えて、ふたをして5 分蒸らす。

③茶碗1杯を1食として、汁ごといただく。

*玄米スープの代わりに、炊いた玄米ご飯150gに水360mLを加えて煮てもよい。

【玄米スープに加えて煮る】トマト玄米スープの作り方

トマトの甘みが玄米とマッチ

●エネルギー137kcal/塩分0.2g(各1人分)
●余分な塩分を排出する

材料(2人分)

基本の玄米スープ…茶碗2杯分
プチトマト…4個  
水…適量

作り方

①プチトマトはヘタを取り、4等分のくし切りにする。

②土鍋に玄米スープを入れ、水分が足りないようなら水を足す。ふたはせず、沸騰するまで強火で煮たら火を止め、①を加えて、ふたをして5 分蒸らす。

②茶碗1杯を1食として、汁ごといただく。

*玄米スープの代わりに、炊いた玄米ご飯150gに水360mLを加えて煮てもよい。

【玄米スープに加えて煮る】レンコンみそ玄米スープの作り方

濃厚な味のおじや風スープ

●エネルギー194kcal/塩分1.5g(各1人分)
●カゼの改善・アレルギーの緩和

材料(2人分)

基本の玄米スープ…茶碗2杯分
レンコン…50g
切り干しダイコン…10g
シュンギク…10g
八丁みそ・麦みそ…各15g
(または、好みのみそ30g)

作り方

①レンコンはすりおろす。切り干しダイコンは水で戻して、みじん切りにする。戻し汁は取っておく。シュンギクもみじん切りにする。

②土鍋に玄米スープを入れ、切り干しダイコンの戻し汁を足す。ふたはせず、沸騰するまで強火で煮たら火を止め、レンコンと切り干しダイコン、みそを加えて混ぜ、ふたをして5 分蒸らす。

③仕上げにシュンギクを加え、ひと混ぜする。茶碗1杯を1食として、汁ごといただく。

*玄米スープの代わりに、炊いた玄米ご飯150gに切り干しダイコンの戻し汁360mL(足りなければ水を足す)を加えて煮てもよい。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

【チーズの健康効果ベスト6】ダイエットには運動後60分以内に摂取がお勧め!虫歯を防ぐ効果も

チーズは良質のたんぱく質とカルシウムの供給源で、筋力や骨の強化を助ける食品。ダイエット効果、筋力をつける効果、骨粗鬆症を防ぐ効果、血圧を下げる効果、虫歯を防ぐ効果、認知症を防ぐ効果など代表的なチーズの健康効果をお話ししましょう。【解説】齋藤忠夫(東北大学大学院農学研究科教授)


【骨粗鬆症】原因は加齢・女性ホルモンの2タイプ 「あずきの煮汁」で折れにくい骨になる!

【骨粗鬆症】原因は加齢・女性ホルモンの2タイプ 「あずきの煮汁」で折れにくい骨になる!

加齢によって「骨芽細胞と破骨細胞」二つの細胞のバランスがくずれていきます。骨芽細胞の働きが低下すると骨の形成が滞り老人性骨粗鬆症になります。これは男女同比率で起こります。「女性は骨粗鬆症になりやすい」といわれるのは女性ホルモンに関係する骨粗鬆症があるからです。【解説者】伊藤智広(三重大学大学院生物資源学研究科准教授)


【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

【血管強化食材】動脈硬化を撃退する絶品「ローストピーナッツ」レシピ

ピーナッツといえば、「太る」「ニキビができる」など、健康とは縁遠い食材だと思われがち。しかし、最近、その豊富な栄養素が、巷で大きな話題を集めています。便秘が解消して、やせやすくなる、血管も肌も若返ると、まさにピーナッツは優良健康食材なのです。【料理・栄養計算・スタイリング】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

血糖値が正常値に下がった!「玉ねぎのオイル漬け」は親子三代に伝わる健康常備食!

タマネギのオイル漬けを口にしているおかげか、我が家は皆、いつも元気に過ごせています。今年はインフルエンザが猛威を振るっていましたが、長男はカゼひとつ引かず、無事に受験を乗り切ることができました。【解説】奥津純子(フードデザイナー・「タラゴンの挿し木」主宰)


最新の投稿


「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

「キーン」と鳴り響く耳鳴りが「耳こすり」で解消し不眠改善!ぐっすり眠れる

ストレスが積み重なったのでしょう。気がついたら「キーン」という高音の耳鳴り が聞こえるように。最もいやだったのは、寝るときでした。シーンと静かな中、キーンという音だけが聞こえるので不眠になってしまいました。そこで藤井先生の治療院に行き、教わったのが「耳こすり」でした。【体験談】長谷川真由美(会社員・33歳)


【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

【咳止め効果】のどの炎症を抑え気管支を広げる「蜂蜜コーヒー」は薬並み!と呼吸の名医が推奨

ハチミツには、優れた抗炎症作用、抗酸化作用があります。特に抗炎症作用により、のどの炎症が抑えられるため、セキが軽くなると考えられます。ハチミツ以外では、コーヒーにも、セキの予防効果があることが報告されています。【解説者】大谷義夫(池袋大谷クリニック院長)


退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

退職後の検査・降圧剤はどこまで必要?「高血圧」との付き合い方を医師が指南

人間の三大欲は、食欲・性欲・睡眠欲といわれています。それに加え、昨今は「健康長寿欲」に多くの人がとらわれています。2016年の調査で「欲しい物」の1位が「健康」で、「幸せ」を大きく上回ったのです。「幸せよりも健康が欲しい」という結果に私は衝撃を受けました。【解説】名郷直樹(武蔵国分寺公園クリニック院長)


【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

【首が痛い!の原因】チェックリストで分かる症状、対処法はこれ!

首の痛みの場合、適切な対策をとり損ねるおそれがあります。首の骨が悪くなっているといわれれば、多くの患者さんは「それなら痛みが出るのもしようがない」「薬で痛みを抑えるしかないのだろうな」と考え、それ以上の対策を取らなくなってしまうからです。【解説】竹谷内康修(竹谷内医院カイロプラクティックセンター院長)


【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(卵黄みそ漬け)

卵は、アミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んだ「完全栄養食品」といわれています。加熱しても、栄養価に大きな変化が見られず、どのように調理しても必要な栄養を摂取できるので、夏バテ撃退には最適な食材といえるでしょう。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ランキング


>>総合人気ランキング