MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【腰痛・ひざ痛の予防改善】古武術から学ぶ体の動かし方鍛え方

【腰痛・ひざ痛の予防改善】古武術から学ぶ体の動かし方鍛え方

私が考案した「骨ストレッチ」は、古武術から学んだ体の動かし方を基礎とした、「筋力」よりも「骨」の動きを重視した体操です。一連の動作を行うことで、体の動きが見違えるようによくなります。骨ストレッチのコツを意識して動くことで、転ばない体を手に入れてください。【解説】松村卓(スポーツケア整体研究所代表)

無理な負荷をかけずに足腰を鍛えられる!

私が考案した「骨ストレッチ」は、古武術から学んだ体の動かし方を基礎とした、「筋力」よりも「骨」の動きを重視した体操です。
一連の動作を行うことで、体の動きが見違えるようによくなります。

この骨ストレッチは、2015年9月放送のTBSテレビ『中居正広の金曜日のスマたちへ』でも紹介されました。
番組では、タレントの三船美佳さんらに、骨ストレッチの基本的な体操の一つである、「手首スクワット」(やり方は下図参照)を行ってもらいました。

手首スクワット前後に、体のかたさや筋肉の血流状態を測定してもらいましたが、皆さんいずれの数値も顕著に改善していました。
さらに、腰痛持ちだった三船さんは、毎日コツコツと手首スクワットを続けて、腰痛がよくなったそうです。

番組放映後は、大きな反響がありました。
このように手首スクワットを行うことで、筋肉の緊張がほぐれて血流が促され、姿勢もよくなります。

それが、腰痛やひざ痛の予防・改善にも役立ち、歩きやすくもなります。
また、手首スクワットなら、いすから楽に立ち上がることができるので、お年寄りにもお勧めです。

足腰の筋力が衰えてくると、いすから立ち上がるのも一仕事。
バランスをくずして転倒する危険性もあるのです。

普通の立ち上がり方だと、「どっこいしょ」と太ももを使って、前方に体を起こします。
しかし、手首スクワットをすると、真上にスッと立ち上がれます。

加えて、ひざや太ももに無理な負荷をかけずに、足腰を鍛えられます。
では、手首スクワットのやり方をご紹介しましょう。

手首スクワットのやり方

❶ いすに座った状態で、片方の手の親指と小指の先を合わせます。
さらにもう片方の手の親指と小指で、手首の骨のグリグリした突起部分を押さえます。
これが、基本のポーズです。

❷ 押さえている側の手で、もう片方の手を持ち上げると同時に、立ち上がります。


ポイントは、手を上に向かって持ち上げるのに連動して、お尻もスッと上げることです。
これを7回行うことを1セットとして、1日に2〜3セット行うといいでしょう。

なぜ基本のポーズを取るのか、簡単に説明します。
まず、親指と小指の先を合わせると、体がリラックスした状態になります。

車に例えると、親指はブレーキ、小指はアクセルの役割をしています。
はしや笛を上手に使う人は、親指は添えているだけです。

力が入るとうまく使えません。
逆に、柔道で相手の襟をつかむときは、小指に力を入れないとうまくいきません。

親指と小指の先を合わせると、力のバランスが取れます。
そのため、体がリラックスした状態になるのです。

次に、手首(体の末端部)を押さえるのは、腕や肩に力が分散され、胴体部(体幹)に集中しやすくするため。
親指と小指で手首を押さえるのは、やはり、この押さえ方だとよけいな力が入らないからです。

体の力を抜くということは、実は非常に難しいことです。
指の末端部をこのようにして閉じると、バラバラになっていた体の各パーツが一つになり、全身で動けるようになります。

ですから、手首スクワット行うと、楽にいすから立ち上がることができるのです。

手首スクワットのやり方

くるぶしの下をこすると足が楽に上がる!

手首スクワット以外にも、骨ストレッチにはさまざまなやり方があります。
いずれも体を動かしやすくなるので、高齢者の転倒防止にも役立ちます。

ここでは、骨ストレッチのなかから、①足を上げやすくする方法、②安定した立ち方、③疲れない歩き方をご紹介しましょう。

足を上げやすくする方法

骨ストレッチのなかでも、特に転倒防止に役立つのが「くるぶしこすり」です。

転倒に多いのは、足が上がらないでつまずくケース。
それは、大腰筋がかたくなったり、衰えたりしているからです。

大腰筋は、体幹部の深層筋の一つで、上半身と下半身をつなぐ、足を上げるのにとても重要な筋肉です。
この筋肉を直接ほぐすことはできませんが、左右のくるぶしの下をこすることで、間接的にほぐすことができます。

これは、帝京平成大学ヒューマンケア学部の竹内京子教授の研究でも、実証されています。
手の親指と小指の先を合わせた状態で、くるぶしの下を前後にこすりましょう。

実際、その刺激前後で、足を上げてみると、刺激後のほうが、足が楽に上がります。
つまずきやすい人は、朝起きたとき、すぐ歩きださないで、くるぶしこすりを10回行ってから歩きだすといいでしょう。

くるぶしこすりのやり方

必要最小限の力で楽に立てるようになる

安定した立ち方

骨ストレッチで用いる安定のいい立ち方を、「ダブルTの立ち方」と呼んでいます。

❶ A4サイズの紙に「T」の字を書いた紙を2枚用意して、逆さまにして床に並べます。
❷ 肩幅に足を開き、逆Tの字の紙の上に立ちます。
その際、Tの縦のラインに足の中指、横のラインにくるぶしの両側を合わせます。

筋力で立つのではなく、骨組みで立つのが、この立ち方のポイントです。
中指の縦のラインを意識して、骨組みで体重を支えると、必要最小限の筋力で楽に立てるようになります。

ダブルTの立ち方では、足の親指に力が入りません。
自然体なので、押されても、「柳に風」と力を受け流せます。

慣れてくると、電車のなかで揺れたとしても、平気でいられるようになるでしょう。
「力に対して力で対抗しない」古武術の考え方が、この立ち方に反映されているのです。

疲れない歩き方

無駄な力の入った歩き方は、転倒の一因になります。

昔の日本人は、疲れない、楽な歩き方をしていました。
それが、中指を意識して歩く「中指歩き」です。

残念ながら、現代人の多くは足の親指でふんばる歩き方をしています。
これは、1歩ごとにブレーキをかけているようなものです。

ブレーキに逆らって進むためには、太ももをしっかりと上げ、腕を強く振る必要があります。
これはかなり無理のある歩き方なので、疲れやすく、着物姿なら、胸もとがはだけ、足もとが乱れてしまうでしょう。

中指歩きは、足よりも胴体が先に出る歩き方です。
親指のブレーキがかかりませんから、胴体の重心移動の力だけでスムーズに前へ前へと進みます。

江戸時代の飛脚が1日に長い距離をかけ抜けられたのも、このように省エネで疲れない歩き方だったからと考えられます。
中指歩きのコツとして、歩く前に、靴の上から足の中指を押すといいでしょう。

中指のつけ根、中間部、先端の3ヵ所を押します。
こうすると、予備的な刺激が入り、中指を意識しやすくなります。

こうして中指を意識して歩くと、楽に前へ進むことができます。
しかも、バランスがよく、転びにくくなるのです。

以上の骨ストレッチのコツを意識して動くことで、転ばない体を手に入れてください。

安定のいいダブルTの立ち方

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00
人間の体は、精密機械のようなものです。どんなによい機械でも、使い続ければ調子が悪くなり、壊れやすくなります。同様に、人間の体も年齢を重ねると、あちこちに具合の悪いところが出てきます。しかし、定期的にメンテナンスをすれば、悪くなる度合いをゆるやかにできます。【解説】久野信彦(久野接骨院院長)
更新: 2019-06-07 00:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
腰、ひざ、股関節の痛みに悩む患者さんは、後を絶ちません。痛みのきっかけはさまざまですが、原因はただ一つ、「体のねじれ」です。では、ねじれはどこから起こるのでしょうか。人間が立つとき、地面に唯一接しているのは足底(足の裏)だけです。【解説】内田泰文(豊中愛鍼灸整骨院院長)
更新: 2019-05-13 18:00:00
言われるがままバンドを巻き体を動かしてみたところ、腰とお尻の下の鈍い痛みがその場でスッと消えたのです。心底びっくりし「これはなんですか?」と関口先生に聞いたところ、43円療法と教えられました。私の体に43円療法は合っていると思います。体の痛みを自分で調整できるのはありがたいです。【体験談】奥田弘毅(仮名・無職・69歳)
更新: 2019-03-17 18:00:00
最新記事
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00
手足の指は経絡の多く集まる重要なポイントです。なかでも見過ごせないのが、指の股です。ところが、年齢を重ねると、手足の指の股の皮膚がかたくなり、指が開きにくくなってきます。すると、気の流れが滞り、体にさまざまな障害が生じるようになるのです。【解説】留目昌明(和楽堂治療院院長)
更新: 2019-06-14 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt