【バナナの健康効果】便秘改善・肌の水分量アップを実験で確認!医師オススメは「ホットバナナ」

【バナナの健康効果】便秘改善・肌の水分量アップを実験で確認!医師オススメは「ホットバナナ」

とても身近なフルーツであるバナナは、甘くておいしいだけでなく栄養成分が豊富。バナナを食べると、おなかや肌の調子がよくなると以前からいわれてきました。しかし、これまでそれらを実証するデータはありませんでした。そこで、肌と腸に対するバナナの効果を調査することにしたのです。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


肌の張りが戻って、お腹の張りは解消!

 私たちにとって、とても身近なフルーツであるバナナは、甘くておいしいだけでなく、栄養成分が豊富です。バナナを食べると、バナナに含まれる有効成分が腸内で作用し、おなかや肌の調子がよくなると、以前からいわれてきました。

 確かに、バナナにはエネルギー源になる糖分をはじめ、マグネシウムやカリウムといったミネラル類、ビタミンB群、ビタミンE、葉酸、アミノ酸の一種であるトリプトファン、食物繊維などの成分が含まれています。
 なかでもマグネシウムは、日本人の必須栄養素の中でも不足しがちなものの一つです。マグネシウムは腸管に働きかけて、腸の細胞から水分を引っ張ることで、便を軟便にして排便をスムーズにする働きがあります。その結果、腸内環境を改善させるのです。

 また、トリプトファンはビタミンB6とともに作用し、セロトニンを合成します。セロトニンは、その95%が腸で産生され、腸管運動を起こす物質として作用するのです。さらに、豊富な食物繊維は便のもとになるため、便秘が改善します。

 さらに、豊富に含まれるビタミンB群によって、肌の若返り効果まで期待できます。
 しかし、これまでそれらを実証するデータはありませんでした。そこで、私は日本バナナ輸入組合と共同で、肌と腸に対するバナナの効果を調査することにしたのです。

 まず、「肌の衰えを感じている」女性36人にご協力頂き、調査開始の2週間前に、皮膚画像診断と、皮膚弾力性測定を行いました。
 その中から皮膚の水分値が低い21名に、バナナを1日2本(200g)ずつ、4週間にわたって毎日食べてもらったのです。その間の食事、生活はいつもどおりにしていただきました。

 その結果、バナナを摂取して4週間後には、排便の状況が改善するというデータが得られました。それとともに、肌の明るさや水分量、油分量、弾力性などが増したことが判明しました。
 特に、肌の水分は、バナナの摂取開始2週間前と比べて、バナナを摂取した後は際立って増加していました。

 さらに、バナナの摂取をやめたところ、その2週間後には肌の水分が減少することもわかったのです。
 このデータは、腸内環境がよくなって、皮膚の水分量が増し、肌の老化が予防できたことを示しています。

 なぜ、腸内環境が改善すると、肌の状態がよくなるのかは、はっきりとはわかっていません。しかし結果として、確かな効果があることが実証されたわけです。
 調査に参加した女性たちは、バナナを食べ続けても、体重の増加はありませんでした。そのうえ、質のよい排便が習慣的にあったことが確認できたのです。なかには、おなかの張りが取れたかたもいました。

オリーブオイルで炒めたバナナがお勧め!花粉症の症状を改善!

 一般的に、冬になると腸の運動障害が起こり、便秘に陥りやすくなります。また、皮膚が乾燥しやすく、肌の保湿力が低下します。
 寒い季節にバナナをとることで、これら二つの悩みを同時に解消できるのです。

 そのほか、バナナには、免疫力の増強作用も期待できます。マウスを使ったある実験では、ガン細胞を移植したマウスに乾燥バナナを食べさせたところ、腫瘍の増殖が抑えられ、腫瘍の重量も軽くなるという結果が得られたそうです。
 別の実験では、腫瘍細胞を壊死させるINFという物質を増やす作用が、ほかのフルーツに比べて高いこともわかっています。

 ある実験の結果からは、バナナを食べることで、スギ花粉によるアレルギー反応を抑制するとも考えられているのです。
 腸内環境を整えて、肌を若返らせるだけでなく、体をいきいきと健康にしてくれるバナナ。まさに、自然のサプリメントといっても過言ではないでしょう。

 一年じゅう安価で手に入るので、早速バナナ生活を始めてみてはいかがでしょうか。そのまま食べるのはもちろんのこと、オリーブオイルでソテーしたホットバナナもお勧めです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【免疫力を上げる】カゼ・口内炎・ガンを予防する“腸”のリンパの流し方

【免疫力を上げる】カゼ・口内炎・ガンを予防する“腸”のリンパの流し方

腸のリンパ液を流すことは、腸に集まる豊富なリンパ球を、体中に行き渡らせることにつながります。外敵と戦う兵士と言えるリンパ球が、全身を巡っている状態になるので、免疫力が高まるというわけです。【解説】大橋俊夫(信州大学医学部特任教授・日本リンパ学会理事長)


便が出そうなのに出ない違和感【残便感とは】 原因は大腸がん・直腸性便秘・内痔核

便が出そうなのに出ない違和感【残便感とは】 原因は大腸がん・直腸性便秘・内痔核

トイレで便を出した後、なんだか出きっていない感じや、お尻に違和感がありませんか?これを「残便感」といい、排便したにもかかわらず便が肛門の奥に残っているような感じがして、「まだ出そう。でも出ない」といった感覚のことを指します。残便感が起こる主な原因は三つあります。ご紹介しましょう。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)


【夏の冷え性を防ぐ】生姜の健康効果で夏バテを撃退!「土佐山有機生姜」で作る手作りジンジャーエール

【夏の冷え性を防ぐ】生姜の健康効果で夏バテを撃退!「土佐山有機生姜」で作る手作りジンジャーエール

炎天下の屋外と、クーラーでキンキンに冷えた車内・室内。そのギャップが夏の冷え性の原因です。そこで、冷たくて、ゴクゴク水分補給ができて、でも体はポカポカ温まる―そんなこの時期にピッタリの飲み物「手作り美味ジンジャーエール」を紹介しましょう。ショウガの薬効があなたを守ってくれます。【解説】嶋田葉子(フードコーディネーター)


【便秘を改善】ココアの有効成分「カカオプロテイン」が腸内細菌を改善する!新研究で続々判明

【便秘を改善】ココアの有効成分「カカオプロテイン」が腸内細菌を改善する!新研究で続々判明

カカオの有効成分が、血圧をはじめとした血液・血管への影響しているとお話ししましたが、実はそれ以外にも、驚くべき結果が得られました。高カカオ分のチョコレートを食べることで、認知機能が向上する可能性があることが明らかになったのです。【解説】大澤俊彦(愛知学院大学教授)


【頭痛のセルフケア】「耳に輪ゴムを巻く」だけの耳ツボ刺激でどこでも不調を解消

【頭痛のセルフケア】「耳に輪ゴムを巻く」だけの耳ツボ刺激でどこでも不調を解消

「耳に輪ゴム」で視力が上がった!不思議と不調や病気が次々改善!全身の健康状態は耳に現れていると言ってもいいでしょう。自分で耳を触ってみて、硬さやゴワゴワした感じがあったり、耳をもんだりすると、痛い部分がある人は注意が必要です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)


最新の投稿


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

若くても、ネコ背でトボトボと歩いている人は老けて見えますし、高齢でも、背すじがピンと伸びた人は、実年齢よりも若く見えます。よい姿勢は、見た目の若々しさを生むだけではありません。健康の面でも、メリットがあります。【解説】三矢八千代(八千代スタジオ主宰・日本体育大学非常勤講師)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)


【体験談】半年で91ミリの低血圧が改善「足指歩き」を始めてひどい肩こりも消えた

【体験談】半年で91ミリの低血圧が改善「足指歩き」を始めてひどい肩こりも消えた

片手で次男を抱き、片手で家事をこなす日々が続いたせいで、肩こりだけでなく、腕や腰にも痛みが走るようになり、ズキズキする頭痛まで起こり始めました。足指歩きを始めて半年くらいたった頃でしょうか。「肩がこったな」と感じると、足指歩きをするだけでこりが和らぎ、疲れも取れるようになってきました。【体験談】岩内景子(主婦・38歳)


【食後高血糖とは】症状はイライラ・手足の冷え 見分け方は食後の「眠気」

【食後高血糖とは】症状はイライラ・手足の冷え 見分け方は食後の「眠気」

ここ数年、「糖質制限」や「糖質オフ」といった、糖質を減らす健康法が注目されています。私の専門の1つは、栄養面から生活習慣病や慢性病に働きかける、栄養療法です。栄養療法から見ても、食事から取る糖質を適切に減らすことは、健康であり続けるために重要です。【解説】斎藤糧三(医師)