医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

バナナの健康効果を実験で確認!便秘改善・肌の若返りにピッタリ

バナナの健康効果を実験で確認!便秘改善・肌の若返りにピッタリ

とても身近なフルーツであるバナナは、甘くておいしいだけでなく栄養成分が豊富。バナナを食べると、おなかや肌の調子がよくなると以前からいわれてきました。しかし、これまでそれらを実証するデータはありませんでした。そこで、肌と腸に対するバナナの効果を調査することにしたのです。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


バナナはお腹や肌の調子をよくする

私たちにとって、とても身近なフルーツであるバナナは、甘くておいしいだけでなく、栄養成分が豊富です。
バナナを食べると、バナナに含まれる有効成分が腸内で作用し、おなかや肌の調子がよくなると、以前からいわれてきました。

確かに、バナナにはエネルギー源になる糖分をはじめ、マグネシウムやカリウムといったミネラル類、ビタミンB群、ビタミンE、葉酸、アミノ酸の一種であるトリプトファン、食物繊維などの成分が含まれています。

なかでもマグネシウムは、日本人の必須栄養素の中でも不足しがちなものの一つです。
マグネシウムは腸管に働きかけて、腸の細胞から水分を引っ張ることで、便を軟便にして排便をスムーズにする働きがあります。
その結果、腸内環境を改善させるのです。

また、トリプトファンはビタミンB6とともに作用し、セロトニンを合成します。
セロトニンは、その95%が腸で産生され、腸管運動を起こす物質として作用するのです。
さらに、豊富な食物繊維は便のもとになるため、便秘が改善します。

さらに、豊富に含まれるビタミンB群によって、肌の若返り効果まで期待できます。

腸内環境の改善と皮膚の水分量の増加を実験で実証

しかし、これまでそれらを実証するデータはありませんでした。
そこで、私は日本バナナ輸入組合と共同で、肌と腸に対するバナナの効果を調査することにしたのです。

まず、「肌の衰えを感じている」女性36人にご協力頂き、調査開始の2週間前に、皮膚画像診断と、皮膚弾力性測定を行いました。

その中から皮膚の水分値が低い21名に、バナナを1日2本(200g)ずつ、4週間にわたって毎日食べてもらったのです。その間の食事、生活はいつもどおりにしていただきました。

その結果、バナナを摂取して4週間後には、排便の状況が改善するというデータが得られました。
それとともに、肌の明るさや水分量、油分量、弾力性などが増したことが判明しました。

特に、肌の水分は、バナナの摂取開始2週間前と比べて、バナナを摂取した後は際立って増加していました。

さらに、バナナの摂取をやめたところ、その2週間後には肌の水分が減少することもわかったのです。
このデータは、腸内環境がよくなって、皮膚の水分量が増し、肌の老化が予防できたことを示しています。

なぜ、腸内環境が改善すると、肌の状態がよくなるのかは、はっきりとはわかっていません。
しかし結果として、確かな効果があることが実証されたわけです。

調査に参加した女性たちは、バナナを食べ続けても、体重の増加はありませんでした。
そのうえ、質のよい排便が習慣的にあったことが確認できたのです。
なかには、おなかの張りが取れたかたもいました。

バナナ摂取後の肌の水分、油分、弾力の変化

寒い季節には特にお勧め!花粉症の症状を改善する効果も

一般的に、冬になると腸の運動障害が起こり、便秘に陥りやすくなります。
また、皮膚が乾燥しやすく、肌の保湿力が低下します。

寒い季節にバナナをとることで、これら二つの悩みを同時に解消できるのです。

そのほか、バナナには、免疫力の増強作用も期待できます。
マウスを使ったある実験では、ガン細胞を移植したマウスに乾燥バナナを食べさせたところ、腫瘍の増殖が抑えられ、腫瘍の重量も軽くなるという結果が得られたそうです。
別の実験では、腫瘍細胞を壊死させるINFという物質を増やす作用が、ほかのフルーツに比べて高いこともわかっています。

ある実験の結果からは、バナナを食べることで、スギ花粉によるアレルギー反応を抑制するとも考えられているのです。

腸内環境を整えて、肌を若返らせるだけでなく、体をいきいきと健康にしてくれるバナナ。
まさに、自然のサプリメントといっても過言ではないでしょう。

一年じゅう安価で手に入るので、早速バナナ生活を始めてみてはいかがでしょうか。
そのまま食べるのはもちろんのこと、オリーブオイルでソテーしたホットバナナもお勧めです。

解説者のプロフィール

松生恒夫(まついけ・つねお)
松生クリニック院長。
1955年、東京都生まれ。
東京慈恵会医科大学を卒業。
同大学第三病院内科助手、松島病院大腸肛門センター診療部長を経て、2004年より現職。
現在までに約4万件以上の大腸内視鏡検査を行ってきた第一人者。
著書に『「排便力」をつけて便秘を治す本』(マキノ出版)などがある。

●松生クリニック
東京都立川市羽衣町2-12-27
TEL 042-522-7713
https://matsuikeclinic.com/

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


降圧剤の副作用による重度便秘が「酢キャベツ」で解消!血圧も下がった

降圧剤の副作用による重度便秘が「酢キャベツ」で解消!血圧も下がった

我が家では、かれこれ1年以上、酢キャベツを食べています。きっかけは、3年前から通っている村上祥子先生の料理教室でした。実際に口にすると、意外なほど食べやすく、「へぇ、こんなにおいしいんだ」と驚いたのを覚えています。半年前からは、降圧剤の服用をやめることができました。【体験談】竹下俊子(79歳・主婦)


糖尿病予防に【干しぶどう酢】が効果!健康寿命を延ばす「レスベラトロール」とは

糖尿病予防に【干しぶどう酢】が効果!健康寿命を延ばす「レスベラトロール」とは

干しブドウには、血圧の上昇を抑えるカリウム、ダイエットや便秘改善作用などを持つ食物繊維なども豊富です。その干しブドウを酢に漬けると、軟らかくなって食べやすくなるうえ、酢の健康効果である高血圧を防ぎ、血管の機能を高めて動脈硬化を防ぐ働きも加わります。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)


【体験談】半年間「酢キャベツ」を食べ続けたらひどい冷え症が改善!

【体験談】半年間「酢キャベツ」を食べ続けたらひどい冷え症が改善!

私は、村上祥子先生の料理教室に通い始めてから、日常的にさまざまな常備菜や保存食を作るようになりました。先生から教えてもらう料理は、どれも手軽に作れておいしいのが魅力。なかでも半年前から食卓に出している酢キャベツは、家族にとても好評です。【体験談】村田佳代子(仮名・62歳・主婦)


【研究】ニンニクのにおい成分「DATS」とは? 実験で効果が判明

【研究】ニンニクのにおい成分「DATS」とは? 実験で効果が判明

1990年代、アメリカでガンの予防が期待できる食品群を一覧にする「デザイナーフーズ計画」というプロジェクトが発足しました。ニンニクは、そのピラミッド型の一覧図の頂点、すなわち、最もガン抑制効果が期待できる食品の一つとされています。私たちもニンニクのにおい成分を調べました。【解説】関泰一郎(日本大学生物資源科学部教授)


ケトン体を使えるケトジェニックになる方法 「MCTオイル」が効果的な理由

ケトン体を使えるケトジェニックになる方法 「MCTオイル」が効果的な理由

脂肪が肝臓で分解されたときに作られる「ケトン体」という物質があります。このケトン体が、糖尿病、認知症(アルツハイマー病)、肥満、さらにはがんに至るまで、実に幅広い症状を改善するとして、注目を集めています。【解説】白澤卓二(お茶の水健康長寿クリニック院長)


最新の投稿


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

頭皮の状態はゆるゆる? カチカチ? ほぐして脳疲労を取る「頭皮セラピー」とは

ストレスがたまったり、体調を崩したりすると、頭は体からのサインを受け取れなくなります。また、肉体周囲からの情報も受け取れなくなります。すると、頭皮がむくんでブヨブヨになったり、過緊張による血行不良でカチカチになったり、頭に状態が現れるようになるのです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

イライラ・肩こり 体の不調は頭皮に表れる!症状別「頭のもみほぐし方」

毎日頭のもみほぐしを行うことで、「今日は疲れてるな」と自分の状態に気づきやすくなります。頭のもみほぐしでは、呼吸が非常にたいせつです。ほぐしながら息を吸ったり、吐いたり、深呼吸したりして、ゆったりリラックスしながら行ってください。【解説】山本わか(田園調布長田整形外科頭皮セラピスト)


高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

高血圧の予防・改善に「キュウリ」が効果 目安は3本 よく噛んで食べるとよい

キュウリは、ビタミン・ミネラル・食物繊維などを含んでいます。なかでも注目すべきは、高血圧の予防・改善に有効な三つの成分が含まれていることです。キュウリは血圧降下成分と、ダイエット効果の二重の作用で高血圧の予防・改善が期待できるというわけです。食べ方のコツは、よく嚙んで食べることです。【解説】工藤孝文(工藤内科副院長)


【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

【かかと落とし】は認知症予防に有効 毛細血管のゴースト化を防ぐ!

認知症予防に役立つのが、足の筋肉を鍛えることです。両足のかかとをリズミカルに上げ下げする「かかと落とし」は、ふくらはぎの筋肉を鍛えるのに有効です。さらに、毛細血管のゴースト化を防ぐこともわかっています。【解説】伊賀瀬道也(愛媛大学大学院老年神経総合診療内科特任教授・愛媛大学附属病院抗加齢・予防医療センター長)