【村上祥子さん考案】ダイエットに効果大の健康食「にんたまジャム」の作り方

【村上祥子さん考案】ダイエットに効果大の健康食「にんたまジャム」の作り方

私はこれまで、さまざまなオリジナルレシピを考案してきました。最新のヒット作は、「にんたまジャム」。これは、文字どおりニンニクとタマネギのペーストに糖分を加えて、ジャム状にしたものです。このジャムの開発までには、ちょっとした逸話があります。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


村上祥子
 料理研究家。管理栄養士。電子レンジ調理の第一人者として知られる。日本国内はもとより、世界各国で実践的な食育指導に情熱を注ぐ。『医師がすすめる!酢タマネギ薬食術』(共著・マキノ出版)ほか、著書多数。

糖尿病のかたでも安心して使える!

 私はこれまで、料理を通じて健康作りに貢献したいと、さまざまなオリジナルレシピを考案してきました。
 最新のヒット作は、「にんたまジャム」。これは、文字どおりニンニクとタマネギのペーストに糖分を加えて、ジャム状にしたものです。

 このジャムの開発までには、ちょっとした逸話があります。
 今から3年ほど前のことです。当時、私が考案した「タマネギ氷」が大ヒットしていました。タマネギ氷は、タマネギをミキサーでペースト状にして凍らせたもの。糖尿病の改善などに顕著な効果が認められたため、雑誌『壮快』をはじめ、テレビなどで取り上げられ、大きな反響を呼んでいたのです。

 ただ、そのタマネギ氷にも、弱点がありました。これを指摘してくれたのは、長距離トラックの運転手さん。「タマネギ氷を愛用しているが、仕事柄、家を長く空けることがあり、持ち運びできないのが難点だ」と、メールをくださったのです。
 そこで私は、常温でも長く保存ができ、持ち運びに便利なレシピを、と試行錯誤しました。結果、ニンニクを加えてジャムにしたことで、弱点をクリア。さらに、風味も健康効果もグンとアップしたのです。

 こうして生まれたにんたまジャムは、『壮快』2014年12月号や、書籍などでも紹介され、主宰する料理教室では、今や人気レシピとなりました。
 さて、このたびご紹介するのは、そのにんたまジャムに糖分をいっさい加えていない、無糖バージョン。ジャムではないので、「にんたまペースト」です。
 これは、にんたまジャムを、健康意識が高い『壮快』読者のかた向けにアレンジしたものなので、今回が初公開です。

 もともと、にんたまジャムの糖分については、糖尿病のかたを考慮し、カロリーがカットできる合成甘味料を使うよう勧めてきました。そうはいっても、糖分の摂取量は、少ないにこしたことはありません。

 試作してすぐ、料理教室の生徒さんたちに召し上がってもらったところ、「おいしい!」と大好評。「タマネギの自然な甘さだけでじゅうぶん」「ニンニク臭くない」「料理に使うには、むしろ無糖のほうが使い勝手がいい」と、皆さん、大変気に入ってくださいました。
「試作品のにんたまペーストが欲しい」と、持ち帰ったかたもいらしたほど。そこで私も、「これはいける!」と、手応えを感じ、こうしてご紹介するに至ったわけです。

非常に薬効の高い最強タッグが実現!

 このにんたまペーストは、タマネギとニンニクという、非常に薬効の高い二つを組み合わせた、最強タッグです。
 タマネギに含まれる含硫アミノ酸のイソアリインは、体内でインスリンが血糖値を下げるのをサポートします。タマネギが糖尿病の改善に役立つのは、そのためです。

 さらに、イソアリインは、血液中の脂質をへらし、コレステロール値を下げるため、血液サラサラ効果が望めます。
 加えて、グルタチオンやケルセチンといった抗酸化作用が高い成分が、血管をしなやかに保つため、タマネギは高血圧や動脈硬化の予防・改善にも効果を発揮するのです。

 また、ダイエット効果も期待できます。タマネギを切ると、酵素が反応して、イソアリインが、チオスルフィネートという辛み成分になります。
 加熱すると、このチオスルフィネートがトリスルフィドに変化。これには、中性脂肪の代謝を促す作用があります。

 つまり、しっかり加熱して作るにんたまペーストには、体脂肪をへらす効果もあるのです。実際、にんたまジャムの愛用者には、自然に体重がへったというかたが少なくありません。
 にんたまペーストは無糖なので、にんたまジャムよりも効果が高まる可能性もあるでしょう。

 健康効果なら、ニンニクも負けません。ニンニクは、アメリカ国立がん研究所が選定した、「ガン予防に最も効果的な食品」のピラミッドの、頂上に位置するスーパーフード。常食することで、免疫力を高めます。滋養強壮や、疲労回復にも効くのは、ご存じのとおりです。

 このほか、便秘の改善や、冷え・むくみの解消、老化防止、美肌作りにも効果的です。
 タマネギとニンニクを、毎日意識してとるのは大変ですが、にんたまペーストなら、大さじ1杯を料理に加えるだけ。どんな料理も味に深みが増すので、健康のためでなくても、続けたくなること請け合いです。

血液中の余分な糖質や脂質の代謝を高めて減少させる。(弘邦医院院長 林督元)

タマネギに含まれる硫化アリルやケルセチンなどの機能性成分は、血液中の余分な糖質や脂質の代謝を高めて、これらを減少させます。さらに、食物繊維が食後の血糖値の上昇を抑制するので、血糖値のコントロールにとても役立ちます。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


頭痛薬が効かない時に「温めた梅干し」を食べてみたら2週間で変化!

頭痛薬が効かない時に「温めた梅干し」を食べてみたら2週間で変化!

「梅干しをお皿に並べてラップをかけて、500Wの電子レンジで1分温めたものを、毎食1個食べるだけ」。半信半疑ではありましたが、とりあえず試してみようと考え、梅干しを、温めて食べてみることにしました。しばらく食べ続けると2週間ほどで頭痛がまったくしなくなっていました。【体験談】谷口加世子(仮名・パート・35歳)


脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

股関節は、上半身と下半身をつなぐ関節ですから、ここが硬いと体全体がゆがみます。その結果、ネコ背や腰痛、肩こり、頭痛、関節の痛みなどが生じてくるのです。股関節の可動域を広げるためには、股関節周辺の筋肉を柔軟にすることがたいせつです。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)


【バターコーヒーの効果 】ギーの必要量はアーユルヴェーダのタイプ別に違う!

【バターコーヒーの効果 】ギーの必要量はアーユルヴェーダのタイプ別に違う!

ギーは、食塩不使用バターを加熱して水分を飛ばし、乳たんぱくと乳糖を取り除いて作られた純粋な乳脂肪です。料理に用いるのはもちろん、傷や皮膚炎の治療として肌にぬったり、点眼、点鼻薬に用いたりするなど、昔からさまざまな用途で活用されてきました。【解説】西川眞知子(アーユルヴェーダ・ライフコンサルタント)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)