【高齢者の便秘解消法】改善する食事 効く体操はコレ!原因と対策を専門医が解説

【高齢者の便秘解消法】改善する食事 効く体操はコレ!原因と対策を専門医が解説

高齢者に便秘が多くなる最大の理由は、加齢の影響で腸の機能が低下するためです。頑固な便秘の解消策として私が勧めるのが「腸活」です。特に朝食が大切です。腸の蠕動運動の中でも、排便に大きく関与する「大蠕動」は、朝が最も強く、胃腸に物が入ることによって引き起こされるからです。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


下剤の常用が慢性便秘の原因

 年を取ると、男女を問わず、便秘に悩む人が増えます。しかも、高齢になってからの便秘は非常に治りにくいものです。

 高齢者に便秘が多くなる最大の理由は、加齢の影響で腸の機能が低下するためです。人の腸管壁の各部分の弾力性を、年代別に比較したグラフを見てみましょう。
 直腸、下行結腸、横行結腸、上行結腸、腸のいずれの部分も、10~20代をピークとして弾力性が失われていきます。75歳と20歳を比べると、腸壁の筋肉の弾力性は30%以上も落ちるのです。直腸だけを見れば、60歳と20歳を比べると、弾力性は約半分です。

 腸壁の弾力性の低下とは、「腸の伸び縮みする力が落ちること」を意味します。つまり、腸が便を先へ押し出す蠕動運動が弱ると考えていいでしょう。
 高齢になると筋肉量や骨量が衰え、運動量も落ちていきます。運動不足から筋力低下が進行すると腹筋が弱り、これも蠕動運動が弱る原因になります。
 しかも高齢者は、年とともに食事量が減るため、便になる材料が減少します。

 さらに、70歳以上の通院している患者さんの半数が、下剤を服用しているという報告もあります。この下剤が慢性便秘の原因となるのです。
 これらの多様な要素が重なり、中高年以降のがんこな便秘が起こってきます。

朝食こそが腸の大蠕動を促す

朝食をとると大蠕動が起こる

 がんこな便秘の解消策として私が勧めるのが、腸の活動を高める「腸活」です。基本は、「食事」と「運動」の二本柱です。

 食事で最も大切なのは、1日三食きちんと食べること。便は食事の残りカスですから、材料がなければ作られません。便を作るためにも、適量の食事を定期的に取ることが重要です。1日3回の定期的な食事をすることで腸の働きが規則的になります。

 腸の蠕動運動の中でも、排便に大きく関与する「大蠕動」は、朝が最も強く、胃腸に物が入ることによって引き起こされます。1日三食、中でも朝食をきちんと取る習慣をつけることが、朝の大蠕動の時間帯に定期的に排便を行うことにつながるのです。

1日30分のウォーキングで腸壁の弾力性を上げる

ウォーキングが副交感神経を優位にし、腸を強くする

 腸活のもう一つの柱は、運動です。

 加齢による腸壁の弾力性を上げるには、運動が欠かせません。ストレッチや水泳、水中ウォーキング、ヨガなどもいいですが、すぐにやれて効果的なのはウォーキングです。1日30分前後、軽く汗をかく程度のスピードで行ってください。
 行う時間は、いつでも構いません。安全にはじゅうぶん留意した上で、早朝や夜間でもいいでしょう。ただし、水分補給を忘れないでください。

 ウォーキングによる刺激で腸の蠕動運動が促されます。血流も促され、腸の血液循環がよくなり、新陳代謝(体内の新旧の入れ替わり)がアップします。

 また、適度な運動によってリラックスすると、意志とは無関係に体を支配する自律神経のうち、体をリラックスさせる副交感神経が優位となります。腸の活動は、副交感神経が優位で活発になるのです。かつ、背筋や腹筋の衰えを防ぐだけではなく、内臓の血流を促進し、腸壁自体への運動の刺激効果によって、腸の弾力性が上がります。

 雨で外を歩けない日には、家の中で「その場足踏み」をしたり、階段を使って「踏み台昇降」をしたりするといいでしょう。
 便秘に悩む人は、今日から、まずは基本の腸活から始めましょう。

松生恒夫(松生クリニック院長)
1955年、東京都生まれ。東京慈恵会医科大学を卒業。同大学第三病院内科助手、松島病院大腸肛門センター診療部長を経て、2004年より現職。現在までに約4万件以上の大腸内視鏡検査を行ってきた第一人者。『「排便力」をつけて便秘を治す本』(マキノ出版)、『腸に悪い14の習慣』(PHP新書)など著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【便の臭いがきつい】便が漏れる 対策は出残り便秘 痔のホワイトヘッド手術の後遺症が原因

【便の臭いがきつい】便が漏れる 対策は出残り便秘 痔のホワイトヘッド手術の後遺症が原因

痔のホワイトヘッド手術の後遺症に対しては、修復手術が行われる場合もあります。ただし、手術が必ずしもよい結果を招くとは限りません。便もれやべたつきなどの症状は、肛門付近に便があるから起こると私は考えています。排便時に出しきれなかった便が、肛門付近に残っているのです。【解説】佐々木みのり(大阪肛門科診療所副院長)


【体験談】半年で91ミリの低血圧が改善「足指歩き」を始めてひどい肩こりも消えた

【体験談】半年で91ミリの低血圧が改善「足指歩き」を始めてひどい肩こりも消えた

片手で次男を抱き、片手で家事をこなす日々が続いたせいで、肩こりだけでなく、腕や腰にも痛みが走るようになり、ズキズキする頭痛まで起こり始めました。足指歩きを始めて半年くらいたった頃でしょうか。「肩がこったな」と感じると、足指歩きをするだけでこりが和らぎ、疲れも取れるようになってきました。【体験談】岩内景子(主婦・38歳)


【体験談】椎間板ヘルニアの痛みとしびれが「足指歩き」で改善!血圧も下がった

【体験談】椎間板ヘルニアの痛みとしびれが「足指歩き」で改善!血圧も下がった

篠原先生からは、まずは立つときの姿勢の指導を受けました。足の指に力を入れ、重心を前に置くと、少し体が前傾します。普段からこの姿勢を意識するといいそうです。驚いたのが、この姿勢をとると、腰の痛みが一瞬で和らぐことです。思わず「たったこれだけで痛くない!」と叫んでしまったほどでした。【体験談】高橋泉美(仮名・店員・48歳)


便が出そうなのに出ない違和感【残便感とは】 原因は大腸がん・直腸性便秘・内痔核

便が出そうなのに出ない違和感【残便感とは】 原因は大腸がん・直腸性便秘・内痔核

トイレで便を出した後、なんだか出きっていない感じや、お尻に違和感がありませんか?これを「残便感」といい、排便したにもかかわらず便が肛門の奥に残っているような感じがして、「まだ出そう。でも出ない」といった感覚のことを指します。残便感が起こる主な原因は三つあります。ご紹介しましょう。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)


【低血圧も高血圧も改善】“かかと”からではなく “足の指”に力を入れて歩くウォーキング療法

【低血圧も高血圧も改善】“かかと”からではなく “足の指”に力を入れて歩くウォーキング療法

私たちの背骨はもともと、ゆるやかなS字状の曲線を描いています。この本来の曲線を保って立ち、歩くとき、上半身はほんのわずかに前傾し、重心は足のつま先側にかかります。このことからもわかるように、足の指を使って立つ・歩くのが、正しい人間本来の姿なのです。【解説】篠原裕喜(篠原整骨院「ウオーキング療法」主宰)


最新の投稿


【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

私の体に異変が起きたのは、昨年7月のことです。半袖から見えている腕の毛穴という毛穴に、じんましんが出ていたのです。松森先生は「足の第2指と第3指の骨の間を押すといい」と教えてくださいました。1回にかかる時間は数分程度です。仕事の合間に、3〜4回はやったと思います。【体験談】佐藤友子(仮名・会社員・47歳)


歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。【解説】笹野高嗣(東北大学大学院歯学研究科教授)


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

「きくち体操」は鍛える体操ではありません。自分の体に意識を向け、体の変化を感じ取り、体を育てる体操です。体の感覚や変化を感じ取り、体を意識して丁寧に動かせば、体と脳がしっかりつながり、動ける体が育っていくのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】