医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【専門医】便秘薬の種類 初期にお勧めは酸化マグネシウム、長期使用NGの下剤はコレ!

【専門医】便秘薬の種類 初期にお勧めは酸化マグネシウム、長期使用NGの下剤はコレ!

重症の便秘に苦しむ人は、とにかく便さえ出せればいいと考え、便秘薬(下剤)に頼りがちになります。そして頼っているうちに、下剤なしでは排便できなくなっていくのです。排便力の衰えに拍車がかかると「食後の腹部膨満感(おなかの張り)」「ガスが溜まる(ガス腹)」といった症状が出てきます。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


下剤の副作用と効果について

 「下剤を使わないと便が出ないため、毎日、薬を飲んでいる」「常用量を超えた下剤を飲んでいる」「薬で便を出さないと不安になる」…私のクリニックでは、こうした悩みを訴える人が少なくありません。

 どうしても出ないときに下剤を使うのは仕方ありません。
 ところが、重症の便秘に苦しむ人は、とにかく便さえ出せればいいと考え、下剤に頼りがちになります。そして頼っているうちに、下剤なしでは排便できなくなっていくのです。

 しかも、こうして下剤に依存するようになると、さまざまな悪影響が体に出ます。
 自然な排便が促されないため、腸自体はもちろん、肛門括約筋(排便時に肛門を広げたり縮めたりする筋肉)などの筋肉の働きも悪化します。
 排便力の衰えに拍車がかかると、「食事がおいしくない」「食後の腹部膨満感(おなかの張り)」「ガスがたまる」といった症状が出てきます。

 また、下剤を過剰に服用すると、下痢が起こります。下痢によって体の中の水分だけでなく、体に必要なミネラル分まで失う危険も出てきます。

下剤が効かない→腸内に便が溜まり腹部が膨張→お腹が痛くなる

 すべての下剤のうち、70~75%を占めるのが「アントラキノン系下剤」というタイプのものです。このタイプの下剤には、生薬のアロエやセンナ(センノシド)、ダイオウ(タデ科ダイオウの根茎)などが成分として配合されており、大腸、中でも結腸を刺激して便を出す下剤です。

 アントラキノン系下剤を長期使用していると、腸がその刺激に慣れ、一定期間を過ぎると通常量では効かなくなります。
 さらに、大腸そのものの形態に異変が起こる「大腸メラノーシス」(大腸黒皮症)を起こす危険性があります。

 大腸メラノーシスになると、大腸の粘膜が黒ずみ、伸びたゴムホースのようになります。伸びたゴムホースですから、便を先へと送り出す蠕動運動の力は当然、低下します。こうなるともう、下剤が手放せないという悪循環に陥ります。

 また、下剤に極度に依存していると、便意そのものがなくなります。

 便意が消失すると、直腸に便がやってきても、その指令が脳へ届きません。このため、腸内に便がどんどんたまり、腹部が膨張することになります。便意の消失とともに、腹部の膨満感やおなかの痛みなどの便秘に伴う症状がより強く現れるのです。これが苦しいために、また下剤を飲むという悪循環に陥ることになります。

 便意というのは、医学的には「内臓感覚」の一つです。例えば、空腹という内臓感覚が脳に伝わることで、私たちは食事を取ることができます。
 内臓感覚が健康かどうか、上の「内臓感覚チェックリスト」で、チェックしてみましょう。

アントラキノン系下剤(刺激性下剤)よりも酸化マグネシウム(塩類下剤)、カルメロース(膨張性下剤)がお勧め

 下剤を大きく分けると、二つのタイプになります。「刺激性下剤」と「機械性下剤」です。

 刺激性下剤は腸を刺激して排便を促すもので、アントラキノン系下剤はこちらの代表です。主成分である、ダイオウやセンナ、アロエは、もともと生薬であり、自然由来の成分です。自然由来と聞くと「安心」と考える人は多いかもしれませんが、そうではありません。アントラキノン系下剤は、初期の便秘の人は使用を控えたほうがいいでしょう。長期使用もできる限り避けましょう。

 もう一つの下剤である機械性下剤は、便のかさを増やしたり、軟らかくしたりして排便を促すタイプです。便を軟らかくする酸化マグネシウム(塩類下剤)や、かさを増やすカルメロース(膨張性下剤)などがあります。初期の便秘には、このタイプがお勧めです。

 もちろん下剤に頼る前に、腸活などのセルフケアを地道に行うことが先決です。
 それでもいっこうに状態が改善せず、下剤への依存が著しい人は、一度、便秘外来などの専門医に相談してください。

松生恒夫(松生クリニック院長)
1955年、東京都生まれ。東京慈恵会医科大学を卒業。同大学第三病院内科助手、松島病院大腸肛門センター診療部長を経て、2004年より現職。現在までに約4万件以上の大腸内視鏡検査を行ってきた第一人者。『「排便力」をつけて便秘を治す本』(マキノ出版)、『腸に悪い14の習慣』(PHP新書)など著書多数。
●松生クリニック
東京都立川市羽衣町2-12-27
TEL 042-522-7713
https://matsuikeclinic.com/

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


下剤 膨満感 ガス 便秘

関連する投稿


便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘を食事で改善しようとする際に、重要なのが、食物繊維です。寒天は、水溶性と不溶性、両方の食物繊維を含むため、機能性食品として、大変理想的です。甘酒は発酵食品ですから、まさに微生物のかたまりです。腸内に入ると、乳酸菌などの善玉菌を増やします。痔の改善にも、いい効果が上がっています。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)


【酢ニンジン】娘の便秘はコレで撃退!私は頭皮の吹き出物と抜け毛が改善

【酢ニンジン】娘の便秘はコレで撃退!私は頭皮の吹き出物と抜け毛が改善

私が忙しくなり、酢ニンジンを作りおきできなかった時期がありました。すると、長女が再び便秘になってしまいました。そこで、慌てて酢ニンジンを作って食べさせたところ、すぐにお通じが戻ってきたのです。私自身も、子供といっしょに酢ニンジンを食べて、その効果を実感しています。【体験談】市村芽衣子(仮名・主婦・44歳)


トイレの時間が長い夫…便の出を良くした食べ物はシンプル「酢キャベツ」

トイレの時間が長い夫…便の出を良くした食べ物はシンプル「酢キャベツ」

わが家の酢キャベツは塩や砂糖などの調味料は、いっさい加えません。キャベツと酢だけしか使わない、シンプルな酢キャベツです。夫は、酢キャベツで便通が改善しました。夫の場合は、便秘というよりも、便の出が悪いタイプでした。そのため、毎朝30分近くトイレにこもることもあったほどです。【体験談】中町治美(仮名・自営業・59歳)


トイレが遠い・残尿感が「オクラ水」で解決!尿量が増えてむくみも取れた

トイレが遠い・残尿感が「オクラ水」で解決!尿量が増えてむくみも取れた

私の場合、腎臓が一つしか働いていないため、排尿の回数が1日3~4回しかありませんでした。ところが、オクラ水を飲み始めてからは、排尿回数が倍増しているのです。さらに、1回に出る尿の量も増えています。おかげで、トイレから出たあとは残尿感もなく、スッキリ爽快です。【体験談】田中美千子(健康管理士一般指導員・61歳)


猫背による便秘が解消して6キロ減!肌は透き通り唇はピンクに…その方法は?

猫背による便秘が解消して6キロ減!肌は透き通り唇はピンクに…その方法は?

以前の私は、お通じは3日に1度が当たり前でした。それ以上滞るときは便秘薬を飲んでいたのです。それが、まったく薬を必要としなくなりました。長年、便秘をしていたせいか、以前の私の下くちびるは、少し黒ずんだ色をしていました。それが、今ではきれいなピンク色になっています。【体験談】村井和子(整体師・65歳)


最新の投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)