医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【いびきの原因】口呼吸・睡眠時無呼吸症候群を改善する「片鼻呼吸と口テープ」

【いびきの原因】口呼吸・睡眠時無呼吸症候群を改善する「片鼻呼吸と口テープ」

いびきをかいて寝て「よく寝たはずなのに日中眠い」「頭がぼーっとして集中できない」といった脳疲労の自覚がある人は、睡眠時無呼吸症候群かもしれません。やせている女性にも起こります。高血圧や心筋梗塞、脳卒中、糖尿病などの合併症を招くことがあります。【解説】白濱龍太郎(RESM新横浜睡眠・呼吸メディカルケアクリニック院長) 


解説者のプロフィール

しらはま りゅうたろう 
睡眠、呼吸器内科、在宅医療の専門クリニック「RESM新横浜」院長。医学博士。日本睡眠学会認定医。筑波大学医学群医学類卒業。東京医科歯科大学大学院統合呼吸器病学修了。東京共済病院、東京医科歯科大附属病院を経て2013年に「RESM新横浜」を開設。『1万人を治療した睡眠の名医が教える 誰でも簡単にぐっすり眠れるようになる方法』(アスコム)ほか著書多数。
●RESM新横浜
http://www.resm.info/

いびきが重大な病気を引き起こす可能性も

 以前は「いびきをかいてグーグー寝ている」という姿は、気持ちよく寝ているような健康的なイメージでした。
 しかし、今では、いびきは睡眠中に呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」の可能性があることが知られ、注意が必要になっています。

 いびきは、気道が狭くなることで起こります。狭いところで呼吸をすると空気抵抗が大きくなり、振動で音が生じるのです。
 太って体に脂肪がつくと、のどにも同じように脂肪がつき、気道が狭くなるので、いびきをかきやすくなります。
 そのため「いびきをかくのは太った中年の男性」が中心だと思っている人が多いのですが、やせている女性にも起こります。
 下あごが小さい場合、舌がのどのほうに下がりやすく、気道が狭くなるのです。

 また、鼻に病気がある人も、口呼吸で気道が狭くなるため、いびきをかきやすくなります。
 さらに、年齢とともにのどの筋肉が緩むことも、いびきの原因になっています。
 このように、老若男女、体形を問わず、誰でもいびきをかく可能性はあるのです。

 いびきをかく人は、大きな音で周りの人へ迷惑をかけるだけでなく、病気を引き起こす危険があることが問題となっています。
 特に、いびきをかいて寝て、「よく寝たはずなのに日中眠い」「頭がぼーっとして集中できない」といった、脳疲労の自覚がある人は、睡眠時無呼吸症候群かもしれません。

 睡眠時無呼吸症候群は、1時間に5回以上、10秒間呼吸が止まったり、弱まったりする病気です。
 血中の酸素濃度の低下を繰り返すために、高血圧や心筋梗塞、脳卒中、糖尿病などの合併症を招くことも少なくないのです。
 睡眠時無呼吸症候群は、寝ているときに、いわば酸素の薄い高地でトレーニングを行っているようなもの。睡眠中にこのような状態では、ぐっすり眠ることはできないですし、夜間に突然死を引き起こすこともあります。

 また、電車やバスの事故は、運転手の睡眠時無呼吸症候群だったというニュースもよく聞きます。
 睡眠時無呼吸症候群になると、日中、睡魔に襲われて、居眠り運転などの交通事故を起こす危険も指摘されているのです。

 自覚症状のあるかたは、一度、専門のクリニックで診察を受けることをお勧めします。

片鼻呼吸やテープで鼻呼吸を習慣に

 また、いびきは、自分でできる改善法があります。

 まず寝るときの姿勢ですが、仰向けに眠ると舌が下がりやすいため、横向きで眠ることをお勧めします。
 横向きで寝ていても、いつのまにか仰向けになっている人は、抱き枕を抱えて眠ると、姿勢が安定し、いびきをかきにくくなるでしょう。

 また、口呼吸を行っている人は、鼻呼吸に切り換える訓練をしてください。
 寝ているときだけ鼻呼吸を意識するのは難しいので、日頃から口を閉じるようにして、鼻で呼吸をするようにしましょう。

 ヨガの「片鼻呼吸」を行うのも、鼻呼吸を意識するのに役立ちます。

片鼻呼吸のやりかた

 片鼻呼吸は、難しいものではなく、左右の鼻呼吸を交互に行うだけですが、続けるうちに鼻呼吸の習慣がつくようになります。
 さらに、ゆっくり呼吸を行うことで、リラックスでき、寝る前に行うと、寝つきもよくなるでしょう。

 眠っているときに鼻呼吸ができているか心配な人は、鼻呼吸を誘導してくれる、市販の口閉じテープを利用するのも1つの方法です。

 ほかにも、下あごを浮かせて気道を広げるマウスピースも販売されており、こちらもいびき対策には効果的です。

口閉じテープを使ってみる

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


私の熟睡法はコレ!枕元に置くとスーッと眠れて朝までグッスリ

私の熟睡法はコレ!枕元に置くとスーッと眠れて朝までグッスリ

私が不眠に悩むようになったのは、1〜2年前からです。タマネギを枕元に置くようにしてからは、布団に入って10〜15分でスーッと眠れるようになりました。「これで私は眠れるんだ」という自己暗示も効いているかもしれませんが、タマネギのにおいで気持ちが安定する実感があります。【体験談】谷口芳江(仮名・主婦・65歳)


「おでこ伸ばし」で不眠が改善!心身のリラックス効果を実感できた

「おでこ伸ばし」で不眠が改善!心身のリラックス効果を実感できた

実際にやってみると、頭の中がスッキリするようで、とても心地よく感じました。「これをやっても眠れないなら、薬を飲めばいいんだから」というくらいの、軽い気持ちで始めたのです。すると、おでこ伸ばしをすると、薬を飲まなくても、すぐに寝つけることがわかりました。【体験談】森川知子(仮名・主婦・74歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


不眠に特効!眠りが深くなるツボ「風池」はココ(ツボの探し方・押し方)

不眠に特効!眠りが深くなるツボ「風池」はココ(ツボの探し方・押し方)

安らかに眠るには、交感神経優位の状態から、副交感神経優位の状態へ移行する必要があります。そのために役立つのが、風池というツボへの刺激です。風池は、自律神経の乱れを調節するのに有効な特効ツボとされています。腹式呼吸も行うとさらに効果的です。【解説】高橋徳(統合医療クリニック徳院長・ウィスコンシン医科大学教授)


【不眠の原因】歯ぎしりを治す方法「ベロ回し」のやり方と効果

【不眠の原因】歯ぎしりを治す方法「ベロ回し」のやり方と効果

今回は、歯ぎしりがひどくて熟睡できないというかたに、「ベロ回し」をお勧めします。右側の歯がすり減って左側の歯が伸びると、噛み合わせが悪くなります。すると、正しい噛み合わせを求めて、無意識のうちに歯をすり合わせるようになります。これが歯ぎしりです。【解説】玉川秀泰(永覚歯科クリニック院長・日本生体咬合研究所副所長)


最新の投稿


ぺったんこ前髪がボリュームアップ!酢玉ねぎで体重も6kg減らせた!

ぺったんこ前髪がボリュームアップ!酢玉ねぎで体重も6kg減らせた!

主人の血糖値ですが、酢タマネギを食べ始めてわずか2ヵ月ほどで100mg/dlまで下がりました。服薬を続けても下がらなかったのに、酢タマネギを食べ始めてすぐに改善したことには驚きました。血圧も下がり、以前は降圧剤を飲んで最大血圧が200mmHgだったのが、今は130mmHg程度です。【体験談】伊林好子(主婦・76歳)


脊柱管狭窄症は歪みの現れ!股関節を緩めてゆがみをとる運動「内また屈伸」のやり方

脊柱管狭窄症は歪みの現れ!股関節を緩めてゆがみをとる運動「内また屈伸」のやり方

脊柱管狭窄症も、体幹のゆがみの現れの一つです。体幹のゆがみは、その程度や形状によって症状が出る場所が異なってきます。そういうことであれば、症状を改善するのに必要かつ有効な治療は、症状の元になっている体のゆがみを是正し、筋肉をほぐして血流を改善することに、ほかなりません。【解説】八木雅之(城山接骨院院長・柔道整復師)


手のひら押しは「冷や汗が出るほど痛い」が効果に驚き!私は降圧剤の減薬に成功!

手のひら押しは「冷や汗が出るほど痛い」が効果に驚き!私は降圧剤の減薬に成功!

定期通院で血圧が130mmHgに下がっていたのです。降圧剤でも正常値にならなかったので、このときは「うそでしょ!? 」と声が出るほど本当に驚きました。2ヵ月後も正常値だったため4錠だった降圧剤を2錠に減らせました。念願だった減薬に着手できてどれだけうれしかったかわかりません。【体験談】山田平次(仮名・会社員・69歳)


【騙されたと思って試してみて】伝説のアクション女優がゾッコン!玉ねぎのサラダとぬか漬け

【騙されたと思って試してみて】伝説のアクション女優がゾッコン!玉ねぎのサラダとぬか漬け

独身時代はほとんど食べ物に気を遣っていなかった私でも、家族ができれば話は別。なるべく人工添加物などが使われていない、体にいい食べ物を食卓に並べるようにしてきました。自然に食べ物へ関心を持つようになったわけですが、近年私の心をとらえて離さないのが「タマネギ」です。【体験談】志穂美悦子(フラワーアクティビスト)


生理前のむくみ対策に「耳輪ゴム」をしてみたら…15kgやせて顔も足もスッキリ!

生理前のむくみ対策に「耳輪ゴム」をしてみたら…15kgやせて顔も足もスッキリ!

耳輪ゴムをして眠れば、お酒を飲んだ日の翌朝でも顔はスッキリとしたままです。生理前でもむくみが気にならないのがうれしいです。今は肩も軽いです。肩こりの自覚はなかったのですが、もしかしたら首や肩の筋肉がずっと緊張していたのかもしれません。最近は年齢よりも若く見られることがよくあります。【体験談】岩崎小夜子(自営業・50歳)