【いびきの原因】口呼吸・睡眠時無呼吸症候群を改善するセルフケア「片鼻呼吸と口テープ」

【いびきの原因】口呼吸・睡眠時無呼吸症候群を改善するセルフケア「片鼻呼吸と口テープ」

いびきをかいて寝て「よく寝たはずなのに日中眠い」「頭がぼーっとして集中できない」といった脳疲労の自覚がある人は、睡眠時無呼吸症候群かもしれません。やせている女性にも起こります。高血圧や心筋梗塞、脳卒中、糖尿病などの合併症を招くことがあります。【解説】白濱龍太郎(RESM新横浜睡眠・呼吸メディカルケアクリニック院長) 


しらはま りゅうたろう 
睡眠、呼吸器内科、在宅医療の専門クリニック「RES M新横浜」院長。医学博士。日本睡眠学会認定医。筑波大学医学群医学類卒業。東京医科歯科大学大学院統合呼吸器病学修了。東京共済病院、東京医科歯科大附属病院を経て2013年に「RESM新横浜」を開設。『1万人を治療した睡眠の名医が教える 誰でも簡単にぐっすり眠れるようになる方法』(アスコム)ほか著書多数。

いびきが重大な病気を引き起こす可能性も

 以前は「いびきをかいてグーグー寝ている」という姿は、気持ちよく寝ているような健康的なイメージでした。
 しかし、今では、いびきは睡眠中に呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」の可能性があることが知られ、注意が必要になっています。

 いびきは、気道が狭くなることで起こります。狭いところで呼吸をすると空気抵抗が大きくなり、振動で音が生じるのです。
 太って体に脂肪がつくと、のどにも同じように脂肪がつき、気道が狭くなるので、いびきをかきやすくなります。
 そのため「いびきをかくのは太った中年の男性」が中心だと思っている人が多いのですが、やせている女性にも起こります。
 下あごが小さい場合、舌がのどのほうに下がりやすく、気道が狭くなるのです。

 また、鼻に病気がある人も、口呼吸で気道が狭くなるため、いびきをかきやすくなります。
 さらに、年齢とともにのどの筋肉が緩むことも、いびきの原因になっています。
 このように、老若男女、体形を問わず、誰でもいびきをかく可能性はあるのです。

 いびきをかく人は、大きな音で周りの人へ迷惑をかけるだけでなく、病気を引き起こす危険があることが問題となっています。
 特に、いびきをかいて寝て、「よく寝たはずなのに日中眠い」「頭がぼーっとして集中できない」といった、脳疲労の自覚がある人は、睡眠時無呼吸症候群かもしれません。

 睡眠時無呼吸症候群は、1時間に5回以上、10秒間呼吸が止まったり、弱まったりする病気です。
 血中の酸素濃度の低下を繰り返すために、高血圧や心筋梗塞、脳卒中、糖尿病などの合併症を招くことも少なくないのです。
 睡眠時無呼吸症候群は、寝ているときに、いわば酸素の薄い高地でトレーニングを行っているようなもの。睡眠中にこのような状態では、ぐっすり眠ることはできないですし、夜間に突然死を引き起こすこともあります。

 また、電車やバスの事故は、運転手の睡眠時無呼吸症候群だったというニュースもよく聞きます。
 睡眠時無呼吸症候群になると、日中、睡魔に襲われて、居眠り運転などの交通事故を起こす危険も指摘されているのです。

 自覚症状のあるかたは、一度、専門のクリニックで診察を受けることをお勧めします。

片鼻呼吸やテープで鼻呼吸を習慣に

 また、いびきは、自分でできる改善法があります。

 まず寝るときの姿勢ですが、仰向けに眠ると舌が下がりやすいため、横向きで眠ることをお勧めします。
 横向きで寝ていても、いつのまにか仰向けになっている人は、抱き枕を抱えて眠ると、姿勢が安定し、いびきをかきにくくなるでしょう。

 また、口呼吸を行っている人は、鼻呼吸に切り換える訓練をしてください。
 寝ているときだけ鼻呼吸を意識するのは難しいので、日頃から口を閉じるようにして、鼻で呼吸をするようにしましょう。

 ヨガの「片鼻呼吸」を行うのも、鼻呼吸を意識するのに役立ちます。

片鼻呼吸のやりかた

 片鼻呼吸は、難しいものではなく、左右の鼻呼吸を交互に行うだけですが、続けるうちに鼻呼吸の習慣がつくようになります。
 さらに、ゆっくり呼吸を行うことで、リラックスでき、寝る前に行うと、寝つきもよくなるでしょう。

 眠っているときに鼻呼吸ができているか心配な人は、鼻呼吸を誘導してくれる、市販の口閉じテープを利用するのも1つの方法です。

 ほかにも、下あごを浮かせて気道を広げるマウスピースも販売されており、こちらもいびき対策には効果的です。

口閉じテープを使ってみる

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


足の長さが左右で違う原因は股関節のズレ!体の歪みをとる「ひざ縛り」のやり方

足の長さが左右で違う原因は股関節のズレ!体の歪みをとる「ひざ縛り」のやり方

足の長さに左右差があると、骨盤や全身の骨格が左、または右に傾いています。このゆがみは、腰痛や生理痛、便秘、冷えなど全身の不調につながります。そうした骨格のゆがみを矯正するために私が指導している方法が、両ひざをひもで縛る「ひざ縛り」です。【解説】城戸淳美(今井病院医師)


【中性脂肪値を下げる】加熱トマトの成分“13オキソODA”の効果

【中性脂肪値を下げる】加熱トマトの成分“13オキソODA”の効果

「トマトは体にいい」そういうイメージを持っている人は多いでしょう。しかし、どんな健康効果があるのかといえば、意外に漠然としているのではないでしょうか。そこで、トマトの健康効果を検証した一つの研究をご紹介しましょう。【解説】寺内公一(東京医科歯科大学大学院・医歯学総合研究科・女性健康医学講座教授)


慢性腎不全で声がでない…移植手術で復帰【演歌歌手・松原のぶえさん】の喉ケア術

慢性腎不全で声がでない…移植手術で復帰【演歌歌手・松原のぶえさん】の喉ケア術

来年で芸能生活40年を迎える私ですが、「もう歌手生命は終わりだな」と覚悟したことがありました。原因は、慢性腎不全です。45歳のとき、突然疲労感から抜け出せなくなり、歌うときにも声に力が入らなくなってしまったのです。【解説】松原のぶえ(歌手)


【うつ・不眠を改善】心も体も温めて自己肯定感を高める“半身浴”のやり方

【うつ・不眠を改善】心も体も温めて自己肯定感を高める“半身浴”のやり方

私のクリニックでは、「心を温めること」と「体を温めること」は治療の両輪です。うつ、不眠、適応障害、過食症、引きこもり、パニック障害、不登校など、さまざまな症状の患者さんの治療に、半身浴を取り入れています。半身浴で体を温めることが、精神面でも自己肯定感を高めることにつながります。【解説】於保哲外(オボクリニック院長)


【眠れない】原因は不安やストレス 1/fゆらぎ曲「心音」を試聴 チコちゃんに叱られるで話題

【眠れない】原因は不安やストレス 1/fゆらぎ曲「心音」を試聴 チコちゃんに叱られるで話題

電車やバスに揺られていると、眠くなるかたが多いでしょう。それは、ガタンゴトンという一定のリズムに「1/fゆらぎ」(えふぶんのいち・ゆらぎ)が加わっているからです。心音を聴いて、よく眠れるようになった、という声があるのは、この1/fゆらぎの効果によるものだと思います。【解説】池川明(池川クリニック院長・産婦人科医)


最新の投稿


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)