医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【便秘を解消する食事】納豆とオリーブオイルでお腹の張りが解消!下剤が不要に

【便秘を解消する食事】納豆とオリーブオイルでお腹の張りが解消!下剤が不要に

私は、便秘に悩む患者さんに「オリーブオイル納豆」を勧めています。これは、納豆に少量のオリーブオイルを混ぜるだけのシンプルな食べ物ですが、便秘改善の効果は劇的です。便が柔らかくなって排便しやすくなったり、おなかの張りが取れたりして、下剤が不要になったケースもあります。【解説】松生恒夫(松生クリニック院長)


解説者のプロフィール

オリーブ納豆を考案した、松生恒夫先生

松生恒夫(まついけ・つねお)
松生クリニック院長。
1955年、東京都生まれ。
東京慈恵会医科大学を卒業。
同大学第三病院内科助手、松島病院大腸肛門センター診療部長を経て、2004年より現職。
現在までに約4万件以上の大腸内視鏡検査を行ってきた第一人者。
著書に『「排便力」をつけて便秘を治す本』(マキノ出版)などがある。

●松生クリニック
東京都立川市羽衣町2-12-27
TEL 042-522-7713
https://matsuikeclinic.com/

「オリーブオイル納豆」で便秘が改善し下剤が不要になる

私は、便秘に悩む患者さんたちに、私が考案した「オリーブオイル納豆」(以下「オリーブ納豆」)を勧めています。
これは、納豆に少量のオリーブオイルを混ぜるだけのシンプルな食べ物ですが、便秘改善の効果は劇的です。
便が柔らかくなって排便しやすくなったり、おなかの張りが取れたりして、下剤が不要になったケースもあります。

例えば、46歳の女性は、毎日4錠の下剤を使用していました。
それがオリーブ納豆を1日1回、1パック食べるようにしたら、排便が促進され、4日目には下剤を使わなくても気持ちのよい便が出るようになったのです。

オリーブ納豆の作り方

オリーブオイルは便のすべりをよくする効果がある

そもそも、オリーブオイルは、紀元前から便秘に有効であるといわれてきました。
ヒマシ油と同様、腸を刺激して排便を促進する作用があり、その作用はヒマシ油よりもすぐれています。

オリーブオイルの成分は脂肪がほぼ100%で、脂肪酸の構成は、オレイン酸75%、リノール酸10.4%と言われます。ほかにリノレン酸、飽和脂肪酸も含んでいます。
これら4つの脂肪酸を含む食品はオリーブオイルだけ。
また、抗酸化物質のビタミンEが多いこともオリーブオイルの特徴です。
ちなみに、コレステロールは0です。

オリーブオイルとヒマシ油の便秘改善効果を比較した動物実験の報告では、ヒマシ油の主成分であるリチノール酸とオリーブオイルの主成分であるオレイン酸を比べると、短時間ではオレイン酸のほうが腸に吸収されにくいと述べられています。
このことから、短時間でオリーブオイルを比較的多く摂取すると、オレイン酸が腸内に多量に残り、腸管内容物と混ざって便が柔らかくなって、排便の促進につながると考えられます。

オリーブオイルは、主に小腸で吸収されます。
つまり、オリーブオイルは、小腸から大腸へ行くとき、便の滑りをよくするので排便が促進される、というわけです。

以前、便秘の患者さんたちにオリーブオイルの実験に協力していただいたことがあります。
66人に、朝食時、オリーブオイル20 mLの摂取を2週間続けてもらいました。
その結果、最も症状が重かった患者さんを除く65人が下剤の使用量が減り、下剤が不要になった人や硬い便が柔らかくなって排せつしやすくなった人もいました。

なお、便の元になる食物繊維が豊富な食品とオリーブオイルをいっしょに取ると、便秘改善の効果がより高まります。
そこで考慮したのが、オリーブ納豆なのです。

納豆には排便を促し腸内細菌を改善する効果がある

納豆には、不溶性の食物繊維が豊富で、100g中4.4gも含まれます。
不溶性の繊維は、胃で水分を吸って膨らみ、便のかさを増やします。
加えて、腸壁を刺激して便通を促す働きもあります。
また、水溶性の食物繊維も100g中2.3g含まれており、便を柔らかくするのにも有効です。

ところで、納豆の中にいる納豆菌の大部分は、生きたまま腸まで到達し、大豆のたんぱく質を分解します。
このときできたブドウ糖や麦芽糖をエサにして、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌が増えていきます。
その結果、腸内は善玉菌が優勢になります。
つまり、納豆には、排便を促すと同時に、腸内細菌の状態をよくしてくれる働きもあるのです。

以上のように、オリーブオイルと納豆を合わせることで、便秘改善の効果はさらに高まります。
オリーブオイルは主に小腸や大腸で作用し、納豆は主に大腸で作用します。
メカニズムは異なりますが、オリーブオイルと納豆は、確実に腸の健康作りに役立つのです。

ちなみに、オリーブオイルも納豆も植物性食品ですから、思いのほか相性がよく、味はとてもおいしく、納豆特有のにおいも和らぎます。
私は、数年前から常食しており、私の娘も好んで食べています。
納豆嫌いの人にも安心して試してもらえると思います。

腸の健康は心の健康につながる

シンプルだが、便秘解消効果は劇的

ところで、腸と皮膚は密接な関係があると、経験的にわかっています。
便秘などで腸の状態がよくないと肌が荒れ、逆に腸の状態がよくなると肌が美しくなります。

ですから、特に女性にとって、便秘を改善し、腸の状態をよくすることは、美容の面からも重要です。
先に紹介した46歳の女性は、オリーブ納豆で便秘が改善しただけでなく、肌がしっとりと潤ってきたと、喜んでいます。

また、腸には脳に次いで神経が多く分布し、そのため第2の脳とも言われます。
現代人に多い腸の病気・過敏性腸症候群は、ストレスによって悪化します。

また、うつ状態は腸の不調によってもたらされることが多々あります。
こうしたメンタルヘルスの面からも、腸の健康は非常に重要です。

食事前の1パックでダイエット効果も

オリーブ納豆は、主に便通促進のために考案しましたが、実践したらダイエットができた人もいます。
そのためのポイントは2つ。

食事前に1パック食べることと、オリーブオイルの量は1日15 mLまでに抑えること。
食事前に食べれば満腹感が得られ、ご飯の食べすぎを防げるでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


玄米とオリーブオイルは糖尿病改善コンビ 美味しくて効果あり!と好評

玄米とオリーブオイルは糖尿病改善コンビ 美味しくて効果あり!と好評

玄米とオリーブオイルをいっしょにとると、より多くの抗酸化物質や、ビタミン・ミネラルを摂取できます。糖尿病で高血糖状態になると、血管が傷んで血管の病変が進行しやすくなります。そこで、豊富な抗酸化物質が、血管の病変を防ぐ働きをしてくれるのです。【解説】横山淳一(オリーヴァ内科クリニック院長・医学博士)


前立腺がん発症から19年 病中病後の体力回復食に【干し納豆】を取り入れて元気!

前立腺がん発症から19年 病中病後の体力回復食に【干し納豆】を取り入れて元気!

私にがんが見つかったのは、1999年でした。健康診断で異常が見つかり再検査を受けた結果、医師に前立腺がんと告げられたのです。自分でも生きる気力を絶やすまいと決心しました。健康食品や民間療法などよいと思ったものをすべて試したのです。納豆もその一つです。【体験談】中村孝士((有)日本凍結乾燥食品研究所所長・76歳)


降圧剤の副作用による重度便秘が「酢キャベツ」で解消!血圧も下がった

降圧剤の副作用による重度便秘が「酢キャベツ」で解消!血圧も下がった

我が家では、かれこれ1年以上、酢キャベツを食べています。きっかけは、3年前から通っている村上祥子先生の料理教室でした。実際に口にすると、意外なほど食べやすく、「へぇ、こんなにおいしいんだ」と驚いたのを覚えています。半年前からは、降圧剤の服用をやめることができました。【体験談】竹下俊子(79歳・主婦)


糖尿病予防に【干しぶどう酢】が効果!健康寿命を延ばす「レスベラトロール」とは

糖尿病予防に【干しぶどう酢】が効果!健康寿命を延ばす「レスベラトロール」とは

干しブドウには、血圧の上昇を抑えるカリウム、ダイエットや便秘改善作用などを持つ食物繊維なども豊富です。その干しブドウを酢に漬けると、軟らかくなって食べやすくなるうえ、酢の健康効果である高血圧を防ぎ、血管の機能を高めて動脈硬化を防ぐ働きも加わります。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)


【体験談】半年間「酢キャベツ」を食べ続けたらひどい冷え症が改善!

【体験談】半年間「酢キャベツ」を食べ続けたらひどい冷え症が改善!

私は、村上祥子先生の料理教室に通い始めてから、日常的にさまざまな常備菜や保存食を作るようになりました。先生から教えてもらう料理は、どれも手軽に作れておいしいのが魅力。なかでも半年前から食卓に出している酢キャベツは、家族にとても好評です。【体験談】村田佳代子(仮名・62歳・主婦)


最新の投稿


【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

脳は機能別に、聴覚、運動、伝達、感情、思考、視覚、理解、記憶の八つに大別できます。それを私は「脳番地」と呼んでいます。ラジオは注意を向けて聞こうとするだけで聴覚系脳番地が鍛えられます。それが楽しく聞けていれば理解系や記憶系の脳番地もいっしょに鍛えることができます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長)


むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

むくみ・だるさに即効!エステのゴッドハンドのふくらはぎマッサージのやり方

まずは、リンパ管とリンパ節の「お掃除」から始めるのがポイントです。ふくらはぎをゆっくり押すことで、血液やリンパ液が一度止まり、ゆっくり離すことで、ドッと勢いよく流れ出します。その流れに乗せて、一気に老廃物を流し、リンパ管の詰まりを取るのが目的です。【解説】岩谷恭子(カスタリア代表・エステティシャン)