MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【対人恐怖症、自閉症】症状が改善する食事療法 やめると良い食品とは?

【対人恐怖症、自閉症】症状が改善する食事療法 やめると良い食品とは?

私のクリニックでは、本人に思い当たる原因はないけれど、脳機能のトラブルが疑われる患者さんに、食事の指導を行っています。生活に合わせて、白砂糖や加工食品などを控えていただくよう指導しますが、中でも最初にやめていただく、2つの食品が「パン」と「牛乳」です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)

対人恐怖が消え、自傷行為をしなくなった

「頭がボーッとして集中できない」
「少し前のことを思い出せない」
「ぐっすり眠れない」
「精神的に不安定だ」

 こうした症状は、脳機能に問題が起きていると思われますが、「頭をぶつけたわけでもないし、特に原因が浮かばない」というかたもいらっしゃるでしょう。

 私のクリニックでは、本人に思い当たる原因はないけれど、脳機能のトラブルが疑われるかたに、食事の指導を積極的に行っています。
 先ほどのような症状が、食事が原因で起きていることも、少なくないからです。

 患者さんの生活に合わせて、白砂糖や加工食品など、体によくないものを控えていただくよう指導しますが、中でも最初にやめていただく、2つの食品があります。
 それが、「パン」と「牛乳」です。

 どちらも、食卓でおなじみの食品ですから、「パンと牛乳が脳機能に関係しているなんて、考えたこともなかった」というかたが、ほとんどだと思います。

 数年前からクリニックで、2つの食品を控えるよう、本格的な指導を始めてから、患者さんの1カ月後の改善ぶりが、明らかに向上しました。ここでは、脳機能が改善したと思われる、3つの症例を紹介します。

●Aさん(50代・女性)症状:同じ話を繰り返す

 クリニックでは、初診の患者さんに細かく問診を行います。これまでの体調についても伺いますが、Aさんの返答は不明瞭でした。
 頭がボーッとしているようで、同じ話を繰り返します。そこで「まずはパンと牛乳をやめましょう」と指導しました。
 3週間後、再来院したAさんの話し方は、見違えるほど明瞭になっていました。以前のように、同じ話を繰り返すこともありませんでした。

●Bさん(10代・女性)症状:対人恐怖症・朝起きられない・イライラする・眠れない

「人が怖くて外出できない」「睡眠薬を飲んでも眠れない」「朝起きられない」「すぐイライラする」という悩みを抱えていたBさん。几帳面な性格でしたので、パンと牛乳がよくない理由を詳しく説明し、実践してもらいました。
 1カ月後、「人への恐怖心が半減して、外出できる日が増えた」「睡眠薬がなくても、ぐっすり眠れるようになった」「毎朝、きちんと起きられるようになった」「イライラも、10が2くらいになっている」と、明るい様子で話してくれました。

●C君(4歳・男児)症状:自傷行為・言葉の遅れ

 C君は自閉症で、壁や床に自分の頭をぶつける自傷行為や、言葉の遅れが見られました。また、自分でスプーンが持てないので、食事では介助を必要としていました。
 パンと牛乳をやめてもらって1カ月後、C君は自傷をしなくなり、一人で食事が取れるようになりました。半年後には、言葉も出てくるようになり、お母さんは感動されていました。

脳が攻撃され精神不安を引き起こす

 パンと牛乳が、なぜ脳や体に好ましくない影響を与えるのか、代表的な原因を説明しましょう。

 パンの一番の弊害は、「グルテン」を多く含んでいることです。
 グルテンは小麦由来のたんぱく質で、パンのモチモチした食感を生み出すのに欠かせないものです。
 グルテンは、もともと消化がしづらいのですが、特に現代のパンには、モチモチした食感を出すために、グルテンが多く含まれています。そのため昔と比べて、より消化しづらくなっています。

 多くのグルテンや添加物を含むパンを食べると、未消化のグルテンが腸内に残り、体内に入りやすくなります(※)。

※腸は、食物を消化吸収するとき、必要なものだけを体内に通して、不要なものは通さない「ふるい」のような機能を持っている。しかし、グルテンには、「ゾヌリン」という物質の分泌を促すことで、腸のふるいを緩め、本来なら体内に入れない物質を通しやすくする(腸の透過性を上げる)働きがある

 体内に入った未消化のグルテンは、免疫システムから「異物」と見なされます。すると、それを攻撃する「抗体」が生まれます。

 実は、グルテンと脳の一部は、その構造がよく似ています。そのため、本来、未消化のグルテンを攻撃するために生まれた抗体が、脳を間違えて攻撃するという事態が起こります。これが、未消化のグルテンの最も怖いところです。

 さらに、未消化のグルテンからは、「エキソルフィン」という物質が生まれます。
 脳内に入ったエキソルフィンは、脳神経に作用し、精神不安を引き起こすほか、神経伝達物資の働きを悪化させます。

 また、エキソルフィンは、モルヒネのような多幸感をもたらし、「パンを繰り返し食べたくなる」という中毒を引き起こします。

 つまり、パンを食べ続けると、「未消化のグルテンが体に入ることで、脳に問題を引き起こすが、中毒性のため摂取をやめられない」という、悪循環に陥りかねません。

グルテンの摂取を減らすために「やめるとよいパン」とは

グルテンとカゼインの絶対量を減らす

 一方、牛乳の弊害は、「カゼイン」という乳たんぱく質です。

 カゼインも、グルテンと同じように腸で未消化物になりやすく、それがエキソルフィンを生みます。

 つまり、パンと牛乳を組み合わせると、悪循環がより強化されてしまうわけです。 
 悪循環から抜け出すのに、グルテンを含む小麦製品や、カゼインを含む乳製品を、すべてカットするのは現実的ではありません。

 たいせつなのは、「絶対量」を減らすことです。そこで私は、普段、頻繁に摂取している思われる、パンと牛乳を、まずは3週間やめてくださいと呼びかけています。

 パンと牛乳をやめてみた人からは、「集中力が戻ってきた」、「日中の眠気がなくなった」という声が聞かれます。

 未消化物が減れば腸の炎症なども改善するので、「おなかが張らなくなった」「便秘しなくなった」など、腸機能の改善は、脳機能の改善の目安になります。
「普段、パンや牛乳を摂取しているが、健康そのものだ」というかたは、消化力が強いのかもしれません。そうしたかたは無理にやめる必要はありませんが、少しでも思い当たるかたは、ぜひ試してください。

うちやま ようこ
関西医科大学卒業。大学病院・総合病院で腎臓内科・循環器・内分泌を専門に臨床・研究を行った後、福岡県北九州市で葉子クリニックを開設、院長を務める。医学博士、総合内科専門医、腎臓内科専門医、ホメオパシー専門医。著書に「パンと牛乳は今すぐやめなさい!」(マキノ出版)などがある。
●葉子クリニック
http://www.yoko-clinic.net/index.html

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
抹茶に含まれるカテキンなどのポリフェノールは、抗酸化力の強い物質であることがわかっています。さらに、レモンの皮に含まれる「ノビレチン」というポリフェノールには、認知症の原因の1つとされている、アミロイドβという物質の脳への沈着を減らす働きがあるという研究結果が出ているのです。【解説】丁宗鐵(医学博士・日本薬科大学学長)
更新: 2018-10-21 07:00:00
片鼻呼吸法とは、文字どおり、片側の鼻だけで呼吸する方法で、ヨガなどでもよく行われています。片鼻呼吸法を毎日行うことで、記憶力を向上させ、ボケを防いで、さらにさまざまな健康効果を得ることを期待できるのです。【解説】高田明和(浜松医科大学名誉教授)
更新: 2018-10-19 18:52:01
ほとんどの人は、両足10本の指のうちに何本か、意識があまり通じていない指があるはずです。足には多くの筋肉があり、5本の指それぞれで、使う筋肉も異なります。指1本1本を動かしたり刺激したりすれば、それだけで、脳に多彩な刺激が行き渡り、脳が喜びます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長・「脳の学校」代表)
更新: 2018-10-17 18:00:00
ビタミンB1を摂取しないと、いくらほかの食品を摂取しても脳の活動源にはなりません。不足状態が続くと思考力や記憶力が低下し、精神的にも不安定になるでしょう。いつまでも若々しい脳でいるためには、「大豆」を積極的に食べることをお勧めします。【解説】加藤淳(北海道立総合研究機構道南農業試験場 場長・農学博士)
更新: 2018-10-10 12:00:00
鼻の奥でにおいがキャッチされると、その情報が脳の大脳皮質に伝わります。その際、においの情報は、記憶をつかさどる海馬を通ります。このように、嗅覚が刺激されることで、古い記憶が呼び起こされるのです。この一連の過程は、脳を活性化することにつながります。【解説】塩田清二(星薬科大学教授・医学博士)
更新: 2018-10-04 12:00:00
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt