【医師解説】骨粗鬆症の予防対策は「牛乳」に頼らないこと 効果的なカルシウム摂取法とは?

【医師解説】骨粗鬆症の予防対策は「牛乳」に頼らないこと 効果的なカルシウム摂取法とは?

骨粗鬆症の予防対策としてカルシウムをとるために牛乳を飲むことは妥当ではないと判断します。牛乳を飲みたい人は、嗜好品としてたまにとる程度にしたほうが賢明でしょう。カルシウムの吸収率を高めて骨を丈夫に保つには、食事のほかに運動と、日光を浴びることも必要です。【解説】岡本裕(e-クリニック医師)


前立腺ガンや卵巣ガンの発症の危険性が増す!

お年寄りの転倒で怖いのが、骨折です。
折れた場所によっては、寝たきりにつながる危険性があるからです。

そのため、骨を丈夫にしようと思って、カルシウムの多い牛乳を、毎日飲む人も多いのではないでしょうか。
しかし私は、カルシウムをとるために牛乳を毎日飲むことは、お勧めできません。

その理由を説明しましょう。
2015年10月26日、WHO(世界保健機関)が「牛肉や豚肉などの赤身肉、ソーセージやハムなどの加工肉に発ガン性がある」との調査結果を発表しました。

これには、食肉業界が反発するなど、世界各地で波紋が広がっています。
このような情報は、業界との絡みなどで、これまでなかなか表ざたにされませんでした。

ですから、今回のWHOの発表で、一つの重しが取れたとする見方もあります。
広く一般に普及し、人々が今まであたりまえのように食べてきたものに、実は健康を害する危険性の高いものがある。

それが、明らかにされるときがきているのではないでしょうか。
牛乳もその一つです。これまで、牛乳は優れたカルシウム供給源として認識されていました。

ところが、中立公正な研究機関として信頼の厚いハーバード公衆衛生大学院では、「カルシウムは重要。しかし、牛乳が唯一もしくはベストな供給源ではない」という指針を出しています。
それどころか、「乳製品の摂取量の多さは、前立腺ガン、卵巣ガンの発症の危険性を増す」と、明言しているのです。

牛乳に含まれるたんぱく質は、80%がカゼイン、20%がホエイプロテインです。
カゼインにはロイシンというアミノ酸のほか、IGF-1というホルモンの分泌を高める物質も含みます。

ロイシンもIGF-1も、成長を促進する物質です。
成長を促進するという側面だけを見ると、子供やアスリートなどの体格づくりには役立つかもしれません。

けれども、成長を促進するということは、老化を早めることにもなります。
一方で、ガン細胞も成長させることになります。

大人にとっては、特に危険性が高いのです。
ホエイプロテインにもロイシンが多く含まれています。

さらに、ホエイプロテインにはインスリン分泌を高める作用もあります。
インスリンは血糖値を下げるホルモンとして知られていますが、インスリン分泌量が多いと、ガンを促進させることもわかっています。

牛乳の過剰摂取は、ハーバード公衆衛生大学院が示すように前立腺ガン、卵巣ガンの危険性を高めるだけではないでしょう。
おそらく、そのほかのガンにも、影響を及ぼすと考えられます。

牛乳に頼らなくても丈夫な骨を保てる!

牛乳には、確かにカルシウムが多く含まれています。
だからといって、ガンになる危険性が高いとわかっているのに、牛乳でカルシウムをとる必要があるのでしょうか。

そもそも、日本人が牛乳を飲むようになったのは明治時代以降です。
給食で日常的に飲むようになったのは、1945年の戦後からです。

それまでは牛乳を飲まなくても、骨は丈夫に保てていたのです。
カルシウムは、コマツナやチンゲンサイなどの野菜、大豆製品、小魚、干しエビなどにも豊富に含まれています。

丈夫な骨を形成するには、カルシウムのほかにマグネシウムも必要です。
また、カルシウムの吸収を促すビタミンD、カルシウムの排出をおさえるビタミンKも重要です。

マグネシウムは納豆やゴマ、海藻など、ビタミンDはキクラゲや魚など、ビタミンKは卵、納豆、コマツナ、ブロッコリー、キャベツなどに多く含まれています(下の図参照)。
つまり、丈夫な骨を保つには、牛乳に頼らなくても、緑黄色野菜や、海藻、魚介類、納豆などを積極的にとるといいのです。

前述したハーバード公衆衛生大学院は、「カルシウム摂取には、牛乳よりも野菜を食べること、ビタミンDとカルシウムを含むサプリメントをとること」を推奨しています。
一説には、牛乳にはカルシウム以外にリンも多く含まれていて、リンがカルシウムの吸収を阻害するともいわれています。

これらを総合して考えると、骨粗鬆症の予防対策としてカルシウムをとるために、牛乳を飲むことは妥当ではないと判断します。
牛乳を飲みたい人は、嗜好品としてたまにとる程度にしたほうが賢明でしょう。

なお、カルシウムの吸収率を高めて骨を丈夫に保つには、食事のほかに運動と、日光を浴びることも必要です。
これらを心がけて、骨粗鬆症の予防に努めてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


骨折 カルシウム 骨粗鬆症

関連する投稿


【骨粗鬆症 生活習慣病を予防】レモンの健康効果・有効成分を医師が解説 お勧めは「レモン酢」

【骨粗鬆症 生活習慣病を予防】レモンの健康効果・有効成分を医師が解説 お勧めは「レモン酢」

果実や野菜などの有効成分の機能が研究によって科学的に証明されたことで、健康に役立てられるようになりました。しかし、レモンに関しては、成分も機能もまだ解明されていない何百年も前から、世界中で健康に役立てられてきた歴史があるのです。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)


【骨粗鬆症を予防】骨ホルモンを分泌する「かかと落とし」は血糖値を下げるだけでなく骨も強化できる!

【骨粗鬆症を予防】骨ホルモンを分泌する「かかと落とし」は血糖値を下げるだけでなく骨も強化できる!

運動不足の悪影響は、骨だけに止まりません。当然、筋力は低下し筋肉も硬化し、痛みやコリが生まれる原因になります。筋肉の状態が悪くなれば内臓の動きが悪化し、内臓機能の低下につながります。悪循環を断ち切るのに、お勧めの運動が「かかと落とし」です。【解説】斎藤究(医師・さいとう整形外科リウマチ科理事長)


【昆布と酢のパワー効果】血糖値や血圧を下げる作用 ダイエットや骨粗鬆症にも効果

【昆布と酢のパワー効果】血糖値や血圧を下げる作用 ダイエットや骨粗鬆症にも効果

コンブの食物繊維と酢は、食後の血糖値の急上昇を防いでくれます。血糖値が急に上がると、インスリンというホルモンが過剰に出て、細胞によけいなものを取り込み肥満につながるのです。【解説】白澤卓二(白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士)


【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

【きな粉の栄養】ガン予防効果は食品トップクラス 大豆摂取で効果が期待できる病気は?

きな粉は、焙煎した大豆を砕いて粉末にした食品です。豆腐や納豆、みそといった大豆食品と違い、ほかの物質や成分を加えておらず、大豆の栄養成分がほぼまるごと受け継がれています。栄養成分的には、「きな粉=大豆」と考えてよいでしょう。【解説】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


【便秘・骨粗鬆症予防】効果が倍増する“きな粉”のちょい足し食材は「牛乳、バナナ、ヨーグルト、みそ汁」

【便秘・骨粗鬆症予防】効果が倍増する“きな粉”のちょい足し食材は「牛乳、バナナ、ヨーグルト、みそ汁」

きな粉を使ったレシピを難しく考える必要はありません。ここでは、毎日簡単に続けられる4大・きな粉レシピを紹介します!【監修】三浦理代(女子栄養大学栄養学部教授)


最新の投稿


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

解毒スープを作るのに必要な材料は、ゴボウ・ショウガ・タマネギの皮・マイタケ・パセリ、そして天然塩です。材料はすべて身近なものですが、入手できないときは、どれかが欠けても構いません。まずはぜひ実践してみてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

解毒スープを飲むと、腸内環境は劇的によくなります。その結果、出なかった人は出るようになり、出過ぎていた人はほどよい回数になります。カチカチ、コロコロの便も、逆にユルユルの下痢便も、ちょうどよい硬さの快便になります。さらに、便だけでなく、その他の体の不調も改善していきます。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

どうやったら、物事に動じない強い自分になれますか。そういう質問に対して、私はいつもこのようにお答えします。ぞうきんを持つというのは、掃除をして、身の回りを清浄な状態に整えること。それによっておのずと道が見えてきますから、悩みの解決にもつながるのです。【解説】有馬賴底(臨済宗相国寺派管長 相国寺・金閣寺・銀閣寺住職)


【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

これからどんなに優れた掃除ロボットが出てきてもふくことができない場所、それが「心」だと僕は思っています。なんとなく部屋の空気が「重い」と感じるとき。これは空間に残された感情と、自分の中にある感情とが密接につながっているからだと僕は考えています。【解説】船越耕太(空間診断士)