MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【骨粗鬆症予防】牛乳をお勧めしない理由 カルシウム摂取に効果的な食事とは

【骨粗鬆症予防】牛乳をお勧めしない理由 カルシウム摂取に効果的な食事とは

骨粗鬆症の予防対策としてカルシウムをとるために牛乳を飲むことは妥当ではないと判断します。牛乳を飲みたい人は、嗜好品としてたまにとる程度にしたほうが賢明でしょう。カルシウムの吸収率を高めて骨を丈夫に保つには、食事のほかに運動と、日光を浴びることも必要です。【解説】岡本裕(e-クリニック医師)

カルシウム摂取のために「牛乳」をお勧めしない理由

お年寄りの転倒で怖いのが、骨折です。
折れた場所によっては、寝たきりにつながる危険性があるからです。

そのため、骨を丈夫にしようと思って、カルシウムの多い牛乳を、毎日飲む人も多いのではないでしょうか。
しかし私は、カルシウムをとるために牛乳を毎日飲むことは、お勧めできません。

その理由を説明しましょう。
2015年10月26日、WHO(世界保健機関)が「牛肉や豚肉などの赤身肉、ソーセージやハムなどの加工肉に発ガン性がある」との調査結果を発表しました。

これには、食肉業界が反発するなど、世界各地で波紋が広がっています。
このような情報は、業界との絡みなどで、これまでなかなか表ざたにされませんでした。

ですから、今回のWHOの発表で、一つの重しが取れたとする見方もあります。
広く一般に普及し、人々が今まであたりまえのように食べてきたものに、実は健康を害する危険性の高いものがある。

それが、明らかにされるときがきているのではないでしょうか。
牛乳もその一つです。これまで、牛乳は優れたカルシウム供給源として認識されていました。

ところが、中立公正な研究機関として信頼の厚いハーバード公衆衛生大学院では、「カルシウムは重要。しかし、牛乳が唯一もしくはベストな供給源ではない」という指針を出しています。
それどころか、「乳製品の摂取量の多さは、前立腺ガン、卵巣ガンの発症の危険性を増す」と、明言しているのです。

大人にとっては老化を早めることになる

牛乳に含まれるたんぱく質は、80%がカゼイン、20%がホエイプロテインです。
カゼインにはロイシンというアミノ酸のほか、IGF-1というホルモンの分泌を高める物質も含みます。

ロイシンもIGF-1も、成長を促進する物質です。
成長を促進するという側面だけを見ると、子供やアスリートなどの体格づくりには役立つかもしれません。

けれども、成長を促進するということは、老化を早めることにもなります。
一方で、ガン細胞も成長させることになります。

大人にとっては、特に危険性が高いのです。
ホエイプロテインにもロイシンが多く含まれています。

さらに、ホエイプロテインにはインスリン分泌を高める作用もあります。
インスリンは血糖値を下げるホルモンとして知られていますが、インスリン分泌量が多いと、ガンを促進させることもわかっています。

牛乳の過剰摂取は、ハーバード公衆衛生大学院が示すように前立腺ガン、卵巣ガンの危険性を高めるだけではないでしょう。
おそらく、そのほかのガンにも、影響を及ぼすと考えられます。

牛乳に頼らなくても丈夫な骨を保てる!

牛乳には、確かにカルシウムが多く含まれています。
だからといって、ガンになる危険性が高いとわかっているのに、牛乳でカルシウムをとる必要があるのでしょうか。

そもそも、日本人が牛乳を飲むようになったのは明治時代以降です。
給食で日常的に飲むようになったのは、1945年の戦後からです。

それまでは牛乳を飲まなくても、骨は丈夫に保てていたのです。

丈夫な骨をつくるのに必要な栄養素

カルシウムは、コマツナやチンゲンサイなどの野菜、大豆製品、小魚、干しエビなどにも豊富に含まれています。

丈夫な骨を形成するには、カルシウムのほかにマグネシウムも必要です。
また、カルシウムの吸収を促すビタミンD、カルシウムの排出をおさえるビタミンKも重要です。

マグネシウムは納豆やゴマ、海藻など、ビタミンDはキクラゲや魚など、ビタミンKは卵、納豆、コマツナ、ブロッコリー、キャベツなどに多く含まれています(下の図参照)。
つまり、丈夫な骨を保つには、牛乳に頼らなくても、緑黄色野菜や、海藻、魚介類、納豆などを積極的にとるといいのです。

前述したハーバード公衆衛生大学院は、「カルシウム摂取には、牛乳よりも野菜を食べること、ビタミンDとカルシウムを含むサプリメントをとること」を推奨しています。
一説には、牛乳にはカルシウム以外にリンも多く含まれていて、リンがカルシウムの吸収を阻害するともいわれています。

これらを総合して考えると、骨粗鬆症の予防対策としてカルシウムをとるために、牛乳を飲むことは妥当ではないと判断します。
牛乳を飲みたい人は、嗜好品としてたまにとる程度にしたほうが賢明でしょう。

なお、カルシウムの吸収率を高めて骨を丈夫に保つには、食事のほかに運動と、日光を浴びることも必要です。
これらを心がけて、骨粗鬆症の予防に努めてください。

解説者のプロフィール

e-クリニック医師
岡本裕(おかもと・ゆたか)

●e-クリニック
http://e-clinic21.or.jp/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
青など寒色系の色で体が包まれるのをイメージしてください。ひんやり寒くなる感じがしませんか。一方、赤やオレンジなど暖色系の色は、体が温まる感じがするはずです。この色の作用を呼吸法と組み合わせれば、心や体のケアに役立つ可能性はじゅうぶんあると私は考えています。【解説】春田博之(芦屋こころとからだのクリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:11:34
始めて1カ月ぐらいたったころから「やせた?」と聞かれたり「キレイになったね」と言われたりするようになりました。私は嫌な感情が出てくると1日に何度もピンク呼吸をするようにしました。何事も「まぁ、だいじょうぶか!」と気楽に考えられるようになり、仕事や人間関係で悩む回数が減りました。【体験談】夏陽りんこ(声優・32歳)
更新: 2019-03-27 19:16:22
私は生地屋でピンクの布を買い求め、ヨガ教室に持参し生徒に「寝る前にこの色をイメージして呼吸をしてみて」とお願いしたのです。2週間後、生徒たちと再会すると、何名かの雰囲気が変わったことに気づきました。一言で言えば、女性らしさが増したような感じなのです。【解説】小池能里子(ビビッド・エイジング研究家)
更新: 2019-03-22 18:00:00
たっぷりの食物繊維をとっている元気なお年寄りたちの腸内細菌では、ビフィズス菌や酪酸産生菌といった「長寿菌」が、全体の60%前後を占めていました。南大東島の101歳のおじいさんに至っては、全体の80%が長寿菌というとんでもない数値でした。【解説・監修】辨野義己(理化学研究所特別招聘研究員・農学博士)
更新: 2018-11-27 12:00:00
アーユルヴェーダから見ると、「干しブドウ酢」は、それぞれの食品のよさが組み合わさって力を倍増させる、まさに最高の組み合わせです。干しブドウとリンゴ酢、ハチミツが組み合わさることにより、どんな体質の人にも合う食品になるからです。【解説】西川眞知子(日本ナチュラルヒーリングセンター代表)
更新: 2018-11-11 12:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt