医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【骨粗鬆症予防】牛乳をお勧めしない理由 カルシウム摂取に効果的な食事とは

【骨粗鬆症予防】牛乳をお勧めしない理由 カルシウム摂取に効果的な食事とは

骨粗鬆症の予防対策としてカルシウムをとるために牛乳を飲むことは妥当ではないと判断します。牛乳を飲みたい人は、嗜好品としてたまにとる程度にしたほうが賢明でしょう。カルシウムの吸収率を高めて骨を丈夫に保つには、食事のほかに運動と、日光を浴びることも必要です。【解説】岡本裕(e-クリニック医師)


カルシウム摂取のために「牛乳」をお勧めしない理由

お年寄りの転倒で怖いのが、骨折です。
折れた場所によっては、寝たきりにつながる危険性があるからです。

そのため、骨を丈夫にしようと思って、カルシウムの多い牛乳を、毎日飲む人も多いのではないでしょうか。
しかし私は、カルシウムをとるために牛乳を毎日飲むことは、お勧めできません。

その理由を説明しましょう。
2015年10月26日、WHO(世界保健機関)が「牛肉や豚肉などの赤身肉、ソーセージやハムなどの加工肉に発ガン性がある」との調査結果を発表しました。

これには、食肉業界が反発するなど、世界各地で波紋が広がっています。
このような情報は、業界との絡みなどで、これまでなかなか表ざたにされませんでした。

ですから、今回のWHOの発表で、一つの重しが取れたとする見方もあります。
広く一般に普及し、人々が今まであたりまえのように食べてきたものに、実は健康を害する危険性の高いものがある。

それが、明らかにされるときがきているのではないでしょうか。
牛乳もその一つです。これまで、牛乳は優れたカルシウム供給源として認識されていました。

ところが、中立公正な研究機関として信頼の厚いハーバード公衆衛生大学院では、「カルシウムは重要。しかし、牛乳が唯一もしくはベストな供給源ではない」という指針を出しています。
それどころか、「乳製品の摂取量の多さは、前立腺ガン、卵巣ガンの発症の危険性を増す」と、明言しているのです。

大人にとっては老化を早めることになる

牛乳に含まれるたんぱく質は、80%がカゼイン、20%がホエイプロテインです。
カゼインにはロイシンというアミノ酸のほか、IGF-1というホルモンの分泌を高める物質も含みます。

ロイシンもIGF-1も、成長を促進する物質です。
成長を促進するという側面だけを見ると、子供やアスリートなどの体格づくりには役立つかもしれません。

けれども、成長を促進するということは、老化を早めることにもなります。
一方で、ガン細胞も成長させることになります。

大人にとっては、特に危険性が高いのです。
ホエイプロテインにもロイシンが多く含まれています。

さらに、ホエイプロテインにはインスリン分泌を高める作用もあります。
インスリンは血糖値を下げるホルモンとして知られていますが、インスリン分泌量が多いと、ガンを促進させることもわかっています。

牛乳の過剰摂取は、ハーバード公衆衛生大学院が示すように前立腺ガン、卵巣ガンの危険性を高めるだけではないでしょう。
おそらく、そのほかのガンにも、影響を及ぼすと考えられます。

牛乳に頼らなくても丈夫な骨を保てる!

牛乳には、確かにカルシウムが多く含まれています。
だからといって、ガンになる危険性が高いとわかっているのに、牛乳でカルシウムをとる必要があるのでしょうか。

そもそも、日本人が牛乳を飲むようになったのは明治時代以降です。
給食で日常的に飲むようになったのは、1945年の戦後からです。

それまでは牛乳を飲まなくても、骨は丈夫に保てていたのです。

丈夫な骨をつくるのに必要な栄養素

カルシウムは、コマツナやチンゲンサイなどの野菜、大豆製品、小魚、干しエビなどにも豊富に含まれています。

丈夫な骨を形成するには、カルシウムのほかにマグネシウムも必要です。
また、カルシウムの吸収を促すビタミンD、カルシウムの排出をおさえるビタミンKも重要です。

マグネシウムは納豆やゴマ、海藻など、ビタミンDはキクラゲや魚など、ビタミンKは卵、納豆、コマツナ、ブロッコリー、キャベツなどに多く含まれています(下の図参照)。
つまり、丈夫な骨を保つには、牛乳に頼らなくても、緑黄色野菜や、海藻、魚介類、納豆などを積極的にとるといいのです。

前述したハーバード公衆衛生大学院は、「カルシウム摂取には、牛乳よりも野菜を食べること、ビタミンDとカルシウムを含むサプリメントをとること」を推奨しています。
一説には、牛乳にはカルシウム以外にリンも多く含まれていて、リンがカルシウムの吸収を阻害するともいわれています。

これらを総合して考えると、骨粗鬆症の予防対策としてカルシウムをとるために、牛乳を飲むことは妥当ではないと判断します。
牛乳を飲みたい人は、嗜好品としてたまにとる程度にしたほうが賢明でしょう。

なお、カルシウムの吸収率を高めて骨を丈夫に保つには、食事のほかに運動と、日光を浴びることも必要です。
これらを心がけて、骨粗鬆症の予防に努めてください。

解説者のプロフィール

e-クリニック医師
岡本裕(おかもと・ゆたか)

●e-クリニック
http://e-clinic21.or.jp/

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


骨折 カルシウム 骨粗鬆症

関連する投稿


【レモンの効果】摂取量が多いほど骨密度を高める! 骨粗鬆症を予防するキレート作用とは?

【レモンの効果】摂取量が多いほど骨密度を高める! 骨粗鬆症を予防するキレート作用とは?

カルシウムなどのミネラルは、そのままでは体内に吸収しにくいため、少しずつ骨の密度が落ちてスカスカになり、骨折しやすくなる骨粗鬆症を起こしやすくなります。特に更年期以降の中高年女性は、ホルモン分泌が変化する関係で、骨密度が低下しやすいのです。【解説】飯田忠行(県立広島大学保健福祉学部教授)


【大豆の栄養】脳活動を強力サポート「ビタミンB1」は炒って摂取が良い!

【大豆の栄養】脳活動を強力サポート「ビタミンB1」は炒って摂取が良い!

ビタミンB1を摂取しないと、いくらほかの食品を摂取しても脳の活動源にはなりません。不足状態が続くと思考力や記憶力が低下し、精神的にも不安定になるでしょう。いつまでも若々しい脳でいるためには、「大豆」を積極的に食べることをお勧めします。【解説】加藤淳(北海道立総合研究機構道南農業試験場 場長・農学博士)


骨粗鬆症やサルコペニアの予防には「ちょっと太ってるくらいがいい」

骨粗鬆症やサルコペニアの予防には「ちょっと太ってるくらいがいい」

「体のためには粗食が一番」「肉や卵はメタボのもと」「中高年になったら少食を」最近は、こういったことが「健康の常識」とされているようです。しかし、これらの考え方は、若くて、過食や肥満がある人には当てはまりますが、日本の多くの高齢者には当てはまりません。【解説】新開省二(東京都健康長寿医療センター研究所副所長)


【豆乳マヨネーズの効果】30代からのエストロゲン低下をカバー! 更年期予防に

【豆乳マヨネーズの効果】30代からのエストロゲン低下をカバー! 更年期予防に

年を取れば誰でも白髪や抜け毛、シワ、シミなどの老化の兆しが現れるものです。美意識の高い女性には、鏡を見るのが憂鬱になったと嘆くかたもいるでしょう。「豆乳マヨネーズ」は、そんな人にお勧めの、美しさを取り戻す調味料です。【解説】藤森徹也(オルソクリニック銀座院長)


【骨粗鬆症を予防】レモンの健康効果を医師が解説 お勧めは「レモン酢」

【骨粗鬆症を予防】レモンの健康効果を医師が解説 お勧めは「レモン酢」

果実や野菜などの有効成分の機能が研究によって科学的に証明されたことで、健康に役立てられるようになりました。しかし、レモンに関しては、成分も機能もまだ解明されていない何百年も前から、世界中で健康に役立てられてきた歴史があるのです。【解説】板倉弘重(品川イーストワンメディカルクリニック理事長・医師)


最新の投稿


【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。3時間以上眠れないこともありました。さらに夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら30分も経たないうちに眠れるのです。そして朝まで目覚めることなく熟睡できるようになりました。【体験談】山田亜希子(仮名・無職・79歳)


【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)


風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

プロポリスは、ハチの巣への細菌の侵入を防ぎ、その増殖を防いでくれる物質です。いわば、家を守る防御壁なのです。私たちがこのプロポリスを摂取する際には、それがどのようにして抽出されたのかが、一つの重要なポイントとなります。プロポリスの抽出法によって含有される有効成分が異なるからです。【解説】門田重利(富山大学名誉教授)


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)