【糖尿病を食事で治す】血糖値を下げインスリンを回避「玉ねぎスープ」の作り方

【糖尿病を食事で治す】血糖値を下げインスリンを回避「玉ねぎスープ」の作り方

私は今年、84歳になりますが、現役でレストランの総料理長を務めています。糖尿病になったのは、今から40年ほど昔のことです。あるとき、排尿時に、妙に甘いにおいがするのに気づきました。尿の泡立ちも気になったため、「ひょっとしたら糖尿病かもしれない」と検査を受けたところ……【体験談】窪田好直(グリル満天星総料理長)


窪田好直
 グリル満天星総料理長。1932年生まれ。1954年、当時宮内庁御用達だった『丸の内会館』でフランス料理の修業を始める。「天皇の料理番」として知られる秋山徳蔵氏仕込みの本格フレンチに、和の風合いと健康への気遣いを盛り込んだレシピが、世代を超えて人気を呼んでいる。

薬を使わず食事療法で糖尿病を治療したい!

 私は今年、84歳になりますが、現役でレストランの総料理長を務めています。
 糖尿病になったのは、今から40年ほど昔のことです。

 あるとき、排尿時に、妙に甘いにおいがするのに気づきました。尿の泡立ちも気になったため、「ひょっとしたら糖尿病かもしれない」と検査を受けたところ、予想が当たったのです。
 当時の私は、働き盛り。フレンチはこってりとした料理が多いものですが、味見はシェフの重要な仕事です。仕事柄、おいしいものを次々と口にしているうちに、糖尿病を患ってしまったのでしょう。

 糖尿病の症状は、特に現れなかったのですが、食前血糖値は20mg/dl以上、高いときには300mg/dl近くもありました(基準値は110mg/dl未満)。体重は約75kgで、年々増加傾向。血圧も、最大血圧で200mmHg以上と、かなり高めでした(基準値は140mmHg未満)。

 医師からまず勧められたのは、インスリン注射です。しかし私は、それは避けたかったので、薬を使わず、食事療法に取り組むことにしたのです。
 許可されたエネルギー摂取量は、1日に1500キロカロリーまで。しかし、それを守ろうとすると、空腹でしかたありません。腹持ちがよく、エネルギーは少なく、病気の治療にいいものはないかと探しました。
 その結果、たどりついたのが、「タマネギスープ」なのです。

70代の女性は1ヵ月でインスリンが不要!

 タマネギスープは、週に1度、1週間分をまとめて作ります。私はそれを朝晩、カップに1杯ずつ飲むようにしました。
 すると、血糖値がみるみる改善。なんと、半年ほどのうちに120mg/dlまでに下がったのです。医師からも、「インスリンの必要はない」と、お墨付きをもらえました。

 こうしたわけで、かれこれ40年間、このタマネギスープを中心とした食事を続けています。このスープは、自然な甘みがあり、ご飯にもパンにも合うので、飽きることがありません。
 参考までに、私の1日の食事パターンをご紹介しましょう。

●朝食
 100gのご飯に、梅干し1個、生卵1個、納豆30g、オリーブオイル大さじ1を加え、混ぜて食べる。それに、ゆで野菜と生野菜のサラダ。そして、タマネギスープを1杯。

●昼食
 焼きイモやおせんべいを、ほんの少しつまむ程度。何も口にしないこともある。

●夕食
 主菜は魚の切り身か、ときには肉のことも。食パンを1切れと、野菜サラダ。そして、タマネギスープを1杯。
 お酒を飲むのは、会合などのときだけ。甘いものは、たまの楽しみにとっておきます。

 こうした生活を続けるうちに、血糖値は120mg/dl台で安定するようになりました。
 会合などが続くと、130〜140mg/dl程度に上がることもありますが、少し節制すれば、すぐ元に戻ります。
 体重はいつの間にか18kgほどへり、もうずっと57kg程度をキープしています。血圧もだいぶ下がりました。最大血圧は、120mmHgくらいです。

 食事を変えることで、いっさい薬を使わずに病気をコントロールできるというのは、食に携わる私にとって、ほんとうに喜ばしいことです。
 以前のこと、レストランにいらした、70代くらいの女性のお客様が糖尿病だというので、タマネギスープをご紹介しました。インスリンも使っていると話していたので、私より症状が重かったのでしょう。
 そのかたは、早速実践したところ、なんと1ヵ月でインスリン注射が必要なくなったそうです。報告を受けて、私もうれしく思いました。
 健康を守るタマネギスープ。ぜひ皆さんもお試しください

長く続けるうえでおいしさも重要(水嶋クリニック院長・水嶋丈雄)

 タマネギには、イオウ化合物である硫化アリルと硫化プロピルが含まれています。硫化アリルは血液をサラサラにする働きがあり、硫化プロピルは糖の代謝を促進して血糖値の上昇をおさえてくれます。そこに酢が加わることで、その効果はさらに高まります。酢にも、血糖値の急激な上昇をおさえる作用や、血液をサラサラにする働きがあるからです。
 ですから、酢タマネギに代表される、タマネギと酢の組み合わせは、糖尿病のかたに大変お勧めです。窪田さんが考案された「タマネギスープ」も、酢が入ったことで、糖尿病の改善効果が高まったのでしょう。さらに、ニンニクやベーコン、刻みコンブなどを加えることでうまみが増します。長く続けるうえで、おいしさも重要です。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

私は、「なるべく多くの患者さんが幸せになれる治療法」をモットーに、日々、診療にあたっています。患者さんにガマンを強いる「食事制限」ではなく、おいしく食べながら体の状態をコントロールする「食事調整」であるべきだと、私は考えています【解説】原島伸一(京都大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌・栄養内科学講師)


【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

肥満に対する治療で、「減量手術」が行われることがあります。減量手術は、単にやせたいからという理由で受けるようなものではなく、合併症のある高度肥満、かつ通常の治療では効果のない人が対象となり、日本でも2014年に術式の一つが保険適用になりました。【解説】大城崇司(東邦大学医療センター佐倉病院消化器外科講師)


秋元才加 腹筋の秘密【筋トレ&食事法】体型維持と腰痛改善に(女医・松宮詩依 対談)

秋元才加 腹筋の秘密【筋トレ&食事法】体型維持と腰痛改善に(女医・松宮詩依 対談)

筋肉があるとよい姿勢になるし、肩こり、腰痛、ひざ痛などのケアにもなります。(秋元)糖尿病や認知症を防ぐホルモンが筋肉から出ているという最新研究もあります。(松宮)【対談】秋元才加(女優・タレント)・松宮詩依(天現寺ソラリアクリニック院長)


ミネラルスープで2型糖尿病・メタボを予防!漢字で「鎂」と表す栄養素は何?

ミネラルスープで2型糖尿病・メタボを予防!漢字で「鎂」と表す栄養素は何?

毎日しっかりとっていると、糖尿病(2型)の発症リスクが最大47%、メタボリック症候群の発症リスクが31%減ると最近の研究で判明した、漢字で「鎂」と表す栄養素はなんでしょう。答えは「マグネシウム」。必ず食事から摂取しなくてはならない必須・主要ミネラルの一つです。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学客員教授)


【アレルギーを予防・改善】腸内環境を整えて免疫がアップ!医師もイチオシ「昆布酵母」の健康効果

【アレルギーを予防・改善】腸内環境を整えて免疫がアップ!医師もイチオシ「昆布酵母」の健康効果

コンブを水に漬けて密閉し、冷蔵庫に約10日間保存して作る「コンブ酵母」が話題になっています。水に漬けただけの「コンブ水」と異なり、酸素を遮断するため発酵が起こり、もともとコンブに付着していた乳酸菌や酵母など、増殖に酸素を必要としない微生物が増加します。【解説】本間真二郎(七合診療所所長)


最新の投稿


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)


緑内障を予防する食べ物は「キャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障を予防する食べ物は「キャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障という病気について、「何をどうしようが防ぐことはできない病気」と考えているなら、それは完全な誤解です。緑内障は、日ごろの工夫によって、十分に予防できる病気といえます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)