【糖尿病を食事で治す】血糖値を下げインスリンを回避「玉ねぎスープ」の作り方

【糖尿病を食事で治す】血糖値を下げインスリンを回避「玉ねぎスープ」の作り方

私は今年、84歳になりますが、現役でレストランの総料理長を務めています。糖尿病になったのは、今から40年ほど昔のことです。あるとき、排尿時に、妙に甘いにおいがするのに気づきました。尿の泡立ちも気になったため、「ひょっとしたら糖尿病かもしれない」と検査を受けたところ……【体験談】窪田好直(グリル満天星総料理長)


窪田好直
 グリル満天星総料理長。1932年生まれ。1954年、当時宮内庁御用達だった『丸の内会館』でフランス料理の修業を始める。「天皇の料理番」として知られる秋山徳蔵氏仕込みの本格フレンチに、和の風合いと健康への気遣いを盛り込んだレシピが、世代を超えて人気を呼んでいる。

薬を使わず食事療法で糖尿病を治療したい!

 私は今年、84歳になりますが、現役でレストランの総料理長を務めています。
 糖尿病になったのは、今から40年ほど昔のことです。

 あるとき、排尿時に、妙に甘いにおいがするのに気づきました。尿の泡立ちも気になったため、「ひょっとしたら糖尿病かもしれない」と検査を受けたところ、予想が当たったのです。
 当時の私は、働き盛り。フレンチはこってりとした料理が多いものですが、味見はシェフの重要な仕事です。仕事柄、おいしいものを次々と口にしているうちに、糖尿病を患ってしまったのでしょう。

 糖尿病の症状は、特に現れなかったのですが、食前血糖値は20mg/dl以上、高いときには300mg/dl近くもありました(基準値は110mg/dl未満)。体重は約75kgで、年々増加傾向。血圧も、最大血圧で200mmHg以上と、かなり高めでした(基準値は140mmHg未満)。

 医師からまず勧められたのは、インスリン注射です。しかし私は、それは避けたかったので、薬を使わず、食事療法に取り組むことにしたのです。
 許可されたエネルギー摂取量は、1日に1500キロカロリーまで。しかし、それを守ろうとすると、空腹でしかたありません。腹持ちがよく、エネルギーは少なく、病気の治療にいいものはないかと探しました。
 その結果、たどりついたのが、「タマネギスープ」なのです。

70代の女性は1ヵ月でインスリンが不要!

【関連記事】劇症1型糖尿病になった私の「明日葉」改善体験談

 タマネギスープは、週に1度、1週間分をまとめて作ります。私はそれを朝晩、カップに1杯ずつ飲むようにしました。
 すると、血糖値がみるみる改善。なんと、半年ほどのうちに120mg/dlまでに下がったのです。医師からも、「インスリンの必要はない」と、お墨付きをもらえました。

 こうしたわけで、かれこれ40年間、このタマネギスープを中心とした食事を続けています。このスープは、自然な甘みがあり、ご飯にもパンにも合うので、飽きることがありません。
 参考までに、私の1日の食事パターンをご紹介しましょう。

●朝食
 100gのご飯に、梅干し1個、生卵1個、納豆30g、オリーブオイル大さじ1を加え、混ぜて食べる。それに、ゆで野菜と生野菜のサラダ。そして、タマネギスープを1杯。

●昼食
 焼きイモやおせんべいを、ほんの少しつまむ程度。何も口にしないこともある。

●夕食
 主菜は魚の切り身か、ときには肉のことも。食パンを1切れと、野菜サラダ。そして、タマネギスープを1杯。
 お酒を飲むのは、会合などのときだけ。甘いものは、たまの楽しみにとっておきます。

 こうした生活を続けるうちに、血糖値は120mg/dl台で安定するようになりました。
 会合などが続くと、130〜140mg/dl程度に上がることもありますが、少し節制すれば、すぐ元に戻ります。
 体重はいつの間にか18kgほどへり、もうずっと57kg程度をキープしています。血圧もだいぶ下がりました。最大血圧は、120mmHgくらいです。

 食事を変えることで、いっさい薬を使わずに病気をコントロールできるというのは、食に携わる私にとって、ほんとうに喜ばしいことです。
 以前のこと、レストランにいらした、70代くらいの女性のお客様が糖尿病だというので、タマネギスープをご紹介しました。インスリンも使っていると話していたので、私より症状が重かったのでしょう。
 そのかたは、早速実践したところ、なんと1ヵ月でインスリン注射が必要なくなったそうです。報告を受けて、私もうれしく思いました。
 健康を守るタマネギスープ。ぜひ皆さんもお試しください

長く続けるうえでおいしさも重要(水嶋クリニック院長・水嶋丈雄)

 タマネギには、イオウ化合物である硫化アリルと硫化プロピルが含まれています。硫化アリルは血液をサラサラにする働きがあり、硫化プロピルは糖の代謝を促進して血糖値の上昇をおさえてくれます。そこに酢が加わることで、その効果はさらに高まります。酢にも、血糖値の急激な上昇をおさえる作用や、血液をサラサラにする働きがあるからです。
 ですから、酢タマネギに代表される、タマネギと酢の組み合わせは、糖尿病のかたに大変お勧めです。窪田さんが考案された「タマネギスープ」も、酢が入ったことで、糖尿病の改善効果が高まったのでしょう。さらに、ニンニクやベーコン、刻みコンブなどを加えることでうまみが増します。長く続けるうえで、おいしさも重要です。

【関連記事】美容研究家・中島香里さんの玉ねぎスープの作り方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

【血糖値スパイクを予防】血管の名医が勧める食後高血糖対策は「大豆」と「立ち食い」

「血糖値」「ヘモグロビンAlc」「糖尿病」……。これらの言葉を見て、「私はだいじょうぶ」と思ったあなた。安心するのはまだ早いかもしれません。健康診断で血糖値に問題がなくても、食後に血糖値が急上昇しているかたは多いからです。【解説】池谷敏郎(池谷医院院長・医学博士)


【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

【ダイエット】失敗する原因は“空腹感”のストレス 「耳ツボ」刺激で満腹感が得られる

専門医が推奨!「耳もみ」で17㎏減!糖尿病、うつに効く!髪フサフサ!ダイエットにはつらい空腹感が付きものと思っている人は多いのではないでしょうか。ここで明言します。空腹感によるストレスこそが、ダイエットを失敗させる原因です。「耳ツボ刺激」には、そんなストレスは無縁です。【解説】藤本幸弘(クリニックF院長)


【うつ・ストレスが改善】脳の疲れが取れて目がパッチリ おでこを冷やすと全身の血流アップ

【うつ・ストレスが改善】脳の疲れが取れて目がパッチリ おでこを冷やすと全身の血流アップ

筋肉は、筋膜という薄い膜に覆われており、連動して動いています。おでこ冷やしで頭の血流がよくなり、そこの皮膚や筋肉がほぐれれば、全身の筋膜や筋肉も緩みます。すると体を動かしやすくなるので、結果的に全身の血流がよくなるのです。【解説】小林敬和(タンタン整骨院院長・柔道整復師)


【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

ペインクリニックで、痛みを取る治療法として頻繁に行われる「星状神経節ブロック療法」をご存じの人も多いことでしょう。耳の中央付近には、「星状神経節」に対応する反射点があります。この反射点を刺激すれば、先の星状神経節ブロック療法と似た効果を得られるのではないかと私は考えたのです。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


最新の投稿


【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

私の体に異変が起きたのは、昨年7月のことです。半袖から見えている腕の毛穴という毛穴に、じんましんが出ていたのです。松森先生は「足の第2指と第3指の骨の間を押すといい」と教えてくださいました。1回にかかる時間は数分程度です。仕事の合間に、3〜4回はやったと思います。【体験談】佐藤友子(仮名・会社員・47歳)


歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。【解説】笹野高嗣(東北大学大学院歯学研究科教授)


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

「きくち体操」は鍛える体操ではありません。自分の体に意識を向け、体の変化を感じ取り、体を育てる体操です。体の感覚や変化を感じ取り、体を意識して丁寧に動かせば、体と脳がしっかりつながり、動ける体が育っていくのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】