MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
生理痛はないのが普通!子宮を温める体操「骨盤ゆらゆら」で重症生理が改善

生理痛はないのが普通!子宮を温める体操「骨盤ゆらゆら」で重症生理が改善

私のクリニックに不妊治療で来院される患者さんの平均年齢は40代前半です。不妊で悩まれている患者さんには1つの共通点があります。それは骨盤内の臓器が冷えて固まっていること。もちろん子宮も含まれます。骨盤内が冷えているということは、血流が悪いということです。【解説】出居貞義(大宮レディスクリニック院長)

解説者のプロフィール

出居貞義(いでい・さだよし)
大宮レディスクリニック院長。
信州大学医学部卒業後、自治医科大学産婦人科学教室に入局。
産科、婦人科などを経て、2004年に大宮レディスクリニックを開業。
妊娠しやすい体を他力本願ではなく自己実現する不妊治療で、なかなか妊娠できない女性が簡単に妊娠できるようにするとともに、女性のライフクオリティーの向上と、安全な出産や産後の母子の健康づくりを進めている。

●大宮レディスクリニック
埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5ソニックシティビル14F
TEL 048-648-1657
http://www.omiya-lc.com/

骨盤内の冷えの原因は「運動不足」

私のクリニックに不妊治療で来院される患者さんの平均年齢は40代前半です。
不妊で悩まれている患者さんには1つの共通点があります。

それは骨盤内の臓器が冷えて固まっていること。
もちろん子宮も含まれます。
骨盤内が冷えているということは、血流が悪いということです。

このようなかたは、さらにいろいろな不調を抱えている傾向にあります。
生理痛が重い、生理不順、子宮や卵巣の病気がある、腰痛、肩こり、慢性疲労感などです。
こうした不調も骨盤内の冷え、子宮の冷えが原因であると考えられます。

私は、骨盤内が冷える最大の要因は、運動不足であると考えています。

骨盤は、腸腰筋や腹横筋、大腿四頭筋といった体の中でも最大の筋肉群に囲まれています。

特に腸腰筋は骨盤内の奥深くにある深層筋ですが、ここを鍛えようとすると、足を骨盤より高い位置に上げなければなりません。
日常生活ではそういうシーンはほとんどないため、なかなか鍛えられない筋肉なのです。

かつて腸腰筋は日常生活の中で自然と鍛えられていました。
昔の人たちは床の拭き掃除から洗濯、炊事、和式トイレで用を足すときまで、日常的に足を骨盤より高く上げなければならないシーンがあったのです。

健康な女性には生理痛はない

その昔、神学者であり、医師でもあったアルベルト・シュヴァイツァー博士(1875〜1965)は、アフリカに行ったとき、生理痛で苦しむ女性がいなかったことに驚いたという記録があります。
これは日々の生活の中で、骨盤周囲の筋肉が鍛えられているから。

本来、生理痛というものはありません。
生理痛があるのは体質などではなく、骨盤周囲の筋肉が衰えて固まり、中の子宮が冷えているからなのです。

骨盤周囲の筋肉を鍛えなければならないのですが、激しい運動では続きませんし、かえって体を傷める危険もあります。
そこで私が勧めているのが、いすに座って骨盤を動かす「骨盤ゆらゆら」です。

子宮を温める「骨盤ゆらゆら」のやり方

「骨盤ゆらゆら」で重症生理が軽くなった!

骨盤ゆらゆらは、骨盤を前傾・後傾させたり、上下させたりする簡単な運動ですが、骨盤周辺の深層筋をじゅうぶんに動かすことができます。
これらの筋肉が鍛えられるので、子宮や卵巣が温まり、骨盤内の血行改善にもとても効果的です。

血流が改善されると、子宮内膜が厚くなり、また、子宮や卵巣も温まることで機能が高まるので、妊娠しやすくなります。

私のクリニックでは月に2回、骨盤ゆらゆらの講座を開催しており、これまでに150人以上が受講して、多くの人が効果を得ています。

中には重症生理痛が、たった1回骨盤ゆらゆらを行っただけで、翌月の生理が軽くなったかたや、長年不妊に悩んでいたのに妊娠されたかたなどもいらっしゃいます。

肩こりやむくみの解消、ダイエットにも効果大

そのほか、グラフのとおり、冷え症、肩こり、腰痛、発汗、むくみ、ウエストやヒップのシェイプアップなどにも効果が出ています。
「便秘が改善した」「寝違えなくなった」「カゼを引いても治りが早くなった」といった声も聞きました。

また、医学的データでは、排卵数や受精卵が増えているという結果が出ています。
このことは、産婦人科学会で詳しく発表する予定です。

効率的に筋肉を鍛えられるため、運動が苦手な人や高齢者でも無理なく継続することができます。
その証拠に、骨盤ゆらゆらの講座を受講した人のうち、6割以上が自宅でも継続していると答えています。
ストレスがたまるどころか、むしろリラックスできる運動なのです。

代謝が上がってより妊娠しやすくなる

骨盤周辺が温まり、血流がよくなると、全身が温まり、代謝も上がってきます。
クリニックの不妊治療では、運動療法のほかに栄養療法の指導も行っていますが、骨盤ゆらゆらで代謝が上がることで栄養療法の効果もグンと上がり、より妊娠しやすくなります。

仕事は一日じゅうデスクワーク、掃除は掃除機、炊事は全自動、トイレは洋式……という毎日では、どうしても骨盤の周囲の筋肉は衰え、子宮は冷えてしまいます。
手軽で効果の高い骨盤ゆらゆらを実践して、「温かい子宮」を保つことを心がけてください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
指ヨガの基本的なやり方として、中指のもみ方を紹介します。体の軸になる中指だけでもしっかりもむと、体調面、心理面がガラリと変わると思います。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師) 
更新: 2019-04-12 10:09:16
実は日本は、貧血大国です。50歳未満の健康な日本人女性1万 3000人以上を対象にした調査で、22.3%の人が貧血に相当し、そのうち25.2%は重度の貧血という結果が出ているほどです。女性に最も多いのは、貧血の約2/3を占めると言われる「鉄欠乏性貧血」です。【解説】山本佳奈(ときわ会常磐病院・ナビタスクリニック内科医)
更新: 2019-01-14 18:00:00
私は長い間、重度の生理痛が悩みの種でした。ほかにも、多くの不調を抱えていました。肩や首が常にこっていて、そけい部は重だるく、手足もむくんで、パンパンです。食べ始めて、1ヵ月ほどが過ぎたころでしょうか。朝、スッと起きられるようになったことに気づきました。体に疲れも残っていません。【体験談】杉浦麻衣香(会社員・30歳)
更新: 2018-10-29 07:00:00
寝る前に1分間、おでこを冷やしてみました。すると、頭が休まる感じがして、その日はスッと眠れたのです。以前はのぼせて脳が膨張し、鬱血しているかのような感じだったのに、スーッと何かが抜けるように楽になったのです。【体験談】吉田倫子(仮名・会社員・43歳)
更新: 2018-10-21 20:00:00
閉経後の出血があり、治療が必要な病気ではない場合、病院で「様子をみてください」と言われることがほとんどかと思います。相談者さまの出血も、膣粘膜からの出血の可能性があります。それなら、セルフケアで改善することができます。その方法としてお勧めするのが「会陰マッサージ」です。【解説】たつのゆりこ (Be born助産院院)
更新: 2018-10-21 18:00:00
最新記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt