【糖尿病改善】病気も肥満も吹き飛ばす「玉ねぎ」美味レシピ(1)

【糖尿病改善】病気も肥満も吹き飛ばす「玉ねぎ」美味レシピ(1)

タマネギは、どんな料理にも応用の効くおいしい万能食材。1年を通して安価で手に入りやすいことも大きな利点です。豊富な栄養素を含み健康パワーも満点。「糖尿病や高血圧を改善したい」「ダイエットに成功したい」というかたは、特に積極的に摂取すべき野菜です。【料理・栄養計算】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


 煮てよし、焼いてよし、生で食べてもよしのタマネギは、どんな料理にも応用の効くおいしい万能食材。1年を通して安価で手に入りやすいことも大きな利点です。
 加えて、皆さんご存じのように、豊富な栄養素を含み健康パワーも満点。「糖尿病や高血圧を改善したい」「ダイエットに成功したい」というかたは、特に積極的に摂取すべき野菜です。
 ここでは、タマネギの健康成分を余すことなく活用したレシピをご紹介します。ぜひ、毎日の食卓に取り入れて健康維持にお役立てください。

レシピ①丸ごとタマネギのスープ

食材の旨味が溶け込んだ優しい味わいの和風スープ
エネルギー72kcal/塩分0.8g(各1人分)

【材料】(2人分)
タマネギ…中2個
コンブ(3cm×3cm)…2枚
梅干し(塩分7%)…大2個
水…400ml
煮干し…5g
菜の花…4本

【作り方】
❶鍋にコンブ、梅干し、分量の水を入れ20分置く。
コンブが戻ったら、タマネギを入れ中火にかける。
ふたをし、煮立ったら煮干しを加え、タマネギがやわらかくなるまで30〜40分煮る。

❷菜の花は色よくゆで、食べやすい長さに切る。

❸①を盛りつけ、②を添える。

レシピ②刻みタマネギのカレーミルクスープ

タマネギの甘みが引き立つクリーミースープ
エネルギー147kcal/塩分0.9g(各1人分)

【材料】(2人分)
タマネギ…中2個
オリーブオイル…大さじ1
カレー粉…小さじ1
Ⓐ水…250ml
 チキンブイヨン(固形)…1/2個
 ローリエ…1/2枚
牛乳…100ml
塩…少々
パセリ(みじん切り)…少々

【作り方】
❶タマネギは粗みじん切りにする。

❷鍋にオリーブオイルを中火で熱し、①を入れ、くったりするまで7〜8分しっかりと炒める。

❸カレー粉を加えて炒め、香りが立ってきたらⒶを加える。煮立ったら弱火にし、ふたをして10分間コトコトと煮る。

❹牛乳を加えて中火に戻し、煮立ち始めたら、塩で味を調える。カップに盛りつけて、パセリを散らす。

レシピ③タマネギとタコのサワークリームサラダ

タマネギとタコの異なる食感が好相性!
エネルギー263kcal/塩分0.8g(各1人分)

【材料】(2人分)
タマネギ…中1個
Ⓐ塩…少々
 コショウ…少々
 レモン汁…小さじ2
ゆでタコ…80g
Ⓑサワークリーム…100g
 レモン汁…小さじ1
 砂糖…小さじ1/4
 ディル(ドライ)…少々

【作り方】
❶タマネギは4〜5mm幅の輪切りにし、色が変わるまでゆでる。

❷湯を切って冷水に取って冷ます。水気を切ってからⒶをまぶす。

❸タコは1〜2cm幅のぶつ切りにする。

❹Ⓑを混ぜ合わせ、②と③を加えて和える。

レシピ④ゆでタマネギとアジの菜種和え

お酒のアテにもぴったりな一皿!
エネルギー103kcal/塩分0.8g(各1人分)

【材料】(2人分)
タマネギ…中1個
Ⓐ塩…少々
 酢…大さじ1
アジ(干物)…1/2枚
卵…1個 砂糖…小さじ1
塩…少々 粉サンショウ…少々

【作り方】
❶タマネギは1cm幅のくし形に切り、煮立てた湯の中に入れ、色が変わるまでゆでる。

❷湯を切って冷水に取って冷ます。水気をしっかりと切りⒶをからめる。

❸アジはグリルでこんがりと焼いて、頭と骨、皮を取り除き身をほぐす。

❹卵を溶きほぐし、砂糖と塩を加えて、炒り卵を作る。

❺②と③を合わせ、④で和える。皿に盛りつけてから、粉サンショウを振る。

レシピ⑤タマネギと絹さや、卵のオイスター炒め

ゴマ油とオイスターソースの香りが食欲を誘う一品
エネルギー105kcal/塩分0.7g(各1人分)

【材料】(2人分)
タマネギ…中1個
絹さや…30g
ゴマ油…大さじ1/2
塩…少々
コショウ…少々
卵…2個
オイスターソース…小さじ1

【作り方】
❶タマネギは1cm幅のくし形に切る。絹さやは筋を引く。

❷フライパンにゴマ油を中火で熱し、タマネギを炒める。
 透き通ったら絹さやを加えて軽く炒め、塩、コショウを振る。

❸卵を溶いて流し入れ、大きく混ぜてふんわりと炒める。最後にオイスターソースを加えて、炒め合わせる。

→【解説はコチラ】玉ねぎの健康効果

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

目にまつわる多くの症状の根本原因は、血液の質と血流の低下です。心臓から送り出された質のいいきれいな血液が全身をスムーズに巡り、毛細血管にきちんと行き届けば、目の症状は改善に向かいます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


【熱中症対策の飲み物】手作り"レモン酢"の作り方 塩入りがお勧め 疲れやだるさも解消

【熱中症対策の飲み物】手作り"レモン酢"の作り方 塩入りがお勧め 疲れやだるさも解消

熱中症対策に塩入りの「レモン酢ドリンク」がお勧めです。手作りのレモン酢1カップに、小さじ半分(約3g)の塩を溶かして作ります。次に500ml入りのミネラルウォーターのペットボトルを用意。そこに大さじ2杯分の塩入りレモン酢を足し、ふたをして軽く振って出来上がりです。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


【イライラ解消】イライラが止まらない症状に効果「耳ひっぱり」で自律神経を整える

【イライラ解消】イライラが止まらない症状に効果「耳ひっぱり」で自律神経を整える

耳には全身に関係するツボが集まっていますので、耳ひっぱりは生命維持に重要な領域すべてを活性化し、心身を癒してくれる素晴らしいセルフケア方法です。ぜひ日々活用していただきたいと思います。【解説】土肥雪彦(あかね会土谷総合病院顧問・広島大学名誉教授)


【78歳でも現役】医師の私の元気の秘訣は“肝臓”の温めと食後の“ゴロ寝”

【78歳でも現役】医師の私の元気の秘訣は“肝臓”の温めと食後の“ゴロ寝”

私の元気の秘訣は、肝臓にあります。常に肝臓をいたわることを意識し、できるだけ大切にしています。若々しくて健康的な体を維持するには、肝臓を大切にする必要があるのです。肝臓が働きやすいように、肝臓の血流をよくすることも大事です。それには、今回ご紹介する「肝臓の温め」が最適です。【解説】野村喜重郎(野村消化器内科院長)


【梅干し】美肌・病気知らずの96歳!藤巻あつこ流“梅の漬け方”とアレンジレシピ

【梅干し】美肌・病気知らずの96歳!藤巻あつこ流“梅の漬け方”とアレンジレシピ

おなかが痛いとき、梅肉エキスをなめたり、梅干しをお湯で溶いたものを飲んだりしませんでしたか?梅の持つ整腸作用や血液サラサラ効果は「薬」と言っても過言ではありません。今年こそ梅を使った健康法にチャレンジしてみませんか?【レシピ考案】藤巻あつこ(料理研究家)【料理・スタイリング】古澤靖子


最新の投稿


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

何回も射精をくり返すと精子の数が減る、という心配は無用です。禁欲期間が長すぎると、精子の運動率が低下するうえ、精子のDNA損傷率も高くなることがわかっています。【解説】今井健(GAIA鍼灸整骨院院長・柔道整復師・鍼灸師) 【監修】吉田壮一(よしだレディースクリニック院長)


眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

目にまつわる多くの症状の根本原因は、血液の質と血流の低下です。心臓から送り出された質のいいきれいな血液が全身をスムーズに巡り、毛細血管にきちんと行き届けば、目の症状は改善に向かいます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

老眼、近視、緑内障や白内障、黄斑変性にドライアイ……眼科の諸症状は、目薬などの局所的なケアで治る、と思っていませんか?それでは、根本的な改善は望めません。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)