なぜか【おならが止まらない】を改善 臭すぎるおなら対策に「玉ねぎのみそ汁」

なぜか【おならが止まらない】を改善 臭すぎるおなら対策に「玉ねぎのみそ汁」

私の健康の秘訣は、なんといっても、長年の研究対象でもある「腸内細菌」です。 腸内細菌は、病原菌を排除し、食物を消化するだけではなく、体のなかでさまざまな重要な役目を果たしています。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


11㎏の減量に成功し糖尿病を克服!

 私は、75歳になりましたが、50代のころよりも、現在のほうが若々しく見えるとよくいわれます。というのも、私は50代で、食生活の乱れから糖尿病になりました。そのとき、体重は84kgもあり、見た目もとても老けていたのです。

 その後、タマネギをはじめとする、野菜中心の食生活を実践して糖質を制限した結果、糖尿病を克服。現在、体重は73㎏ほどになりました。見た目が若返っただけではなく、体調もよくなり、全国を講演に飛び回り、本を執筆。そのかたわら、積極的に研究も続けており、毎日多忙でも、ますます元気です。

 そんな私の健康の秘訣は、なんといっても、長年の研究対象でもある「腸内細菌」です。
 腸内細菌は、病原菌を排除し、食物を消化するだけではなく、体のなかでさまざまな重要な役目を果たしています。
 体内では免疫が常に機能し、病気を防ぐように働いていますが、この免疫の働きのおよそ70%は、腸内細菌によるものです。また、人が幸福感を覚えるときは、脳内でドーパミンやセロトニンといった、いわゆる「幸せ物質」が分泌されています。この幸せ物質の前駆物質を合成し、脳に送っているのも腸内細菌です。

 こうした腸内細菌の育成を怠れば、残念なことに、万病が引き寄せられるといっても過言ではありません。腸の不調が原因で引き起こされる病気は、ガンや動脈硬化などの生活習慣病、アレルギー疾患、うつ病をはじめとする心の病気など、非常に幅広いのです。
 ですから、元気で長生きするためには、腸を元気にする、つまり「腸力」をアップさせて免疫力を高めることが欠かせません。
 さて、腸力をアップさせるために、どんな食生活を送ればいいのでしょうか。

 私のとっておきの方法は、「タマネギみそ汁」です。毎朝、これを必ず食べています。ここにも、腸力をアップさせる秘訣が隠されているのです。

タマネギとみその相乗効果で腸元気!

 それでは、タマネギみそ汁を例にとって、それが私たちの体をいかに助けてくれるか、お話ししましょう。

 タマネギには、オリゴ糖や糖アルコールといった成分が含まれています。これらは腸内細菌のえさとなります。
 腸内には、善玉菌、悪玉菌のほかに、日和見菌の三種類の菌が存在します。近年の研究で、腸内環境を整えるうえで、この日和見菌が重要な役割をしていることがわかっています。

 日和見菌は、善玉菌が少し優位になると、善玉菌に加担し、その働きを増幅させます。逆に、悪玉菌が優位となれば、悪玉菌に加担し、腸内細菌のバランスを悪化させてしまうのです。
 タマネギのオリゴ糖や糖アルコールは、善玉菌のえさとなり、善玉菌をふやします。代表的な発酵食品の一つであるみそも、善玉菌をふやします。

 つまり、タマネギみそ汁は、タマネギ自体とみそ、両者の働きによって善玉菌をふやし、日和見菌を味方につけて、腸内環境を良好に整えてくれるのです。
 ちなみに、善玉菌の一つであるビフィズス菌は、オリゴ糖などのよいえさを与えられると、1週間で、その占有率が大きくアップします。しかし、えさを与えられなくなると、また、元の比率へと戻ってしまうことがわかっています。
 つまり、腸内環境をよい状態に保つためには、タマネギみそ汁のように、善玉菌を育てるメニューを持続的にとることが大事になるのです。

 タマネギみそ汁には、別の効能もあります。活性酸素が、老化や病気の原因物質であることは、よく知られるようになってきました。活性酸素は、体内でガンや糖尿病、心筋梗塞など、200種類もの病気を引き起こすともされています。
 さらに、現代人は、とかく添加物の多い食品を口にしがちですが、その結果、食品中の活性酸素が働いて善玉菌をへらしてしまうのです。

 そこで、タマネギが役立ちます。豊富に含まれたイオウ化合物が、優れた抗酸化作用を発揮し、活性酸素に対抗してくれます。そして、みそもまた、抗酸化作用の強力な食品です。
 ですから、タマネギみそ汁を常食することは、その二つの効果が相まって、活性酸素をへらす助けをしてくれるはずです。
 ちなみに、腸内細菌中の善玉菌の量は、毎日の便を見ればわかります。

 バナナのように形がよく、においの少ない便は、善玉菌が多く、腸が元気なことを示しています。便の量が多いのも、とてもよいことです。
 加えて、自分の腸内環境がよい状態かどうかは、おならのにおいでも判断できます。おならが臭くないかたは、善玉菌が優位で、腸内環境も悪くありません。逆に、おならが非常に臭いようであれば、腸内環境がじゅうぶんに働いているとはいえないのです。

 便の形状がよくない、臭い、便の量が少ない、おならが臭いという場合は、ぜひ一度、自分の食事を見直してみてください。
 もしも、ご自分の食事に問題があると感じたら、その見直しの第一歩として、タマネギみそ汁を食べ始めてみてはいかがでしょうか。

解説者のプロフィール

藤田紘一郎(ふじた・こういちろう)
 1939年、旧満州ハルビン生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業。東京大学医学系大学院博士課程修了。医学博士。金沢医科大学教授、長崎大学教授、東京医科歯科大学大学院教授を経て現職。免疫や腸内細菌、伝染病の研究の第一人者。著書に『笑う免疫学: 自分と他者を区別するふしぎなしくみ 』(ちくまプリマー新書) など多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

股関節は、上半身と下半身をつなぐ関節ですから、ここが硬いと体全体がゆがみます。その結果、ネコ背や腰痛、肩こり、頭痛、関節の痛みなどが生じてくるのです。股関節の可動域を広げるためには、股関節周辺の筋肉を柔軟にすることがたいせつです。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)


【バターコーヒーの効果 】ギーの必要量はアーユルヴェーダのタイプ別に違う!

【バターコーヒーの効果 】ギーの必要量はアーユルヴェーダのタイプ別に違う!

ギーは、食塩不使用バターを加熱して水分を飛ばし、乳たんぱくと乳糖を取り除いて作られた純粋な乳脂肪です。料理に用いるのはもちろん、傷や皮膚炎の治療として肌にぬったり、点眼、点鼻薬に用いたりするなど、昔からさまざまな用途で活用されてきました。【解説】西川眞知子(アーユルヴェーダ・ライフコンサルタント)


【ケトン体ダイエット】医師お勧めの方法は「バターコーヒー」インスタントでもOK

【ケトン体ダイエット】医師お勧めの方法は「バターコーヒー」インスタントでもOK

テレビ番組で、私が勧めるダイエット法が紹介されました。番組では「8:16時間ダイエット」という呼び名で、双子のお笑い芸人「ザ・たっち」の弟、かずやさんが挑戦しました。8: 16時間ダイエットを成功させるための力強い味方として最適なのが、バターコーヒーです。【解説】片山成二(かたやま脳外科内科クリニック院長)


漢方医お勧めは「昆布酵母」 風邪の引き初めに発酵パワーを実感!

漢方医お勧めは「昆布酵母」 風邪の引き初めに発酵パワーを実感!

私が酵母に興味を持ったのは、米を発酵させた健康食品を、食料品店で見つけたのがきっかけです。米と麹を低温で自然発酵させ、もともと米に付着していた乳酸菌と酵母を培養し、パウダー状にしたという物です。【解説】石井恵美(やくも診療所院長)


最新の投稿


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)


緑内障を予防する食べ物は「キャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障を予防する食べ物は「キャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障という病気について、「何をどうしようが防ぐことはできない病気」と考えているなら、それは完全な誤解です。緑内障は、日ごろの工夫によって、十分に予防できる病気といえます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)