MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【重症糖尿病】「玉ねぎの常食」で夫のA1cが12.9%→6.3%に下がった!

【重症糖尿病】「玉ねぎの常食」で夫のA1cが12.9%→6.3%に下がった!

主人の糖尿病が判明したのは2010年のことでした。長年、健康診断を拒んでいましたが、たまたま受けたら発覚。血糖値は327mg/dl、ヘモグロビンA1cは9.6%と、かなり高い数値でした。また、合併症で網膜症を患い、左目が見えづらくなりました。【体験談】横地芙美子(鳥取県・75歳・親業訓練協会シニアインストラクター) 

医師から足の切断をほのめかされるほど悪化

 主人の糖尿病が判明したのは2010年のことでした。それまで長年、健康診断を拒んでいましたが、たまたま受けたところ、発覚したのです。
 血糖値は327mg/dl(基準値は、110mg/dl未満)、過去1~2ヵ月の血糖状態を示す指標であるヘモグロビンA1cは9.6%(基準値は、4.6~6.2%)と、かなり高い数値でした。

 主人は以前より、かなりお酒を飲むほうでしたが、この前年に67歳で退職して以降、さらに酒量が増加していました。それでも、医師の治療をおとなしく受けたら、事態が好転するだろうと楽観視していたのです。

 ところが、薬を飲んだにもかかわらず、症状は悪化の一途をたどりました。2013年には血糖値は450mg/dl、A1cは12.9%まで上がりました。

 さらに恐ろしいことに、体重が急激に減り始めました。糖尿病の進行によるものです。かつて63kgあった体重は、2014年には48kgに減少しました。
 また、糖尿病の合併症で網膜症を患い、左目が見えづらくなりました。かつては車の運転が得意だったのに、何度か車体をこすってしまったのです。

 当時は服薬治療のみでしたが、もし通っていたのが大学病院のように大規模な医療施設だったなら、インスリン治療は避けて通れなかったでしょう。
 主人の病状は、担当医が足の切断をほのめかすほど深刻でした。体はやせ細り、栄養失調状態に陥っていました。そこで私は、いろいろ調べた結果、「野菜の王様」であるタマネギを食べさせよう、と考えたのです。

 主人と相談し、庭に家庭菜園を設け、タマネギを中心とした野菜作りを開始。その畑の世話役を、主人に担ってもらうことにしました。もちろん、こうしたことは、本人がその気にならないと、うまくいかないもの。私は長らく、「親業」のインストラクターとして活動しているので、そのあたりは、よく心得ています。

 主人は退職後、生きがいがないと嘆いていました。きっと、この畑作りが、状況を打開するきっかけになる。そう説得すると主人は理解を示し、自発的に栽培に取り組むようになりました。そして、自分で精魂込めて作ったタマネギを収穫しては、せっせと食べ始めました。それが、2014年のことです。

網膜症で見えづらかった視力もすっかり改善!

 苦味のないおいしいタマネギがたくさん取れるので、さまざまな食べ方で活用しています。鍋物に入れたり、肉料理に添えたりと、食卓に欠かせません。
 タマネギは、大きめにカットして電子レンジで加熱した物を常備しておくと、使いたいときにいつでも料理に加えることができ、大変便利です。

 また、丸ごとタマネギのレンジ蒸しもお勧めです。どこかで教わったレシピを参考にしました。タマネギは皮をむき、8等分に切れめを入れます。このとき、根に近い部分は、完全に分離しないよう残しておきます。
 これを器に入れ、ラップをかけ、電子レンジで5~6分加熱。ハスの花のように開いたところに、カツオ節を散らし、ポン酢かしょうゆをかけていただきます。主人はこれが大のお気に入りで、毎日食べています。

 こうしてタマネギづくしの生活を続けていたところ、主人はみるみる元気になっていきました。2016年5月に受診した際には、血糖値は119mg/dl、A1cはなんと、6.3%まで下がっていたのです。

 この時点で、「タマネギを薬と思ってがんばろう」と通院をやめたので、最近の数値はわかりません。ただ、顔色などを見る限り、いい健康状態を保てているようです。体重も今は、54kg程度まで戻ってきました。
 実は、タマネギを食べ始める2年ほど前から、アズキを加えて炊いた玄米を長時間保温しながら食べる、いわゆる「酵素玄米」も実践してきました。

 これは現在も続けていますが、ここまで糖尿病がよくなったのは、やはりタマネギの効果だと思います。というのも、主人はタマネギを本格的に食べ始めた際に、薬を飲むのをやめたのにもかかわらず、これだけ数値が改善したからです。

 おかげで視力もすっかりよくなり、もう車体をこするようなこともありません。
 タマネギ生活は、窮余の一策でしたが、期待以上の成果でした。主人はタマネギに命を救われたようなものです。大地の恵みに、心から感謝しています。

体内の糖代謝を高め糖尿病の改善に力を発揮(クリニック真健庵院長・星子尚美)

 血糖が高い状態が長く続くと血管に負担がかかり、まず最も細い毛細血管から損傷を受けます。目の網膜には毛細血管が集まっているため、糖尿病が進行すると網膜症を発症し、視力が低下してくるのです。
 タマネギに含まれる硫化プロピルなどの含硫アミノ酸は、体内で糖の代謝を高めたり、インスリンの働きを助けたりして、糖尿病の改善に強い力を発揮してくれます。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
こうして手のひらを押していたところ、なんと今年3月の人間ドックではヘモグロビンA1cが6.3%と正常値にまで低下したのです。これで安心したのですが、私の母にはもっと凄い効果が表れました。インスリン注射を1日1回に減らせました。注射は体に大きな負担があるらしく、これには母も大喜びでした【体験談】小池幸子(会社員・56歳)
主人の血糖値ですが、酢タマネギを食べ始めてわずか2ヵ月ほどで100mg/dlまで下がりました。服薬を続けても下がらなかったのに、酢タマネギを食べ始めてすぐに改善したことには驚きました。血圧も下がり、以前は降圧剤を飲んで最大血圧が200mmHgだったのが、今は130mmHg程度です。【体験談】伊林好子(主婦・76歳)
マグネシウムは体内では合成できないため、必ず食品から摂取しなければいけない「必須ミネラル」の1つです。現代の日本人の食生活は、カロリーは満たされていても、マグネシウムが足りない『新型栄養失調』状態にあるのです。その結果、糖尿病や脂質異常症、肥満をきたしやすくなるのです。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学客員教授)
認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)