医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【重症糖尿病】「玉ねぎの常食」で夫のA1cが12.9%→6.3%に下がった!

【重症糖尿病】「玉ねぎの常食」で夫のA1cが12.9%→6.3%に下がった!

主人の糖尿病が判明したのは2010年のことでした。長年、健康診断を拒んでいましたが、たまたま受けたら発覚。血糖値は327mg/dl、ヘモグロビンA1cは9.6%と、かなり高い数値でした。また、合併症で網膜症を患い、左目が見えづらくなりました。【体験談】横地芙美子(鳥取県・75歳・親業訓練協会シニアインストラクター) 


医師から足の切断をほのめかされるほど悪化

 主人の糖尿病が判明したのは2010年のことでした。それまで長年、健康診断を拒んでいましたが、たまたま受けたところ、発覚したのです。
 血糖値は327mg/dl(基準値は、110mg/dl未満)、過去1~2ヵ月の血糖状態を示す指標であるヘモグロビンA1cは9.6%(基準値は、4.6~6.2%)と、かなり高い数値でした。

 主人は以前より、かなりお酒を飲むほうでしたが、この前年に67歳で退職して以降、さらに酒量が増加していました。それでも、医師の治療をおとなしく受けたら、事態が好転するだろうと楽観視していたのです。

 ところが、薬を飲んだにもかかわらず、症状は悪化の一途をたどりました。2013年には血糖値は450mg/dl、A1cは12.9%まで上がりました。

 さらに恐ろしいことに、体重が急激に減り始めました。糖尿病の進行によるものです。かつて63kgあった体重は、2014年には48kgに減少しました。
 また、糖尿病の合併症で網膜症を患い、左目が見えづらくなりました。かつては車の運転が得意だったのに、何度か車体をこすってしまったのです。

 当時は服薬治療のみでしたが、もし通っていたのが大学病院のように大規模な医療施設だったなら、インスリン治療は避けて通れなかったでしょう。
 主人の病状は、担当医が足の切断をほのめかすほど深刻でした。体はやせ細り、栄養失調状態に陥っていました。そこで私は、いろいろ調べた結果、「野菜の王様」であるタマネギを食べさせよう、と考えたのです。

 主人と相談し、庭に家庭菜園を設け、タマネギを中心とした野菜作りを開始。その畑の世話役を、主人に担ってもらうことにしました。もちろん、こうしたことは、本人がその気にならないと、うまくいかないもの。私は長らく、「親業」のインストラクターとして活動しているので、そのあたりは、よく心得ています。

 主人は退職後、生きがいがないと嘆いていました。きっと、この畑作りが、状況を打開するきっかけになる。そう説得すると主人は理解を示し、自発的に栽培に取り組むようになりました。そして、自分で精魂込めて作ったタマネギを収穫しては、せっせと食べ始めました。それが、2014年のことです。

網膜症で見えづらかった視力もすっかり改善!

 苦味のないおいしいタマネギがたくさん取れるので、さまざまな食べ方で活用しています。鍋物に入れたり、肉料理に添えたりと、食卓に欠かせません。
 タマネギは、大きめにカットして電子レンジで加熱した物を常備しておくと、使いたいときにいつでも料理に加えることができ、大変便利です。

 また、丸ごとタマネギのレンジ蒸しもお勧めです。どこかで教わったレシピを参考にしました。タマネギは皮をむき、8等分に切れめを入れます。このとき、根に近い部分は、完全に分離しないよう残しておきます。
 これを器に入れ、ラップをかけ、電子レンジで5~6分加熱。ハスの花のように開いたところに、カツオ節を散らし、ポン酢かしょうゆをかけていただきます。主人はこれが大のお気に入りで、毎日食べています。

 こうしてタマネギづくしの生活を続けていたところ、主人はみるみる元気になっていきました。2016年5月に受診した際には、血糖値は119mg/dl、A1cはなんと、6.3%まで下がっていたのです。

 この時点で、「タマネギを薬と思ってがんばろう」と通院をやめたので、最近の数値はわかりません。ただ、顔色などを見る限り、いい健康状態を保てているようです。体重も今は、54kg程度まで戻ってきました。
 実は、タマネギを食べ始める2年ほど前から、アズキを加えて炊いた玄米を長時間保温しながら食べる、いわゆる「酵素玄米」も実践してきました。

 これは現在も続けていますが、ここまで糖尿病がよくなったのは、やはりタマネギの効果だと思います。というのも、主人はタマネギを本格的に食べ始めた際に、薬を飲むのをやめたのにもかかわらず、これだけ数値が改善したからです。

 おかげで視力もすっかりよくなり、もう車体をこするようなこともありません。
 タマネギ生活は、窮余の一策でしたが、期待以上の成果でした。主人はタマネギに命を救われたようなものです。大地の恵みに、心から感謝しています。

体内の糖代謝を高め糖尿病の改善に力を発揮(クリニック真健庵院長・星子尚美)

 血糖が高い状態が長く続くと血管に負担がかかり、まず最も細い毛細血管から損傷を受けます。目の網膜には毛細血管が集まっているため、糖尿病が進行すると網膜症を発症し、視力が低下してくるのです。
 タマネギに含まれる硫化プロピルなどの含硫アミノ酸は、体内で糖の代謝を高めたり、インスリンの働きを助けたりして、糖尿病の改善に強い力を発揮してくれます。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


肉料理で胃もたれしなくなった!発酵タマネギ料理で胃腸の不調が大改善

肉料理で胃もたれしなくなった!発酵タマネギ料理で胃腸の不調が大改善

発酵タマネギを食べ始めてからは、胃腸の不調を感じなくなって、体力も増していると思います。肌にもツヤが出て、発酵食品の力に驚いています。おかげで飲まないと不安だった漢方薬を飲むことが減りました。食べ始めてから毎日の便の量が増えて、朝に出るようになるなど、うれしい変化がありました。【体験談】松原ふみ奈(主婦・39歳)


予防医学の専門家が推奨!甘酒寒天の健康効果と有効な食べ方

予防医学の専門家が推奨!甘酒寒天の健康効果と有効な食べ方

食物繊維はメッシュ状の構造で、その網目に水分を保持することで、腸の中で多くの作用を生み出します。寒天はこの網目が、ほかの食物繊維よりもずっと細かいのです。寒天1gが保持する水分量は100g、つまり100倍の保水力を持ちます。【解説】杤久保修(神奈川県予防医学協会中央診療所予防医療部部長・横浜市立大学名誉教授)


「発酵タマネギ」を食べて2週間で4キロやせた!美味しくて毎日継続中

「発酵タマネギ」を食べて2週間で4キロやせた!美味しくて毎日継続中

発酵タマネギを食べ始める直前、私は暴飲暴食をして3㎏太ってしまったのですが、発酵タマネギを食べ始めて2週間で、体重が4㎏も減ったのです。さらに2年以上治らなかった、原因不明の首の皮膚炎も治まってきました。【体験談】後藤優美子(神社受付・53歳)


40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)


「発酵玉ねぎ」を食べ始めて気づいた体の変化とは…?

「発酵玉ねぎ」を食べ始めて気づいた体の変化とは…?

これまで便秘を治すために、腸にいいと言われるものを食べたり、飲んだりしましたが、いちばんおいしくて簡単で、効果のある発酵食品にたどりつくことができました。発酵の楽しさは、自分で菌を育てて、おいしくて体によいものができあがること。料理をする楽しみが増えました。【体験談】清川伸子(会社員・40代)


最新の投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)