MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【演歌歌手・北山たけしさん】血圧やお通じに効果!北島一家の食卓に欠かせない「玉ねぎ」

【演歌歌手・北山たけしさん】血圧やお通じに効果!北島一家の食卓に欠かせない「玉ねぎ」

北島家のタマネギ熱に火がついたのは、おそらく2011年ごろだったと思います。当時、加熱したタマネギをペースト状にして凍らせた物を、さまざまな料理に使う健康法が、ブームになっていたのです。もともとタマネギが好きだった北島家の女性陣は、この食べ方を気に入り、早速とり入れました。【体験談】北山たけし(歌手)

体験者のプロフィール

北山たけし
1974年、福岡県柳川市出身。幼少期から演歌を習い、9歳のときに「ちびっこのど自慢」で優勝。21歳で北島三郎の内弟子となり、2004年、『片道切符』で新人賞を総なめにする。圧倒的な歌唱力と端正なルックスで、幅広い年齢層の男女から支持を集めている。
★大人の男の気持ちを、優しく力強く歌い上げるムード歌謡『アカシアの街で』が好評発売中。

スライスオニオンが毎朝丼にてんこ盛り!

 今でこそタマネギが大好きな私ですが、実は、以前はそれほどでもありませんでした。タマネギを好きになったのは、妻と結婚して北島ファミリーの一員となってからです。
 私の歌の師匠であり義父でもある北島三郎先生のタマネギ好きは、ファンの皆さんの間で、よく知られています。後援会のかたが、タマネギを箱単位で送ってくださるほどです。

 北島家のタマネギ熱に火がついたのは、おそらく2011年ごろだったと思います。当時、加熱したタマネギをペースト状にして凍らせた物を、さまざまな料理に使う健康法が、ブームになっていたのです。
 もともとタマネギが好きだった北島家の女性陣は、この食べ方を気に入り、早速とり入れました。義母は高血圧の薬を飲んでいたので、タマネギが血圧を下げるのにいいと知り、より積極的にとることにしたのでしょう。このあたりから毎朝、丼にてんこ盛りのスライスオニオンが出るようになったのです。

 スライスオニオンの食べ方は人それぞれです。小皿に好きなだけ取り、ある人はオリーブオイルとしょうゆをかけたり、ある人はサラダにのせたり。師匠は、トマトの上にトッピングするのが好みですね。

 丼のスライスオニオンが余ったら、みそ汁などほかの料理に加えて使い切ります。夕食に再登場することもあります。
 私はといえば、最初のころは毎日供されるスライスオニオンに面食らっていました。けれどもいつしか、あるとうれしく感じるほど好きになったのです。

 マヨネーズで軽く和えたスライスオニオンを、ハムで巻いて食べてもおいしいですね。サーモンと合わせてカルパッチョ風にしたり、カツオのたたきに添えたりと、飽きることはありません。

お気に入りは、カツオ節と卵黄をのせてポン酢をかける食べ方

 私のお気に入りは、タマネギにカツオ節と卵黄をのせて、ポン酢をかける食べ方です。これは確か、沖縄の居酒屋さんに教えてもらいました。初めて食べたとき、そのおいしさに感動し、以来、家でも作るようになったのです。

 今朝も、もちろん食べてきましたよ(笑)。

総コレステロール値が下がってきた!

 師匠も私も、地方を回らせていただくお仕事が多いので、週の半分ほどは、家を空けています。その間の食事は、お弁当や外食ばかりで、どうしても野菜が不足ぎみ。ですから、東京に帰って、野菜たっぷりの食事をとると、心からほっとします。

 実は、北島家の庭には家庭菜園があり、とれたての野菜には事欠きません。夏には無農薬のキュウリやトマトなどが、食卓に並びます。ひょっとしたら、いずれタマネギも植え始めるかもしれませんね(笑)。
 北島家の食卓は、ほんとうにタマネギづくしです。朝食のスライスオニオンはもちろんのこと、みそ汁には今も必ず、タマネギペーストの氷が溶かされて入っています。

 また、女性陣はどうも、タマネギの皮を煮出した汁を飲んでいるようです。茶色い皮がお湯につかっているのを、台所で見かけることがあります(笑)。私は試していませんが、これも健康にいいのでしょうか。

 そういえば、以前の義母はよく、なんでもないときでも顔を真っ赤にしていました。最近はそうしたこともないので、血圧が落ち着いているのだと思います。

 私は、以前は総コレステロール値がやや高めでしたが、こうしてタマネギをたくさん食べるようになってから、うれしいことに、数値が下がってきました。お通じも、以前よりよくなったと実感しています。

 ふだん野菜が不足ぎみの私にとって、タマネギはもはや、大切な「リセット食」です。これからもタマネギに健康を支えてもらい、皆さんにハリのある歌声を届けたいと思います。

強い抗酸化作用が血液や血管の状態を改善(クリニック真健庵院長 星子尚美)

 タマネギづくしの食卓とは、すばらしいですね。北山さんが台所で見かけるというのは、皮を煮出した「皮茶」でしょう。

 タマネギの皮には、強い抗酸化作用があるケルセチンというポリフェノールが豊富に含まれており、血液や血管の状態を改善するのに効果を発揮します。

 食材をまるごといただくと、より高い栄養価が得られるという考え方を、「一物全体」といいます。皮も捨てずに有効活用するといいでしょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
血圧が高くなることを気にしておられるかたもいらっしゃるでしょう。しかし、年齢とともに血圧が上がるのは、生命を維持するために必要な自然現象なのです。高齢者の場合、血圧が高いおかげで元気なのだといってもいいでしょう。【解説】松本光正(関東医療クリニック院長)
更新: 2019-05-03 18:00:00
乳酸タマネギを食べ始めると、1週間後くらいから、それまで不安定だったお通じが、2日に1回のペースでつくようになったのです。また、私は30代で糖尿病になりました。現在も通院して血糖値のチェックを受けています。乳酸タマネギを食べ始めてから、血糖値も正常値で安定しているので、うれしい限りです。【体験談】林恵(主婦・51歳)
更新: 2019-02-27 18:00:00
定期通院で血圧が130mmHgに下がっていたのです。降圧剤でも正常値にならなかったので、このときは「うそでしょ!? 」と声が出るほど本当に驚きました。2ヵ月後も正常値だったため4錠だった降圧剤を2錠に減らせました。念願だった減薬に着手できてどれだけうれしかったかわかりません。【体験談】山田平次(仮名・会社員・69歳)
更新: 2019-02-20 18:00:00
バナナ酢を飲み始めて暫くすると、以前は60kg弱だった体重が、今は56kg前後に。夫の血圧も安定しています。以前は、降圧剤を飲んだ状態で最大血圧は130mmHg台でしたが、最近は、日によっては120mmHg台まで下がるそうです。【体験談】久保田亮子(仮名・パートタイマー・69歳)
更新: 2018-11-12 07:00:00
効果を確かめようと、行う前と後で血圧を計りました。すると、行う前は168mmHgあった最大血圧が、アキレス腱トントン体操を両足合わせて200回した後では138mmHgまで下がったのです。内心、効果を信じていなかったので、この急降下ぶりに思わず目を見はりました。【体験談】鈴木秀一(会社役員・56歳)
更新: 2018-10-31 07:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt