医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【男性の更年期】玉ねぎ(1日半個) 症状が改善 耳鳴り めまい に効果

【男性の更年期】玉ねぎ(1日半個) 症状が改善 耳鳴り めまい に効果

更年期障害は、女性にのみ生じるものと考えられてきましたが、近年、男性にも起こることがわかってきました。それが「男性更年期障害」です。男性ホルモン「テストステロン」が減ることで性機能の低下や精力減退だけではなく、さまざま不定愁訴が起こるのです。早い人は、40歳くらいから始まります。【解説】林督元(弘邦医院院長)


男性ホルモン、テストステロンの分泌を促すタマネギ

男性ホルモンの分泌を促す!

男性更年期障害の改善に医師がイチ押し!

 女性の場合、閉経が近づくにつれて、女性ホルモンの分泌量が減少し、のぼせや頭痛、だるさ、疲労感などといった症状が起こりやすくなります。いわゆる、更年期障害です。

 これまで、更年期障害は、女性にのみ生じるものと考えられてきました。ところが、近年、男性にも女性の更年期障害に相当する症状が起こることがわかってきました。
 それが、「男性更年期障害」です。

 主要な男性ホルモンである「テストステロン」は、20代に最も多く分泌され、中高年以降、徐々にその分泌量が減っていきます。そして、減り続けた結果、性機能の低下や精力減退だけではなく、さまざま不定愁訴が起こるのです。

 その症状としては、睡眠障害、うつ、イライラ、頭痛、めまい、耳鳴りなどが挙げられます。個人差はありますが、45~50歳に最も発症しやすく、早い人は、40歳くらいから始まります。

 例えば、最近、あなたが耳鳴りやめまいで悩まされていて、耳鼻咽喉科で調べてもらったものの、どこにも異常がないといわれたとしましょう。耳鳴りやめまいは、調べても原因がはっきりしないことはよくありますが、男性更年期障害によって発症している可能性も、十分に考えられるのです。

 では、男性更年期障害を改善するためには、どうしたらいいでしょうか。

 不規則な生活や睡眠不足、過度な飲酒、喫煙などは、テストステロンを減らす要因とされています。ですから、不定愁訴を軽減するためには、生活習慣を改め、適度な運動と十分な睡眠を取り、ストレス解消に努める必要があります。

 減少したテストステロンを増やす最も直接的な方法としては、テストステロンを注射する方法があります。しかし、そうした物理療法に頼る前に、食生活でテストステロンを増やせるなら、それに越したことはありません。

 そこで、私が皆さんにお勧めしたい食べ物が、「タマネギ」です

さびついた精巣を元気にする!

 タマネギには、テストステロンの生成を助けるアリイン類というアミノ酸が、豊富に含まれています。

 テストステロンの原料は、コレステロールです。コレステロールは、40~50代の男性の体内にはたくさんあります。にもかかわらず、なぜ、この年代でテストステロンの減少が起こるのでしょうか。

 それは、テストステロンを作る精巣の細胞が、うまく働かなくなるためです。
 タマネギのアリイン類は、精巣の細胞に栄養を与え、精巣を元気にします。さびついた機械に油をさすようなもの、と考えればよいでしょうか。最新の動物実験のデータでも、アリイン類に、精巣のテストステロンの分泌を増やす働きがあることがわかっています。

 ですから、テストステロンの減少によって起こるED(勃起不全)や精力減退にも、タマネギは有効です。また、タマネギに含まれる硫化アリルは、血流を促す作用があるので、勃起力の維持にも役立つでしょう。

 ただし、タマネギのアリイン類を効果的に利用するには、調理の際に工夫が必要です。なぜなら、タマネギを切ると、内部にある酵素が活性化して、アリイン類を分解してしまうからです。また、長時間タマネギを加熱すると、やはり、アリイン類が変質し、有効性を失ってしまいます。

 このため、タマネギを調理する際には、なるべく切らず、長時間加熱せずに食べるのが理想的です。
 とはいえ、こうした食べ方はなかなかできないものです。ですから、タマネギを食べる際には、なるべく大きく切り、加熱時間も短めにすることを心がけるといいでしょう。

 タマネギの摂取量は、1日半個を目安にすれば十分です。
 また、皮をむいたタマネギを電子レンジに2~3分かけてから料理するのもいいでしょう。こうすることで、アリイン類が失われにくくなるという研究データがあります。

 皆さんもぜひ、タマネギを積極的に食べて、男性更年期障害の改善に役立ててください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


傷口は治ったのに古傷が痛む…11円スリッパで腫れが引いて楽になった!

傷口は治ったのに古傷が痛む…11円スリッパで腫れが引いて楽になった!

十数年前に登山中に木の株に足を引っかけて転び、足の腫れと痛みに悩まされていました。11円スリッパをはき始めて3~4日たったころ、「左足のくるぶしの出っ張りが見える! 」と驚きました。というのも、ケガ以来、左の足首の腫れによって、くるぶしの外側の骨が見えなくなっていたからです。【体験談】土田喜代美(仮名・主婦・74歳)


まさに耳の三重苦…めまい・耳閉感・拍動性耳鳴りが「耳たぶさすり」で変化

まさに耳の三重苦…めまい・耳閉感・拍動性耳鳴りが「耳たぶさすり」で変化

耳鳴り、めまい、耳閉感、という「耳の三重苦」のような症状で、不快でつらい状態が続いていました。耳たぶさすりを一ヵ月くらい続けたところ、少しよくなってきたかな、と感じていました。気をよくした私は、さらに熱心に2~3ヵ月続けました。すると、見違えるような変化が現れたのです。【体験談】水川華代(仮名・主婦・70歳)


運動不足や食事が原因?頻繁に起こるめまいが「オクラ水」で改善した!

運動不足や食事が原因?頻繁に起こるめまいが「オクラ水」で改善した!

オクラ水を飲み始めて、1ヵ月ぐらい経ったころでしょうか。「あれ? 最近めまいが起こる頻度が減ってきたな」と気づきました。3ヵ月経った頃には、ほとんどといっていいほど、めまいが起こらなくなったのです。そういえば、以前より眠気を感じることがなくなり、ゴロゴロしている時間も減りました。【体験談】飯田大樹(大学院生・23歳)


肉料理で胃もたれしなくなった!発酵タマネギ料理で胃腸の不調が大改善

肉料理で胃もたれしなくなった!発酵タマネギ料理で胃腸の不調が大改善

発酵タマネギを食べ始めてからは、胃腸の不調を感じなくなって、体力も増していると思います。肌にもツヤが出て、発酵食品の力に驚いています。おかげで飲まないと不安だった漢方薬を飲むことが減りました。食べ始めてから毎日の便の量が増えて、朝に出るようになるなど、うれしい変化がありました。【体験談】松原ふみ奈(主婦・39歳)


最新の投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)