MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【男性の更年期】玉ねぎ(1日半個) 症状が改善 耳鳴り めまい に効果

【男性の更年期】玉ねぎ(1日半個) 症状が改善 耳鳴り めまい に効果

更年期障害は、女性にのみ生じるものと考えられてきましたが、近年、男性にも起こることがわかってきました。それが「男性更年期障害」です。男性ホルモン「テストステロン」が減ることで性機能の低下や精力減退だけではなく、さまざま不定愁訴が起こるのです。早い人は、40歳くらいから始まります。【解説】林督元(弘邦医院院長)

男性ホルモン、テストステロンの分泌を促すタマネギ

男性ホルモンの分泌を促す!

男性更年期障害の改善に医師がイチ押し!

 女性の場合、閉経が近づくにつれて、女性ホルモンの分泌量が減少し、のぼせや頭痛、だるさ、疲労感などといった症状が起こりやすくなります。いわゆる、更年期障害です。

 これまで、更年期障害は、女性にのみ生じるものと考えられてきました。ところが、近年、男性にも女性の更年期障害に相当する症状が起こることがわかってきました。
 それが、「男性更年期障害」です。

 主要な男性ホルモンである「テストステロン」は、20代に最も多く分泌され、中高年以降、徐々にその分泌量が減っていきます。そして、減り続けた結果、性機能の低下や精力減退だけではなく、さまざま不定愁訴が起こるのです。

 その症状としては、睡眠障害、うつ、イライラ、頭痛、めまい、耳鳴りなどが挙げられます。個人差はありますが、45~50歳に最も発症しやすく、早い人は、40歳くらいから始まります。

 例えば、最近、あなたが耳鳴りやめまいで悩まされていて、耳鼻咽喉科で調べてもらったものの、どこにも異常がないといわれたとしましょう。耳鳴りやめまいは、調べても原因がはっきりしないことはよくありますが、男性更年期障害によって発症している可能性も、十分に考えられるのです。

 では、男性更年期障害を改善するためには、どうしたらいいでしょうか。

 不規則な生活や睡眠不足、過度な飲酒、喫煙などは、テストステロンを減らす要因とされています。ですから、不定愁訴を軽減するためには、生活習慣を改め、適度な運動と十分な睡眠を取り、ストレス解消に努める必要があります。

 減少したテストステロンを増やす最も直接的な方法としては、テストステロンを注射する方法があります。しかし、そうした物理療法に頼る前に、食生活でテストステロンを増やせるなら、それに越したことはありません。

 そこで、私が皆さんにお勧めしたい食べ物が、「タマネギ」です

さびついた精巣を元気にする!

 タマネギには、テストステロンの生成を助けるアリイン類というアミノ酸が、豊富に含まれています。

 テストステロンの原料は、コレステロールです。コレステロールは、40~50代の男性の体内にはたくさんあります。にもかかわらず、なぜ、この年代でテストステロンの減少が起こるのでしょうか。

 それは、テストステロンを作る精巣の細胞が、うまく働かなくなるためです。
 タマネギのアリイン類は、精巣の細胞に栄養を与え、精巣を元気にします。さびついた機械に油をさすようなもの、と考えればよいでしょうか。最新の動物実験のデータでも、アリイン類に、精巣のテストステロンの分泌を増やす働きがあることがわかっています。

 ですから、テストステロンの減少によって起こるED(勃起不全)や精力減退にも、タマネギは有効です。また、タマネギに含まれる硫化アリルは、血流を促す作用があるので、勃起力の維持にも役立つでしょう。

 ただし、タマネギのアリイン類を効果的に利用するには、調理の際に工夫が必要です。なぜなら、タマネギを切ると、内部にある酵素が活性化して、アリイン類を分解してしまうからです。また、長時間タマネギを加熱すると、やはり、アリイン類が変質し、有効性を失ってしまいます。

 このため、タマネギを調理する際には、なるべく切らず、長時間加熱せずに食べるのが理想的です。
 とはいえ、こうした食べ方はなかなかできないものです。ですから、タマネギを食べる際には、なるべく大きく切り、加熱時間も短めにすることを心がけるといいでしょう。

 タマネギの摂取量は、1日半個を目安にすれば十分です。
 また、皮をむいたタマネギを電子レンジに2~3分かけてから料理するのもいいでしょう。こうすることで、アリイン類が失われにくくなるという研究データがあります。

 皆さんもぜひ、タマネギを積極的に食べて、男性更年期障害の改善に役立ててください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
男性にも「更年期障害」があるのをご存じでしょうか。男性の更年期障害は、加齢に伴うテストステロン(男性ホルモンの一つ)の分泌量の低下が主な原因となり、50~60代以降の中高年男性に現れる心と体の不調をいいます。【解説】持田蔵(西南泌尿器科クリニック院長)
更新: 2018-09-11 07:34:13
トマトには強力な抗酸化作用を有するリコピンが豊富に含まれています。リコピンは精巣内に高濃度で存在することが明らかになっています。私たちの研究ではトマトジュースを継続的に飲むことで、実際に精子が元気になることが確認できました。【解説】岩本晃明(医療法人財団順和会山王病院リプロダクション・婦人科内視鏡治療センター医師)
更新: 2018-09-03 23:36:51
MCTオイルコーヒーを始めて2カ月で25kgやせました。服のサイズはもちろん、靴のサイズまで小さくなりました。さらに驚いたことに、精力がアップしたのです。やせるまで、ここ10年近くもセックスはご無沙汰だったのが、MCTオイルでやせてからは20代の頃のように精力が復活しました。【体験談】金森重樹(企業グループオーナー)
更新: 2018-09-07 17:25:17
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt