【腰が痛い】病院で「異常なし」といわれたら、腰痛は自分で治すことができる!

【腰が痛い】病院で「異常なし」といわれたら、腰痛は自分で治すことができる!

ギックリ腰などの非特異的腰痛は、重い病気や障害が原因ではないので、焦って病院に行く必要はありません。生活習慣の改善などで、自分で治せる腰痛と考えていいでしょう。私は、非特異的腰痛の患者さんに、「運動で腰痛を治すこと」をお勧めしています。【解説】矢吹省司(福島県立医科大学整形外科教授)


「どんな体勢も痛い」「痛みが増す」は要注意

現在、日本では約2800万人もの人が、腰痛に苦しんでいるといわれています。
なぜ、それほど多くの人が腰痛を患っているのでしょうか。

腰はその名が示すとおり、体の要です。
上半身を支えるのはもちろんのこと、体を動かすときの中心部になります。

腰椎(背骨の腰の部分)は、体を曲げたり、伸ばしたり、ひねったりする動きの中心となると同時に、骨の中を走る神経組織を守る働きも担っています。
一方、頸椎(背骨の首の部分)が支えているのは頭だけ、ひざの骨は座っているときなどには休むことができます。

その点、腰椎には、寝ているとき以外、常に負荷がかかっているのです。
故障することが多いのは、しかたないのかもしれません。

ひと口に腰痛といっても、原因も症状もさまざまです。
大きく分けると、明らかな原因がわかる腰痛(特異的腰痛)と、原因が一つに特定できない腰痛(非特異的腰痛)になります。

実際には、原因をはっきり一つに特定できるケースは少なく、全体の15%くらいです。
つまり、腰痛のうち8割以上は、「悪い病気などが原因ではないとはいえるが、原因を一つに特定できない」のです。

特異的腰痛には、下肢に痛みやしびれを伴う椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、骨折やガン、感染症などがあります。
放置すると、痛みや炎症が広がったり、マヒが起こったりして生活に支障が出るので、速やかに治療を受けることが必要です。

一方、ギックリ腰などの非特異的腰痛は、重い病気や障害が原因ではないので、焦って病院に行く必要はありません。
生活習慣の改善などで、自分で治せる腰痛と考えていいでしょう。

では、特異的腰痛なのか、非特異的腰痛なのか、どのように見極めたらいいのでしょうか。

非特異的腰痛の場合、「痛たたっ」と感じたときから、1週間以内に改善する人が約5割、3週間でほとんどの人が治ってしまいます。
このように、日に日に痛みが緩和されていくのがわかり、動いているときは痛みを感じるものの休めば消える、という場合は、セルフケアで改善できる非特異的腰痛といえます。

しかし、「どんな体勢を取っても痛い」「痛くて一睡もできなかった」「翌日になったら痛みが増した」という場合は、病気や障害が原因となっていることが考えられます。

痛みの原因が腰椎以外のケースもありますが、まずは整形外科を受診することをお勧めします。
整形外科の医師は、ガンや動脈の狭窄、子宮内膜症などの婦人科系疾患などが、腰痛を起こすことを知っています。
ですから、それらの病気が疑われる場合は、速やかにその専門科を紹介してくれます。

つまり、腰痛で整形外科に行き、「異常ありません」といわれたら、「悪い病気じゃない」と喜んでいいのです。
「痛いのに異常がないなんておかしい。何か見落としがあるのでは」などと、不安になったり、疑心暗鬼になったりするのは、痛みの増幅につながります。
異常なしと診断されたら、3ヵ月間セルフケアで様子を見てください。

それでも、痛みが変わらない、もしくは強くなったら、再度整形外科を受診しましょう。

自分で治すという意識が自己治癒力を上げる!

私は、非特異的腰痛の患者さんに、「運動で腰痛を治すこと」をお勧めしています。
痛いからといって安静を続けると、筋肉がかたくなるので、逆に治りが遅くなったり、ギックリ腰を誘発したりするのです。

運動の種類は問いません。
体の動かし方によって、腰痛の改善の度合いを調べた論文がありますが、結果は「どれも同じ」でした。

「何をしたらいいか、わからない」というかたには、ウォーキングを勧めます。
適正な速度や時間は、人それぞれですが、目安は、終了後に心地よい疲労感があり、翌日疲れが残らない程度。
「楽しかった。明日もやろう!」と思えるくらいが、適正運動量です。

ギックリ腰を起こしたときも、無理に体操をする必要はありませんが、日常生活を制限するのは好ましくありません。

全身の血流を良好な状態に保ち、筋肉を柔軟にしておくことが、治癒への早道です。
運動の利点としては、能動的に行動を起こすことで、「治してもらう」ではなく「自分で治す」意識を持てるということもあります。
人間が本来持っている自己治癒力が、上がっていく可能性があるのです。

実際、能動的に運動をしたほうが、痛みが軽くなるという研究データもあります。

別記事では、いろいろな体操やセルフケアの方法が紹介されています。
整形外科で診てもらい、異常がないと診断されたら、ぜひご自身が楽しめる運動を継続して実践してください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

股関節は、上半身と下半身をつなぐ関節ですから、ここが硬いと体全体がゆがみます。その結果、ネコ背や腰痛、肩こり、頭痛、関節の痛みなどが生じてくるのです。股関節の可動域を広げるためには、股関節周辺の筋肉を柔軟にすることがたいせつです。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)


鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

鎮痛剤が効かない痛みの原因は神経の誤作動!耳さすりで正常な状態に戻すとよい

私のクリニックには1日に100人以上の患者さんがいらっしゃいます。患者さんの中には、「消炎鎮痛剤を飲んでも痛みが引かない」「手術を受けたのに痛みがずっと続いている」と訴える人が少なくありません。骨や筋肉の器質的な異常や炎症ではなく、神経が誤作動を起こしている場合が多いのです。【解説】小田博(おだ整形外科クリニック院長)


股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

股関節と腰の痛みを取る対策を紹介!運動療法「エゴスキュー体操」で歪みをとろう

痛みや病気を治すために生まれた運動療法「エゴスキュー体操」を知っていますか。病院やクリニックでの運動療法として、エゴスキュー体操を取り入れている医師も少なくありません。内科医や痛みの専門医が、股関節痛、腰痛、脊柱管狭窄症などの患者さんに勧めているのです。【解説】水野加津人(エゴスキュージャパン代表)


ぎっくり腰の症状が軽くなる!痛みがすぐ取れる「K点」の刺激法と探し方

ぎっくり腰の症状が軽くなる!痛みがすぐ取れる「K点」の刺激法と探し方

K点とは、後頭部にある1点で、東北大学名誉教授である国分正一先生が発見した痛み解消の特効点です。K点を刺激したとたん、ぎっくり腰で救急車で運ばれてきた人が、その場で痛みが治まって自分で歩いて帰ったりといった例もあるのです。【解説】国分正一(国立病院機構仙台西多賀病院脊椎脊髄疾患研究センター長)


【風邪・喉の痛み】“梅仙人”が実践する健康法 「梅干しの黒焼き」

【風邪・喉の痛み】“梅仙人”が実践する健康法 「梅干しの黒焼き」

明治生まれの祖母は、のどが痛いときやカゼのひき始めには、梅干しを焼き網で焼いて、熱いお茶を注いで飲むと治ると話していたことも思い出しました。そこで私は、かつて祖母から伝え聞いた記憶を頼りに、梅干しの黒焼きを自分で作ってみようと考えたのです。【体験談】永井恒雄(梅生産者・77歳)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)