【シェフの健康レシピ】高血圧を克服し18kg減!料理長の絶品「玉ねぎスープ」

【シェフの健康レシピ】高血圧を克服し18kg減!料理長の絶品「玉ねぎスープ」

職業柄糖尿病と診断され、「タマネギスープ」を考案し飲み続けました。血糖値の改善と並行して血圧もだいぶ下がり、最大血圧は120mmHg、最小血圧65mmHg程度で正常の範囲内です。体重もいつの間にかスルスルと減少し18kgもやせました。【解説】窪田好直(グリル満天星総料理長)


窪田好直
グリル満天星総料理長。1932年生まれ。1954年、当時宮内庁御用達だった丸の内会館でフランス料理の修業を始める。「天皇の料理番」として知られる秋山徳蔵氏仕込みの本格フレンチに、和の風合いと健康への気遣いを盛り込んだレシピが、世代を超えて人気を呼んでいる。

腹持ちがよく血糖値を上げないスープが完成!

 今回ご紹介するタマネギスープを私が考案したのは、もう40年以上も前のことです。

 きっかけは、糖尿病でした。
 ある日、尿から妙に甘いにおいがすることに気づきました。見ると、便器の中の尿が泡立っています。「ひょっとすると、糖尿病かもしれない」と考え、病院で検査を受けました。

 私の不安は的中しました。現在、基準値は110mg/dl未満とされている空腹時血糖値が、200mg/dl以上もあったのです。最大血圧も、基準値は140mmHg未満のところ、私は200mmHgを超えていました。

 自覚症状は特にありません。しかし、糖尿病を患った原因には心当たりがありました。
 私は85歳の現在も、洋食レストランの総料理長を務めていますが、当時は40代の働き盛りでした。調理だけでなく、味見もシェフの重要な仕事です。フレンチを主としていたので、こってりしたメニューが多かったのですが、毎日、何十回となく、そのソースの味見をします。

 また、仕事柄、おいしい物を口にする機会が多くありました。体重は年々増加し、当時は75kgほど。糖尿病はある意味で職業病ともいえるのでしょう。実際、料理人仲間には、糖尿病患者が少なくありません。

 血糖値は、高いときには300mg/dl以上もあったので、担当医からはインスリン注射を勧められました。
 けれども私は、それは避けたいという思いが強く、食のプロとして、食事療法に取り組むことにしたのです。
 医師の指導によると、1日にとってよいエネルギー量は、1500kcalまで。しかし、それでは空腹に耐えかねます。エネルギーは少なく、それでいて腹持ちがよく、血糖値を上げない食べ物はないかと試行錯誤を重ねました。こうしてできたのが、「タマネギスープ」です。

 タマネギスープは週に1度、1週間分をまとめて作ります。私はこれを朝晩、カップに1杯ずつ、温めてから飲むようにしました。
 すると、血糖値がみるみる下がり始めました。半年ほどのうちに、120mg /dlまで改善。医師から「インスリンの必要はない」と太鼓判を押され、心から安堵したものです。

わずか1カ月でインスリン注射が不要に

 以来、タマネギスープ生活を40年以上、継続しています。
 あれから血糖値はずっと、120~130mg/dl程度です。過去1~2ヵ月の血糖状態を示す指標であるヘモグロビンA1cは、6・9~7・0%をキープしています(基準値は、4・6~6・2%)。

 基準値からすると、若干高めではありますが、上がることもなく安定しているのは、タマネギスープのおかげでしょう。

 血糖値の改善と並行して、血圧もだいぶ下がりました。最大血圧は120mmHg、最小血圧は65mmHg程度なので、正常の範囲内です(最小血圧の基準値は、90mmHg未満)。
 体重もいつの間にか、スルスルと減少し、57kgで下げ止まりました。なんと、18kgもやせたことになります。

 40年の間には、ベーコンやシメジをよく入れていた時期や、スープに使う水をタマネギの皮の煮出し汁ではなく、普通の水にしていた時期もありました。そのときどきで、多少のアレンジを加えつつ、続けています。
 最近では、酢のかわりに、自分で漬けた梅干しの梅酢を加えています。この場合、塩分が高くなるので、めんつゆの量を減らして調整します。

 このスープはタマネギの自然な甘さがおいしく、ご飯にもパンにも合います。長年続けても飽きることはありません。

 ご参考までに、私の1日の食事パターンを紹介しましょう。
●朝食
 ご飯100gに、自家製の梅干し1個、納豆30g、生卵1個、オリーブオイル大さじ1を加え、混ぜて食べる。ゆで野菜と生野菜のサラダ。そして、タマネギスープ1杯。
●昼食
 自家製の干しイモを、1枚つまむ程度。日によっては何も食べないこともある。
●夕食
 主菜は魚の切り身か、ときには肉のことも。食パン1切れ。野菜サラダ。そして、タマネギスープ1杯。
 ちなみに、甘い物が好きなので、おやつに大福などを食べることもあります。お酒もたしなみますが、たまに会合があるときのみです。

 薬に頼らず、食事で病気をコントロールできていることは、食のプロとして誇らしく、また喜ばしく思っています。
 レストランのお客様には、私のタマネギスープを実際に試されたかたもいらっしゃいます。
 70代の女性は、タマネギスープを始めたところ、わずか1ヵ月でインスリン注射が必要なくなったそうで、とても感謝されました。インスリン治療をされていたくらいですから、私よりも病状が悪かったのでしょう。

 また、ある企業の重役から、お礼をしたいので会食の席を設けさせてほしい、と申し出を受けたこともありました。タマネギスープのおかげで、糖尿病がよくなったのだそうです。

 こうしたうれしいご報告を寄せてくださるかたには、共通点があります。それは、最低でも数ヵ月は続けていることです。

 食事療法は、安全な分、即効性は期待できません。このスープも、薬と思って長く続けることが、いい成果を得る秘訣だと思います。ぜひ皆さんも、健康づくりにお役立てください。

→「タマネギ」の健康効果の解説はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【熱中症対策の飲み物】手作り"レモン酢"の作り方 塩入りがお勧め 疲れやだるさも解消

【熱中症対策の飲み物】手作り"レモン酢"の作り方 塩入りがお勧め 疲れやだるさも解消

熱中症対策に塩入りの「レモン酢ドリンク」がお勧めです。手作りのレモン酢1カップに、小さじ半分(約3g)の塩を溶かして作ります。次に500ml入りのミネラルウォーターのペットボトルを用意。そこに大さじ2杯分の塩入りレモン酢を足し、ふたをして軽く振って出来上がりです。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)


【イライラ解消】イライラが止まらない症状に効果「耳ひっぱり」で自律神経を整える

【イライラ解消】イライラが止まらない症状に効果「耳ひっぱり」で自律神経を整える

耳には全身に関係するツボが集まっていますので、耳ひっぱりは生命維持に重要な領域すべてを活性化し、心身を癒してくれる素晴らしいセルフケア方法です。ぜひ日々活用していただきたいと思います。【解説】土肥雪彦(あかね会土谷総合病院顧問・広島大学名誉教授)


【78歳でも現役】医師の私の元気の秘訣は“肝臓”の温めと食後の“ゴロ寝”

【78歳でも現役】医師の私の元気の秘訣は“肝臓”の温めと食後の“ゴロ寝”

私の元気の秘訣は、肝臓にあります。常に肝臓をいたわることを意識し、できるだけ大切にしています。若々しくて健康的な体を維持するには、肝臓を大切にする必要があるのです。肝臓が働きやすいように、肝臓の血流をよくすることも大事です。それには、今回ご紹介する「肝臓の温め」が最適です。【解説】野村喜重郎(野村消化器内科院長)


【体験談】ひどいめまいが「ニンニク油」で解消 血管狭窄も改善し、12kg痩せた!

【体験談】ひどいめまいが「ニンニク油」で解消 血管狭窄も改善し、12kg痩せた!

当時、私は認知症になった夫の介護、夫の会社の引き継ぎ、家事と、忙しい毎日でした。たびたび吐き気を伴う激しいめまいに襲われ、救急搬送されたこともあります。ニンニク油をとるようになってまず感じたのは、冷え症の改善です。そして気がついたら、あれほどつらかっためまいが消えていました。【体験談】今井美智子(主婦・82歳)


【梅干しの健康効果】肌ツルツル!96歳の私が元気で仕事ができるのは梅干しのおかげ

【梅干しの健康効果】肌ツルツル!96歳の私が元気で仕事ができるのは梅干しのおかげ

梅干しは、毎年同じように漬けていても、毎年仕上がりが違います。今年おいしくできたから、来年もおいしくできるとは限りません。でも、難しく考えることはありません。私も最初は人に聞きましたが、あとは全部、我流。梅干しは、自分で漬けて、初めていろいろな発見があります。【解説】藤巻あつこ(料理研究家)


最新の投稿


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

何回も射精をくり返すと精子の数が減る、という心配は無用です。禁欲期間が長すぎると、精子の運動率が低下するうえ、精子のDNA損傷率も高くなることがわかっています。【解説】今井健(GAIA鍼灸整骨院院長・柔道整復師・鍼灸師) 【監修】吉田壮一(よしだレディースクリニック院長)


眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

目にまつわる多くの症状の根本原因は、血液の質と血流の低下です。心臓から送り出された質のいいきれいな血液が全身をスムーズに巡り、毛細血管にきちんと行き届けば、目の症状は改善に向かいます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

老眼、近視、緑内障や白内障、黄斑変性にドライアイ……眼科の諸症状は、目薬などの局所的なケアで治る、と思っていませんか?それでは、根本的な改善は望めません。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)