血圧降下成分の宝庫で 耳鳴りまで強力に解消する タマネギの薄皮茶

血圧降下成分の宝庫で 耳鳴りまで強力に解消する タマネギの薄皮茶

タマネギを調理する際、皆さんは、タマネギの薄皮をどうしているでしょうか。ほとんどのかたは、無用のゴミとして捨ててしまっているしょう。しかし実は、このタマネギの薄皮には、無造作に捨ててしまうにはもったいない薬効が隠されています。【解説】三浦於菟(東邦大学東洋医学科客員教授・吉祥寺東方医院院長)


ゴミとし捨てるのは もったいない!

 タマネギを調理する際、皆さんは、タマネギの薄皮をどうしているでしょうか。
 ほとんどのかたは、無用のゴミとして捨ててしまっているしょう。しかし実は、このタマネギの薄皮には、無造作に捨ててしまうにはもったいない薬効が隠されています。
 では、タマネギの薄皮に含まれている薬効とはどんなものでしょうか。
 中国では、タマネギのことを「洋葱」といいます。この当て字からもわかるように、タマネギはもともと西洋原産の野菜です。ただ、それでも中国では、昔からタマネギの薬効はよく知られていました。
 例えば、高血圧、高脂血症、糖尿病、脳血栓(脳の血管が詰まって起こる脳卒中)、老眼、白内障(目をカメラにたとえたときにレンズに当たる水晶体が白く濁る病気)、近視、めまい、のぼせ、便秘、肌荒れ、イライラなどが、タマネギで改善する病気や症状として知られています。その健康効果は、非常に多岐にわたっているといっていいでしょう。
 これらのさまざまな健康効果は、主にタマネギの白い身の部分から得られますが、ふだん捨てている薄皮の茶色い部分にも特筆すべき薬効があります。
 その一つが、ケルセチンの血圧降下作用です。ケルセチンとは、ポリフェノールの一種で、非常に強力な抗酸化作用を有し、血圧を下げる効用があることがわかっています。このケルセチンが、タマネギの薄皮にはたくさん含まれています。このため、血圧を下げるという目的では、タマネギの薄皮を積極的に摂取することが、推奨されることになるのです。
 また、漢方的にも、タマネギは高血圧に対して効果の期待できる食品です。東洋医学では、一種の生命エネルギーである「気」が体の中をスムーズに巡ることで健康が保たれると考えます。東洋医学的に見ると、高血圧は体の上に気が集まってしまった状態です。
 一般に健康によいとされるのが、「頭寒足熱」の状態ですが、高血圧では、気が上方に集まり、「頭熱足寒」の状態になっています。そこで高血圧になると、めまいや耳鳴り、ほてりといった自覚症状が生じることにもなるのです。

肌荒れや耳鳴りに 特にお勧め!

 タマネギには、漢方的には、主に三つの作用があります。一つが、「肝」を平静な状態に保つ「平肝作用」、一つが、水分の流れをよくして、タンを取る「去湿化痰作用」、一つが熱を冷ます「清熱解毒作用」です。この場合、とりわけ重要なのが、平肝作用です。
 肝とは、西洋医学の肝臓よりも広い概念を含みます。肝は、血を調整したり、血を貯蔵したり、気を体にスムーズに巡らせる働きをしています。
 タマネギを摂取すると、その平肝作用によって、体に気がスムーズに巡るようになります。それが、高血圧の人の、気が上方に集まった状態の改善につながるのです。上方に集まっていた気が下がり、頭にこもった熱が取れれば、高血圧もよくなりますし、頭痛やほてり、イライラ、耳鳴りなどの症状も解消してくるでしょう。
 古い漢方の医学書では、タマネギの薄皮だけの薬効を説明した文献や臨床例はありませんが、経験的に、その薄皮にも、タマネギの白い身の部分と同様の健康効果があることもわかっています。ですから、今解説したようなタマネギの平肝作用は、タマネギの薄皮を摂取した場合も、当然、期待できるでしょう。
 さらに漢方では、身に薬効のある食べ物の皮の部分には、特有の効能があるとされています。つまり、食べ物の表面にある皮には、人体の表面に出た症状を、身の部分よりも強力に取る働きがあると考えます。こうした意味で、タマネギの薄皮も、特に肌荒れや耳鳴りといった症状に勧められることになるのです。
 このようにさまざまな薬効を含んだタマネギの薄皮のエキスを効率的に摂取できるのが、タマネギの薄皮茶です。
 1日にコップ2杯を目安に、毎日続けて飲んでみましょう。薄皮を1度煎じただけで捨てるのがもったいない人は、2番煎じまでは行ってもかまわないでしょう。

これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連ムックをもとに掲載しています。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

これらの記事にある情報は、効能や効果を保証するものではありません。専門家による監修のもと、安全性には十分に配慮していますが、万が一体調に合わないと感じた場合は、すぐに中止してください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

自律神経が整って、体の調整力や治癒力が高まる「手首さすり」をご紹介します。【解説】西條一止(つくば技術大学名誉教授)


「薬やめる科」の医師が断言! 緩い生活改善でも血圧は下がり 顔色もよくなる

「薬やめる科」の医師が断言! 緩い生活改善でも血圧は下がり 顔色もよくなる

私のクリニックに、「薬やめる科」を創設すると、大きな反響がありました。薬漬けの医療に疑問を抱く患者さんや、薬をやめられずに苦しんでいる患者さんが、たくさんいらっしゃるということがわかってきたのです。【解説】松田史彦(日本自律神経免疫治療研究会会員・松田医院和漢堂院長)


【治療薬が原因の便秘】多いのは不眠症・頻尿・高血圧の薬です

【治療薬が原因の便秘】多いのは不眠症・頻尿・高血圧の薬です

私の診察では、最初に病歴をお聞きすることにしています。Aさんは、50代のころから血圧が高く、降圧剤を服用しています。また、1年前に奥さんを亡くされたのをきっかけに、うつ病にもなってしまったとのこと。眠れないので、睡眠薬を服用していました。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院副院長 総合診療科教授)


耳鳴りや突発性難聴にも効いた【水飲み療法】NHKで話題の急性低音難聴にも特効!

耳鳴りや突発性難聴にも効いた【水飲み療法】NHKで話題の急性低音難聴にも特効!

私の治療院では、6〜7年前から難聴や耳鳴りなどの患者さんに、鍼灸治療と並行して水飲み療法を勧めています。この療法を始めたきっかけは、「大量に水を飲んだら、耳鳴りがよくなった」という、患者さんの話でした。【解説】藤井德治(アクア鍼灸療法 一掌堂治療院院長)


【医師の健康法】煩わしい耳鳴りが「酢タマネギ」で軽快した医師の私

【医師の健康法】煩わしい耳鳴りが「酢タマネギ」で軽快した医師の私

以前の私は、健康とはとてもいえない状態でした。いわゆる「医者の不養生」。多忙な仕事とストレスに苛まれる毎日でした。【解説】周東 寛(南越谷健身会クリニック院長)


最新の投稿


「手首押し」で腱鞘炎やバネ指は大改善する

「手首押し」で腱鞘炎やバネ指は大改善する

指の痛みやしびれを改善する一つの方法として、「手首押し」をご紹介します。【解説】田村 周(山口嘉川クリニック院長)


「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

「手首さすり」は耳鳴り、めまい、不眠に効果を発揮する

自律神経が整って、体の調整力や治癒力が高まる「手首さすり」をご紹介します。【解説】西條一止(つくば技術大学名誉教授)


近視、眼精疲労やかすみ目、白内障に効果大の「アルミ指輪」

近視、眼精疲労やかすみ目、白内障に効果大の「アルミ指輪」

近視や眼精疲労に効果のある「指にアルミホイルを巻く」健康法をご紹介します。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


「心房細動」による 脳梗塞が増えている

「心房細動」による 脳梗塞が増えている

「心房細動」という病名、皆さんはご存じでしょうか。不整脈の一種で、中高年では多くの人に見られる病気ですが、あまり知られていません。実際、私が患者さんに病名を告げても、ピンと来ない人が大半で、いつも紙に漢字を書いてみせるくらいです。【解説】山下武志(心臓血管研究所所長)


【急死を防ぐ】心臓の病気「骨化」を食い止める3つの食事

【急死を防ぐ】心臓の病気「骨化」を食い止める3つの食事

食生活に関しては、まず毎日の食事で、カルシウムをしっかり取ることが必要です。骨化は体内のカルシウム不足が引き金となるからです。【解説】原田和昌(東京都健康長寿医療センター副院長)


ランキング


>>総合人気ランキング