【医師解説】タマネギの薄皮茶の作り方 玉ねぎの皮は血圧を下げる成分が豊富

【医師解説】タマネギの薄皮茶の作り方 玉ねぎの皮は血圧を下げる成分が豊富

タマネギを調理する際、皆さんは、タマネギの薄皮をどうしているでしょうか。ほとんどのかたは、無用のゴミとして捨ててしまっているしょう。しかし実は、このタマネギの薄皮には、無造作に捨ててしまうにはもったいない薬効が隠されています。【解説】三浦於菟(東邦大学東洋医学科客員教授・吉祥寺東方医院院長)


高血圧、高脂血症、糖尿病、脳血栓、老眼、白内障、近視、めまい、のぼせ、便秘、肌荒れが改善する

 タマネギを調理する際、皆さんは、タマネギの薄皮をどうしているでしょうか。

 ほとんどのかたは、無用のゴミとして捨ててしまっているしょう。しかし実は、このタマネギの薄皮には、無造作に捨ててしまうにはもったいない薬効が隠されています。

 では、タマネギの薄皮に含まれている薬効とはどんなものでしょうか。
 中国では、タマネギのことを「洋葱」といいます。この当て字からもわかるように、タマネギはもともと西洋原産の野菜です。ただ、それでも中国では、昔からタマネギの薬効はよく知られていました。

 例えば、高血圧、高脂血症、糖尿病、脳血栓(脳の血管が詰まって起こる脳卒中)、老眼、白内障(目をカメラにたとえたときにレンズに当たる水晶体が白く濁る病気)、近視、めまい、のぼせ、便秘、肌荒れ、イライラなどが、タマネギで改善する病気や症状として知られています。その健康効果は、非常に多岐にわたっているといっていいでしょう。

 これらのさまざまな健康効果は、主にタマネギの白い身の部分から得られますが、ふだん捨てている薄皮の茶色い部分にも特筆すべき薬効があります。
 その一つが、ケルセチンの血圧降下作用です。ケルセチンとは、ポリフェノールの一種で、非常に強力な抗酸化作用を有し、血圧を下げる効用があることがわかっています。このケルセチンが、タマネギの薄皮にはたくさん含まれています。このため、血圧を下げるという目的では、タマネギの薄皮を積極的に摂取することが、推奨されることになるのです。

 また、漢方的にも、タマネギは高血圧に対して効果の期待できる食品です。東洋医学では、一種の生命エネルギーである「気」が体の中をスムーズに巡ることで健康が保たれると考えます。東洋医学的に見ると、高血圧は体の上に気が集まってしまった状態です。
 一般に健康によいとされるのが、「頭寒足熱」の状態ですが、高血圧では、気が上方に集まり、「頭熱足寒」の状態になっています。そこで高血圧になると、めまいや耳鳴り、ほてりといった自覚症状が生じることにもなるのです。

頭痛やほてり、イライラ、耳鳴りなどの症状も解消

 タマネギには、漢方的には、主に三つの作用があります。一つが、「肝」を平静な状態に保つ「平肝作用」、一つが、水分の流れをよくして、タンを取る「去湿化痰作用」、一つが熱を冷ます「清熱解毒作用」です。この場合、とりわけ重要なのが、平肝作用です。
 肝とは、西洋医学の肝臓よりも広い概念を含みます。肝は、血を調整したり、血を貯蔵したり、気を体にスムーズに巡らせる働きをしています。
 タマネギを摂取すると、その平肝作用によって、体に気がスムーズに巡るようになります。それが、高血圧の人の、気が上方に集まった状態の改善につながるのです。上方に集まっていた気が下がり、頭にこもった熱が取れれば、高血圧もよくなりますし、頭痛やほてり、イライラ、耳鳴りなどの症状も解消してくるでしょう。
 古い漢方の医学書では、タマネギの薄皮だけの薬効を説明した文献や臨床例はありませんが、経験的に、その薄皮にも、タマネギの白い身の部分と同様の健康効果があることもわかっています。ですから、今解説したようなタマネギの平肝作用は、タマネギの薄皮を摂取した場合も、当然、期待できるでしょう。
 さらに漢方では、身に薬効のある食べ物の皮の部分には、特有の効能があるとされています。つまり、食べ物の表面にある皮には、人体の表面に出た症状を、身の部分よりも強力に取る働きがあると考えます。こうした意味で、タマネギの薄皮も、特に肌荒れや耳鳴りといった症状に勧められることになるのです。
 このようにさまざまな薬効を含んだタマネギの薄皮のエキスを効率的に摂取できるのが、タマネギの薄皮茶です。
 1日にコップ2杯を目安に、毎日続けて飲んでみましょう。薄皮を1度煎じただけで捨てるのがもったいない人は、2番煎じまでは行ってもかまわないでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


頭がスッキリ顔色アップ!首から上の不調を取る「耳もみ整体」のやり方を紹介

頭がスッキリ顔色アップ!首から上の不調を取る「耳もみ整体」のやり方を紹介

これまで私は多くの人の耳に触ってきました。具合の悪い人ほど耳がかたく冷たく、触ると痛がります。耳をもむと、頭にうっ滞していた血液が下りて流れ出して末端に届くようになるので、手足の指先まで温かくなってきます。体調を整える耳もみ整体をご紹介しましょう。【解説】森田茂人(モリタ整体院院長・MCメディカル系列院総院長)


【滑舌を良くする方法】割りばしを使ったトレーニングで声が若返る

【滑舌を良くする方法】割りばしを使ったトレーニングで声が若返る

話をしていると、聞き返されることが多い。声がこもって小さい。舌が回らない。言葉につまる。声がかすれたり、しわがれたりしてきた。思わず、自分のことだとうなずかれたかたも多いのではないでしょうか。これらは、年齢を重ねると誰もが経験する、いわば声の老化現象です。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


【改善トレーニング】滑舌が悪い・声が小さい・モゴモゴ声を治す方法

【改善トレーニング】滑舌が悪い・声が小さい・モゴモゴ声を治す方法

そもそも話し声をよくするためには、四つの条件が必要になります。一つ目が「呼吸がしっかりしていること」。残りの三つの条件が、「舌の動き」「声帯の働き」「口の開き」が、それぞれよいことです。今回は、3種類の割りばしトレーニングをご紹介します。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

【肥満症】減量手術の適応条件は?保険適応は?

肥満に対する治療で、「減量手術」が行われることがあります。減量手術は、単にやせたいからという理由で受けるようなものではなく、合併症のある高度肥満、かつ通常の治療では効果のない人が対象となり、日本でも2014年に術式の一つが保険適用になりました。【解説】大城崇司(東邦大学医療センター佐倉病院消化器外科講師)


腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

腕振りのダイエット効果 太極拳の準備運動“スワイショウ”

「太極拳のような、体にいい運動をやってみたい」と思いながら、「難しそう」「時間がない」などの理由で、あきらめている人は多いのではないでしょうか。そんな人にぜひお勧めしたいのが、誰でも簡単にできて、健康効果の高い腕ふり運動「スワイショウ」です。【解説】楊進(日本健康太極拳協会理事長)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)