MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【ゴーヤ茶の健康効果】血糖値を下げ糖尿病を改善!肥満を予防する「種」にも注目

【ゴーヤ茶の健康効果】血糖値を下げ糖尿病を改善!肥満を予防する「種」にも注目

ゴーヤは、まさに万能薬といってもよいほど多くの健康効果に恵まれた食材ですが、毎日ゴーヤ料理を食べるとなると大変です。ゴーヤ茶は、作り置きしておけば、数日間は保存がきき、手軽に有効成分を摂取できるという長所があります。健康効果の一つに糖尿病の改善があります。【解説】三浦俊宏(鈴鹿医療科学大学保健衛生学部教授)

ゴーヤの有効成分を摂取できる「ゴーヤ茶」

ゴーヤは、ニガウリという別名からもわかるように、強い苦みが特徴の、沖縄の代表的な食材の1つです。
最近では、沖縄に限らず、どこでも売られており、すっかりポピュラーな野菜になったといえるでしょう。

ゴーヤを使った料理といえば、ゴーヤチャンプルーや、ゴーヤのサラダなどが挙げられますが、ここで、皆さんにご紹介したいのが、「ゴーヤ茶」です。

ゴーヤ茶は、ゴーヤの種やワタを取り除かずに、身をそのまま薄切りにし、天日干しにします。
このカラカラに干したものを煮出して作るのです。

ゴーヤは、まさに万能薬といってもよいほど多くの健康効果に恵まれた食材ですが、毎日ゴーヤ料理を食べるとなると、手間もかかり、なかなか大変です。

その点、ゴーヤ茶は、作り置きしておけば、数日間は保存がききますし、手軽にゴーヤの有効成分を摂取できるという長所があります。

ゴーヤ茶の健康効果

では、ゴーヤ茶には、どんな健康効果が期待できるでしょうか。
これについては、ゴーヤそのものの効能をお話しするのが最も手っ取り早いでしょう。

まず第1に取り上げたいのは、ゴーヤの糖尿病に対する効果です。
私の専門は、糖尿病患者の食事の研究で、ゴーヤについても、糖尿病との関連を調べてきました。

糖尿病は、次に挙げる2種類に分けられます。
● Ⅰ型糖尿病
 もともと膵臓の機能に障害が起こって生じるタイプで、インスリン依存型といわれます。
● Ⅱ型糖尿病
 肥満や偏った食事など、生活習慣によって引き起こされるタイプで、インスリン非依存型です。

この2種類の糖尿病のうち、現在、日本の糖尿病患者のおよそ9割以上が、Ⅱ型糖尿病です。

ご存じのとおり、生活習慣から引き起こされるⅡ型糖尿病の場合、食事療法と運動療法が、治療の2つの大きな柱です。

このⅡ型糖尿病について、ゴーヤは、どのような効果を発揮するのか、マウス(実験用のネズミ)を使って実験を行いました。

糖尿病のマウスに、1日1回、体重1㎏当たり100mgのゴーヤの抽出物を与えます。
実験は3週間にわたって行い、1週間ごとにマウスの血糖値を測定しました。
ゴーヤを摂取する前、マウスの血糖値は、500mg/dLを超えていました。

ところが、ゴーヤを摂取すると、血糖値は徐々に低くなっていき、3週間後には、300mg/dL近くまで低下していました。
マウスの正常な血糖値は、150mg/dLです。
糖尿病のマウスはほうっておけば、どんどん血糖値が上がっていくのですが、ゴーヤを与えることで、血糖値の上昇が抑制されただけではなく、どんどん血糖値を下げることができたことになります。

ゴーヤの摂取+運動で血糖値を下げる効果が上がった!

さらに私たちは、別の実験も行っています。
糖尿病のマウスを、ゴーヤを食べさせた群、運動療法をさせた群、ゴーヤを食べさせ、かつ、運動療法もさせた群の3つの群に分け、それぞれ4~5週間かけて、血糖値の変化を調べたのです。

この実験の場合、それぞれ、実験前のマウスの血糖値は、400mg/dLありました。運動療法のみの群では、270~280mg/dLまで血糖値が下がりました。
ゴーヤを食べさせた群は、250㎎/dlまで下がりました。

そして、ゴーヤ+運動療法の群は、最も効果的でした。
150mg/dLまで下がり、マウスの正常値まで血糖値を下げることができたのです。

この実験によって、ゴーヤを食べて運動をすると、より大きな効果が得られる可能性が示唆されたといっていいでしょう。

ゴーヤジュースを飲んで血糖値がおよそ10%下がった!

ところで、なぜ、ゴーヤは糖尿病に対してこのような効果をもたらすのでしょうか。

ゴーヤには、インスリンと似たような作用をする成分が含まれているとされています。
この成分は、「植物インスリン」と呼ばれています。

つまり、ゴーヤを摂取することで、ゴーヤ中の植物インスリンが、膵臓から分泌されるインスリンの代役をしてくれると考えられるのです。

また、ゴーヤには、チャランチンという物質が含まれています。
このチャランチンには、膵臓のβ細胞の働きをよくする作用があると考えられています。ゴーヤの血糖降下作用には、このチャランチンの働きもあるでしょう。

私が行ったのは、マウスを対象とした研究ですが、実際に海外(バングラデシュ)では、糖尿病の患者さんに、ゴーヤジュースを飲んでもらい、血糖値を測る臨床試験も行われています。

その結果、ゴーヤジュースを飲み始めて11日で、患者さんの血糖値がおよそ10%下がったという報告もされています。

豊富に含まれるカリウムが高血圧解消にも役立つ

また、高血圧にも、ゴーヤが有効であることもわかっています。
ゴーヤ100g中には、260mgのカリウムが含まれています。
このカリウムが、高血圧の原因となる体内の余分なナトリウムを排出してくれるのです。

さらに、ゴーヤは、肥満の解消にも役立ちます。
そもそも、私たちが食事から得るブドウ糖は、血液中に入ると、インスリンによって各細胞に取り込まれます。
ところが、糖尿病などでインスリンの働きが悪くなっていると、体内で処理しきれないブドウ糖が、脂肪に合成され、蓄積されていくのです。
それが、肥満にもつながっていくことになります。

この点、ゴーヤの植物性インスリンなどの作用で、インスリンの働きが補われると、余分なブドウ糖が血中に残りにくくなります。

食べたものも効率よくエネルギーとして燃焼させられますから、基礎代謝も上昇し、この結果として、ダイエットに役立つことになるのです。

それに、そもそもゴーヤは、100gで17 kcalしかありません。
油で炒めても、53 kcalにふえるだけですから、ゴーヤ自体がとても低カロリーな食品なのです。

ゴーヤのビタミンCは熱に強い

加えて、ビタミンCの効果もあります。
ゴーヤ100g中には、ビタミンCが76mgと、豊富に含まれています。
ビタミンCは、優れた抗酸化作用があり、シミやソバカス、シワやたるみなどの予防・改善にも役立ちます。

しかも、ゴーヤのビタミンCには、1つの特長があります。
通常、ビタミンCは熱を加えられえると、壊れてしまいます。
ところが、ゴーヤのビタミンCは熱に強く、分解されにくいのです。
つまり、ある程度加熱しても、壊れずに残っているのです。
この点も、ほかのビタミンCの多い食品との大きな違いということができるでしょう。

ほのかな苦みがおいしいゴーヤ茶

種の不飽和脂肪酸の働きでダイエット効果も得られる

ここまでゴーヤの効能についてお話ししてきましたが、以上のような健康効果は、おそらくゴーヤ茶においても同じように期待できると考えられます。

加えて、ゴーヤ茶の場合、つけ加えられるメリットがあるとすれば、種もいっしょにお茶として煮出しているという点です。

ふだん食用にはしないゴーヤの種には、共役リノレン酸という不飽和脂肪酸(脂肪を構成する成分で植物油に多い)が含まれています。
この共役リノレン酸は、脂肪の燃焼を高める働きがあります。これは既に、北海道大学の研究グループが実験を行って証明しています。

つまり、この種の不飽和脂肪酸の働きによって、脂肪燃焼が促進されることになります。
この点から、ダイエット効果も期待することができます。

また、共役リノレン酸が、脂肪燃焼を促進させることは、インスリンの働きも助けますから、その面からも、糖尿病の予防・改善に役立つでしょう。

くり返しになりますが、ゴーヤは、健康の万能薬といってもいい食材です。
ゴーヤ茶や、ゴーヤ料理を毎日のメニューの中に取り入れて、ゴーヤの健康効果を活用してください。

解説者のプロフィール

鈴鹿医療科学大学保健衛生学部教授
三浦俊宏

●鈴鹿医療科学大学保健衛生学部
三重県鈴鹿市岸岡町1001番地1
http://www.suzuka-u.ac.jp/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「問題です。パスタとピザなら、どちらが血糖値を上げにくいでしょう。コロッケとトンカツでは、どちらでしょう。」糖質の少ないものを選んで食べれば、糖尿病でもおいしい料理を楽しめます。つらい食事制限もなく糖尿病が改善し、おまけに、無理なく痩せられる方法をご紹介します。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)
更新: 2019-05-23 10:04:13
糖尿病の予防には、厳しいカロリー制限をしなければならないと思っている人が多いようです。血糖値を上げるのは、高カロリーの食べ物ではなく、糖質だけなのです。いきなり糖質を断つのは、至難の業。糖質を摂取しても、血糖値をあまり上げなくて済む方法を、紹介しましょう。【解説】大櫛陽一(東海大学名誉教授・大櫛医学情報研究所所長 )
更新: 2019-05-09 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
サキベジのやり方は、いたって簡単です。「食事の最初に野菜をたっぷり食べる」です。目安として10分以上、野菜を食べてから、おかずやごはんを食べることをお勧めします。【解説】内場廉(長野市国保大岡診療所所長)
更新: 2019-04-08 18:00:00
今回、納豆から2種類のDPP4阻害物質が発見されました。どちらも世界で初めて発見されたDPP4阻害物質です。これまでも納豆の健康効果はよく知られていましたが、納豆には血糖値の上昇を防ぎ、糖尿病予防につながる成分が含まれていることが最新研究で明らかになったのです。【解説】舘博(東京農業大学応用生物科学部醸造科学科教授)
更新: 2019-01-08 18:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt