傷を早く治す「ゴーヤ」のパワー 皮膚細胞の増殖を促進すると実験で判明

傷を早く治す「ゴーヤ」のパワー 皮膚細胞の増殖を促進すると実験で判明

東南アジアなどでは、ゴーヤは、民間療法として傷口の治療に用いられています。ゴーヤは、ビタミンCが豊富で、肌にいい食材としてよく知られていますが、この民間療法も、決して迷信などではありません。というより、科学的な裏づけのあることといってもよいのです。【解説】合田榮一(元・岡山大学大学院医歯薬学総合研究科教授)


免疫力を高めるたんぱく質をふやす

 東南アジアなどでは、ゴーヤは、民間療法として傷口の治療に用いられています。ゴーヤは、ビタミンCが豊富で、肌にいい食材としてよく知られていますが、この民間療法も、決して迷信などではありません。というより、科学的な裏づけのあることといってもよいのです。

 以前、私は、実験によって、ゴーヤが皮膚の傷の再生に役立つ可能性があることを確認しました。ゴーヤには、皮膚にできた傷の再生を助ける成分があることがわかってきたのです。その成分とは、ビタミンCなどではなく、全く別の成分でした。
 もともと私は、大学院で、肝臓の再生能力の研究を行ってきました。皆さんもご存じのように、肝臓はとても再生能力の高い臓器です。そして、この肝細胞の再生を助けている物質に、HGF(肝細胞増殖因子)というたんぱく質があります。このHGFが、私の研究の中心テーマです。

 実は、このHGFには、肝細胞ばかりではなく、いろいろな細胞の増殖を促す働きがあります。
 胃や腸、血管、皮膚などが傷ついたとき、その組織を修復、促進してくれるのです。つまり、手術で臓器が傷ついたときや、表皮に傷ができたときに、その傷口が治っていく過程で欠かせない物質が、HGFなのです。
 私たちが行った実験では、ゴーヤから抽出した成分に、このHGFをふやす働きがあることがわかりました。

 私がゴーヤに着目したきっかけは、ある学術雑誌で、ゴーヤの抽出成分についての論文を読んだことでした。
 その論文によると、ゴーヤの抽出成分は、免疫力を高める「インターフェロンガンマ」というたんぱく質をふやす働きがあるとされていました。
 インターフェロンガンマは、HGFと同じく、サイトカインと呼ばれる細胞間の情報伝達物質です。それならば、ゴーヤがHGFをふやす可能性もあるかもしれないと考え、ゴーヤの抽出成分を自分でも調べてみることにしました。

 そこで、私が行った実験は、次のようなものです。
 ヒトの皮膚は、大きく分けると、3つの層からなっています。上から順に、表皮、真皮、皮下組織です。実験には、皮膚の真皮にある線維芽細胞を用いました。
 線維芽細胞は、真皮にあって、肌のハリや弾力をもたらすなど、非常に重要な働きをしている細胞です。また、HGFを合成し、細胞の外に分泌する働きもしています。
 まず、ヒトの線維芽細胞に、ゴーヤの抽出成分を加えたものと、加えないものを用意し、それぞれを5日間培養します。
 そして、この期間中に、線維芽細胞がどれだけHGFを分泌したか、測定しました。
 また、同様に、ヒトの線維芽細胞にゴーヤの抽出成分を加えたものと、加えなかったものを4日間培養します。培養後、線維芽細胞自体がどれだけふえたか、増殖の度合いも比較しました。

表皮と真皮の細胞がともに活性化する

 その結果、線維芽細胞にゴーヤの抽出成分を加えたものは、ゴーヤを加えていないものに比べて、分泌されているHGFが10倍以上増加していることがわかったのです。

 さらに、線維芽細胞の増殖の度合いについても、ゴーヤの抽出成分を加えたものは、加えていないものに比べて、約3倍増加していました。
 これらの実験結果から、ゴーヤの抽出成分には、HGFの産生と、線維芽細胞の増殖を促す働きがあることが確認できたのです。

 そもそも、HGFには、表皮細胞を増殖させる働きがありますから、ゴーヤの抽出成分を利用すれば、表皮細胞と、真皮の中にある線維芽細胞の増殖促進作用が、ともに期待できることになります。
 つまり、ゴーヤの抽出成分を加えることで、表皮と真皮の細胞がともに活性化されることになります。そうなれば、傷の早期回復にもつながってくると考えられるのです。
 これらの実験は、試験管の中で行われたものとはいえ、実験には、ヒトの皮膚の細胞を培養して利用しています。ですから、実際に皮膚が傷ついた場合、ゴーヤの抽出物を塗布すれば、その効果は大いに期待できるといっていいでしょう。

 こうした理由から、最初にもふれたとおり、東南アジアでゴーヤが傷口の治療に用いられていることにも、科学的な根拠があると考えられるわけです。
 今後、さらに研究が進んでいけば、将来、ゴーヤの抽出成分から、皮膚の傷や潰瘍を治療する塗り薬などが開発できるのではないでしょうか。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


ゴーヤ 治癒力

関連する投稿


【自然治癒力を高める】全身を支える「骨」に着目した画期的な健康法「骨熱ひびき療法」とは

【自然治癒力を高める】全身を支える「骨」に着目した画期的な健康法「骨熱ひびき療法」とは

最近は医療でも振動を利用したバイブレーション医学が注目されつつあります。振動を加えることで生体がもつ本来の機能が活性化されたり自然治癒力が高まったりすることがわかってきたからです。振動という現象に着目し、しかもそれを骨同士で伝えるのは実に画期的な治療法であり健康法といえるでしょう。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【整形外科医】手は露出した脳?「指ヨガ」で腰痛・ひざ痛も緩和する!

【整形外科医】手は露出した脳?「指ヨガ」で腰痛・ひざ痛も緩和する!

指ヨガは呼吸と意図のもと「指をもむ」ことによって全身でヨガをやっているのと同じような効果が得られるというものですが、実は指をもむことの大切さを説くのはヨガだけではありません。西洋医学でも、手は体の中で特化された分野で、整形外科でも早くから「手の外科」として確立されてきました。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)


集中力を高め学習能力がアップする「15秒丹田呼吸」は自己治癒力も高める

集中力を高め学習能力がアップする「15秒丹田呼吸」は自己治癒力も高める

15秒丹田呼吸は呼吸ですから、体に悪いということはまずありません。時と場所を選ばず、お金もまったくかかりません。誰にでも手軽にできて効果の高い健康法ですので、ぜひ皆さんも試してください。【解説】川嶋朗(東京有明医療大学保健医療学部教授・医師)


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(2)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(2)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

【血糖値を下げる】ビタミン、ミネラルたっぷり!大人気料理店の秘伝沖縄ゴーヤレシピ(1)

ゴーヤは沖縄を代表する食材の1つ。東京・神田にある沖縄料理とインド料理の専門店「やいま」にご協力いただき、本場の沖縄料理のレシピを大公開します。「良薬は口に苦し」といわれるとおり、ゴーヤは、糖尿病の人の療養食として用いられるほど、血糖値の降下に役立つ食材です。【解説】玉城幾枝(八重山料理研究家)


最新の投稿


【肝臓ってどんな臓器?】急性肝炎と慢性肝炎の違い 健康診断の数値の見方や働きを専門医が解説

【肝臓ってどんな臓器?】急性肝炎と慢性肝炎の違い 健康診断の数値の見方や働きを専門医が解説

肝臓は、よく「体内の一大コンビナート」にたとえられます。栄養素の分解、合成、代謝、貯蔵、有害物の解毒、重要な消化液である胆汁の生成など、細かく分けると数百もの働きを担っており、まるで各種の工場や倉庫が集まったような機能を果たしているからです。【解説】髙橋弘(麻布医院院長ハーバード大学医学部内科元准教授)


【血圧を下げる】ポリフェノールの健康効果が最大級「レモンコーヒー」 近視・老眼も防げる

【血圧を下げる】ポリフェノールの健康効果が最大級「レモンコーヒー」 近視・老眼も防げる

レモンコーヒーは、ポリフェノールの玉手箱。コーヒーにはクロロゲン酸、レモンにはエリオシトリンなどが含まれています。一緒に飲むことで、コーヒーとレモンのポリフェノールが併せて取れるので、よりいっそう健康効果が高まるでしょう。【解説】板倉弘重(芝浦スリーワンクリニック名誉院長・日本ポリフェノール学会理事長)


【ひざの痛み】ツボを揉むより簡単!足の“親指”を刺激するだけで血流アップ 冷えも腰痛も消えた!

【ひざの痛み】ツボを揉むより簡単!足の“親指”を刺激するだけで血流アップ 冷えも腰痛も消えた!

足の裏には、親指を頭、親指のつけ根を首として、かかとへと向かって、全身の内臓や器官に対応する「反射区」が、人体図のように並んでいます。LTF療法は、ふくらはぎなどの足、足の指、手の指をもんだり刺激したりすることで、血液循環をよくし、痛みや不調を取り去る方法です。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


【体験談】しびれるほどの足の冷えが足の親指刺激で和らいだ!こむら返りもなくなった

【体験談】しびれるほどの足の冷えが足の親指刺激で和らいだ!こむら返りもなくなった

私は、7年前に脳梗塞で倒れ、その後1年半ほど歩くことができませんでした。足の親指刺激を日課に加えてからは、しびれるような足の冷えが徐々に和らぎ、靴下をはかなくても眠れるようになりました。最近では、ふらつかずにしっかり歩けるようになっています。【体験談】杉井小夜子(無職・84歳)


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)