傷を早く治す食べ物「ゴーヤ」皮膚細胞の増殖を促進すると実験で判明

傷を早く治す食べ物「ゴーヤ」皮膚細胞の増殖を促進すると実験で判明

東南アジアなどでは、ゴーヤは、民間療法として傷口の治療に用いられています。ゴーヤは、ビタミンCが豊富で、肌にいい食材としてよく知られていますが、この民間療法も、決して迷信などではありません。というより、科学的な裏づけのあることといってもよいのです。【解説】合田榮一(元・岡山大学大学院医歯薬学総合研究科教授)


ゴーヤの成分が肝細胞の再生を助ける

東南アジアなどでは、ゴーヤは、民間療法として傷口の治療に用いられています。
ゴーヤは、ビタミンCが豊富で、肌にいい食材としてよく知られていますが、この民間療法も、決して迷信などではありません。というより、科学的な裏づけのあることといってもよいのです。

以前、私は、実験によって、ゴーヤが皮膚の傷の再生に役立つ可能性があることを確認しました。
ゴーヤには、皮膚にできた傷の再生を助ける成分があることがわかってきたのです。
その成分とは、ビタミンCなどではなく、全く別の成分でした。

もともと私は、大学院で、肝臓の再生能力の研究を行ってきました。
皆さんもご存じのように、肝臓はとても再生能力の高い臓器です。
そして、この肝細胞の再生を助けている物質に、HGF(肝細胞増殖因子)というたんぱく質があります。
このHGFが、私の研究の中心テーマです。

実は、このHGFには、肝細胞ばかりではなく、いろいろな細胞の増殖を促す働きがあります。
胃や腸、血管、皮膚などが傷ついたとき、その組織を修復、促進してくれるのです。
つまり、手術で臓器が傷ついたときや、表皮に傷ができたときに、その傷口が治っていく過程で欠かせない物質が、HGFなのです。

私たちが行った実験では、ゴーヤから抽出した成分に、このHGFをふやす働きがあることがわかりました。

ゴーヤは免疫力を高めるたんぱく質をふやすと実験で判明

私がゴーヤに着目したきっかけは、ある学術雑誌で、ゴーヤの抽出成分についての論文を読んだことでした。

その論文によると、ゴーヤの抽出成分は、免疫力を高める「インターフェロンガンマ」というたんぱく質をふやす働きがあるとされていました。
インターフェロンガンマは、HGFと同じく、サイトカインと呼ばれる細胞間の情報伝達物質です。
それならば、ゴーヤがHGFをふやす可能性もあるかもしれないと考え、ゴーヤの抽出成分を自分でも調べてみることにしました。

そこで、私が行った実験は、次のようなものです。

ヒトの皮膚は、大きく分けると、3つの層からなっています。
上から順に、表皮、真皮、皮下組織です。実験には、皮膚の真皮にある線維芽細胞を用いました。

線維芽細胞は、真皮にあって、肌のハリや弾力をもたらすなど、非常に重要な働きをしている細胞です。
また、HGFを合成し、細胞の外に分泌する働きもしています。

まず、ヒトの線維芽細胞に、ゴーヤの抽出成分を加えたものと、加えないものを用意し、それぞれを5日間培養します。
そして、この期間中に、線維芽細胞がどれだけHGFを分泌したか、測定しました。
また、同様に、ヒトの線維芽細胞にゴーヤの抽出成分を加えたものと、加えなかったものを4日間培養します。
培養後、線維芽細胞自体がどれだけふえたか、増殖の度合いも比較しました。

その結果、線維芽細胞にゴーヤの抽出成分を加えたものは、ゴーヤを加えていないものに比べて、分泌されているHGFが10倍以上増加していることがわかったのです。

さらに、線維芽細胞の増殖の度合いについても、ゴーヤの抽出成分を加えたものは、加えていないものに比べて、約3倍増加していました。

これらの実験結果から、ゴーヤの抽出成分には、HGFの産生と、線維芽細胞の増殖を促す働きがあることが確認できたのです。

表皮と真皮の細胞がともに活性化!傷の回復効果が期待できる

そもそも、HGFには、表皮細胞を増殖させる働きがありますから、ゴーヤの抽出成分を利用すれば、表皮細胞と、真皮の中にある線維芽細胞の増殖促進作用が、ともに期待できることになります。

つまり、ゴーヤの抽出成分を加えることで、表皮と真皮の細胞がともに活性化されることになります。
そうなれば、傷の早期回復にもつながってくると考えられるのです。

これらの実験は、試験管の中で行われたものとはいえ、実験には、ヒトの皮膚の細胞を培養して利用しています。
ですから、実際に皮膚が傷ついた場合、ゴーヤの抽出物を塗布すれば、その効果は大いに期待できるといっていいでしょう。

こうした理由から、最初にもふれたとおり、東南アジアでゴーヤが傷口の治療に用いられていることにも、科学的な根拠があると考えられるわけです。

今後、さらに研究が進んでいけば、将来、ゴーヤの抽出成分から、皮膚の傷や潰瘍を治療する塗り薬などが開発できるのではないでしょうか。

解説者のプロフィール

元・岡山大学大学院医歯薬学総合研究科教授
合田榮一

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


ゴーヤ 治癒力

関連する投稿


シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

シスターの元気を支える伝統食!伊江島の修道院の「ゴーヤの甘酢漬け」のレシピ

伊江島の修道院では、私が赴任する前からゴーヤの甘酢漬けを作っていたそうです。私たちもその習慣を受け継いで毎年、庭で育ったゴーヤを使って漬けました。現在私は神奈川県の修道院におりますが、ここに来てからも、庭になったゴーヤを使って甘酢漬けを作っています。【体験談】村松直子(マリアの宣教者フランシスコ修道会シスター・72歳)


自然治癒力を引き出し病気を改善すると脳神経外科医も実践の「おなかこすり」

自然治癒力を引き出し病気を改善すると脳神経外科医も実践の「おなかこすり」

私は脳外科医として、西洋医療の範疇にとどまらず、あらゆるジャンルの効果のある療法を取り入れています。こうした、さまざまな療法を融合した医療を、「統合医療」といいます。私は「おなかこすり」(正式名称は「ヘソ按腹法」)を手術と並行して、ご家族に勧めています。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


ゴーヤチャンプルーは美肌食! 肌トラブルを防ぐゴーヤの効果(医師のレシピ付)

ゴーヤチャンプルーは美肌食! 肌トラブルを防ぐゴーヤの効果(医師のレシピ付)

ゴーヤには、ビタミンCが豊富に含まれています。皮膚の真皮層にあるコラーゲンは、加齢とともに少しずつ減少していきます。すると、肌のハリや弾力が失われ、シワもできやすくなります。こうした肌の老化を防ぐためには、ビタミンCをたっぷりとって、コラーゲンの生成を促進させることが重要です。【解説】杉野宏子(青山エルクリニック院長)


血糖値を下げる最強食材は酢ゴーヤ!苦み成分がコレステロール値も下げる

血糖値を下げる最強食材は酢ゴーヤ!苦み成分がコレステロール値も下げる

ゴーヤに含まれる苦み成分の一つであるチャランチンには、インスリンと似た働きがあります。また、同じく苦み成分であるモモルデシンにも、血糖降下作用があることがわかっています。さらに、ゴーヤには糖代謝を活性化するビタミンB1や、糖の吸収を遅らせる食物繊維も豊富に含まれています。【解説】下津浦康裕(下津浦内科医院院長)


【ゴーヤの酢漬けの健康効果】ビタミンCはトマトの5倍!美肌作りの強い味方

【ゴーヤの酢漬けの健康効果】ビタミンCはトマトの5倍!美肌作りの強い味方

ゴーヤに含まれる栄養素で特徴的なのは、ゴーヤ特有の苦み成分である、モモルデシンという物質です。モモルデシンには、血圧や血糖値を下げる作用があるとされ、生活習慣病の予防にも役立ちます。また、ゴーヤは各種ビタミンやミネラルも豊富です。なかでも多いのがβカロテンとビタミンCです。【解説】五十嵐ゆかり(料理研究家・管理栄養士)


最新の投稿


【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。3時間以上眠れないこともありました。さらに夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら30分も経たないうちに眠れるのです。そして朝まで目覚めることなく熟睡できるようになりました。【体験談】山田亜希子(仮名・無職・79歳)


【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)


風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

プロポリスは、ハチの巣への細菌の侵入を防ぎ、その増殖を防いでくれる物質です。いわば、家を守る防御壁なのです。私たちがこのプロポリスを摂取する際には、それがどのようにして抽出されたのかが、一つの重要なポイントとなります。プロポリスの抽出法によって含有される有効成分が異なるからです。【解説】門田重利(富山大学名誉教授)


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)