MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【即効】蒸しタオル療法 病院で治らなかった耳鳴りに効果!めまいが改善!

【即効】蒸しタオル療法 病院で治らなかった耳鳴りに効果!めまいが改善!

耳鳴りの症状は、いくら本人がつらくても、周りの人にはなかなか理解されにくいものです。頭の中で四六時中、音が鳴り響くために、うつ病や不眠症といった、精神的な疾患につながるケースも少なくありません。【解説】板坂浩志(ひろ整骨院院長)

板坂浩志
三重県出身。行岡整復専門学校を卒業。柔道整復師。平成22年に、大阪市大正区にひろ整骨院を開業。妊娠中や出産後の女性を対象にした、マタニティー整体も行っている。

あごのゆがみが耳鳴りの隠れた原因!

 耳鳴りの症状は、いくら本人がつらくても、周りの人にはなかなか理解されにくいものです。頭の中で四六時中、音が鳴り響くために、うつ病や不眠症といった、精神的な疾患につながるケースも少なくありません。

 病院で診てもらっても、原因がわからないことも多く、ひどいときには、「加齢によるものなので、あきらめてください」と医師から宣告されることもあるといいます。実際に、私のもとにも、複数の病院や治療院を渡り歩いている患者さんがよくいらっしゃいます。ほかの病院などで診察を受けたものの、薬も治療法も示されなかったために、わらにもすがる思いで来られるかたが多いのです。

 私は、そのような耳鳴りに悩むかたの体を多く見ているうちに、ある共通点に気がつきました。耳鳴りやめまいを訴えるかたは、あごがゆがんでいることが多いのです。
 仕事や人間関係などによってストレスが慢性化したり、悪い姿勢が習慣化したりすると、私たちの体は徐々にゆがんできます。全身のバランスがくずれて、しだいに顎関節も正しい位置からずれてきます。

 あごの骨格がゆがむと、耳の内部に流れるリンパ液が滞り、耳たぶの後ろにあるリンパ節が詰まってきます。そのうえ、血流も悪くなり、耳の各器官に血液がじゅうぶんに行き渡らなくなります。
 これらが原因となって、耳鳴りやめまいが引き起こされると考えられるのです。よって、症状の回復には、滞ったリンパ液と血液の流れを促すことが重要といえます。

 そこで効果的なのが、耳を温めること。耳当てをつけたり、カイロを当てたりして温めてもいいのですが、最もお勧めの方法は、蒸しタオルです。

めまいがなくなり夜もよく眠れる!

 タオルを水でぬらし、電子レンジに入れて、1分ほど温めます。それを、耳鳴りのするほうの耳に、5〜10分当てましょう。両方の耳に耳鳴りがある場合には、片方ずつ行います。
 これを1日につき1回を目安に行ってください。いつ行ってもかまいませんが、より高い効果を期待するなら、血行がよくなっている入浴後から就寝までの間がお勧めです。

 蒸しタオルの利点は、蒸しタオルから発生する蒸気にあります。実際に行ってもらうとよくわかりますが、温熱効果と蒸気によって、高いリラックス効果が得られ、耳が芯からじんわりと温まってきます。それにより、リンパ液や血液の流れがいっそう促されるのです。

 私は、耳鳴りにお悩みの患者さんには、この蒸しタオル療法を積極的に勧めています。実際に症状がよくなった例を、いくつかご紹介しましょう。

 40代の女性Aさんは、両耳に耳鳴りを感じていました。複数の病院で診察を受けたものの、いっこうに症状がよくならず、私の治療院に来られました。
 体を見てみると、やはり顎関節にゆがみがあったため、施術に加えて、自宅で蒸しタオルで耳を温めるよう指導しました。毎日、きちんと行った成果があったのでしょう。1週間もすると、耳鳴りは聴こえなくなるまでに改善し、聴力も回復。その後も、再発はないようです。

 80代の女性Bさんは、左耳の耳鳴りに加え、頭痛にも悩まされていました。蒸しタオル療法を勧めたところ、「とても気持ちがいい」と気に入ってくれました。それからは、毎日、朝と晩に耳を温めるようにしたそうです。
 1ヵ月ほど続けるうちに、だんだんと頭痛が和らぎ、頭が軽くなっていきました。耳鳴りは完全には消えていないものの、気にならない程度にまで軽減したそうです。

 最後に、50代の女性Cさんのケースです。Cさんは海外勤務が多く、いつもストレスを感じているようでした。ストレスがたまり、体調が悪くなってくると、両耳に耳づまりや、めまい、不眠などの症状が出てくるというのです。
 蒸しタオル療法を指導し、毎日耳を温めること3〜4ヵ月。今では耳のこもった感じがなくなり、聴こえもよくなったと喜んでいます。めまいもなくなり、夜もよく眠れるそうです。

 このかたがたのように、症状が改善したケースでは、自分で治そうという気持ちが強いかたがほとんどです。ですからすぐに効果が現れなくても、1週間は続けてみてください。

 なお、耳鳴りに加え、耳に痛みを感じている場合は、耳の内部に炎症が生じている可能性があります。蒸しタオルで温める前に、一度、医師に相談するようにしましょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
もう一つ、信じられない変化がありました。手のひらを押し始めてからというもの、あれだけ苦しんだ耳鳴りの頻度が減ったのです。先生に教えてもらったとおり数ヵ月、手のひらを押していたら、耳鳴りがしなくなったのです。それから4年がたちますが、耳鳴りと腰痛に悩まされたことはありません。【体験談】佐藤茂(会社員・49歳)
更新: 2019-02-26 18:00:00
作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)
更新: 2019-01-17 18:00:00
十数年前に登山中に木の株に足を引っかけて転び、足の腫れと痛みに悩まされていました。11円スリッパをはき始めて3~4日たったころ、「左足のくるぶしの出っ張りが見える! 」と驚きました。というのも、ケガ以来、左の足首の腫れによって、くるぶしの外側の骨が見えなくなっていたからです。【体験談】土田喜代美(仮名・主婦・74歳)
更新: 2018-12-09 18:00:00
耳鳴り、めまい、耳閉感、という「耳の三重苦」のような症状で、不快でつらい状態が続いていました。耳たぶさすりを一ヵ月くらい続けたところ、少しよくなってきたかな、と感じていました。気をよくした私は、さらに熱心に2~3ヵ月続けました。すると、見違えるような変化が現れたのです。【体験談】水川華代(仮名・主婦・70歳)
更新: 2018-12-05 18:00:00
私の首はガチガチにこっているというのです。首のコリが耳に悪い影響を与え、耳鳴りやめまいといった症状を引き起こすということでした。首ほぐしを毎日続けてから2週間ほど経ったときのことです。ふと「耳鳴りがしなくなってきたな」「そういえば最近、めまいが起こっていないな」と感じたのです。【体験談】笹本和雄(仮名・自営業・44歳)
更新: 2018-11-29 07:00:00
最新記事
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00
「問題です。パスタとピザなら、どちらが血糖値を上げにくいでしょう。コロッケとトンカツでは、どちらでしょう。」糖質の少ないものを選んで食べれば、糖尿病でもおいしい料理を楽しめます。つらい食事制限もなく糖尿病が改善し、おまけに、無理なく痩せられる方法をご紹介します。【解説】渡辺信幸(こくらクリニック院長)
更新: 2019-05-17 18:00:00
「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 
更新: 2019-05-16 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt