【即効】蒸しタオル療法 病院で治らなかった耳鳴りに効果!めまいが改善!

【即効】蒸しタオル療法 病院で治らなかった耳鳴りに効果!めまいが改善!

耳鳴りの症状は、いくら本人がつらくても、周りの人にはなかなか理解されにくいものです。頭の中で四六時中、音が鳴り響くために、うつ病や不眠症といった、精神的な疾患につながるケースも少なくありません。【解説】板坂浩志(ひろ整骨院院長)


板坂浩志
三重県出身。行岡整復専門学校を卒業。柔道整復師。平成22年に、大阪市大正区にひろ整骨院を開業。妊娠中や出産後の女性を対象にした、マタニティー整体も行っている。

あごのゆがみが耳鳴りの隠れた原因!

 耳鳴りの症状は、いくら本人がつらくても、周りの人にはなかなか理解されにくいものです。頭の中で四六時中、音が鳴り響くために、うつ病や不眠症といった、精神的な疾患につながるケースも少なくありません。

 病院で診てもらっても、原因がわからないことも多く、ひどいときには、「加齢によるものなので、あきらめてください」と医師から宣告されることもあるといいます。実際に、私のもとにも、複数の病院や治療院を渡り歩いている患者さんがよくいらっしゃいます。ほかの病院などで診察を受けたものの、薬も治療法も示されなかったために、わらにもすがる思いで来られるかたが多いのです。

 私は、そのような耳鳴りに悩むかたの体を多く見ているうちに、ある共通点に気がつきました。耳鳴りやめまいを訴えるかたは、あごがゆがんでいることが多いのです。
 仕事や人間関係などによってストレスが慢性化したり、悪い姿勢が習慣化したりすると、私たちの体は徐々にゆがんできます。全身のバランスがくずれて、しだいに顎関節も正しい位置からずれてきます。

 あごの骨格がゆがむと、耳の内部に流れるリンパ液が滞り、耳たぶの後ろにあるリンパ節が詰まってきます。そのうえ、血流も悪くなり、耳の各器官に血液がじゅうぶんに行き渡らなくなります。
 これらが原因となって、耳鳴りやめまいが引き起こされると考えられるのです。よって、症状の回復には、滞ったリンパ液と血液の流れを促すことが重要といえます。

 そこで効果的なのが、耳を温めること。耳当てをつけたり、カイロを当てたりして温めてもいいのですが、最もお勧めの方法は、蒸しタオルです。

めまいがなくなり夜もよく眠れる!

 タオルを水でぬらし、電子レンジに入れて、1分ほど温めます。それを、耳鳴りのするほうの耳に、5〜10分当てましょう。両方の耳に耳鳴りがある場合には、片方ずつ行います。
 これを1日につき1回を目安に行ってください。いつ行ってもかまいませんが、より高い効果を期待するなら、血行がよくなっている入浴後から就寝までの間がお勧めです。

 蒸しタオルの利点は、蒸しタオルから発生する蒸気にあります。実際に行ってもらうとよくわかりますが、温熱効果と蒸気によって、高いリラックス効果が得られ、耳が芯からじんわりと温まってきます。それにより、リンパ液や血液の流れがいっそう促されるのです。

 私は、耳鳴りにお悩みの患者さんには、この蒸しタオル療法を積極的に勧めています。実際に症状がよくなった例を、いくつかご紹介しましょう。

 40代の女性Aさんは、両耳に耳鳴りを感じていました。複数の病院で診察を受けたものの、いっこうに症状がよくならず、私の治療院に来られました。
 体を見てみると、やはり顎関節にゆがみがあったため、施術に加えて、自宅で蒸しタオルで耳を温めるよう指導しました。毎日、きちんと行った成果があったのでしょう。1週間もすると、耳鳴りは聴こえなくなるまでに改善し、聴力も回復。その後も、再発はないようです。

 80代の女性Bさんは、左耳の耳鳴りに加え、頭痛にも悩まされていました。蒸しタオル療法を勧めたところ、「とても気持ちがいい」と気に入ってくれました。それからは、毎日、朝と晩に耳を温めるようにしたそうです。
 1ヵ月ほど続けるうちに、だんだんと頭痛が和らぎ、頭が軽くなっていきました。耳鳴りは完全には消えていないものの、気にならない程度にまで軽減したそうです。

 最後に、50代の女性Cさんのケースです。Cさんは海外勤務が多く、いつもストレスを感じているようでした。ストレスがたまり、体調が悪くなってくると、両耳に耳づまりや、めまい、不眠などの症状が出てくるというのです。
 蒸しタオル療法を指導し、毎日耳を温めること3〜4ヵ月。今では耳のこもった感じがなくなり、聴こえもよくなったと喜んでいます。めまいもなくなり、夜もよく眠れるそうです。

 このかたがたのように、症状が改善したケースでは、自分で治そうという気持ちが強いかたがほとんどです。ですからすぐに効果が現れなくても、1週間は続けてみてください。

 なお、耳鳴りに加え、耳に痛みを感じている場合は、耳の内部に炎症が生じている可能性があります。蒸しタオルで温める前に、一度、医師に相談するようにしましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【お酢の便秘改善効果】"酢玉ねぎ"でダイエット成功し 高音の耳鳴りも解消

【お酢の便秘改善効果】"酢玉ねぎ"でダイエット成功し 高音の耳鳴りも解消

以前の私は、健康とはとてもいえない状態でした。多忙な仕事とストレスに苛まれる毎日で、便秘がち。疲れがたまると、左耳に「キーン」という高音の耳鳴りが起こります。こうした体調不良を、一気に、しかも大きく改善させたものが酢タマネギでした。便秘も解消し、6kg痩せることもできました【解説】周東寛(南越谷健身会クリニック院長)


あきらめていた耳鳴りが大改善!蒸しタオルで「顎のゆがみ」を取るとよい!

あきらめていた耳鳴りが大改善!蒸しタオルで「顎のゆがみ」を取るとよい!

蒸しタオルの利点は、蒸しタオルから発生する蒸気にあります。実際に行ってもらうとよくわかりますが、温熱効果と蒸気によって、高いリラックス効果が得られ、耳が芯からじんわりと温まってきます。それにより、リンパ液や血液の流れがいっそう促されるのです。【解説者】板坂浩志(ひろ整骨院院長)


【メニエール病とは】初期症状は "めまい" 原因は自律神経の乱れ 呼吸法が効果的

【メニエール病とは】初期症状は "めまい" 原因は自律神経の乱れ 呼吸法が効果的

メニエール病をはじめとする、めまいの患者さんと長年接するうちに、私は興味深い点に気付きました。患者さんの多くが、肩と胸を上下させる浅い胸式呼吸をしていたのです。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


【蒸しタオル】目を温めれば老眼や近視が改善 不安感による不眠症にも効果

【蒸しタオル】目を温めれば老眼や近視が改善 不安感による不眠症にも効果

寒い季節には、厚着をしたり、帽子や手袋や耳あてをしたりと防寒対策をされるでしょう。でも、「目」は、防寒対策のしようがありません。寒さだけでなく、パソコンやスマホの長時間使用などで目を酷使することも、冷えを招く一因です。対策として、手軽でお勧めなのは「蒸しタオル」です。【解説】石坂裕子(眼科医・内科医) 


【突発性難聴】聴力が「首のV字筋マッサージ」で回復し、耳鳴りも改善

【突発性難聴】聴力が「首のV字筋マッサージ」で回復し、耳鳴りも改善

いきなり、右の耳が聴こえなくなったのは62歳のときです。突発性難聴と診断され、すぐに入院して治療を受けところ、ほんの少しだけ音が聴こえるまでに回復しました。【体験談】橋本洋子●東京都●72歳●主婦


最新の投稿


【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

【歯科医解説】歯ぎしりと逆流性食道炎の不思議な関係性 歯ぎしりは止めない方がいい?

歯ぎしりは、口腔内の悪習癖の一つではありますが、実は、役立っている面もあります。その一つが、「唾液の分泌を促す」ということです。試しに、今、少し上下の歯をすり合わせたり、カチカチさせたりしてみてください。唾液が出てくるのがわかるでしょう。【解説】野村洋文(木下歯科医院副院長)


【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

【元サッカー日本代表・川淵キャプテン】足腰を鍛えるには「つま先立ち」がお勧め 古傷の痛みが解消した!

私はJリーグのチェアマン時代からスポーツを通じた健康づくりや地域のスポーツ振興を訴えてきましたが、「つま先立ち体操」の推奨も、その一環と考えています。私が「つま先立ち体操」を続けるようになったのは、娘の一言がきっかけでした。【解説】川淵三郎(日本サッカー協会最高顧問・日本バスケットボール協会エグゼクティブアドバイザー)


【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

【骨粗鬆症を予防】昆布と酢を合わせるとでカルシウム吸収率がアップ!ご飯に混ぜるとダイエット効果も

コンブの食物繊維と酢は、食後の血糖値の急上昇を防いでくれます。血糖値が急に上がると、インスリンというホルモンが過剰に出て、細胞によけいなものを取り込み肥満につながるのです。【解説】白澤卓二(白澤抗加齢医学研究所所長・医学博士)


【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は?  (子供でも分かる大人の病気)

【肝臓病とは】肝硬変ってどんな病気? 症状は? 予防に効果的な食べ物は? (子供でも分かる大人の病気)

肝臓は本来、再生能力の高い臓器です。例えば、手術で一部を切除しても、時間がたてば肝細胞が再生し、元の大きさに戻ります。しかし、慢性肝炎などが進行すると、肝細胞が次々に破壊され、再生が追いつかなくなります。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

【心を磨く掃除術】人生を変える“掃除の心得”を空間診断士が伝授

僕は今、世界でただ一人の「空間診断士」という肩書きで仕事をしています。 掃除のやり方を教えているのではなく、掃除に向き合うときの心のあり方をお伝えしています。例えば、誰かが怒っていたり、悲しんでいたりした部屋は、何となく“空気が重い”と感じませんか?【解説】船越耕太(空間診断士)