MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
肩こりが原因の【めまい・耳鳴り・難聴】は「わきもみ」で改善できる!

肩こりが原因の【めまい・耳鳴り・難聴】は「わきもみ」で改善できる!

肩や首に緊張があると、耳の血行が悪くなり、鼓膜がピンと張るようになって振動が減少し、結果的に音の聴こえが悪くなります。また、首から頭に鬱血がふえてリンパの流れが悪くなると、耳がむくんで内リンパ水腫などができ、めまいが発症しやすくなるのです。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック自律神経免疫治療研究所院長)

僧帽筋だけをもんでも効かない

 めまいや耳鳴り、難聴といった症状には、肩や首のこりが大いに関係しています。

 肩や首に緊張があると、耳の血行が悪くなり、鼓膜がピンと張るようになって振動が減少し、結果的に音の聴こえが悪くなります。また、首から頭に鬱血がふえてリンパの流れが悪くなると、耳がむくんで内リンパ水腫などができ、めまいが発症しやすくなるのです。
 そこで、肩や首のコリをほぐすことが最重要ですが、多くの人は主に僧帽筋だけをもみほぐそうとします。僧帽筋とは、首の後ろから肩、背中にかけて体の表面に広がっている大きな筋肉ですが、実は、ここだけをもんでも、あまりこりを取ることはできないのです。

 では、どこをほぐしたらいいのかというと、肩関節周りの筋肉です。ただし、肩関節の周りにはたくさんの筋肉があり、これらすべてをもみほぐすのはめんどうですし、技術的にも困難です。
 そこで、腕を内側に回したり、外側に回したりする動きにかかわる大円筋、小円筋、烏口腕筋、上腕三頭筋、広背筋をもんで刺激を与えるようにします。これら五種類の筋肉をほぐすことができれば、連動して肩関節周囲の筋肉すべての緊張が和らぎ、首や肩のコリが抜群に解消されるのです。

五種類の筋肉をもみほぐすには、わきの下をもむ「わきもみ」が効果的

 この五種類の筋肉をもみほぐすには、わきの下をもむ「わきもみ」をするのが効果的です。そのもみ方についてご説明しましょう。

 わきの下には毛が生えていますが、バンザイをした姿勢で、毛の生えている上縁と下縁が特に大事なポイントです。上から下に向かって10センチくらいの範囲をもみほぐします。わきの下に親指を当て、肩甲骨側に残り四本の指をあてがい、はさむようにして、親指でわきの下をもみます。こりを見つけたら、念入りにもみほぐしましょう。

 わきの下は、ほんとうは腕を上げていたほうが筋肉の位置がわかりやすいのですが、それでは筋肉の緊張を緩めることができません。そのため、腕を下ろしたままもみます。

おふろに入って温まっているときに行うと効果的

 わきもみは、肩関節の周りについている多くの筋肉を刺激できます。すると、拮抗筋の関係にある筋肉を刺激する効果も出るのです。拮抗筋とは、関節を動かした際に、片方が収縮したときに、片方が弛緩するという関係にある筋肉です。わきもみをすると、わずかな刺激でも広い範囲に効果が及ぶというメリットがあります。そのため、首から肩のこりも、効率よくほぐすことができるのです。

 このわきもみは、おふろに入って温まっているときに行うと効果的です。さらに効果を上げる方法としては、おふろに入る前に、わきの下にドライヤーの熱風を当てることがお勧めです。
 わきの下から指一本分くらい離れた位置からドライヤーをかけて、一瞬熱いと感じるくらいに温めてください。その後、入浴中にわきもみをすると、こりがほぐれて、血液やリンパの流れがすこぶるよくなります。

リンパ液の巡りがよくなり、めまい改善

 それでは、わきもみを実行し、めまいや難聴などの症状が改善した人の例をご紹介しましょう。

 34歳のある女性は、20年来、めまいと頭痛に悩み、最近になってその症状がひどくなってきたので来院されました。私が診察をすると、この女性のこめかみの辺りに、顕著なむくみがあり、肩もかなりこっているとわかりました。
 おそらく、ひどい肩こりによって血流やリンパの流れが悪くなっていたのです。そのため、耳の内部に水がたまり、めまいや頭痛を引き起こしていたのでしょう。そこで、わきもみをお勧めしました。
 毎日、一生懸命、わきもみを行ったところ、めまいや頭痛がかなり軽減し、楽になったことを伝えてくれました。これも、肩こりが改善し、血液やリンパ液が頭部にもスムーズに巡るようになったからでしょう。

 このわきもみは、入浴時だけでなく、トイレに入っているときや電車の中、テレビを見ているときなど、ちょっとした時間があればいつでも簡単に実行できます。
 耳鳴り、難聴、めまいのほか、耳閉感(耳の詰まり)などの症状も改善しますので、ぜひ試してみてください。

わきもみのやり方

解説者のプロフィール

班目健夫
岩手医科大学医学部卒業。東京女子医科大学附属青山自然医療研究所等を経て2011年より現職。自律神経免疫治療研究所所長。著書に『「首のスジを押す」と超健康になる』(マキノ出版)。
●青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所
https://www.dr-madarame.com/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
もう一つ、信じられない変化がありました。手のひらを押し始めてからというもの、あれだけ苦しんだ耳鳴りの頻度が減ったのです。先生に教えてもらったとおり数ヵ月、手のひらを押していたら、耳鳴りがしなくなったのです。それから4年がたちますが、耳鳴りと腰痛に悩まされたことはありません。【体験談】佐藤茂(会社員・49歳)
更新: 2019-02-26 18:00:00
作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)
更新: 2019-01-17 18:00:00
十数年前に登山中に木の株に足を引っかけて転び、足の腫れと痛みに悩まされていました。11円スリッパをはき始めて3~4日たったころ、「左足のくるぶしの出っ張りが見える! 」と驚きました。というのも、ケガ以来、左の足首の腫れによって、くるぶしの外側の骨が見えなくなっていたからです。【体験談】土田喜代美(仮名・主婦・74歳)
更新: 2018-12-09 18:00:00
耳鳴り、めまい、耳閉感、という「耳の三重苦」のような症状で、不快でつらい状態が続いていました。耳たぶさすりを一ヵ月くらい続けたところ、少しよくなってきたかな、と感じていました。気をよくした私は、さらに熱心に2~3ヵ月続けました。すると、見違えるような変化が現れたのです。【体験談】水川華代(仮名・主婦・70歳)
更新: 2018-12-05 18:00:00
私の首はガチガチにこっているというのです。首のコリが耳に悪い影響を与え、耳鳴りやめまいといった症状を引き起こすということでした。首ほぐしを毎日続けてから2週間ほど経ったときのことです。ふと「耳鳴りがしなくなってきたな」「そういえば最近、めまいが起こっていないな」と感じたのです。【体験談】笹本和雄(仮名・自営業・44歳)
更新: 2018-11-29 07:00:00
最新記事
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt