医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

肩こりが原因の【めまい・耳鳴り・難聴】は「わきもみ」で改善できる!

肩こりが原因の【めまい・耳鳴り・難聴】は「わきもみ」で改善できる!

肩や首に緊張があると、耳の血行が悪くなり、鼓膜がピンと張るようになって振動が減少し、結果的に音の聴こえが悪くなります。また、首から頭に鬱血がふえてリンパの流れが悪くなると、耳がむくんで内リンパ水腫などができ、めまいが発症しやすくなるのです。【解説】班目健夫(青山・まだらめクリニック自律神経免疫治療研究所院長)


僧帽筋だけをもんでも効かない

 めまいや耳鳴り、難聴といった症状には、肩や首のこりが大いに関係しています。

 肩や首に緊張があると、耳の血行が悪くなり、鼓膜がピンと張るようになって振動が減少し、結果的に音の聴こえが悪くなります。また、首から頭に鬱血がふえてリンパの流れが悪くなると、耳がむくんで内リンパ水腫などができ、めまいが発症しやすくなるのです。
 そこで、肩や首のコリをほぐすことが最重要ですが、多くの人は主に僧帽筋だけをもみほぐそうとします。僧帽筋とは、首の後ろから肩、背中にかけて体の表面に広がっている大きな筋肉ですが、実は、ここだけをもんでも、あまりこりを取ることはできないのです。

 では、どこをほぐしたらいいのかというと、肩関節周りの筋肉です。ただし、肩関節の周りにはたくさんの筋肉があり、これらすべてをもみほぐすのはめんどうですし、技術的にも困難です。
 そこで、腕を内側に回したり、外側に回したりする動きにかかわる大円筋、小円筋、烏口腕筋、上腕三頭筋、広背筋をもんで刺激を与えるようにします。これら五種類の筋肉をほぐすことができれば、連動して肩関節周囲の筋肉すべての緊張が和らぎ、首や肩のコリが抜群に解消されるのです。

五種類の筋肉をもみほぐすには、わきの下をもむ「わきもみ」が効果的

 この五種類の筋肉をもみほぐすには、わきの下をもむ「わきもみ」をするのが効果的です。そのもみ方についてご説明しましょう。

 わきの下には毛が生えていますが、バンザイをした姿勢で、毛の生えている上縁と下縁が特に大事なポイントです。上から下に向かって10センチくらいの範囲をもみほぐします。わきの下に親指を当て、肩甲骨側に残り四本の指をあてがい、はさむようにして、親指でわきの下をもみます。こりを見つけたら、念入りにもみほぐしましょう。

 わきの下は、ほんとうは腕を上げていたほうが筋肉の位置がわかりやすいのですが、それでは筋肉の緊張を緩めることができません。そのため、腕を下ろしたままもみます。

おふろに入って温まっているときに行うと効果的

 わきもみは、肩関節の周りについている多くの筋肉を刺激できます。すると、拮抗筋の関係にある筋肉を刺激する効果も出るのです。拮抗筋とは、関節を動かした際に、片方が収縮したときに、片方が弛緩するという関係にある筋肉です。わきもみをすると、わずかな刺激でも広い範囲に効果が及ぶというメリットがあります。そのため、首から肩のこりも、効率よくほぐすことができるのです。

 このわきもみは、おふろに入って温まっているときに行うと効果的です。さらに効果を上げる方法としては、おふろに入る前に、わきの下にドライヤーの熱風を当てることがお勧めです。
 わきの下から指一本分くらい離れた位置からドライヤーをかけて、一瞬熱いと感じるくらいに温めてください。その後、入浴中にわきもみをすると、こりがほぐれて、血液やリンパの流れがすこぶるよくなります。

リンパ液の巡りがよくなり、めまい改善

 それでは、わきもみを実行し、めまいや難聴などの症状が改善した人の例をご紹介しましょう。

 34歳のある女性は、20年来、めまいと頭痛に悩み、最近になってその症状がひどくなってきたので来院されました。私が診察をすると、この女性のこめかみの辺りに、顕著なむくみがあり、肩もかなりこっているとわかりました。
 おそらく、ひどい肩こりによって血流やリンパの流れが悪くなっていたのです。そのため、耳の内部に水がたまり、めまいや頭痛を引き起こしていたのでしょう。そこで、わきもみをお勧めしました。
 毎日、一生懸命、わきもみを行ったところ、めまいや頭痛がかなり軽減し、楽になったことを伝えてくれました。これも、肩こりが改善し、血液やリンパ液が頭部にもスムーズに巡るようになったからでしょう。

 このわきもみは、入浴時だけでなく、トイレに入っているときや電車の中、テレビを見ているときなど、ちょっとした時間があればいつでも簡単に実行できます。
 耳鳴り、難聴、めまいのほか、耳閉感(耳の詰まり)などの症状も改善しますので、ぜひ試してみてください。

わきもみのやり方

解説者のプロフィール

班目健夫
岩手医科大学医学部卒業。東京女子医科大学附属青山自然医療研究所等を経て2011年より現職。自律神経免疫治療研究所所長。著書に『「首のスジを押す」と超健康になる』(マキノ出版)。
●青山・まだらめクリニック 自律神経免疫治療研究所
https://www.dr-madarame.com/

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


傷口は治ったのに古傷が痛む…11円スリッパで腫れが引いて楽になった!

傷口は治ったのに古傷が痛む…11円スリッパで腫れが引いて楽になった!

十数年前に登山中に木の株に足を引っかけて転び、足の腫れと痛みに悩まされていました。11円スリッパをはき始めて3~4日たったころ、「左足のくるぶしの出っ張りが見える! 」と驚きました。というのも、ケガ以来、左の足首の腫れによって、くるぶしの外側の骨が見えなくなっていたからです。【体験談】土田喜代美(仮名・主婦・74歳)


まさに耳の三重苦…めまい・耳閉感・拍動性耳鳴りが「耳たぶさすり」で変化

まさに耳の三重苦…めまい・耳閉感・拍動性耳鳴りが「耳たぶさすり」で変化

耳鳴り、めまい、耳閉感、という「耳の三重苦」のような症状で、不快でつらい状態が続いていました。耳たぶさすりを一ヵ月くらい続けたところ、少しよくなってきたかな、と感じていました。気をよくした私は、さらに熱心に2~3ヵ月続けました。すると、見違えるような変化が現れたのです。【体験談】水川華代(仮名・主婦・70歳)


運動不足や食事が原因?頻繁に起こるめまいが「オクラ水」で改善した!

運動不足や食事が原因?頻繁に起こるめまいが「オクラ水」で改善した!

オクラ水を飲み始めて、1ヵ月ぐらい経ったころでしょうか。「あれ? 最近めまいが起こる頻度が減ってきたな」と気づきました。3ヵ月経った頃には、ほとんどといっていいほど、めまいが起こらなくなったのです。そういえば、以前より眠気を感じることがなくなり、ゴロゴロしている時間も減りました。【体験談】飯田大樹(大学院生・23歳)


高音の耳鳴りとクラクラめまいが「首コリ」をほぐすとたちまち大改善

高音の耳鳴りとクラクラめまいが「首コリ」をほぐすとたちまち大改善

私の首はガチガチにこっているというのです。首のコリが耳に悪い影響を与え、耳鳴りやめまいといった症状を引き起こすということでした。首ほぐしを毎日続けてから2週間ほど経ったときのことです。ふと「耳鳴りがしなくなってきたな」「そういえば最近、めまいが起こっていないな」と感じたのです。【体験談】笹本和雄(仮名・自営業・44歳)


最新の投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)