MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【うつを改善】患者の共通点は猫背!「首腰枕」でセロトニンを増やすと元気が回復

【うつを改善】患者の共通点は猫背!「首腰枕」でセロトニンを増やすと元気が回復

うつ病患者さんの脳内では、セロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質が低下していることが知られています。セロトニンは、呼吸、体温調節、水分代謝など、血圧以外の自律神経系のほとんどを支配している物質です。東洋医学の考えに基づけば滞った気さえ通せばうつ病は治ります。【解説】高木智司(心神診療室院長)

うつ病はセロトニンなどの神経伝達物質が低下している

東洋医学では、うつ病は体内に気(生命エネルギー)が滞った状態と考えます。
この気を自律神経の働きに置き換えると、うつ病という病気はより理解しやすくなるでしょう。

うつ病患者さんの脳内では、セロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質が低下していることが知られています。その代表格であるセロトニンは、呼吸、体温調節、水分代謝など、血圧以外の自律神経系のほとんどを支配している物質です。

東洋医学の考えに基づけば、滞った気さえ通せば、うつ病は治ります。
それは自律神経を整えることであり、セロトニンを整えることにつながるのです。

セロトニン不足で姿勢がくずれる

加えて最近、明らかになってきたのが、セロトニンと姿勢の関係です。
首、背中などの筋肉は、重力と逆の方向に働く、抗重力筋です。
セロトニンが不足すると、これらの筋力が低下し、重力に逆らえなくなるため、姿勢もくずれやすくなるのです。

その証拠に、うつ病の患者さんは皆さん、首が前に落ち、背中の丸まった猫背の姿勢をしています。
背骨が丸まれば当然、呼吸もしにくくなりますし、血液やリンパ液の流れも悪くなるでしょう。

また、背骨沿いには、手足や内臓を動かす無数の神経根(脊髄神経根)が存在し、交感神経幹と呼ばれる自律神経ネットワークを形成しています。
常に猫背でいると、これらの神経も圧迫され、脳内ではいっそうセロトニンが不足するという悪循環に陥ります。

セロトニンを増やす「首腰枕」

そこで、お勧めしたいのが、「首腰枕」を使った背骨のストレッチです。

背骨は、肉体の要となる腰と頭を支える首の部分で湾曲し、ゆるやかなS字カーブを描いています。
セロトニン不足で猫背になっている人も、一日何分かずつでも背骨を伸ばし、血管や神経の流れを解放させる時間を作っていけば、うつから抜け出す第一歩になるのです。

その際、背骨の湾曲部位である首と腰に堅い枕を当てて寝転び、背骨の形を整えるのが首腰枕のストレッチです。寝ている間は背骨に重力がかからないため、回復効果も最大限に引き出すことができるのです。

首腰枕の作り方・使い方

筋肉内に抗うつ作用を持つ物質がふえる

うつ病患者さんは、家で寝ている時間が長いからこそ、首腰枕によるストレッチにも取り組みやすいはずです。
枕は市販品もありますが、バスタオルでも作れます。
本人が関心を示さなければ、ご家族が首と腰にあてがってあげてもよいでしょう。

始めた当初は、枕を入れた姿勢がきついと感じる場合もありますが、痛くなったらその場ではずしてかまいません。まずは一日5分を目標に、毎日継続してください。

一ヵ月もすると、筋力が復活してきて、逆に枕を当てた姿勢を、「楽だ」「気持ちがよい」と感じるようになってきます。

その気持ちのよさを体が覚えることで、ふだんの姿勢も整えられます。
その結果、気の通りがよくなり、セロトニンもふえてくることで、元気も回復してくるのです。

うつ改善には運動や「作り笑い」も効果がある!

また、「がんばり」や代謝にかかわる甲状腺ホルモンの低下も、うつ病の一因とされています。
首の血液循環を改善させる首腰枕は、甲状腺機能の正常化にも大いに役立つと思われます。

やや元気が回復した段階で、腰枕を利用し、寝ながら体操をするのも効果的です。
腰枕をお尻に当てて体操をすると、足腰の負担がへり、安全に運動効果を得られます。

リズミカルな運動を一日20分以上行うと、セロトニンもふえてくるため、腰を左右に揺らしたり、足を交互に持ち上げたりする体操から始めるとよいでしょう。
筋肉運動を習慣にすると、筋肉内に抗うつ作用を持ったテストステロンがふえることもわかっています。

このほか、早起きをして朝日を浴びる、体を温める、笑う、感謝をすることも、日常生活の中で手軽にセロトニンをふやす知恵となります。

自律神経の乱れに起因するうつ病は、低体温の病気でもあります。
特に、男性の患者さんにはシャワー好きの人が多いので、必ず湯ぶねにつかり、体を芯から温めましょう。

また、笑いや感謝は、セロトニンとともに脳の快感ホルモンとなる、βエンドルフィンをふやします。
お笑い番組を見ても笑えなければ、体をくすぐってあげるとよいでしょう。
「作り笑い」にも効果はあるのです。

解説者のプロフィール

高木智司
心神診療室(神経内科)院長。
首腰枕の考案者。万病の元である「背骨のゆがみ」を重視し、枕外来や免疫療法を行う。
主な著書に『「首に枕をする」と腰痛が治る』(マキノ出版)などがある。

●心神診療室
名古屋市守山区西新4-8
TEL 080-6913-0148
http://sinsin-clinic.d.dooo.jp/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)
更新: 2018-12-15 18:00:00
実は定年で退職してから、家の中で我慢することが多くなっていたのです。夫が自宅で仕事をしているのですが、納期が近づくと空気が張りつめてきます。1日じゅう一緒にいる私もその空気に巻き込まれて、いつも緊張していました。それをずっと我慢していたのです。【体験談】白石友子(仮名・主婦・66歳)
更新: 2018-12-02 18:00:00
人間は社会を生き抜くため、生きがいを得るために痛みや不調など、体が発する少々のサインなら無視して、我慢して生きようとします。こうして体と脳との間にズレが生じていきます。自分の脳の疲労を「疲労感」として受け取れていないかたがとても多いです。【解説】長田夏哉(田園調布長田整形外科院長)
更新: 2018-11-24 18:00:00
念仏の念の字は「今の心」と書きますが、過ぎ去った過去を悔やんだり、まだ来ない未来を心配したりしないで、今の心を感じて生きるのは、まさに心の安定を得る秘訣です。手振り瞑想は、そのためにもピッタリで、「動く念仏」とも言えます。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科・心療内科院長)
更新: 2018-11-17 07:00:00
上司のイライラした様子や、昔、よく目にした母のつらそうな表情などの断片が浮かんでは消え、頭の中は常にザワザワしていた状態でした。そのため頭が休まるときがなかったのです。脳マッサージを受けた瞬間、頭の中を騒がせていた雑念がすっかり消え、無になりました。【体験談】森若奈(会社員・45歳)
更新: 2018-11-10 07:00:00
最新記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt